女性の転職面接のスーツや服装、何が好ましい?|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

女性の転職面接の
スーツや服装、
何が好ましい?

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

新卒採用の面接時の服装は、いわゆるリクルートスーツがあるため悩むことは少ないでしょう。しかし、転職における面接ではそうもいきません。

企業の特色や年齢、応募者側のステータスなどによって異なり、その場に合った装いが求められます。 中には、「自分らしい服装でお越しください」や「普段の服装で」などと案内されることもあります。

しかし、一体何が自分らしいのか、本当に普段の服で良いのだろうかと判断に迷うところです。また、髪色を明るくしたり、茶髪にしたりしている場合、そのままで面接に臨んでも良いかといった悩みもあるかもしれません。

ここでは、女性の転職面接で気になる、身だしなみのポイントをご紹介します。

1. 転職面接のときは何を着ていったらいいの?

女性の転職 面接 服装

転職の面接にあたって、多くの方が志望動機や自己PRを入念に考え、準備をすると思います。その中で、意外と迷うのが「服装」ではないでしょうか。

特に女性の場合は、パンツスタイル・スカートスタイルどちらのスーツを選ぶか迷ったり、インナーの種類やヒールの高さで迷ったりするはずです。まずは、転職面接時の服装の基本について押さえておきましょう。

1.1. 面接の基本スタイルはパンツスーツ?スカートスーツ?

基本的に、スーツであればパンツスーツでもスカートスーツでも問題はないでしょう。そのため、転職を希望している職種に合わせて服装のスタイルを選ぶといいでしょう。

例えば、受付や事務職を志望する場合は落ち着いた印象を与えられるスカートスタイル、営業職を志望する場合は、快活な印象のあるパンツスタイルといった風に選ぶといいかもしれません。

カラーやデザインに決まりはありませんが、あまりにも派手な色合いのものやスリットの深いスカートなどは避けるのが無難でしょう。

1.2. 面接の基本スタイルはスーツで

企業側から指定がない限り、面接にはスーツで臨むのがベターです。

転職面接も大切なビジネスシーンの一つですから、礼儀正しい服装を心がけるようにしましょう。新卒のようなリクルートスーツではなくても、基本のスタイルはスーツが望ましいです。

企業によっては、「私服でお越しください」と案内されることもありますが、その場合はビジネスカジュアルやオフィスカジュアルの服装で面接に臨むようにしましょう。

面接を実施する目的の一つは、ビジネスマナーに問題がないかどうかをチェックすることです。本来の実力とは関係のない、第一印象で評価が損なわれてしまいます。

一方、面接での印象が良いと、入社後に取引先やお客様に対して良い印象を与えてくれそうだと、面接官がイメージできるということでもあります。

服装のだらしなさは、仕事のだらしなさにも直結すると考える面接官もいます。スーツは特別な物を用意する必要はありませんが、「落ち着いた色であること」「清潔感があること」「上下が揃っていてサイズが体型に合っていること」「シワがないこと」などをチェックしましょう。

2. 女性の転職面接でおすすめのスーツとは?

女性の転職 面接 服装

転職面接の際、第一印象を良くするために最も効果的なのは、身だしなみを整えることです。服装は、第一印象を決めるうえで大きな役割を担っています。

転職面接に合ったスーツ選びのポイントを押さえ、ぜひ転職面接を成功させましょう。

2.1. これでバッチリ!転職面接向けスーツの条件

身だしなみを整えるうえで重要なポイントは「清潔感」です。

清潔感のある服装や着こなしをすることで、第一印象が良くなるだけでなく、採用担当者に誠実で礼儀正しい印象を持ってもらうことができます。

スーツなどの衣服にシワやシミがないか……といった、目に見える汚れはもちろん、ビジネスの場では衣服の丈や色合いに気を配ることも大切です。

では、転職面接を受ける際、ふさわしいスーツの条件とは具体的にどういったものなのでしょうか? 「スーツのカラー」「柄」「ボタンの数」「スカートの丈」とそれぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

