転職エージェントの担当変更をする方法!スムーズに変更するための文例|求人・転職エージェント

更新日:2021/11/12

転職全般

転職エージェントの担当変更をする方法!スムーズに変更するための文例

common_872.jpg

転職エージェントではキャリアアドバイザーが担当者となり、転職活動のさまざまな部分をサポートします。しかし、利用を続ける中で「担当者と合わない」「担当変更をしたい」と感じる方もいるでしょう。

実際に、転職エージェントの担当者は変更可能です。転職は人生における重要なターニングポイントのひとつなので、サポートしてもらう担当者も自分と相性のよい方をおすすめします。

そこでこの記事では、転職エージェントの担当変更をする方法についてまとめました。スムーズに変更するための文例も紹介します。

目次

転職エージェントの担当変更は問題にならないのか

common_872_1.jpg転職エージェントの担当者と相性がよくないと感じたら、担当の変更を申し出るのがおすすめです。「変更の旨を伝えるとトラブルに発展しそうで不安」と感じる方もいるかもしれません。しかし、担当変更が問題になるケースは少ないため、安心して相談をしましょう。

ただし担当変更を申し出る際には、「何がいけなかったか」「どうして欲しいか」など明確な理由と要望を伝えます。エージェント側でも担当変更を納得し、次の担当者を手配する際の判断材料にするためです。

担当変更を希望する前に確認したいポイント

common_872_2.jpg安易な担当変更により転職活動が難航するのを防ぐため、担当変更の判断は慎重に行なったほうがよいでしょう。ここでは、担当変更を希望する前に確認したいポイントについて紹介をします。現在、担当変更をするかどうかで悩んでいる方に参考となる内容です。

担当者について

担当変更の基準のひとつとして、アドバイスが的確かどうかという点が挙げられます。担当者の良し悪しは、対応時の態度やコミュニケーションのとり方だけでは一概に判断できません。

実際に、エージェントの利用者にとって有益なアドバイスをしてくれている場合、熱意のあまり言い方がきつくなることもあるでしょう。しかし、利用者のキャリアを最優先に考えた結果のアドバイスであれば、転職活動においてはプラスになる要素です。そのため、担当者を変更したい理由を挙げたのち「いまの担当者は優秀なのか」「担当変更が本当に必要なのか」を検討しましょう。

転職エージェントについて

担当者と合わせて、利用している転職エージェントについても見直しましょう。転職エージェントはそれぞれ特徴や方針が異なっており、必ずしも利用者のニーズにマッチするとは限らないためです。

担当者の変更でも問題が解決しそうにないと判断した場合は、転職エージェントの変更も視野に入れつつ活動するとよいでしょう。

担当変更を希望する前に試したい対処法

common_872_3.jpg担当変更を検討する原因として求人内容や担当者との相性、スケジュールの調整などがあります。ここでは、担当変更を希望する理由と、変更前に試したい対処法についてまとめました。担当者を変える前に、一度確認をしてみましょう。

求人内容が合わないときの対処法

紹介された求人が魅力的ではなく「担当者が悪いのでは」と思う方がいるかもしれません。担当者から提案された求人が自分に合っていないと感じた場合は、こちらの要望が十分に伝わっていないことも考えられます。さらに具体的な条件を追加で伝えるとよいでしょう。

また、利用者の潜在的なニーズに合わせて求人を提案してくれているケースもあります。こうした場合、相性のよい企業とマッチングするチャンスにもつながるため、担当者の意見をよく聞いて柔軟な対応をしましょう。自分だけでは探せなかった企業と出会えるチャンスです。

担当者と人柄が合わないときの対処法

担当者とコミュニケーションの相性がよくない場合は、自分が希望するフォローのスタイルを具体的に伝えましょう。担当者によっては利用者とのコミュニケーションを十分に考慮できていないケースもあります。

たとえば「転職にまだ自信がなく不安が大きいため、できるだけ丁寧で分かりやすいアドバイスをくれると嬉しい」「書類や面接での課題は遠慮なく伝えてほしいため、次回からは厳しめにアドバイスしてくれると参考になる」などの具体性があると改善につながるでしょう。

担当者と時間が合わないときの対処法

担当者とスムーズに連絡がとれないときは、あらかじめ連絡しやすいタイミングを確認しておきましょう。電話中であったり別の業務に注力したりしていて、こちらの連絡に対応できないケースもあるためです。

