女性の転職面接の服装は何が好ましい?|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

女性の転職面接の
服装は何が好ましい?

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

新卒採用の場合、面接時の服装は、いわゆるリクルートスーツがあるため悩むことも少ないといえます。しかし、転職における面接では、どのような服装が適しているのか、企業の特色や年齢、求職者側のステータスなどによって異なり、その場に合った装いが求められます。 中には、「自分らしい服装でお越しください」や「普段の服装で」などと案内されることもありますが、一体何が自分らしいのか、本当に普段の服で良いのだろうかと判断に迷うところです。また、髪色を明るくしたり、茶髪にしたりしている場合、そのままで面接に臨んでも良いかも悩む点かもしれません。 ここでは、女性の転職面接で気になる、身だしなみのポイントをご紹介します。

面接の基本スタイルはスーツで

新卒者のようなリクルートスーツではなくても、基本のスタイルはスーツが望ましいです。
面接を実施する目的のひとつは、ビジネスマナーに問題がないかどうかをチェックすることです。本来の実力とは関係のない、第一印象の部分で評価が損なわれることもあります。
面接での印象を良くすると、単にその場だけではなく、入社後に取引先やお客様に対して良い印象を与えてくれそうだと、面接官がイメージできるということでもあります。

スーツは特別な物を用意する必要はありませんが、落ち着いた色であること、清潔感があること、上下がそろっていてサイズが体型に合っていること、シワがないことなどをチェックしましょう。
服装のだらしなさは、仕事のだらしなさにも直結すると考える面接官がいることも事実です。

「自分らしい」が意味すること

面接時の服装が「自分らしい服装」や「私服」と明記されている場合、判断に迷うところですが、その業界や企業の特色に照らして考えるといいでしょう。
保守的な印象の企業では、スーツなど無難な服装を前提に考えると良さそうですが、アパレルなどブランドイメージを大切にする業界では、そのブランドのイメージに合いそうな服装をセレクトができるのか、センスも見られます。
一般的には、やはり清潔感があるかどうか、ビジネスパーソンとして品位があるかを考えてみましょう。その服装で応募先の企業の取引先を訪問できるかどうか、想像してみるのもひとつの判断基準となります。

面接で茶髪をどうするか

髪は人によって癖があり、量や色も異なります。特に女性にとって、髪は特別な物。そう簡単に変えられないですし、仕事とは別の価値観があります。
絶対に黒でなくてはならないというわけではありませんが、外見にそれほどうるさくない会社であっても、あまりにも派手な場合はビジネスマナーを逸していると判断されてしまうおそれがあります。常識的な範囲で、清潔感が感じられる程度に抑えておくべきでしょう。もちろん、その業界や職種にマッチしていることが大切なので、一概に決められることではありません。

テクニックとしては、毛の流れを整えたり、きれいにまとめたりすることで、色の印象よりもきちんとした印象を前面に出す方法もあります。また、年相応の髪型がありますので、あまりに幼い印象を与えるものや、個性的なヘアスタイルの場合は、それがビジネスシーンにふさわしいかどうかを見直してみましょう。

参考になるのは、その企業のウェブサイトやパンフレットなどです。特に、転職サイトには、実際に働いている先輩たちの写真紹介も豊富な場合が多いので、会社内の雰囲気や基準を知る手掛かりとして有効です。
ヘアスタイルで気を付けたいのは、色だけではありません。乱れた髪型は清潔感が乏しい印象を与えやすいため、ボサボサになっていないか、顔にかかりすぎていないかを事前にチェックし、美容院で整えるなどの準備をしておきましょう。

こんなことも見られている女性の転職

女性のファッションアイテムは多彩なので、その分セレクトが悩ましく、面接官にどう映るかも迷うところです。
靴は、サンダルやブーツがふさわしくないことは想像しやすいかと思います。その他には、ピンヒールも避けるべきです。靴は色や光沢によって、汚れや傷が思いのほか目立つので、清潔感という点で印象を悪くしてしまうおそれもあります。普段、自分が履いていると気付きにくいものですので、面接の前に客観的に見直してみましょう。

また、バッグも重要なアイテムのひとつです。面接中は足下の床に置くことが一般的ですので、床に置きやすいデザインや機能性のある物を選びましょう。あまり華美なバッグや、スーツと合わない高級ブランド品も避けるべきでしょう。

ネイルは、少なくとも面接のときには派手にならないように気を付けましょう。時間やお金を掛けて手入れしたネイルを面接のために落とすのはもったいないと思われるもしれませんが、手先は目立ちやすい場所です。応募先企業の社員の紹介写真などを見て、これぐらいなら大丈夫だろうと感じることがあっても、冷静に判断しましょう。

この他にもストッキングやメイク、アクセサリーと、判断基準となる場所はたくさんあります。
業界やシーンによって違いはあっても、全てに共通するのは清潔感があるかどうかということです。転職での面接は、ファッションで個性をアピールする場ではありません。ビジネスを一緒に行う仲間としてふさわしいかどうかが問われているのです。

 関連ページ

茶髪はOK?女性の転職面接の服装や髪型などの身だしなみページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。