これから紹介するポイントを押さえておけば、面接官に好印象を与えることができるはずです。

2.1.1. カラー

スーツのカラーは黒や紺、グレーなどの落ち着いた色を選びましょう。

スーツの色 スーツの色ごとの印象
ブラック 落ち着いた印象
ネイビー 誠実で真面目な印象
グレー 知的で大人っぽい印象
ライトグレー 女性らしい柔和な印象
ベージュ 優しく華やかな印象

ベージュ、ライトグレーなど薄い色のスーツは、女性らしい柔和な印象を与えることができます。明るすぎたり、派手すぎたりする色を選ばないように注意しましょう。

2.1.2. 柄

スーツの柄は無地が無難です。ピンストライプ程度の控えめなものであれば、ストライプ柄でもいいでしょう。

2.1.3. ボタンの数

レディーススーツには1つボタンから3つボタンまで、さまざまなタイプがあります。どのタイプでも問題ないでしょう。ただし、ボタンはすべて留めるようにしましょう。

2.1.4. スカート丈

スカート丈は座った時にひざから5センチ以内、立ち上がっている時にはひざが隠れる位の長さがおすすめです。

丈が短すぎたり長すぎたりすると、だらしない印象を与えてしまう可能性があるので、全身が映る鏡などで着丈を確認しておきましょう。

なお、生地やウエストのサイズなどによって座った時の丈が変わることもあるので、実際に試着して座った状態で確認することが大切です。

2.2. スーツを着る際のチェックポイント

スーツには事前に袖を通し、汚れやシワがないか、サイズ感はおかしくないかといった点をチェックしておくことが大切です。転職面接では印象が重要なので、体型に合ったジャストサイズのスーツを着用しましょう。

ブラウスの袖は、上着から見えないようにするのが良いとされています。
襟がオーバーサイズだとだらしなく見えるので、気を付けましょう。

2.3. 業種によってスーツも変えるべき?

「転職向けスーツの条件」で述べた条件を満たしたスーツであれば、基本的にはどの業種であっても問題ないでしょう。

ただ、業種によって好まれる雰囲気が異なるので、業種に合わせたスーツを着用すると面接官に与える印象もよくなります。

例えば、アパレルなどの流通・小売系であれば、あまり堅苦しくないイメージのスーツを着用した方がいいでしょう。一方、金融業などの場合はカジュアルっぽさのないスーツの方が適しているといえます。

3. アイテム別、選定ポイント

女性の転職 面接 服装

転職面接時の服装で注意しなければならないのは、スーツだけではありません。

インナーやシューズなども、印象を大きく左右するものです。ここでは、アイテム別にどのようなものを選んだらよいか、そのポイントについて押さえておきましょう。

3.1. ジャケットを選ぶ際のポイント

業界によっては、転職面接の際にスーツではなくジャケットを着用してもいい場合があります。カジュアルになりすぎないように、落ち着いたデザインや色のものを選ぶといいでしょう。

サイズは大きすぎても、ピッタリすぎても、見栄えがよくありません。特に肩のサイズが合っているかどうかに気を付けて選びましょう。

また、季節に合わせたジャケットを選ぶことも大切です。暖かい季節なら、薄手のジャケットに、通常の長袖のシャツの組み合わせを選ぶといいでしょう。

寒い季節は、厚手のジャケットの下に、ベストや保温性の高いインナーを着てすっきりしたスタイルでの防寒対策がおすすめです。

3.2. インナーを選ぶ際のポイント

スーツだけでなく、インナーの色や種類も第一印象を左右する要素の一つです。

白のブラウスやシャツ、カットソーは清潔感があり、爽やかさを表現することができるでしょう。白系のインナーはどのような色のスーツでも合わせることができるのもポイントです。

