転職したいシステムエンジニアが英語力を身に付ける5つのメリット|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

転職したいシステム
エンジニアが
英語力を身に付ける
5つのメリット

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

システムエンジニアが転職する際、希望する会社によっては英語力が重視される場合があります。また、実務に英語力が必要でなくても、英語力の高さは選考の際に大きなアピールポイントとなります。

ここでは、「システムエンジニアの転職に英語力がどう役立つか」「転職に際して英語力をどうアピールすればいいか」といったことについてご紹介していきましょう。

システムエンジニアの転職に英語力はどう役に立つ?

「外資系企業やグローバル企業、海外にクライアントを持つ企業への転職を希望するなら、英語力が必要になるだろう」。

そう考えて、英語の勉強に取り組んでいるシステムエンジニアの方も多いでしょう。実際、英語力を採用条件の必須スキル、または希望スキルに加える企業は増えてきています。

とはいえ、今のところそのような企業は少数派です。「英語があまり得意ではない」というシステムエンジニアでも転職に困ることはありません。しかし、英語力は転職活動を進めていく上で強力なアピールポイントになるため、身に付けておいて損はありません。

では、英語力を身に付けることで、システムエンジニアの転職にどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリット1 エントリーできる企業の幅が広がる

転職活動を進める際には、様々な求人情報をチェックしてエントリーしたい企業を絞り込んでいく方がほとんどでしょう。しかし、自分にとって理想的な企業が見つかったとしても、その求人の必須条件に英語力が掲げられていたら、英語力に自信のない人はエントリーしにくくなります。エントリーできる企業の選択肢を広げるためにも、英語力を高めておくことが望ましいといえるでしょう。

メリット2 最新情報を入手できる

技術の進歩の早いIT業界では、新しい情報のキャッチアップが欠かせません。ところが、IT技術の最新情報はまず英語で発信され、それからやや時間を置いて日本語に翻訳されるのが一般的です。また、すべての情報が日本語に翻訳されるわけではなく、日本の技術者が興味を持ちそうな内容だけをかいつまんだり、翻訳者の解釈が混ざった表現に置き換えられたりしている情報も数多く見られます。

日本語の情報だけに接しているとあまり意識することはありませんが、いったん英語で情報収集を始めてみると、質・量ともに日本語でのIT技術の最新情報の乏しさに驚きを感じる人も少なくないはずです。英語力を鍛えておけば、最新情報にリアルタイムで接することができますし、場合によっては自分の意見を発信したり質問したりすることも可能になるでしょう。

最新の技術書も同様です。英語圏で話題となっている新刊の存在を知っても、翻訳書の出版を待っているうちに内容が古びてしまうといったことも珍しくありません。しかし、原書を読むことができれば、新しい技術をいち早く取り入れることが可能となります。

メリット3 アンテナの多さがアピール材料になる

IT技術に関するブログや最新の技術書など、英語による情報収集力の高さは、転職志望先の採用担当者に対する強いアピール材料となります。システムエンジニアの採用面接で「IT技術の情報収集はどのようにしていますか?」と質問されたときに、「世界的に著名な技術者のブログや、ユーザーグループのコミュニティを定期的にチェックしています」と回答できれば、頼もしい印象を残すことができるでしょう。

また、最新の技術書を原書で読み、それらの書籍について自分なりに意見や感想を語れるレベルに達していれば、採用選考で一目置かれることは間違いありません。

メリット4 外国人の同僚とのコミュニケーションがスムーズになる

「英語が必要になるのは外資系企業やグローバル企業」とばかりはいっていられない時代が来ています。日本のIT企業でも、IT大国として知られているインドをはじめ、世界各国の人材が働いています。転職先の会社の上司が外国人であっても不思議ではありませんし、外国人エンジニアが自分の部下や後輩として入ってくることもあるでしょう。

外国人の同僚と円滑なコミュニケーションをとれるレベルの英語力は、システムエンジニアとしての人材価値を高めるのに大きく役立ちます。また、日本で働く外国人エンジニアの多くは、日常会話程度なら日本語を話すことができますが、ちょっと複雑な話になると日本語の語彙が追いつかず、説明を省く可能性があります。そこで、英語で聞き返してミスを防いだり、複雑な話は最初から英語で話したりすることで、仕事の効率が大幅に改善され、ミスやトラブルを回避することができるでしょう。

メリット5 国際的な働き方に対応できる

近年はグローバル企業以外でも、海外の企業と提携して開発のコスト削減やスピードアップを図るSIerが増えてきています。チャットやビデオ会議などで日常的に海外企業のスタッフと意思疎通を図り、協力して仕事を進めるスタイルは、もはや珍しくありません。企業としては「少なくとも海外の取引先と技術的な会話ができる人材を採用したい」というのが本音ではないでしょうか。

また、システムエンジニアが習得するプログラミング言語は、全世界共通のものです。そのため、英語力があれば、海外の企業に就職することも夢ではありません。

システムエンジニアが英語力をアピールするには?

英語力を計るための基準のひとつに「TOEICスコア」があります。ご存じのとおり、TOEICには合格・不合格といった線引きがなく、テストで獲得したスコアがその人の英語力のレベルを表す仕組みになっています。

TOEIC事業を展開する一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会によると、リスニングスコアは375点、リーディングスコアは425点を突破していれば、一定の英語力を有しているとみなされるようです。その他、実用英語技能検定(英検)やTOEFLなども、英語力を証明するための有力な材料となります。

しかし、転職においては、必ずしもこうしたスコアや資格がそのまま評価につながるとは限りません。面接などで英語力をアピールするには、「英語力を駆使して、どのような実績を残したか」「英語力を活かしてどのように仕事をしていきたいか」など、英語を活用したシチュエーションを具体的に語るほうが有効です。

例えば「海外のクライアントや協力企業、外国人スタッフとコミュニケーションをとり、システム開発に成功した」というようなストーリーがあれば、最高のアピール材料になるでしょう。

目的意識を持って英語学習を進めよう

今すぐ転職を考えていない人でも、将来のことを考えた場合、英語力に磨きをかけておいて損はないでしょう。ただし、日常英会話やビジネス英会話など、システムエンジニアの世界と縁遠い英語学習法は仕事に直結せず、モチベーションを持続しにくいという懸念があります。システムエンジニアは、一般的な英語力を高めるよりも、IT分野で使用される用語などを重点的に勉強したほうがいいでしょう。

例えば「発音や文法は非ネイティブレベルで構わないから、とにかく外国人のエンジニアと技術的な意思疎通ができるようにする」など、具体的な目標を掲げて取り組むのが有効でしょう。また、定期的に海外の開発ブログやITメディアをチェックすることで、世界の最新技術をキャッチアップするだけでなく、リーディングスキルの向上にもつながるはずです。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。