「連絡手段」「連絡しやすい曜日・時間帯」など担当者のスケジュールをある程度把握しておくことで、連絡のとりやすい状況を作れます。また、電話が難しい場合、メールでの対応なら可能といったケースもあるため、連絡手段も忘れずに確認をしておきましょう。

変更するべきかの判断基準となる担当者の特徴は?

common_872_4.jpg転職エージェントの担当者と合わないと感じても、「担当変更するまでではないかも」と判断に迷い、我慢してしまう方は少なくありません。ここでは、変更するべきかの判断基準となる担当者の特徴について解説をします。優秀な担当者を見抜くポイントをまとめたため、自分の担当者に該当しているかどうかをチェックしてみましょう。

担当変更したほうがよい担当者の特徴

担当者に次の特徴がある場合、担当変更の検討をおすすめします。

  • 連絡が遅い、返信がない
  • マナーや態度に問題がある
  • 希望に合った求人を紹介してくれない
  • 性格面での相性がよくない
  • 担当者の意見を押しつけてくる

転職活動をスムーズに進めるためにも、担当者のサポートには十分注目しておきましょう。転職に悪影響が出る前に担当の変更を申し出ます

担当変更しないほうがよい優秀な担当者の特徴

「担当を変更したい」と感じることがある一方で、次の特徴を持つ担当者の場合は変更しないほうが得策です。それぞれどのような特徴があるか、チェックしてみましょう。

  • 連絡に対するレスポンスが早い
  • ヒアリングのスキルが高い
  • 細かい要望にも対応してくれる
  • 希望業界の知識に長けている
  • 的確なアドバイスをくれる

希望する企業への転職には十分な準備と対策が不可欠です。利用者を多方面でサポートしてくれる担当者は非常に優秀である可能性が高いでしょう。

転職エージェントの担当変更をする3つの方法

common_872_5.jpg実際に転職エージェントの担当を変更する場合、3つの方法を推奨します。具体的には「電話で伝える方法」「メールで伝える方法」「Webサイトで申請する方法」です。それぞれの特徴を知り、担当変更を伝えるための詳細なイメージを得ましょう。

電話で伝える

担当しているキャリアアドバイザーの人柄には好感が持てていた場合、電話での申し出が好ましいでしょう。電話であれば、これまで担当してくれたことへの感謝も伝えやすく気持ちのよい担当の引き継ぎができるためです。

また、引き継ぎの際の連絡がスムーズに行えるのもメリットのひとつでしょう。メールやツールを介した連絡とは異なり、その場で連絡をとりあえるため、引き継ぎの期間も短く抑えられます。

メールで伝える

担当しているキャリアアドバイザーとメールでやりとりしている場合は、そのままメールを活用して担当変更の旨を伝えましょう。都合がよいタイミングで返事ができるため、担当者が忙しい場合は特に効果的です。

メールであれば事前に文面を考えておく時間がとれます。そのため、丁寧に気持ちを伝えたいときにも適している方法でしょう。電話で直接連絡をとるのが苦手な方や、要件をまとめてから連絡をとりたい方におすすめです。

Webサイトで申請する

転職エージェントによっては、問い合わせフォームや申請ページが設けられています。電話やメールよりもメッセージを伝えやすい点がメリットです。丁寧な文面を意識してメッセージを送りましょう。

メッセージはサービスの運営側に直接届くため、担当者以外のスタッフの目にも触れることがあります。丁寧な内容でメッセージを送れていれば、担当変更の際に印象がよくなるかもしれません。

転職エージェントへ担当変更を申し出る際の文例

common_872_6.jpg転職エージェントに担当変更を伝える際、状況に応じてメッセージをまとめます。丁寧な文面を意識しつつ、担当変更の旨を伝えましょう。ここでは、転職エージェントへ担当変更を申し出る際の文例を状況別に紹介をします。

担当者との相性が合わない場合

相性が悪く担当変更をする場合でも、これまでの転職サポートに感謝の念を表すことがポイントです。一方的に担当の変更をしてほしいという意見を押しつけないように注意しましょう。

いつもお世話になっております。
御社の転職支援サービスを受けております、〇〇(あなたの名前)です。
この度は御社に一点相談したいことがあり、ご連絡を差し上げました。

私は現在、(担当キャリアアドバイザーの名前)様に転職のサポートをしていただいております。これまでにさまざまなアドバイスを頂戴し、いずれも参考になるものであったと感じている次第です。

一方、(担当キャリアアドバイザーの名前)様からいただく転職プランと、私が目標としているキャリアとの間に認識違いがあるかと存じます。ご本人とも都度、方向性の確認をして参りましたが、改善の兆しを感じておりません。

