インフラエンジニアとは?仕事内容や必要な資格について|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

インフラエンジニア
とは?仕事内容から
必要な資格まで
をご紹介

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

IT業界で、今や欠かせない職業となっているインフラエンジニア。しかし、いったいどんな仕事をしているのか、知らない人も多いのではないでしょうか?その仕事内容は多岐にわたり、なかなか一言では説明できません。
そこで、インフラエンジニアに興味を持っている人や転職を考えている人に向けて、インフラエンジニアの仕事内容や必要な資格などについてご紹介します。

そもそもインフラエンジニアって何をする人?

インフラとは「インフラストラクチャー(Infrastructure)」の略で、日本語で「基盤」という意味になります。例えば、電気・ガス・水道などのことをインフラといいますが、これは日常生活に欠かせない「生活基盤」という意味から、そう呼ばれているのです。

では、インフラエンジニアとは、どういう意味なのでしょうか?
ITの世界にとってのインフラは「情報システムを稼働させる基盤」のことをいいます。それは、コンピューターなどの機材、ソフトウェア、通信回線など、私たちが「インターネット検索」や「メールの送受信」を使うために必要な、すべてのシステムのことを指します。これらのITインフラを、顧客のニーズに応えて設計したり、正常に動いているのか点検したりする仕事を生業にするエンジニアのことを、インフラエンジニアと呼んでいるのです。

インフラエンジニアの仕事ってどんな内容?

言葉の意味が理解できたところで、ここからは、インフラエンジニアの具体的な仕事について、流れに沿ってご紹介します。

顧客の希望を実現するためのプランを作る「設計」

ITインフラの仕事は、作業が多岐にわたるため、エンジニア一人では決して成立しません。このため、通常はほかのエンジニア(複数人)と組んで、お互いに協力し合うプロジェクトチームを結成して業務を遂行していきます。多くの人がひとつのプロジェクトを円滑に進めるためには、情報を共有する「設計書」の作成が重要です。
設計書には、顧客の要望を聞きながらどのような機能を持たせ、どのような性能を実現するのかといったことを記していきます。ほかにも、設計書の段階で綿密に計画しなければならないポイントが3つあります。

設計書に記載すべき3つのポイント

  • ITインフラの性能…どのような内容のITインフラなのか?
  • ITインフラの予算…どれぐらいコストがかかるのか?
  • プロジェクトの期間…どのくらい期間が必要なのか?

設計書を基にインフラを作り上げる「構築」

設計書が完成したら、実際にインフラを「構築」する作業に入ります。ここでいう構築とは、私たちが日常生活の中で行っている「パソコンの設定」のようなものと考えてください。新しいパソコンを購入したときには、自宅へ持ち帰り、ケーブル類をつなげます(機器の組み立て)。さらに、インターネットに接続してソフトウェアをインストールしていくわけですが、この一連の作業のスケールを大きくしたのがインフラの構築となります。作業の順序は、おもに以下のようになります。

構築作業の工程例

  • 1. 機器やソフトウェアの発注
  • 2. 機器を現場に運搬
  • 3. 機器の組み立て
  • 4. 配線の接続
  • 5. ソフトウェアのインストール、設定
  • 6. 正常に稼働するか動作テストで確認

構築作業には、「作業効率の高さ」や「ソフトウェアに関する知識」などが求められます。そして、意外と必要なのが「体力」です。ITインフラの機器は家庭用のパソコンなどとは比べようもないほど重く、かなりの重労働になります。

一連の作業は大変ですが、とても意義のある仕事です。あなたが構築したITインフラが企業を動かし、多くの人の生活を支えていきます。そのやりがいの大きさは、計り知れないものでしょう。しかし、これで仕事が完了したわけではありません。実はここから、インフラエンジニアにとって重要な任務が始まるのです。

インフラにトラブルが起きたら、すぐに対応する「運用」

24時間365日稼働しているサーバーやパソコンなどのIT機器は、ハードウェアの故障、アクセス権限の設定ミス、操作ミスなどの人為的な問題、アクセス集中への対策など、インフラにまつわるトラブルは絶えません。そこで、「ITインフラが正常に動作しているのか?」を、常に監視することもインフラエンジニアの大切な仕事です。障害が起きたときは原因の発見に努め、手早く復旧を行います。
ほかにも、サーバーの負荷などを見ながらキャパシティ管理も行います。

