保険業界で取るべき資格とは?キャリアアップにつながる資格を紹介|求人・転職エージェント

更新日:2022/04/12

金融業界

保険業界で取るべき資格とは?キャリアアップにつながる資格を紹介

insurance_qualification.jpg

生命保険や損害保険を扱う保険業界は、就職・転職先として人気の業界です。しかし、「保険業界で仕事をするには、保険関係の資格が必要なのでは?」と考える方もいるでしょう。

保険業界の関連資格には様々な種類がありますが、一部の資格については、「それがないと仕事ができない」というものもあります。

ここでは、保険業界で仕事をする上で必要となる資格や、保険業界でのキャリアアップに役立つ資格をご紹介します。

目次

金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント

保険業界の仕事内容とやりがいとは?

保険業界には、生命保険会社や損害保険会社、保険代理店などがあります。

まずは、生命保険会社、損害保険会社、保険代理店それぞれの仕事内容や、やりがいについてご紹介しましょう。

生命保険会社の仕事内容・やりがい

生命保険会社は、死亡したときや病気・ケガをしたときなどに適用される、「生命保険」という商品の企画・開発を行い、顧客に販売する会社です。

具体的な業務内容としては、契約者を増やすための個人・法人への営業活動や、保険への加入可否の判断、保険料収納、保険金支払、資産運用などがあります。

万一の際の補償を用意することで人の役に立てるということは、生命保険会社で働くやりがいのひとつでしょう。

損害保険会社の仕事内容・やりがい

損害保険会社では、自動車保険や地震保険、火災保険、盗難保険といった保険商品を取り扱っています。

損害保険は事故によって受けた損害を補填するものであるため、生命保険と比べて、短期契約の商品が多いことが特徴です。損害保険会社の部署によっては、自動車事故対応などで激務になる場合もあります。

しかしながら、顧客が事故に遭ったときに金銭面でサポートできるなど、やりがいを感じることができるでしょう。

保険代理店の仕事内容・やりがい

生命保険会社や損害保険会社の契約業務などの、代行をするのが保険代理店です。

近年では、商店街やショッピングモールに店舗を設け、お客様のニーズに合った生命保険商品を提案する、店舗型の保険代理店が増えてきました。

また、ディーラーや修理工場が自動車保険を、不動産業者やハウスメーカーが火災保険を取り扱うケースもあります。お客様と信頼関係を築き、納得した上で契約してもらえることにやりがいを感じられるでしょう。

保険業界の職種と仕事内容

保険業界には様々な職種があり、仕事内容もそれぞれ異なります。続いては、保険業界の代表的な職種と仕事内容について見ていきましょう。

営業職の仕事内容

保険業界の営業職の仕事は、自社が取り扱う保険商品を提案して、契約手続きを行うことです。生命保険会社や損害保険会社の営業活動は、電話や飛び込み営業などで商品の売り込みを行う、いわゆるアウトバウンドセールスが主流となります。

一方、保険代理店の営業活動は、来店したお客様のニーズをくみ取り、最適なプランを提案するインバウンドセールスが主流です。

いずれにしても、保険に関して幅広い知識を持ち、顧客に適切な提案をする能力が必要となります。

商品開発の仕事内容

保険業界の商品開発とは、既存の商品の改定や、新たな保険商品の企画・開発などを行う部署です。新商品の提案から監督官庁への商品の許可申請まで、開発業務全般に携わります。

発想力や情報収集力の他、他部署と連携するコミュニケーション能力も求められます。顧客のニーズに合う保険商品を開発することに、やりがいを感じることができるでしょう。

事務職の仕事内容

保険業界の事務職の仕事は、新規契約や保険の更新、保険金請求に関する書類作成や精算処理など、営業職や他の社員のサポートを行うことです。

新規契約に関する部署であれば申込者の書類チェック、契約保全の部署であれば住所変更に関する処理というように、所属部署によって担当業務が異なる会社もあります。

保険業界で必要になる資格とは?

保険業界で仕事をするためには、どのような資格が必要になるのでしょうか。保険業界で働く上で必要になる資格と、キャリアアップのために取得しておいたほうが良い資格をご紹介します。

保険募集人の資格

保険募集人の資格とは、保険の募集を行うために必要となる資格です。保険の募集とは、保険の勧誘を行ったり販売を行ったりすることを指します。

生命保険の商品の販売などを行う生命保険募集人の資格は生保一般課程試験に、また、損害保険の販売などを行う損害保険募集人の資格は損保一般課程試験に合格する必要があります。

ファイナンシャルプランナーの資格

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は、保険業界の仕事でキャリアアップするために有効な資格のひとつです。

ファイナンシャルプランナーの資格取得を通して、金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など、保険業界で働く上で役立つ知識を身に付けることができまるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの資格には、国家資格である「ファイナンシャル・プランニング技能士」と、民間資格である「AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格」「CFP(サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー)資格」があります。なお、AFP資格の認定を受けるには、ファイナンシャル・プランニング技能検定の2級に合格していることが必要となります。

幅広い金融知識を駆使して資金計画や資金運用へのアドバイスを行うファイナンシャルプランナーはさまざまな業界で活躍の機会が多い資格ですが、特に金融業界においては習得した知識を活かせる場が多くあります。ここでは、ファイナンシャルプランナーの資格の基礎知識や、金融業界での活用方法について解説します。

保険の資格は入社後に取得できる

保険業界の関連資格は、入社後に実務を通して、専門知識を身に付けながら取得することが可能です。保険業界には、資格取得制度や人材育成制度を定めたり、資格手当を設定したりしている企業が多くあります。

保険業界を目指す方は、どのような関連資格があるのかを調べて、どのような資格をどのような順序で取得すればいいのか、プランニングしておくのがおすすめです。

まとめ

保険業界への転職を目指す上で、関連資格の取得はアピールポイントとなるでしょう。しかし、資格を取得していなくても保険業界に転職することは可能です。

保険業界への転職を希望するけれど、スキルや実績をどのようにアピールすれば良いのかわからない、という方はマイナビエージェントにご相談ください。マイナビエージェントでは、保険業界を含む各業界に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の皆様の転職活動を全面的にサポートさせていただきます。

金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント

保険業界への転職を考えているけれど、実際の仕事内容がよくわからない、ノルマが厳しいと聞くし、やっていけるかどうか不安、という方もいるでしょう。ここでは、保険業界の職種や仕事内容、保険業界の仕事が向いている人の特徴など、基礎知識をご紹介します。生命保険と損害保険の違いや、それぞれのメリット・デメリットについても解説します。

転職の際に求められる「志望動機」。的確かつ志望先にしっかり届くものにするためには、志す業界の特色やどのような人材が求められているかを事前に知っておくことが大切です。今回は、保険業界における志望動機の書き方やそのポイントについて解説します。実際の例文もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

保険会社の営業は、成果主義であることも多く、高収入を得られる場合があります。一方、ノルマ達成のプレッシャーに耐え切れず、転職したいと考える方もいるのではないでしょうか。保険会社を辞める際は、退職理由や転職対策を把握することが大切です。そこで今回は、保険会社から転職するにあたって役立つ知識を紹介します。おすすめの転職先だけでなく、転職でアピールできるスキルもまとめました。

タグ一覧
SNSシェア

注目コンテンツ