生保営業からの転職を成功させるコツ!経験やスキルを生かせる転職先は?|求人・転職エージェント

更新日:2021/11/15

営業職

生保営業からの転職を成功させるコツ!経験やスキルを生かせる転職先は?

sales_881.jpg

生保営業として働く方の中には、環境の変化や業務の負担から転職を考える方もいます。

実際に転職するとなると、どこに転職をするのがよいのか、何から始めたらよいのかは不安に感じる部分です。

転職を成功させるには、自分の希望する転職先を決めて、相応の対策を講じることが重要でしょう。

そこでこの記事では、生保営業から転職したい方に向けて、生かせる経験やスキル、おすすめの転職先について紹介します。

目次

営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント

生保営業からの転職によくある理由

sales_881_1.jpg人によって「生保営業から転職がしたい」と考える理由はさまざまです。

具体的には、ノルマや収入面での不安、福利厚生など多岐にわたります。

ここでは、生保営業からの転職によくある理由をまとめました。

自身の転職動機を考えることは、転職先を決めるひとつの指標になるでしょう。

営業ノルマが厳しい

生保営業で最も苦しいといわれるのが、営業ノルマです。

人間関係が良好で仕事にやりがいを感じていたとしても、営業成績が重視されるといった厳しい現実もあります。

ノルマ達成のため、知人や親戚などに保険商品を勧めることになり、精神的な負担を感じるケースも少なくありません

営業の仕事には、数値目標を達成できるかというプレッシャーが伴います。

「適性がない」と感じたり、長期的に続けるのが難しいと判断したりして、転職を選ぶ方もいるのが実情です。

収入が不安定

生保営業は、基本給に成果ごとの金額が追加される「歩合制」となっているケースが多く、収入にばらつきが出ます。

好成績を収めればインセンティブが入る一方、達成できなかった月は収入が減ることもあるでしょう。

また、歩合制のため基本給を少なめに設定している企業も少なくありません。

そのため、毎月安定して収入が入ってくる保証がなく、家計を支えるために成果に縛られるといった事態にも転じます。

やりがいや目標のために仕事ができなくなり、転職を決意する方もいるでしょう。

休日に休みにくい

生保営業では、顧客のスケジュールに合わせた動きが求められるため、休日が取りにくい傾向にあります。

具体的には、顧客から「できれば休みの土日にもう1回説明してほしい」「土日しか空いてないからスケジュールを合わせてほしい」などの要望が入るケースです。

状況によっては、土日祝日にかかわらず対応し、プライベートに悪影響が出ることもあります。

すでに家庭を持っている方の場合、家族との時間も減ってしまい、転職を促されることも少なくありません。

労働時間が長い

労働時間の長さも、転職理由のひとつです。

ノルマ達成のためにも、残業を避けられないケースは珍しくありません。

顧客への説明が長時間に及んだり、移動距離が長く退勤時間が延びたりすることもあります。

さらに、契約が取れた後も手続きに必要な書類を整理したり、新規顧客に向けての資料を準備したりするため、労働時間が延びやすい傾向です。

生保営業経験者が転職で生かせる経験やスキル

sales_881_2.jpg生保営業で培ったコミュニケーション力や体力、精神面でのバイタリティなどは、どの業界・業種においても重宝されます。

ここでは、生保営業経験者が転職で生かせる経験やスキルについてまとめました。

これから転職で自身のアピールポイントを探そうとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

体力や強い精神力

生命保険は、営業の中でも難易度が高い商品のひとつであるため、長時間の勤務に耐えうる肉体と強靭な精神力が不可欠です。

生保営業の経験をとおして培った体力や精神力は、転職する際の大きな強みとなります。

採用する側としても、心身の丈夫な人材がいれば、難易度の高い業務の遂行や長期的な活躍を期待できるでしょう。

コミュニケーション力

生保営業は人と関わったり、交渉したりする機会が多い職業です。

そのため、コミュニケーション能力や交渉力に長けている方が多い傾向にあります。

また、生保営業ではノルマ達成のため、接しづらい顧客を相手にしても笑顔を絶やすことなく会話を続けることもあるでしょう。

自分の感情にかかわらず、相手に寄り添ったトークスキルを発揮できるのは大きな強みです。

こうしたスキルはさまざまな業種・職種で重宝されます。

信頼関係を築く能力

生保営業は売り切りの商品とは限らず、契約後にアフターフォローを求められることも少なくありません。

契約プランの見直しや商品の乗り換えなど、ニーズに応じて密にコミュニケーションを交わし、顧客と長期的な関係を築くのが特徴です。

したがって、顧客との信頼関係構築においては、高い水準のスキルを有している方が多い傾向にあります。

このスキルは転職市場でも役立つため、面接でも有利に働くでしょう。

生保営業経験者におすすめの転職先

sales_881_3.jpg生保営業で培った経験やスキルを生かし、よりよい転職を目指すなら、転職先の業種や仕事内容ついてのリサーチが不可欠です。

ここでは、生保営業経験者におすすめの転職先について紹介します。

どのような転職先であれば自分の希望を満たす転職ができるのか、慎重に検討しましょう。

生保業界以外の営業

生保業界以外の業界で営業に転職する場合、現職で身につけたスキルを転用できることから、転職活動をスムーズに行えるでしょう。