障害対応

  • ハードウェアの故障対応

  • 権限設定のミスによるアクセス不可への対応など

キャパシティ管理

初期設計時のITインフラの稼働予測と、実際に稼働してからの使用容量を比べて、インフラが不足していればサーバーの容量を増やし、余っていれば削減するなどの管理を行います。また、一時的なアクセス集中が予測される際にも対応が必要になります。

これがインフラエンジニアになるための近道!取っておきたい3つの資格

実は、「インフラエンジニア」と名前がついている資格は存在しません。しかし、漠然と「インフラエンジニアになりたい」と転職を希望しても、技術や知識が乏しければ受け入れてもらえないでしょう。そこで必要になるのが、インフラエンジニアの仕事に活かせる資格です。
ITに関する資格は数多くありますが、その中でも保有していることで「一定の知識があることを証明できる」ものを3つご紹介します。1つでも持っていると、転職の際に有利に働く可能性がありますので、ぜひ取得を目指してください。

  • CCIE(シーシーアイイー)

    「CCIE」は、アメリカのコンピューターネットワーク機器開発会社「Cisco Systems社」が認定するベンダー資格。正式名称は「Cisco Certified Internetwork Expert Routing and Switching認定」で、ネットワーク資格の最高位として知られています。難度は高いですが、取得できればエキスパートレベルのスキルを持っているネットワークエンジニアであることを証明できます。

  • LPIC(エルピック)

    カナダのNPO法人Linux技術者認定機関「LPI」が認定する世界最大規模のLinux技術者認定試験が「LPIC」です。レベル1~3の3段階で、最も難しいレベル3は、分野が3つ用意されています(Mixed Environment、Security、Virtualization & High Availability)。日本でオープンソースソフトウェアを導入している半数以上の企業が、Linuxを利用しているという調査結果(2016年、IDC Japan株式会社調べ)もありますので、ぜひ取得しておきたい資格です。

  • ORACLE MASTER(オラクルマスター)

    アメリカのソフトウェア会社「Oracle Corporation」が認定する、オラクル社製品の知識を証明する資格「ORACLE MASTER」。知名度が高く、世界で通用する資格となっています。専門分野ごとに多数の認定資格があり、おもなものとしてDatabase/Enterprise Management、Java/Middleware、Applications、O/S・H/W・仮想化、Oracle Cloudがあり、それぞれがさらに細分化されています。まずはご自分の得意とするジャンル、使用しているハードウェア(ソフトウェア)の資格から取得し、少しずつ周辺のものに手を広げるといいでしょう。

インフラエンジニアに必要なスキルは「コミュニケーション能力」と「英語」

インフラエンジニアにとって資格を取得することも大切ですが、仕事をする上でそれ以上に大切な、持っておきたいスキルが2つあります。

チームのメンバーと意思疎通を図る「コミュニケーション能力」

インフラエンジニアにとって、「ITに関する知識」「機器を組み立てる作業効率の高さ」「設計書を作成する文章構成力」は必要ですが、何より大切なのは「コミュニケーション能力」です。インフラエンジニアの仕事はチーム戦。メンバーとこまめに連絡を取り、力を合わせて取り組まないと、目的は達成できません。また、顧客の求めていることをしっかり聞き取り、トラブル発生時に正確な状況を伝える際にも高いコミュニケーション能力は必須です。

機器のマニュアルを読み解く「英語力」

ITインフラのトラブルが発生したとき、必ず確認することになるのがハードウェアやソフトウェアのマニュアルです。日本の製品であれば問題ありませんが、海外製品の場合はほぼ英語で書かれています。そのような場面で技術的な文章を読み解く「英語力」があれば、トラブルをすぐさま解決することができます。また、インターネットで閲覧可能な技術情報の多くは英語サイトですから、日頃の業務においても英語力は欠かせません。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。