メーカー(製造業)からのおすすめの転職先は?転職成功のコツもご紹介|求人・転職エージェント

更新日:2022/04/08

メーカー

メーカー(製造業)からのおすすめの転職先は?転職成功のコツもご紹介

maker_849.jpg

メーカーからの転職を考えたとき、「経験を活かせる職種はあるのだろうか」「どのような職種に転職すれば活躍できるのだろうか......」と頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。

メーカーからの転職を希望している場合、そこで得た経験やノウハウを活かせる職場に転職するのがおすすめです。

そこでこの記事では、メーカーに勤めている方が、どのような点で有利になるのかについてご紹介します。

転職を検討しているメーカー出身の方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

メーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェントメーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェント

メーカーからの転職で有利となるポイント

maker_849_1.jpg私たちの身の回りにあるたくさんの製品を製造するメーカーには、さまざまなジャンルがあります。

自動車メーカーや鉄鋼メーカー、食品メーカーやアパレルメーカーなど、製造する製品によって細かくジャンルが分かれ、必要とされるスキルや知識もガラリと変わります。

ここではメーカー全般について、転職で有利になるポイントをご紹介します。

メーカー業界の知見を持っている

国内総生産において各産業を比較したとき、製造業は約2割を占めています。

この数字から、メーカー業界は日本の産業の中心的な存在だといえるでしょう。

そのため転職においては、メーカー業界の知見を持っていることが、転職先での評価につながる可能性が高いといえます。

どの業界においても、製造業をクライアントに持つ企業は多く存在するのが現状です。

そのため「メーカー業界について」「組織について」深く理解していることは、大きな強みであると言えます。

我が国の産業構造を支える製造業 - 経済産業省

流れを意識した業務遂行ができる

一言でメーカーと言っても、クライアントから契約をとる営業部門、商品企画や開発を行う部門、商品の生産を行う部門など、商品が顧客の手に届くまでにはさまざま部門が携わっているのが特徴です。

メーカー業界に勤めていると、流れを意識した業務遂行が身につく傾向にあります。

そのため転職後は、プロジェクトマネジメント能力の面で評価される可能性があるでしょう。

また利害関係者との取引を行う場面においても、評価を受けるケースがあります。

細部にこだわれる

メーカー業界では、コスト削減や他社製品との差別化に向けての意識が高いといった特徴もあります。

1円の無駄を省いて商品価格を抑えるために、業務改善に取り組んで企業努力を重ねることも珍しくありません。

コスト分析や削減に向けての絞り込みはもちろん、生産管理の見直しを行うメーカーも多いでしょう。

そのような環境で働いていた経験があると、商品やサービスの細部にこだわれる人材であることが、自身の強みになります

コストを意識した業務の効率化をはかれることは、新しい職場において評価される可能性が高いでしょう。

メーカーから転職する際の企業・職種の選び方

maker_849_2.jpgメーカーからの転職を考えたとき、「どの職種で活躍しやすいのだろうか」と悩む方も少なくありません。

特に希望の業界や職種がない場合、選ぶ基準が難しいと感じてしまうでしょう。

ここでは、メーカーから転職する際に、おすすめの職種や企業をピックアップしました。

「転職を成功させたい」と考えている方は、ぜひチェックしてみましょう。

スキルや経験を活かせる企業にする

これまでメーカー業界で働いていた方は、業種に応じたスキルが身についていることでしょう。

たとえば商品企画では製品分析のスキル、研究開発などの専門性の高いスキルなど、さまざまな経験を積んでいますので、転職活動にも活かせる方向で考えるのがおすすめです。

転職先を探す際にも、同様のスキルや経験が活きる職場をターゲットに絞ることで、転職を有利に進められます

また転職後も、即戦力として企業で活躍できる可能性が高まるので、キャリアアップにつなげやすくなるでしょう。

現在の職種に合った転職を目指す

メーカー業界における職種は非常に幅広く、業務内容も多岐に渡ります。

そのため転職を考えている場合には、現在の職種に合った転職先を探すのもひとつのポイントです。

たとえば専門的な技術を習得している場合には、その技術を活用できる職種を選ぶとよいでしょう。

スキルや経験が役立たない職種では、転職後に思うような活躍ができない可能性もあります。

「転職に失敗してしまった......」と後悔しないためにも、職種は慎重に選びましょう。

メーカーからの転職におすすめの業界は?