面接時の服装は、シンプルで清潔感があることが大切です。そのため、派手な色やフリルがついているインナーは避けるようにしましょう。

3.3. 靴(シューズ)を選ぶ際のポイント

靴は、ヒールの高さが3~5センチのパンプスが基本です。

色は黒のほか、スーツやバッグに合わせて茶色やベージュなどでもいいでしょう。スーツやスカートの色と靴の色を合わせると、全体的な統一感がでてきっちりとした雰囲気がでます。

形は先がとがりすぎていないもので、柄や装飾のないプレーンなものを選ぶようにしましょう。

サンダルやブーツは、面接時にはNGです。ピンヒールも同様にビジネスシーンにふさわしくありませんので避けるようにしましょう。

また、靴は色や光沢によって、汚れや傷が思いのほか目立つので、印象を悪くしてしまうおそれもあります。

普段、自分が履いていると気付きにくいものですので、面接の前に客観的に見直してみましょう。面接では、足元も見られていることを意識することが大切です。

3.4. ストッキングは必須アイテム!

ビジネスの場では、ストッキングを着用するのがマナーです。素足は、気を遣っていない状態で失礼だと考える方もいるようです。

そのため、面接の際はストッキングを履いて臨むようにしましょう。ストッキングの色はより自然で明るいベージュがおすすめです。

4. 年代別に解説!スーツを着こなすポイントとは?

女性の転職 面接 服装

転職面接の際に着用するスーツは、年代によって着こなし方で押さえておくべきポイントがあります。年代に合っていない着こなしをすると、面接官にマイナスの印象を与えることもあるので注意が必要です。

以下、20代、30代、40代それぞれに合ったスーツの着こなし方を解説します。

20代:リクルートスーツでもOK!インナーでこなれ感を出して

「リクルートスーツは新卒向けのもの」と考えている方も少なくないと思いますが、実はビジネススーツとリクルートスーツに明確な違いはありません。そのため、20代前半の転職の場合、新卒入社の際に使用したリクルートスーツが手元にある方は、それを着て転職面接を受けても問題はありません。

ただ、リクルートスーツとビジネススーツを比べると、ビジネススーツの方が使用している材質やデザインの質が高いものが多いため、よりよい印象を与えられる場合もあります。

リクルートスーツで受けるという方は、インナーを変えるだけでも印象は変わりますので、清潔感のある色味を選んでみるといいでしょう。

また、社会人経験が長い転職者がリクルートスーツを着ると、違和感が出てしまうこともあるので、20代後半以降の転職の場合はビジネススーツの着用をおすすめします。

自分に合ったスーツを選べることも、社会人経験のある転職者に求められる要素なのかもしれません。

30代:落ち着いた印象のビジネススーツがおすすめ

30代の転職では、即戦力として貢献してもらえるかどうかが求められます。そのため、20代向けのリクルートスーツを着用すると、社会人経験が浅く即戦力としてふさわしくない印象を与えかねません。

ネイビーやチャコールグレーといった落ち着いた印象のビジネススーツだと、年相応であり、女性らしさとともに仕事ができそうな印象を面接官に与えることができるのでおすすめです。

40代:サイズ感をチェックし、流行色が強くないものを

40代女性の転職では、まず自分の体型に合ったサイズのスーツを選ぶことが基本です。そのうえで、清潔感があり、年齢に合った落ち着きのある雰囲気のものを選ぶことで、面接官に良い印象を与えることができます。色は黒や紺、グレーや茶色などがふさわしいでしょう。

なお、20代の時に着ていたような昔の流行色が強いスーツは、古臭い印象と同時にスーツを着慣れていない印象を与えるので、避ける方が無難です。

5. そのほか服装に関する疑問を解消

女性の転職 面接 服装

転職面接の服装選びをする際に、多くの方が「これってどうなの?」と疑問に思うことがあるかと思います。

ここでは、季節による服装・身だしなみとメイクに関する疑問を取り上げています。気になる方は、ぜひチェックしておきましょう。

5.1. 夏の面接はどんな服装・身だしなみが適切?

