求人・転職エージェント

ものづくりメーカーの転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

組み込み系エンジニア
とはどんな職種?
仕事内容を知り、
その魅力にふれる

メーカー向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

IT系のエンジニア職の求人で目にする「組み込み系」。業界未経験の人にとっては「そもそも組み込み系って何?」といった素朴な疑問も感じるでしょうし、プログラミングやシステム開発に携わっている人の中でも組み込み系の具体的な仕事内容やノウハウを知らない人は多いでしょう。
ここでは、組み込み系エンジニアについて、仕事の魅力ややりがい、転職するメリットなどについてご紹介します。

「組み込み系」とは?

組み込み系とは、家電製品や機器など「独立した機械の中に組み込まれたコンピューターを制御するためのシステム」の総称で、「組み込みシステム」と呼ばれることもあります。ソフトウェアが中心ですが、案件によってはソフトウェアとハードウェアを総合的に開発する場合もあります。
例えば、洗濯機や炊飯器といった家電製品の中にも「マイコン」と呼ばれる小型のコンピューターが搭載されています。これらのコンピューターには、「水が一定の量に達したら○○分間洗濯槽を回転させる」「このモーターは毎分○○回転させる」などの手順がプログラミングされており、その手順に沿って各機械に作業を指示しています。これが組み込みシステムです。

組み込み系の難しさ

多くの組み込みシステムは、それほど複雑なプログラムを搭載しているわけではありませんし、コスト面からも、使用されるコンピューターは処理能力・記憶容量ともに機器の制御に必要な最小限度の性能しか持たせていません。しかし、それだけに組み込み系ならではの難しさがあるのです。以下にご紹介します。

目的はコンパクトと低コスト

組み込み系のプログラムは、PCなどと違ってユーザーの手によって書き換えることができません。また、情報家電やネット家電などを除き、「ファームウェアを最新版にアップデートする」といったこともありません。
しかし、単純そうだからといって「組み込み系の技術は簡単だ」というわけではありません。
能力の限られたコンピューターを駆使し、機械の制御に必要なすべてのプログラムを収納するための専門知識や技術が要求されるからです。
何千、何万という数のプロダクトに搭載される組み込みシステム。いかにコンパクトにまとめるかによって、製造コストは大きく変わってきます。ここが、組み込み系エンジニアの腕の見せ所なのです。

機能もコストも最小限だけど、エラーが起きないプログラミング

組み込み系の難しさを、ボタン操作で自動的にお湯張りや追い焚きができる機能がある、ユニットバスを例にご紹介しましょう。ボタンは数個しかありませんから、操作そのものは非常にシンプルです。プログラムもごく単純なものでいいような気がします。
しかし、実際にはそうはいきません。例えば「お湯張り」と「追い焚き」のボタンを同時に押されたらどう対処するか。お湯を張っている途中で追い焚きボタンを押されたらどうするか。あるいは、特定のボタンを連打されたらどうするかといったさまざまな状況があります。
人間はミスをする生き物です。ボタンの押し間違いは、しょっちゅう発生するでしょう。組み込みシステムは、このような本来の制御には不要な操作や誤った操作がなされた場合でも、システムがエラーを起こして停止しないよう、あらゆる状況を想定してプログラミングをする必要があります。

活躍できるフィールドと将来性

組み込み系エンジニアが活躍できるフィールドは実に広大です。家電製品をはじめ、情報・通信機器、産業機械など、コンピューターを内蔵するあらゆる機械に組み込みシステムが必要であり、それを開発するための組み込みエンジニアは欠かすことができません。
また現在は、IoTの分野が大きな成長を遂げていて、Google GlassやApple Watchなどに代表されるように、私たちが日常で身に着けるアイテムにもセンサーやマイコンが搭載され、インターネットにつながる時代が始まりました。

こうした機器には当然組み込みシステムが必要で、組み込み系エンジニアの需要は今後、ますます広がっていくものと思われます。
さらに、家電製品にはこれまでも組み込みシステムが搭載されていましたが、これらの機器もインターネットにつながるようになり、今後、さらに高度な組み込みシステムが要求されるようになっていくと思われます。それに伴い、組み込み系エンジニアに求められる技術レベルや知識の幅広さは、ますます高まっていくでしょう。もちろん、開発案件数自体が増加していくことで、エンジニアに対する需要も増えていきますから、未経験者に対しても転職のチャンスが広がっていくと思われます。

仕事のやりがい

組み込み系エンジニアの仕事には、「自分が意図したとおりに機器が動作する」という、プログラミングの本質に通じるおもしろさがあります。
また、自分の開発したシステムが機器に搭載され市場に出回った際などは、「エンジニアとして世の中の役に立っている」という実感が得られやすく、それをやりがいと感じているエンジニアが多いようです。

未経験からの転職に必要なもの

組み込み系エンジニアの中途採用に関しては、「○○年以上の実務経験者に限る」といった応募条件を定めている会社も多いのですが、「C言語(C、C++)による開発経験があればいい」という会社や、「C言語、アセンブラ言語が使えれば実務経験は特に問わない」という会社もあります。比較的大規模な組み込みシステムを開発する会社の場合、システムの中の一部だけを担当するといった仕事などでしたら、比較的条件が緩やかな傾向があります。
ただし、未経験からの転職に際して、以下のように役立つ資格や経験もあります。

  • 転職に役立つ資格

    組み込み系エンジニアとしての技術・知識を評価する検定としては、一般社団法人組込みシステム技術協会が主催する「ETEC(組込み技術者試験制度)」などが知られています。
    ETECにはクラス1(ミドルレベル)とクラス2(エントリレベル)があり、クラス2は大学・専門学校卒業レベルの技術レベルがあれば、実務経験がなくても取得可能です。クラス1は、クラス2を500点取得していれば受けられる上位資格となっています。

  • 転職に役立つ経験

    リアルタイムOSやLinux、アセンブラ言語に対する知識や経験、もしくは何らかのシステム設計の仕事に携わった経験なども高く評価されるでしょう。

これからますます熱くなる組み込み系のエンジニアに転職するなら

自分の意図どおりに機器を制御し、時代の最先端を行くサービスや流行りの機器にふれることもできる組み込み系エンジニアという仕事。興味のある方は、思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
その際は、ぜひマイナビエージェントにご相談ください。その業界に詳しい専門のキャリアアドバイザーが担当となり、あなたにぴったりの企業をご紹介します。また、その企業への転職が成功するように、職務経歴書や履歴書などの添削から面接対策、年収の交渉まで、すべてサポートさせていただきます。

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。