大阪府 中部エリアの転職事情

転職業界地図「関西編」

関西エリアならではの転職事情について解説いたします

大阪府 中部エリアの転職事情

大阪府 中部エリアはどんなところ?

大阪市は大きく分けて2つのエリアに分かれる。梅田を中心としたキタと、難波や天王寺を中心としたミナミ。大阪市内ならどこにいても、キタからミナミ、ミナミからキタへ、非常に便利な地下鉄に乗って、市内のあちこちを見て回れる。大阪環状線は大阪市内をぐるっと円状に走っており、また各私鉄との乗り換えにも便利だ。
大阪市は、豊臣秀吉が大阪城を築いて以来の日本経済の中心地であり、そのシンボルが大阪城。キタはビジネスマンが多く働く場所で、ミナミは庶民的な雰囲気で多くの飲食店や販売店が集まっている。ここ最近のインバウンドブームの中でも、特に大阪市内は熱いスポットで、大阪城や黒門市場、天王寺動物園などが人気。ユニバーサルスタジオジャパンや海遊館は、子ども連れにもぴったりのテーマパークとなっている。
気候は、夏はとても蒸し暑くなり、東京よりも暑いとよく言われる。真夏に訪れるなら、ノースリーブのカットソーやTシャツ1枚で充分。しかし真冬は充分な寒さ対策をする必要があり、特に2月が一番冷え込み、市内でも道路が凍結することがある。

大阪府 中部エリアでの働き方

大阪市は関西圏全域から就労者が集まっているが、大阪市内在住者が同市内で勤務することは難しくはなく、通勤も20分~1時間以内に収まるケースも多い。大阪市内で勤務する場合、再開発が進んでいる大阪駅(梅田を含め)周辺で働くケースが多く、今後も増えていくことが見込める。地下鉄も大阪市内に張り巡らされており、梅田から淀屋橋、本町、北浜などの主要ビジネス街も1~2駅圏内にあり移動、通勤共にしやすい土地柄である。一方、兵庫の三宮や京都市内で働く人も多く、大阪市から通勤圏内となっている。

大阪府 中部エリアの転職ガイド

大阪市内にある企業への転職は、求人数という面では十分にキャパシティがあるが、関西圏全域から求職者が集まるため競争率も高い。また、東京本社企業の大阪支社採用も多いため、将来的な転勤を避けることは難しく、どうしても転勤がない会社を選びたい場合は地場の中小企業を選ぶのも一つの選択肢である。人手不足であることは間違いないが、新卒採用文化が抜けきらないマーケットでもあり、転職回数が多くなると、競争者も多い分内定を取ることに苦戦することが予想される。面接でも「能力面」よりも「転職理由」を深く聞かれるケースが多く、即戦力として力を発揮できるかよりも長期的に働いてくれそうかをチェックしている企業が多いように見受けられる。

大阪府 北部エリア

大阪府 北部の地図

大阪府は首都圏に次いで規模の大きい関西経済圏の中心であり、近畿二府四県の中では最大の企業拠点数・求人数を誇るエリアとなっている。営業職など文系の職種だけでなく、エンジニアなどの求人も他の地方都市と比べ多いことが特徴である。

大阪府 中部エリアの転職事情はこちら

大阪府 南部エリア

大阪府 南部の地図

大阪南エリアは、上場企業の本社や工場などが多い地域で、業種はメーカーや商社など様々である。また大手企業のグループ会社などが多いのも特徴だ。関西国際空港が近い事もあり物流系企業の本社が多い。

大阪府 南部エリアの転職事情はこちら

転職支援サービス申し込み

大阪府以外の関西転職事情

転職支援サービス申し込み
転職支援サービス申し込み