夏場にクールビズを採用している企業が増えてきましたが、転職面接ではやはりスーツの着用が基本です。暑い季節ではありますが、半そでのワイシャツやブラウスもあまりおすすめできません。また、夏であっても生足は禁物。肌色のストッキングを履くようにしましょう。

なお、クールビズを推奨している場合は半袖でも問題ない企業が多いです。色合いは白や黒、紺などのシンプルな色味のものを選んでおくと安心です。

あくまでも面接ですから、カジュアルになりすぎないように注意しましょう。

以下のページでは、面接官に好印象を残すための夏の面接の服装について紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

5.2. 冬の面接ではどんな服装・身だしなみが適切?

冬の面接では寒さ対策が必要ですが、スーツにセーターはカジュアルなイメージを与える可能性があるので控えましょう。寒さ対策をするのなら、保温性が高いインナーの着用がおすすめです。

また、冬になると黒のタイツを履く機会が多くなりますが、黒のタイツもNGですので気をつけましょう。

コートは、ベージュや黒のトレンチコート、ステンカラーコートなどがスーツに合わせやすく、派手な印象になりません。カジュアルなダッフルコートやダウンジャケットはスーツには合わないので、避けるようにしてください。なお、コートは建物に入る前に脱ぐのがマナーですので、覚えておきましょう。

5.3. 業種によってメイクの雰囲気も変えるべき?

面接の際のメイクのポイントは、顔色を良く見せたり、明るい表情を作ったりして、面接官に好印象を与えることです。普段の生活ではノーメイクという方も、最低限のメイクをして面接に臨みましょう。

面接では、その業種に合ったメイクかどうかも見られているものです。

ですから、志望業種に合わせた雰囲気のメイクにすることをおすすめします。

営業職やコンサルタントであれば活動的なイメージを与えるメイク、事務職や接客業であれば落ち着いた印象を与えるメイクがいいでしょう。

なお、業種にかかわらず、濃すぎるメイクはきつい印象を与えがちなので避けてください。特に濃くなりやすいアイメイクに気をつけ、口紅やチークも、おしゃれさや流行より、血色良く見えるナチュラルな色のものを選ぶことをおすすめします。

6. 面接に適したヘアスタイルは?

女性の転職 面接 服装

転職面接では、見た目の印象が大事です。その際、スーツだけでなく、ヘアスタイルにも注意したいものです。ヘアスタイルは見た目の印象に大きく影響するため、気を遣わずに面接に臨むと、それだけで評価を下げることにもなりかねません。

ここでは、面接に相応しく好印象を与えられるヘアスタイルとはどのようなものかを見ていきましょう。

6.1. 茶髪でもOK?

転職面接に臨むヘアスタイルとして、茶髪は基本的にNGだと考えておきましょう。髪は人によって癖があり、量や色も異なります。特に女性にとって、髪は特別な物。そう簡単に変えられないですし、仕事とは別の価値観があります。

絶対に黒でなくてはならないというわけではありませんが、外見にそれほどうるさくない会社であっても、あまりにも派手な場合はビジネスマナーから逸していると判断されてしまうおそれがあります。

常識的な範囲で、清潔感が感じられる程度に抑えておくべきでしょう。もちろん、その業界や職種にマッチしていることが大切なので、一概に決められることではありません。

テクニックとしては、毛の流れを整えたり、きれいにまとめたりすることで、色の印象よりもきちんとした印象を前面に出す方法もあります。

6.2. 髪はまとめた方が良い?

髪の毛を下ろしたままで面接に臨む方がいますが、まとめた方が良い印象を与えることができます。特に女性で長い髪の毛の人に多くみられまが、おじぎをしたときに髪の毛がたれてしまいますし、顔を上げたときに顔にかかってしまいます。おじぎをするたびに髪がたれてきてしまわないようゴムなどでまとめるとよいでしょう。

また、髪の毛を後ろにまとめているのに、サイドをおろしている方もいます。顔の横に髪をたらしている状態だと、顔の表情が見えづらくなり、だらしない印象を与えかねないので、ピンなどでとめて、顔にかからないようにしましょう。