転職先としては、人材営業(コンサルタント)IT営業金融営業などが代表的です。

いずれの業種も専門の知識を学ぶ必要がある一方、営業のノウハウをそのまま生かせるというメリットがあります。

また、「給与水準を上げたいから」「仕事にやりがいを感じたいから」といった向上心から、転職先を選ぶ方も少なくありません。

将来のキャリアアップにもつながるため、別業界の営業は選択肢として持っておくのがおすすめです。

スキルが生かせる他職種

営業職のほかに、営業で培ったスキルが生かせる職種への転職も可能です。

コミュニケーション力や柔軟性といったスキルは、営業職に限らずあらゆる業種で重宝されます。

具体的な転職先としては、事務や総務などのバックオフィス系、営業アシスタントなどです。

それぞれPCの基本操作や書類の作成スキルなどが求められる一方、営業で身につく臨機応変な対応や対人スキルが存分に発揮できる職種でもあります。

たとえ未経験の分野であっても、スキルが十分に生かせる職種や大きなやりがいを感じる職種は、転職先としておすすめです。

生保営業からの転職を成功させる5つのコツ

sales_881_4.jpg基礎的な知識や戦略がないまま、転職を成功に導くことは難しいかもしれません。

生保営業から転職する際には、転職を成功させるためのコツを押さえておきましょう。

ここでは、生保営業からの転職を成功させる5つのコツを紹介します。

いずれも転職活動においては外せない要素なため、これから転職の対策を立てる方にとって参考となる内容です。

転職条件の優先順位を決める

どのような業界や企業であっても、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

全ての希望を満たす理想的な職場は、なかなか見つからないでしょう。

条件が多すぎると、応募先が決まらないといった状況にもなりかねません。

給与や勤務体系、休日数など「これだけは外せない条件」を絞って、事前に順位づけしておくのがおすすめです。

優先順位をつけておけば、現実的な選択肢の中から最も希望にマッチする企業を選べます。

志望動機はポジティブに伝える

転職理由として、「収入を上げたい」「ワークライフバランスを見直したい」などが挙げられます。

しかし、転職理由と志望動機は異なるもののため、そのまま利用するのは控えましょう。

志望動機は、「なぜ現職を辞めたいか」ではなく「なぜ転職を目指したか」を伝えるものです。

現職の愚痴や不満などネガティブなことよりも、前向きな動機を伝えるほうが好印象でしょう。

「スキルをさらに生かしたい」、「将来的には管理業務にも携わりたい」などの内容で志望動機を作るのがおすすめです。

キャリアプランを明確にする

転職を目的にするのではなく、転職後のキャリアプランを明確にしておきましょう

生保営業の経験を生かしつつ、将来のキャリアをどのように形成する予定なのか、いつでも説明できるようにしておくのが理想です。

キャリアプランを明確に伝えれば、転職先の企業へのアピールにもなります。

希望する転職先への内定に一歩近づくためにも、採用担当者に「ぜひこの人に来てもらいたい」と思ってもらえるようなビジョンを伝えましょう。

転職タイミングを考慮する

転職のベストタイミングを逃さずに行動する意識も重要です。

特に年齢の面においては、20代のほうが30代よりも圧倒的に選択肢が多いといった実情があります。

また、生保営業にうまくなじめていない方も転職を検討してみましょう。

つらいと感じながらも仕事を続けていると、心身に悪影響を及ぼすかもしれません。

こうした事態になる前に転職を考えるのも、ひとつのタイミングです。

転職エージェントを活用する

転職エージェントとは、求職者と企業のマッチングをサポートするサービスです。

求職者が希望する条件にマッチする求人を紹介してくれるほか、応募書類の添削や面接対策もしてくれます。

中には、オンラインでのセミナーやカウンセリングを行うエージェントもあるでしょう。

生保営業から転職する際に、転職先で迷ったり、不安を感じていたりする方にとって、転職エージェントは心強い存在です。

ひとりでは準備が難しい時でも、転職エージェントを使うことで、スムーズな転職活動が実現します。

生保営業の経験やスキルを生かした転職をしよう!

生保営業の経験やスキルを生かした転職をするなら、マイナビエージェントの活用がおすすめです。

マイナビエージェントは営業職からの転職にも強く、求職者にとって安心のサポートが充実しています。

各業界に精通したキャリアアドバイザーが求職者の強みや価値観を洗い出し、企業の希望と照らし合わせるため、相性のよい求人紹介が可能です。

理想の転職を成功させたい方は、ぜひ一度ご相談ください。

まとめ

sales_881_5.jpg生保営業からの転職にはさまざまな理由があります。

ノルマや収入、労働環境の改善を求めて転職を検討する方も少なくありません。

よりよい転職先を探すためにも、知識や戦略を持った転職活動が不可欠です。

転職を成功に導くコツとしては、転職条件の優先順位を決めることや転職のタイミングを考慮することなどが挙げられます。

コミュニケーションスキルや体力・精神力を十分にアピールして、選考を有利に進めましょう。

生保営業からの転職を成功させたい方、転職が初めてで不安がある方は、ぜひマイナビエージェントの無料転職支援サービスをご活用ください。

専任のキャリアアドバイザーが転職活動全般をサポートいたします。

営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント

SNSシェア

注目コンテンツ