maker_849_3.jpgこれまでメーカーで勤務していた方には、転職先として向いている業界がいくつもあります。

たとえば競合他社やスタートアップ企業などは、即戦力を求める傾向が高いので、これまでの経験やスキルを活かして活躍できる可能性があるでしょう。

「転職をしてよかったと思える業界に入りたい」と考えている方は、自分におすすめの業界についても把握しておくのがポイントです。

経験をそのまま活かせる「競合他社」

メーカーからの転職の場合、多くの方が競合他社、あるいは異なる業界のメーカーへの転職を目指す傾向にあります。

競合他社や異なる業界のメーカーに転職することで、これまで培ってきた経験が大きな強みとなり、即戦力として輝ける可能性が高いからです。

ただし、同じような業種の場合、転職を決意した理由によっては悩みや不満が改善されにくい可能性もあるので、注意しておきましょう。

同じような失敗を繰り返さないためにも、競合他社への転職を検討しているのであれば、働き方や職場環境を事前にリサーチすることが大切です。

業務の効率化や最適化を図る「コンサルティングファーム」

コンサルティングファームとは、企業の課題解決へ向けてのサポートを行う職種を指します。

コンサルティングファームの業務内容は多様化しており、コスト削減施策や新規事業の策定など、取り扱う内容も企業によってさまざまです。

メーカーに勤めていた場合、業務効率化や生産管理の見直しなど、これまでの経験を活かせる可能性があります

特に製造業のコンサルティングでは、課題解決力が大きく評価されるかもしれません

顧客の拡大を図れる「ベンチャー企業」や「スタートアップ企業」

新たなサービスの展開に向けて成長途中にあるのでベンチャー企業や、これまでにないビジネスモデルを生み出すスタートアップ企業も、メーカーからの転職におすすめです。

ベンチャー企業やスタートアップ企業は、基本的には少数精鋭の組織となるケースが多いので、即戦力として活躍できる人材が求められます

少人数で組織の環境を整えていくとき、メーカーで得た知見は大きく役立つでしょう。

大手の事情を把握している方であれば、顧客獲得の面でも活躍できる可能性が高いといえます。

【担当部門別】経験に合ったおすすめ転職先

業界や業種選びに迷ったときには、メーカーでの経験を参考に転職先を選ぶのもおすすめです。

たとえば工場内の設備に携わっていた場合には、製品のメンテナンスを行うフィールドエンジニアとして活躍できる可能性が高いでしょう。

工場において出荷業務を受け持っていた場合には、物流関係が向いているといえます。

工場内において、クレーンや玉掛けなどの現場作業を行っていた場合には、建設業で大きく活躍できるかもしれません。

建設業への転職の場合、年収アップを狙えるのもポイントです。

メーカー業界で働いていた方の中には、工場内の電気工事を担当していた方もいるのではないでしょうか。

電気工事を担当していた場合、専門スキルを活かせる電気工事業界がおすすめです。

未経験者でも転職できる職種3選

maker_849_4.jpg現職と異なる職場環境で働きたいと思ったときに考えるのが、未経験業界への転職ではないでしょうか。

実際、キャリアチェンジで希望を叶える方も多くいます。

ここでは、未経験でも転職しやすい職種をご紹介します。

経験のない環境でチャレンジしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

書類整理や作成をする「事務職」

事務職は書類の作成や整理をはじめ、データ入力や来客への対応などを担う職種です。

事務職の具体的な業務内容は、会社によって大きく異なります。

たとえば社内の書類管理やデータ入力を行う「一般事務」や、営業職のサポートを行う「営業事務」など、配属される部署によっても業務内容が異なるのが特徴でしょう。

多くの場合、事務職が未経験でも簡単な業務から担当できることもポイントです。

また事務職では、オフィスに常駐して業務を行います。

コミュニケーションスキルが重視されることも多いため、これらのスキルを持ち合わせていると、未経験者でも転職を有利に進められるかもしれません。

成果に応じた報酬を得られる「営業職」

営業職も、未経験者が転職して活躍できる可能性の高い職種だといえます。

営業職は顧客のニーズを把握し、サービスの利用や商品の購入を提案する仕事です。

営業職は対応する顧客によって「法人営業」と「個人営業」に分かれています。

スケールの大きな商材を扱いたい場合は法人営業が向いていますが、成果に応じて収入面で評価されたい場合には、個人営業がおすすめです。

個人営業では、成果しだいで高い年収を目指すこともできます。

インセンティブが支給されるケースも目指しくはありません。

特に業務の効率化は、営業職でも大いに役立つスキルです。

人とコミュニケーションを取れる「サービス業」