6.3. きちんと感のヘアスタイルに

ヘアスタイルで気を付けたいのは、色だけではありません。乱れた髪型は清潔感が乏しい印象を与えやすいため、ボサボサになっていないか、顔にかかりすぎていないかを事前にチェックして、美容院で整えるなどの準備をしておきましょう。

また、年相応の髪型がありますので、あまりに幼い印象を与えるものや、個性的なヘアスタイルの場合は、それがビジネスシーンにふさわしいかどうかという視点でを見直してみましょう。

参考になるのは、その企業のウェブサイトやパンフレットなどです。特に、転職サイトには、実際に働いている先輩たちの写真紹介も豊富な場合が多いので、会社内の雰囲気や基準を知る手掛かりとして有効でしょう。

7. こんなファッションアイテムも見られている女性の転職

女性の転職 面接 服装

女性のファッションアイテムは多彩なので、選ぶのが難しく、面接官にどう映るかも迷うところです。業界やシーンによって違いはあっても、全てに共通するのは清潔感があるかどうかということです。

転職での面接は、ファッションで個性をアピールする場ではありません。ビジネスを一緒に行う仲間としてふさわしいかどうかが問われているのです。以下、具体的にポイントを見ていきましょう。

7.1. バッグはブランド物より機能的なものを

バッグも重要なアイテムの一つです。

書類や筆記用語をきれいに収納できるかどうかなど、機能性を重視して選びましょう。また、面接中は足下の床に置くのが一般的なので、形がしっかりしていて床に置きやすいものを選びましょう。

色は基本的には黒・茶系のものを選ぶといいでしょう。スーツと合わない高級ブランドのアイテムは避けておくのが無難です。

なお、以下のページでは面接官に好印象を与えるバッグ・カバン選びのポイントを紹介しています。合わせて参考にしてください。

7.2. ネイル・アクセサリーは控えるのがベター

面接ではネイルアートも控えるようにしましょう。採用担当者に「ビジネスの場にはふさわしくない」「面接に真剣に臨んでいない」という印象を持たれてしまう可能性があります。

どうしてもネイルをしたい場合は、ベージュなどのヌーディーカラーを選びましょう。薄めに塗ればナチュラルで清潔感のある印象に仕上がります。

アクセサリーも、シンプルなデザインのものであれば面接時に着用してかまいませんが、できれば控えておくのが無難でしょう。

好印象をアピールするためには清潔感のある身だしなみ・TPOを心がけることが大切です。

面接の前にはコーディネートを見直して、マナーに沿った服装であるか、確認してみましょう。今回ご紹介したポイントを意識すれば、きっと好印象を与えられるはずです。

8. 服装選びはTPOを意識しよう

女性の転職 面接 服装

面接時の服装が「自分らしい服装」や「私服」と明記されている場合、判断に迷うところですが、その業界や企業の特色に照らして考えるといいでしょう。

保守的な印象の企業では、スーツなど無難な服装を前提に考えると良さそうですが、アパレルなどブランドイメージを大切にする業界では、そのブランドのイメージに合いそうな服装をセレクトできるのか、といったセンスも見られます。

まずは、清潔感があるかどうか、ビジネスパーソンとして品位があるかを考えてみましょう。その服装で応募先の企業の取引先を訪問できるかどうか、想像してみるのも一つの判断基準となります。

最終的な判断に困ってしまった場合は、転職エージェントに相談してみるのも一つの手です。その企業のことを詳しく知っている転職エージェントは、失礼のない服装はもちろんのこと、人事担当者に受けが良い服装まで熟知していることもあります。

“服装”という第一印象で、転職活動の結果が左右されてしまうこともあります。ご自身の実力を最大限発揮できるよう、マイナビエージェントの無料カウンセリングをぜひ受けてみてください!

女性で転職をお考えの方へ。
まずは、転職の基礎知識を身に着けて、不安のない転職活動を行いましょう。

 人気のコンテンツ

 その他のお役立ちコンテンツ

女性の転職面接で失敗しないための身だしなみのポイントとは?に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。