大阪府 南部エリアの転職事情

転職業界地図「関西編」

関西エリアならではの転職事情について解説いたします

大阪府 南部エリアの転職事情

大阪府 南部エリアはどんなところ?

堺や岸和田、関西空港周辺などには、江戸時代から続く商家薫主堂やそぶら貝塚などの観光名所がある。また、銀の峰ハイキングコースや岬町海釣り公園とっとパーク小島など、ファミリーで楽しむことのできるスポットも豊富。堺市は政令指定都市であり、大阪府内で人口・面積ともに第2の都市。泉北ニュータウン周辺や信太山丘陵にかけて須恵器の窯跡などの遺跡が点在しており、「陶器」「釜室」などの地名が現在に至っても残る。ヤマト王権成立後は大仙陵古墳(仁徳天皇陵)など大小100数基の百舌鳥古墳群が造られた。
大阪府河内・泉州地方では ふとん太鼓という大型の太鼓を担ぐ行事があり、また岸和田地方ではだんじりが有名で、こうした行事の開催期間中に休暇が取れる会社であるかどうかを重要視している人が多い。

大阪府 南部エリアでの働き方

大阪南エリア最大の都市である堺は、安土桃山時代には貿易港としての地位を揺るぎないものとし、中世の自治都市となるが、その価値に注目した織田信長、豊臣秀吉らにより、直轄地とされた。戦後の高度経済成長期以降は大阪都市圏の発展・膨張とともに、泉北ニュータウンの開発に代表されるような、大阪市のベッドタウンとしての側面も兼ね備えるようになった。大阪南エリアの中でもオフィスが多い堺東エリアは、難波駅から南海高野線で12分と近く、泉北高速鉄道も直結しているため大阪中心部からのアクセスが良いのが特徴である。 新婚夫婦に対し住宅手当の補助が助成されるなど、ファミリー層に対し手厚いサポートがあるため、人口も年々増えている。

大阪府 南部エリアの転職ガイド

大阪南エリアは堺市に限定すると、年収は平均336万円と全国平均の420万円に対し大幅に下回っている。上記で記載したとおり、大阪で2番目に人口が多い市であるため、一般消費者向けサービス業が発達しており、業界的には小売業が多いこともその要因として考えられる。
また、堺市は、中世の自治都市時代に発達させた技術を活かした産業が盛んである。例えば、堺の刃物は堺打刃物と呼ばれ、高い技術で有名である。堺の包丁は料理人などが使う業務用包丁のシェアは9割を超える。
また、戦国時代より、火縄銃の生産が盛んであったため、このとき培われた鉄の筒を作る技術が、自転車のフレーム(車体)作りの技術に応用され、堺の自転車生産の原動力になったとも言われている。伝統を引き継いだシマノは自転車用駆動・ブレーキ部品の総合メーカーであり、釣り具も展開している。

大阪府 北部エリア

大阪府 北部の地図

大阪府は首都圏に次いで規模の大きい関西経済圏の中心であり、近畿二府四県の中では最大の企業拠点数・求人数を誇るエリアとなっている。営業職など文系の職種だけでなく、エンジニアなどの求人も他の地方都市と比べ多いことが特徴である。

大阪府 南部エリアの転職事情はこちら

大阪府 中部エリア

大阪府 中部の地図

大阪も全国的な人手不足の影響を受け、製造業や商社、小売業者の採用が活発化している。大阪市内に限定すると、人材や広告、ITなどのサービス業での採用が特に増えており、各社とも新卒採用の売り手市場を背景に若手人材の確保に苦戦しており、第二新卒枠での採用がトレンドの一つとなっている。

大阪府 中部エリアの転職事情はこちら

転職支援サービス申し込み

大阪府以外の関西転職事情

転職支援サービス申し込み
転職支援サービス申し込み