第二新卒と一般中途採用(キャリア採用)はどこが違う?|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒と一般中途採用(キャリア採
用)はどこが違う?
一般中途採用(キャリア)とは?
第二新卒や新卒採用とどこが違うの?

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

人材の採用には、大きく分けて「新卒採用」と「中途採用」があります。
さらに中途採用には、一般中途採用、第二新卒などがあります。
これらの採用方法には、どのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、一般中途採用を中心に、それぞれの特徴や企業にとってのメリットなどを詳しく解説していきます。

1.「一般中途採用」とは?

一般中途採用

「新卒採用」に該当しない人はすべて「中途採用」になります。
中途採用は欠員が出た場合の穴埋めや、新規事業立ち上げなどで人材が不足したとき、また事業で専門的な知識・技術を持つ人が必要となったときなどに行われます。
つまり必要とされる理由が明確で、即戦力となる人が求められているわけです。

このようなニーズで行われる採用活動を「一般中途採用」、または「キャリア採用」などと言います
一般中途採用(キャリア採用)は、中途採用の中でも、特に「即戦力であること」をより明確にする意味合いを含んでいるということです。

2. 第二新卒と中途採用の違いとは

一方で「第二新卒」も中途採用の一つですが、在職期間が短いので十分なスキルや実績を身に付けるには至っていません。
そのため、第二新卒は即戦力を期待して採用されるのではなく、新卒採用に近いイメージで「若い人材を育てていく」意味合いが強くなります
もちろん、少なからず社会人として働いた経験はあるので、基本的なビジネスマナーやモラルを身に付けている、という点は多くの企業が期待するところです。

先に述べたように、一般中途採用を行うのはスキルや実績をすぐに仕事に反映してもらえる即戦力人材を確保するためであり、その企業に即した人材を育成しようという第二新卒採用とは趣旨が異なります。

つまり、一般中途採用では企業の求めるスキルを満たしているかどうか、職務経歴書にしっかり記入することが求められます。しかし第二新卒採用の場合は経歴より、仕事にかける熱意や潜在能力が問われることになるでしょう。

また、再び早期離職されては企業も困るため、転職理由は一般の中途採用以上に厳しく問われます。当然ですが「ただ働くのが嫌になった」といった単純な理由はNGです。「なぜ前の仕事をやめて、なぜ新しい仕事をやりたいのか」という理由に採用担当者の共感を得られれば、良い結果が付いてくるでしょう。

3. 企業側にとっての一般中途採用のメリットとは?

一般中途採用

企業側にとって、一般中途採用(キャリア採用)を行うことには以下のようなメリットがあります。

3.1. 採用後、即戦力になる

一般中途採用を行う目的でもありますが、採用後、即戦力になることは非常に大きなメリットです。
企業としては、それまでの経験やスキルなどを活かして活躍、貢献してもらえる一般中途採用者は、人材不足の状況を補う上で効果的な採用の手段であるといえます。
自社にはない知識やノウハウを取り込むことができる点も、一般中途採用のメリットです。

3.2. 人材育成の時間と費用が抑えられる

一般中途採用で採用した人材は、企業が求める経験やスキルなどを十分に兼ね備えています。
ですから、新卒や第二新卒とは異なり、時間やコストをかけて育成していく必要がありません。

3.3. 入社時期が調節できる

一般中途採用は、欠員が出たり、新規事業の立ち上げで人材が不足したりする際に行われます。
そのタイミングは1年のうち、いつ訪れるかがはっきりしていません。

新卒採用は採用に1年間のプロセスがかかりますが、中途採用は一般的に募集告知から選考、内定までの期間が数週間程度です。
在職中の人であっても、引き継ぎが済むのを待つなど時期を調節して入社してもらうことができます。

4. 中途採用が増えている理由

近年、中途採用を行う企業が増えつつありますが、その要因は以下の2点に大きく別けられます。

4.1. 採用市場の変化

1点目は、採用市場の変化です。現在、日本の採用市場は少子化や労働人口の減少などの影響から売り手市場が続いています。
そのため、多くの企業が人材不足となっていますが、人材を育てる時間やコストをかけられないことから、即戦力となる人材、すなわち経験やスキルを備えた中途採用人材を多く採用するようになっているのです。