人と関わる仕事がしたい方は、サービス業への転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

サービス業は職種が幅広く、アパレル店員などの接客業や、ホールスタッフなどの飲食業があります。

また旅行代理店などの添乗員も接客業にあたるでしょう。

サービス業は相手に寄り添い、柔軟に対応できる力が求められます

直接お客様を相手にする職種であるため、顧客のリアクションを見ながら日々の仕事ができるのもやりがいのひとつでしょう。

特に専門性の高いスキルを必要としないサービス業は、未経験からの転職に向いているといえます。

メーカーからの転職を成功させるための3つのコツ

maker_849_5.jpgメーカー業界からの転職に限らず、転職活動をする方にとっては「自分が望む企業で働きたい」というのが本音ではないでしょうか。

メーカーからの転職を成功させたいと考えたとき、重視しておくべきポイントがいくつかあります。

ここでは3つのポイントに絞ってご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職理由を明確にする

「新しい職場で働きたい」「現在の職場環境を変えたい」と思う理由は、個人によってさまざまです。

たとえば職場の人間関係が不満であることや、労働条件の悪さがきっかけというネガティブな理由の場合もあるでしょう。

ネガティブな理由は自分自身の考えに蓋をしてしまいがちですが、転職理由を明確にすることは、転職を成功させるための大切なポイントです。

不安や不満などのネガティブな要素は、「自分の望む働き方」を知ることにつながるでしょう。

自身のスキルや強みを把握する

転職の際には、自分自身の経歴や職歴を振り返り、スキルや強みについて考えてみましょう。

「自分にはアピールできるポイントがない」と感じている方も多いかもしれませんが、まずは現在働いている職場で得たスキルについて考えてみるのがおすすめです。

その中でも、自分が「楽しい」「やりがいがある」と感じた業務は、次の職場でも活かしていきたいポイントになります。

やりがいにスポットを当てることは、自身に合った業種を探せるヒントになるでしょう。

転職後のキャリアプランを立てる

転職を考えるときには、どうしても目の前の状況ばかり考えてしまいがちです。

しかし転職を成功させるためには、5年後や10年後についてのキャリアプランを立てることをおすすめします

キャリアプランを立てることで、自分が本当に望む働き方が見えてくるでしょう。

希望を実現するためには、どのような企業や職種を選べばよいのかを考えることで、転職先が絞りやすくなります。

まとめ

maker_849_6.jpgメーカーからの転職を考えたとき、まずはメーカーで働いていた経験やノウハウが活きる職業を検討してみるとよいでしょう。

経験をそのまま活かせる職業はもちろん、現在の職種に合った転職先を選ぶのもおすすめです。

またキャリアチェンジを考えている場合には、未経験者が活躍できる業界を選ぶのもひとつの方法だといえます。

転職を成功させるためのポイントをおさえ、本当に望む働き方ができるように意識しましょう。

マイナビエージェントでは、一人ひとりの経歴を丁寧にヒアリングし、希望に沿った転職先をご紹介します。

初めての転職活動で抱えている悩みや不安を解決できるよう、キャリアアドバイザーが手厚くサポートいたしますので、転職を検討されている方はぜひマイナビエージェントにご相談ください。

メーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェントメーカー専任のアドバイザーが揃うマイナビメーカーエージェント

大手メーカーに就職したものの、さまざまな理由から転職を考える方もいます。後悔しない転職活動をするためには、いくつかのポイントを押さえておくのが重要です。そこでこの記事では、大手メーカーから転職したいと考えた場合に知っておきたい、知識やおすすめの転職先について紹介します。大手メーカーからの転職は有利に働くのか、大手メーカー以外に転職するメリット・デメリットなど、転職成功に役立つ情報が得られる内容です。

「ブランド力のあるメーカーで活躍したい」「国際的な視野を持って働きたい」と考えたとき、外資系メーカーへの転職を検討する方もいるのではないでしょうか。大手のメーカーでは、スケールの大きな仕事に携われる可能性もあるため、キャリアアップを理由に転職を決意する方もいるでしょう。しかし外資系メーカーでは、日本企業と異なる風土があるため、働き方の違いに戸惑うことが多いかもしれません。そこでこの記事では、外資系メーカーへ転職する際のポイントについてご紹介します。外資系メーカーの特徴やメリットを理解し、転職に役立てましょう。

「メーカー勤めの方は転職が難しい」という話を聞いたことはないでしょうか。その話は事実なのか、そのようにいわれる理由はなぜなのかをこの記事ではご紹介します。また、転職成功のコツもまとめました。

注目コンテンツ