大手メーカー出身者におすすめの転職先は?転職を後悔しない5つのコツ|求人・転職エージェント

更新日:2021/11/15

メーカー

大手メーカー出身者におすすめの転職先は?転職を後悔しない5つのコツ

maker_882.jpg

大手メーカーに就職したものの、さまざまな理由から転職を考える方もいます。

後悔しない転職活動をするためには、いくつかのポイントを押さえておくのが重要です。

そこでこの記事では、大手メーカーから転職したいと考えた場合に知っておきたい、知識やおすすめの転職先について紹介します。

大手メーカーからの転職は有利に働くのか、大手メーカー以外に転職するメリット・デメリットなど、転職成功に役立つ情報が得られる内容です。

目次

メーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェントメーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェント

大手メーカーからの転職は有利?

maker_882_1.jpg大手メーカーから転職したいと考えていても、実際に転職市場では有利なのかどうかが気になる方もいるでしょう。

ここでは、大手メーカーからの転職は有利かどうかについて解説します。

大手メーカー出身者は、どのような観点で評価されているのか興味がある方や、自分の強みの生かし方を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

大手メーカー出身者の評価は高い

大手メーカーに限らずですが、大手企業は選考のハードルが高いといった特徴があります。

そのため、転職市場においても高評価が得られ、有利に働くことが多いでしょう。

一方、中小企業を希望する場合は、仕事の進め方や求められるスキルにおいて、異なる点が多々あります。

転職先を検討する際には、大手メーカーとそれ以外の違いについて知ることが重要です。

メーカー出身者ならではの強みがある

メーカーといっても日用品からスマートフォン、自動車に至るまで、実体のある商品を扱う多くの企業が存在します。

メーカー出身者は、物を作る段階から運ぶ段階に至るまでの幅広い知識があるため、さまざまな分野で活躍できるでしょう。

転職のチャンスが豊富であり、生かせるスキルが多いのも特徴です。

希望する企業があれば、積極的にチャレンジしてみるのもよいでしょう。

中小企業やベンチャー企業に転職するメリット・デメリット

maker_882_2.jpg大手メーカーからの転職候補としては、中小企業やベンチャー企業が挙げられます。

その一方で、転職成功させるためには、それぞれの企業のメリットやデメリットを知っておくことが重要です。

ここでは、中小企業やベンチャー企業に転職するメリット・デメリットについて、それぞれ解説します。

転職先選びに迷っている方の参考となる内容です。

【メリット】個人のスキルを発揮できる

大手企業の組織的な仕事の進め方とは異なり、中小企業やベンチャー企業における仕事は、一人ひとりの判断やスピード感が重視されます

マルチにスキルを発揮しながら仕事をするため、組織としてだけでなく個人のスキルで勝負できるほか、幅広い業務に携われるのが特徴です。

より多くの仕事に挑戦してみたい方や、ひとりでこなせる業務を増やしてキャリアを成長させたい方におすすめでしょう。

【デメリット】働きやすさにばらつきがある

中小企業やベンチャー企業は、大手メーカーと比較すると従業員数が少ない傾向です。

そのため、自分以外の人材や職場の業務手順によって、働きやすさにばらつきがあります。

少人数で働く際には、自分にあった雰囲気の職場選びが重要です。

また、大手企業と比較して仕事の手順や教育制度などが整っていない企業も少なくありません。

個人にかかる負担が大きくなったり、ほかの従業員と同等のスキルを求められたりすることも考えられます。

自分の希望とよく相談しながら、慎重な職場選びが必要でしょう。

大手メーカーから転職する前に知っておきたいポイント

maker_882_3.jpg大手メーカーを離れるにあたって、労働環境や収入面などの違いを知ることは重要です。

転職活動を始める前に、それぞれのポイントを確認しましょう。

ここでは、大手メーカーから転職する前に知っておきたいポイントについて紹介します。

労働環境が大きく変化する

大手メーカーは、業務手順や事業方針などが比較的安定している傾向です。

そのため、職場により違いはありますが、労働時間内で勤められる企業が多いでしょう。

しかし、中小企業やベンチャー企業に転職する場合、柔軟な対応が求められるため、想定したとおりの労働環境ではないケースも少なくありません。

メーカーや製造業など業務手順が整っている職場から転職をすると、環境の変化に戸惑うことも考えられます。

転職後のトラブル回避のためにも、環境がどのように変化するかをあらかじめ知っておくとよいでしょう。

年収や待遇面のギャップがある

中小企業やベンチャー企業は、大手企業よりも給与水準が低い傾向にあります。

年収の下り幅は転職先の企業によって異なりますが、大手企業との年収差にギャップを感じる方も少なくありません。

やりがいを重視して転職する方もいますが、年収が下がるリスクについても検討することが重要です。

また、福利厚生についても大手企業に見劣りしてしまうこともあるでしょう。

大手メーカーから転職をするなら、「今後も働き続けられるか」など長期的な目線での検討をおすすめします。

元の企業には戻りにくい

大手メーカーに勤めたいという方は多く、企業も業務効率アップに向けて、優秀な人材を招き入れる傾向です。

そのため、欠員がでるとすぐに求人を出して採用が進みます

転職後に「やっぱり大手メーカーがよかった」と思っても、戻る席がないのが実情です。

転職後は元の企業に戻れないという前提で、慎重に判断しましょう。

大手メーカー出身者におすすめの転職先は?