4.2. 就労者の仕事に対する意識の変化

もう1点は、仕事に対する就労者の意識が変化しているということです。
仕事最優先、同じ会社に定年まで勤務するという価値観は過去のものになりつつあります。
働き方が多様化しており、自分や家族を大切にしながら仕事と両立させる「ワークライフバランス」を重視した働き方が主流になってきています。

こうした傾向から人材が流動化して転職へのハードルが低くなってきており、それに伴って中途採用市場も活発になっているのです。

5. 中途採用を積極的に行う職種や業種

一般中途採用

中途採用を積極的に行っているのは、人手不足に悩んでいる業種や職種、また業績が好調で成長している業種などです。

例えば職種でいうと人事や財務、法務などのバックオフィス、SEやプログラマーなどの専門スキルを持った人材、販売やサービス職のように需要が多い職種は積極的に人材確保に取り組んでいる傾向にあります。

また、業種では成長中のIT、人手不足の叫ばれる医療や介護・福祉も中途採用に積極的であるといえます。

これらの業種・職種では、経験者はもちろん、人材確保のため未経験者の採用にも積極的な企業が多いようです。

6. 第二新卒を必要な人材とする企業も多い

一般の中途採用で、転職者が企業の求めるスキルにマッチしていれば、まさに適材適所での採用です。
企業は自社で教育するコストをかけなくても、欲しい人材を確保できることになります。しかし、中には職場の雰囲気になじめなかった、トップの経営方針と考え方が合わなかった、という例もあります。

それの背景には、前職で長年、身に付いた企業カラーや仕事の取り組み方が、転職したからといって一朝一夕に捨てきれない、というのが理由の一つに挙げられます。

その点、第二新卒者は一般の中途採用者に比べ、まだ前職で身についた企業カラーが薄い傾向があります。そのため、転職後、新しい会社の社風に染まりやすい、自社の方針で教育しやすい、ということがメリットとして挙げられます。

「3年以下で離職した」というのはネガティブなイメージではありますが、将来を考えて若手社員の確保を図りたい企業にとって、第二新卒者は必要な人材です。特に新卒採用がうまくいかなかった企業や、若手社員が離職してしまった企業にとっては、第二新卒は狙うべきターゲットと言えるでしょう。

7. まとめ

一般中途採用

一般中途採用は、即戦力へのニーズが高い昨今の状況においては、企業側にとっても転職希望者にとっても、今後とも非常に有効な採用のあり方として注目すべきだといえます。

第二新卒採用は、一般中途採用とはかなりタイプが異なります。終身雇用制度の崩壊などから、一つの企業にずっと勤めるような時代ではなくなりましたが、わずか数年で仕事を辞めて転職する若者への風当たりはまだまだ強いのが現状です。

また、第二新卒を歓迎して受け入れる企業も増えています。まずは本当に今の仕事を辞めるべきなのかよく熟考してみましょう。それでも転職を願うなら、専門的なアドバイザーやエージェントの力も借りて、今度こそミスマッチのない就職を目指すのをおすすめします。

この記事の監修者


この記事の監修者

植村 裕美子

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴8年。IT業界・アパレル業界の営業を経て、マイナビへ入社。同社にて法人営業、営業職向けのキャリアアドバイザーを経験し現職。求職者様の将来的なキャリアも見据えたご提案を大切に、サポートさせて頂いております。

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴8年。IT業界・アパレル業界の営業を経て、マイナビへ入社。同社にて法人営業、営業職向けのキャリアアドバイザーを経験し現職。求職者様の将来的なキャリアも見据えたご提案を大切に、サポートさせて頂いております。

転職をお考えの方へ。

転職活動は情報収集が命です。第二新卒という貴重なチャンスで転職を成功させるためにも、転職の知識は身につけておきましょう。

 その他のお役立ちコンテンツ

「第二新卒とは」TOPにもどる

第二新卒と一般中途採用(キャリア採用)はどこが違う?に関するコラムページ。ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。