第二新卒と一般中途採用はどこが違う?|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒と一般中途採用は
どこが違う?

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

一般中途採用は即戦力!第二新卒は熱意や潜在能力をPR

「新卒採用」に該当しない人はすべて「中途採用」です。中途採用は欠員が出た場合の穴埋めや、新規事業立ち上げなどで人材が不足したとき、また事業で専門的な知識・技術を持つ人が必要となったときなどに行われます。つまり必要とされる理由が明確で、即戦力となる人が求められているわけです。このようなニーズで行われる採用活動は「一般中途採用」、または「キャリア採用」などと呼ばれています

一方で「第二新卒」も中途採用の一つですが、在職期間が短いので十分なスキルや実績を身に付けるには至っていません。そのため、第二新卒は即戦力を期待して採用されるのではなく、新卒採用に近いイメージで「若い人材を育てていく」意味合いが強くなります。もちろん、少なからず社会人として働いた経験はあるので、基本的なビジネスマナーやモラルを身に付けている、という点は多くの企業が期待するところです。

つまり、一般中途採用では企業の求めるスキルを満たしているかどうか、職務経歴書にしっかり記入することが求められます。しかし第二新卒採用の場合は経歴より、仕事にかける熱意や潜在能力が問われることになるでしょう。

また、再び早期離職されては企業も困るため、転職理由は一般の中途採用以上に厳しく問われます。当然ですが「ただ働くのが嫌になった」といった単純な理由はNGです。「なぜ前の仕事をやめて、なぜ新しい仕事をやりたいのか」という理由に採用担当者の共感を得られれば、良い結果が付いてくるでしょう。

第二新卒を必要な人材とする企業も多い

一般の中途採用で、転職者が企業の求めるスキルにマッチしていれば、まさに適材適所での採用です。企業は自社で教育するコストをかけなくても、欲しい人材を確保できることになります。しかし、中には職場の雰囲気になじめなかった、トップの経営方針と考え方が合わなかった、という例もあります。それの背景には、前職で長年、身に付いた企業カラーや仕事の取り組み方が、転職したからといって一朝一夕に捨てきれない、というのが理由の一つに挙げられます。

その点、第二新卒者は一般の中途採用者に比べ、まだ前職で身についた企業カラーが薄い傾向があります。そのため、転職後、新しい会社の社風に染まりやすい、自社の方針で教育しやすい、ということがメリットとして挙げられます。「3年以下で離職した」というのはネガティブなイメージではありますが、将来を考えて若手社員の確保を図りたい企業にとって、第二新卒者は必要な人材です。特に新卒採用がうまくいかなかった企業や、若手社員が離職してしまった企業にとっては、第二新卒は狙うべきターゲットと言えるでしょう。

まとめ

第二新卒採用は、一般中途採用とはかなりタイプが異なります。終身雇用制度の崩壊などから、一つの企業にずっと勤めるような時代ではなくなりましたが、わずか数年で仕事を辞めて転職する若者への風当たりはまだまだ強いのが現状です。また、第二新卒を歓迎して受け入れる企業も増えています。まずは本当に今の仕事を辞めるべきなのかよく熟考してみましょう。それでも転職を願うなら、専門的なアドバイザーやエージェントの力も借りて、今度こそミスマッチのない就職を目指すのをおすすめします。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

「第二新卒」TOPにもどる

 関連ページ

第二新卒と一般中途採用の違いについてのコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。