メーカーからの転職が難しい理由|転職成功のための6つのポイント|求人・転職エージェント

更新日:2022/06/06

メーカー

メーカーからの転職が難しい理由|転職成功のための6つのポイント

maker_931.jpg

この記事のまとめ

  • メーカーからメーカーへの転職は、異なる職種でも有利になりやすい。
  • メーカーから異業種への転職は、転職先企業から敬遠されるケースがあり難しい。
  • メーカーからの転職におすすめなのは、「同業他社」「技術職」「コンサルティングファーム」の3つ。

「メーカー勤めの方は転職が難しい」という話を聞いたことはないでしょうか。その話は事実なのか、そのようにいわれる理由はなぜなのかをこの記事ではご紹介します。また、転職成功のコツもまとめました。

転職前にこの記事を読むことで、転職準備をスムーズに進められるでしょう。メーカーからの転職を考えている方は、ぜひお役立てください。

目次

機械エンジニアの求人豊富なマイナビメーカーエージェント機械エンジニアの求人豊富なマイナビメーカーエージェント

メーカーからの転職は難しいって本当?

maker_931_1.jpg結論からいうと、メーカーからの転職難易度は、転職希望先によって大きく異なるとされています。具体的には、同業種であればむしろ転職には有利に働き、異業種であれば難易度が高くなるでしょう。ここでは、メーカーからの転職傾向について紹介します。

同業種への転職は有利になる

メーカーからメーカーへ転職する場合は、即戦力になる経験者として優遇されるため、有利です。食品メーカーから食品メーカー、自動車メーカーから自動車メーカーというように、完全同業種への転職ほど転職成功率は高まるでしょう

また、どのようなメーカーであっても製造業には変わりがなく、仕事内容には通ずるところがあります。そのため、扱うものが異なるメーカーへの転職であっても、メーカー経験者としては優遇されるでしょう。

異業種への転職は高い技術力が求められる

未経験の業界に転職するのは、メーカーからの転職に限らず難しいでしょう。しかし、メーカー経験が長い方の場合は、通常よりも転職が難しいといわれています。なぜなら、「メーカー独自の考え方に染まっていて、扱いづらそう」と敬遠される傾向にあるためです。

異業種への転職であれば、資格を身につけるなどして、即戦力として期待されるような技術力を高める必要があるでしょう。

メーカーから異業種への転職が難しい理由

メーカーから異業種への転職は、残念ながら難しいといわざるを得ません。メーカーの業務内容は幅が狭い傾向にあるためです。異業種ではメーカー時代の経験やスキルを生かせないケースが多く、経験を元にしたアピールがしづらいでしょう。

たとえ異業種であっても、営業のように明確な実績を提示できる場合には、仕事に対する姿勢を伝えられます。メーカーの場合は、このような目に見えて分かりやすい実績を築きにくいのも、異業種への転職が難しいとされる点です。

【年代別】メーカーからの転職傾向と難易度

maker_931_2.jpgメーカーからの転職は、年代によっても難易度が異なります。ここでは年代別に転職の難しさを確認していきましょう。

また、転職市場ではどのような人材像が求められているのかについても、年代別にまとめました。求められている人材像に沿ったアピールをすることで、転職成功率を上げられるでしょう。

20代の場合

20代の人材に企業が求めるのは、将来性です。これから教育することで戦力になり得るだろうと期待される素質を持った人材が求められます。また、会社の雰囲気に合う人柄かどうかも判断されるでしょう。

20代は、異業種への転職もまだしやすい年代です。書類選考や面接時には、これまでの仕事における向上心を具体的に伝えるとよいでしょう。知識や資格を習得するために努力したエピソードを交えるのも効果的です。

30代の場合

30代の人材に企業が求めるのは、マネジメント能力です。周囲を巻き込み、仕事を円滑に進められるようなリーダーシップが求められます。

とはいえ、その仕事に関する知識や経験がなければ、マネジメントは難しいものです。そのため、20代に比べると30代からの転職は難しくなるでしょう。なるべく早めの転職をおすすめします。

40代以上の場合

40代以上になると、即戦力になるスキルのほか、30代よりも高いマネジメント能力が求められます。少なくともメーカーでの管理職経験がない場合には、異業種への転職は厳しいかもしれません。

なお、年齢を重ねるほど転職は不利になるといわれますが、即戦力として期待できる専門性の高さや豊富な経験を高く評価する企業もあります。これまでの経験を生かせる同業種への転職が無難ではありますが、異業種にチャレンジする場合には仕事内容を詳しくリサーチして、生かせる経験がないかを模索しましょう。

メーカーからの転職を成功させる6つのポイント

maker_931_3.jpg的確な転職先選択やアピールができなくては、メーカーからの転職に限らず転職活動は失敗しやすい傾向にあります。転職活動をがむしゃらに進めることはおすすめできません。

メーカーからの転職成功率を高めるには、いくつかポイントを押さえて、効率を高めましょう。

メーカーからの転職理由を明確にする

はじめに、現在の職場で働き続けることのメリットやデメリットを洗い出しましょう。そうすることで、なぜ転職するのか、どのような転職先が理想なのかが明確になります。

この工程をあいまいにしてしまうと、転職先選びに失敗し、転職後も同じ不満を抱える恐れがあるでしょう。

メーカーで得たスキルや経験を洗い出す

メーカー勤務によって培ったスキルや経験を洗い出し、整理するのも重要です。書類選考や面接時に具体的なアピールがしやすくなります。

同業種への転職でなくても、生産性を高めるためにしていた作業効率化の工夫や、部下のマネジメントなどといったスキルや経験はアピールポイントとして活用できるでしょう。

自分にマッチした企業を探す

企業はできることなら即戦力を採用したいと考えています。メーカーで培ってきたスキルや経験を生かせる企業を選べば、転職成功率を上げられるでしょう。

特に年代が上がれば上がるほど、将来性よりも即戦力が期待されます。逆にいえば専門性の高い分野で長く働いていたのであれば、「年代の高さ=経験の豊富さ」となり、転職が有利に進むケースも珍しくありません。

