転職業界地図「関西編」

転職業界地図「関西編」

関西エリアならではの転職事情について解説いたします

関西エリア別 転職事情

大阪府

通天閣のイラスト

大阪も全国的な人手不足の影響を受け、製造業や商社、小売業者の採用が活発化している。大阪市内に限定すると、人材や広告、ITなどのサービス業での採用が特に増えており、各社とも新卒採用の売り手市場を背景に若手人材の確保に苦戦しており、第二新卒枠での採用がトレンドの一つとなっている。

大阪府の転職事情はこちら

京都府

金閣寺のイラスト

京都府は、京都市を中心に求人数と求職者数がともに多く、倍率が高くなっている。北部・南部エリアは求人数が非常に少なく、府外への通勤や京都市内まで範囲を広げると転職がスムーズに進む傾向にある。

京都府の転職事情はこちら

兵庫県

ポートタワーとオリエンタルホテルのイラスト

兵庫県は、神戸を境に転職事情が異なるのが特徴。神戸以東は、求人数と求職者数がともに多く、求人倍率も高くなっている。一方、神戸以西は、求人数と求職者がともに少なく、マッチングがうまくいけば、転職活動を円滑に進めることが可能となっている。

兵庫県の転職事情はこちら

奈良県

大仏のイラスト

奈良県は事業所数が46,664箇所(平成28年経済センサス参考)と関西2府4県の中でも最も低い数値となっている。2018年2月の奈良県の主要産業の新規求人状況を前年同月比でみると、「建設業」「製造業」「運輸業・郵便業」「卸売業・小売業」において増加し、「宿泊業・飲食サービス業」「医療福祉」「サービス業」、で減少した(奈良県ホームページより)。

奈良県の転職事情はこちら

滋賀県

琵琶湖のイラスト

滋賀県は地域により転職事情が異なる。琵琶湖の南に位置する大津、草津エリアは滋賀県の中でも人口が集中し、京都へのアクセスもいいので求人が多く転職しやすい。一方、北部は大手企業の製造・開発に関した仕事や地場の中小企業、第一次産業などでの転職が多くなっている。

滋賀県の転職事情はこちら

和歌山県

みかんのイラスト

和歌山は冬でも暖かいため、有名なみかんなど、第一次産業が盛んである。また沿岸部は阪神工業地帯に属し、重化学工業に関する会社や工場が数多くあるのが特徴である。

和歌山県の転職事情はこちら

転職支援サービス申し込み
転職支援サービス申し込み