可能であれば、担当キャリアアドバイザー様の変更を検討していただけないでしょうか。
お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

〇〇(あなたの名前)

担当者の持つ知識や専門性が合わない場合

より詳しい情報を持つ担当者への変更を依頼する際の文例です。「現在の担当者からは十分に情報をもらっているため大きな落ち度はない」といった印象が伝わる文面を意識しましょう。

いつもお世話になっております。
御社の転職支援サービスを受けております、〇〇(あなたの名前)です。
この度は御社に一点相談したいことがあり、ご連絡を差し上げました。

私は現在、(担当キャリアアドバイザーの名前)様に転職のサポートをしていただいております。これまでにさまざまなアドバイスを頂戴し、いずれも参考になるものであったと感じている次第です。

しかし、私が希望しております(希望している業界・職種)に関する情報が現在不足しており、大変失礼を承知の上ですが、(担当キャリアアドバイザーの名前)様以外の方からのアドバイスも頂戴したく考えております。

可能であれば、(希望している業界・職種)に詳しい担当キャリアアドバイザー様の変更を検討していただけないでしょうか。
お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

〇〇(あなたの名前)

スムーズに転職するために!担当変更後のポイント

common_872_7.jpg担当変更の後、新しい担当者とうまく連携をとりつつ転職活動を成功に導くためには、押さえておきたいポイントがいくつかあります。

ここでは、担当変更後にスムーズな転職活動を行うための情報をまとめました。担当者を変更してから、どのような行動を起こせばよいのかイメージしておきたい方に参考となる内容です。

面談で担当者との相性や能力を確かめる

担当者を変更してもらったら、まずは面談にて自分と相性のよいキャリアアドバイザーかどうかを確認しましょう。転職が成功するまでの期間サポートをしてもらうため、パートナーとして申し分ない方なのかを見極めるのが重要です。

また、キャリアアドバイザーとしての能力も合わせてチェックします。これまでに転職を成功させてきた実績や、どのような業界・職種を得意としているかなど、サポートを受ける前の段階で聞いておくのがおすすめです。

新しい担当者と信頼関係を築いていく

新しい担当者とは、早い段階から信頼関係を構築していきましょう。お互いに信頼関係が築けていれば、自分の希望に合う求人を優先的に紹介してもらいやすくなるほか、悩み相談もしやすくなり、ストレスの軽減にもつながります。

短期間で信頼関係を構築するためには、メールの返信速度を早めたり、積極的なコミュニケーションをとったりすることが有効でしょう。「サポートさえしてもらえればいい」といった受け身の姿勢ではなく、キャリアアドバイザーが仕事をしやすいような行動を意識すると好印象を与えられます。

転職に対する意欲を見せる

担当者には、転職に対して前向きな姿勢を見せましょう。意欲的に活動している姿を見せることで、希望した求人の紹介やよりよいアドバイスなどを受けやすくなるためです。

特に「希望先の企業に入社してからも頑張りたい」といった意志の強さが、評価の対象になりやすい傾向があります。キャリアアドバイザーとしても、意欲的に取り組む利用者を優先的にサポートしたいといった心理が働いています。高い意識や熱意を持って、転職活動に励むことがおすすめです。

マイナビエージェントで的確な転職サポートを受けよう!

希望する業界・職種への転職を成功させるには、自分と相性がよく、実績のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けるのが重要です。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは業界ごとの専任制。知識や経験を積んだキャリアアドバイザーからサポートを受けられるため、安心して転職活動を進められます。また、応募書類や面接のフィードバックなど総合的なバックアップが受けられるのも特徴です。

まとめ

common_872_8.jpg転職エージェントを利用するうえで、担当キャリアアドバイザーの変更は可能です。担当変更を依頼する際には、どのような理由で担当変更したいのか、具体的な内容を伝えます。電話やメール、Webサイトなどの連絡方法の中から、自分の気持ちが最も伝わりやすいものを選びましょう。

新しい担当者に変わったら、自分との相性やキャリアアドバイザー自身の能力・実績を確認する必要があります。何度も担当者を変更することがないように、慎重な対応を心がけましょう。

転職エージェント選びに迷っている方やこれから転職活動をする方は、ぜひ一度マイナビエージェントへご相談ください。各業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが求職者を全面サポート。丁寧な面談をとおして、あなたの希望に合った求人をご紹介いたします。

SNSシェア

注目コンテンツ