業種・職種選びは慎重に行う

現在の職場が合わなかったことから、まったく別の業種に転職したいという方もいるでしょう。しかし、先にお話したとおり、メーカーで得たものを生かせる転職先ほど、転職難易度は低くなります。経験を生かしながら働ける転職先であれば、仕事に慣れるのも早く、ストレスにもなりにくいでしょう。

そのためにも業種・職種選びの際には情報収集を徹底し、これまでの経験と照らし合わせて、自身に合っているかどうかをよく検討するのがおすすめです。

転職を決めたら早めに行動する

転職を決めたのなら、なるべく早くに転職活動を進めましょう。特にメーカーから異業種への転職を考えているのであれば、早めの行動が肝心。年齢が上がれば上がるほど、企業は即戦力となるスキルや経験を求めるためです。

ただし、焦って転職先を決めることは避けましょう。転職後の後悔を避けるためにも、リサーチ時はもちろん、面接時においても企業をしっかりと見極めることが大切です

転職エージェントを活用する

自身の力だけで転職先を探すには、手間がかかります。特に異業種への転職を考えている場合には、どのような企業が自身の求めている企業なのかを判断することすら一苦労です。

そのようなときには、転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーによる的確なアドバイスやサポートを受けられるため、転職活動が効率よく進められます

メーカーからの転職に向いている職種

maker_931_4.jpgメーカーからの転職におすすめなのは、「同業他社」「スキルが生かせる技術職」が主です。また、経験によっては「コンサルティングファーム」もおすすめします。

メーカーからの転職においてどのようなメリットがあるのか、職種ごとに確認していきましょう。

同業他社

同業他社のメーカーに転職するのであれば、これまでに培ってきた経験をそのまま生かせます。経験者として優遇されやすく、転職成功率だけでなく給与アップも望めるでしょう。待遇の改善を求めて、日系メーカーから外資系メーカーへと転職する方も少なくありません。

ただし、同業他社への転職では、仕事内容は大きく変わらないでしょう。仕事そのものに不満を抱えての転職であれば、不向きかもしれません。

スキルが生かせる技術職

たとえば自動車メーカーから機械メーカー、医薬品メーカーから化粧品メーカーなど、同じ技術職への転職はおすすめです。これまでに培ってきた技術力が高ければ高いほど、評価されやすいでしょう。

また、転職を希望した理由がメーカー業界ならではの堅苦しさであれば、ベンチャー企業の技術職は検討の価値があります。ベンチャー企業では新しい方針が取り入れやすい傾向にあり、働き方の自由化が推し進められている企業も多いためです。

経験があればコンサルティングファームも可能

メーカー勤務において業務の効率化に携わってきた場合には、コンサルティングファームへの転職も選択肢に入ります。業務の全体を見通し、効率化の施策を検討・実施する能力は、コンサルティングファームにも求められるためです。

メーカーからの転職であれば、製造業特化のコンサルティング会社を選ぶことで、評価を得やすいでしょう。

転職の不安はマイナビエージェントに相談!

メーカーからの転職が難しいとされる異業種への転職を考えているのなら、マイナビエージェントにぜひご相談ください。マイナビエージェントでは、業界に精通したキャリアアドバイザーがお客さまの転職先探しをサポート。スキルや経験の棚卸しからお手伝い致します。

自身の強みや傾向を客観的に理解したうえで転職先を探せば、働きやすい職場が見つけられるでしょう。給料のアップや待遇の改善など、「これは譲れない」という転職先の希望から、まずはお伝えください。

まとめ

maker_931_5.jpgメーカー勤務が長いと、そのメーカーならではの考えで凝り固まっていると捉えられやすく、転職が難しいといわれています。しかし20代であれば、ポテンシャル採用が見込めるため、そこまで不安に思う必要はありません。30代以降も専門性を生かして転職する方法はいくつもあります。

それでも転職に失敗する、もしくは不安が強いという方は、どうぞマイナビエージェントをご活用ください。マイナビエージェントでは企業の求める人材情報を直接リサーチしているため、お客さまの経験や希望にぴったりの転職先探しをサポートできます。

機械エンジニアの求人豊富なマイナビメーカーエージェント機械エンジニアの求人豊富なマイナビメーカーエージェント

大手メーカーに就職したものの、さまざまな理由から転職を考える方もいます。後悔しない転職活動をするためには、いくつかのポイントを押さえておくのが重要です。そこでこの記事では、大手メーカーから転職したいと考えた場合に知っておきたい、知識やおすすめの転職先について紹介します。大手メーカーからの転職は有利に働くのか、大手メーカー以外に転職するメリット・デメリットなど、転職成功に役立つ情報が得られる内容です。

メーカーからの転職を考えたとき、「経験を活かせる職種はあるのだろうか」「どのような職種に転職すれば活躍できるのだろうか......」と頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。メーカーからの転職を希望している場合、そこで得た経験やノウハウを活かせる職場に転職するのがおすすめです。そこでこの記事では、メーカーに勤めている方が、どのような点で有利になるのかについてご紹介します。転職を検討しているメーカー出身の方は、ぜひ参考にしてみてください。

メーカーから異業種であるマーケティングへの転職を希望するのであれば、マーケティングの特徴や転職のポイントを押さえておきましょう。マーケティング職とまったくかみ合わないアピールをしては、面接官から仕事を理解していないと思われかねません。この記事でマーケティング業務を理解し、転職成功率を高めましょう。

注目コンテンツ