maker_882_4.jpg大手メーカーから転職する場合、スキルや経験が生かせる転職先を選ぶのが好ましいでしょう。

実際に、共通スキルを持つ大手メーカー出身者であれば、「すぐにでも来てほしい」と考える企業も少なくありません。

ここでは、大手メーカー出身者におすすめの転職先について紹介をします。

流通業界

メーカーが作った製品を消費者に届ける流通業界は、メーカー業界と親和性が高い業界です。

仕事内容は異なりますが、商品を作る側から売る側に回ってみたい方には適した業界といえます。

メーカー業界で得た知識を、大いに生かして活躍できるでしょう。

主な職種としては、消費者に商品を販売する小売店の販売スタッフや、商品の仕入れ・検品などを行うバイヤーといったものが代表的です。

キャリア次第では、店舗の店長や企業の本部で管理職へ就くこともあります。

コンサルティング業界

コンサルティングは、各業界・企業の経営戦略や課題への解決策を考えて、クライアントに提案する職種です。

クライアント対象にはメーカーが多く、これまでの経験が有利に働きやすいといった特徴があります。

前職の実務経験が直接誰かの役に立つため、やりがいを感じられるでしょう。

一方で、業務の難易度は高く、クライアント対象によって求められる知識も異なります。

スキルをより昇華させたい方や、キャリアアップを狙っている方におすすめの職種です。

大手メーカーからの転職を後悔しないためのコツ

maker_882_5.jpg転職後に「やっぱり前の職場がよかった」と思っても、戻ることは難しいでしょう。

後悔しない転職をするためにも、転職理由の明確化やリサーチの徹底などの対策が必要です。

ここでは、大手メーカーからの転職を後悔しないためのコツについて見てみましょう。

転職理由を明確にする

志望動機を固めるうえでも、転職したいと思ったきっかけや転職理由について考えるのが重要です。

転職理由は転職活動における原点といえるため、時間をかけて考えましょう。

採用担当者は、求職者がなぜ大手メーカーからの転職を決意したのか、将来はどのようなキャリアを描いていたいのかに興味を持っています。

自分なりの言葉で説明できるように、あらかじめまとめておくと採用の場でも話しやすくなるでしょう。

給与や待遇の優先順位を決める

中小企業やベンチャー企業は、大手企業と比較して給与や福利厚生が整備されていないこともあります。

そのため、転職先の条件に優先順位を付けるのが重要です。

特に給与や福利厚生といった条件面は、今後の生活に直結します。

譲れない水準を定めたうえで、転職先の企業を選定しましょう。

また、自分が希望する企業の条件を細かく調べることで、転職後の後悔を回避できるかもしれません。

キャリアプランを考えたうえで転職する

「新たなやりがいを求めて別の業界で働きたい」、「現在のスキルを生かして管理職へキャリアアップしたい」など、転職の目的はさまざまです。

転職を後悔しないためにも、将来のビジョンを想像し、どのようなキャリアを積んでいきたいのかを考えましょう。

また、「転職によって何をかなえたいのか」を決めることも重要です。

自分が主体となって仕事がしたい方もいれば、成長を実感するために職を変えて働きたい方もいます。

キャリアの選択がどのような結果を招くのか、十分に検討するとよいでしょう。

転職先のリサーチを徹底する

仕事の進め方や担当する業務の内容は、企業によって大きく異なるポイントです。

実際に働いてみて分かることもありますが、ホームページや口コミ、面接などでも情報を揃えられます。

仕事内容や職場の雰囲気などにギャップを感じて後悔しないように、転職先のリサーチを徹底しましょう。

判断材料をできるだけ増やすことは、後悔のない転職につながります。

経験やスキルを生かせる転職先を探す

大手メーカーで培ってきたキャリアについて考え、自分に合った転職先を探すのもポイントのひとつです。

これまでに、どのようなキャリアを積んできたかが明確であれば、転職の際に何をアピールするかもはっきりします。

BtoBやBtoCなど、企業のビジネスモデルによって、求めるスキルや人材も異なるでしょう。

自分がどの分野で活躍したいかを視野に入れて、アピールできるスキルを探すことが大切です。

マイナビエージェントで大手メーカーからの転職を成功させよう

大手メーカーからの転職を成功させるためには、年収や待遇だけでなく、業務内容などの入念な下調べが重要です。

しかし、一般的に公開されている情報だけでは、実態が十分に掴めないと感じる方もいるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、「転職エージェント」です。

転職エージェントを活用すれば、求人票に記載されている以上の情報を得られるでしょう。

マイナビエージェント」は、株式会社マイナビが運営する無料の転職支援サービスです。

業界に精通したキャリアアドバイザーが、求職者と企業の間に立ち、転職全般をサポートします。

また、企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーが在籍しており、職場の雰囲気など細かい企業情報を入手しているため、大手メーカーからの転職が不安にもおすすめです。

まとめ

maker_882_6.jpg大手メーカーからの転職活動は、比較的有利に進む傾向です。

しかし、中小企業やベンチャー企業への転職を希望する場合は、大手メーカーとの違いを理解しておく必要があるでしょう。

また、後悔しない転職をするために、転職理由やキャリアプランについて十分な検討が不可欠です。

マイナビエージェントは、専任のキャリアアドバイザーのサポートにより、求職者と企業のスムーズなマッチングを実現します。

転職活動に不安がある方や、転職先の選定に迷っている方はぜひ一度ご相談ください。

メーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェントメーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェント

SNSシェア

注目コンテンツ