女性の転職面接の服装は何が好ましい?|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

女性の転職面接の
服装は何が好ましい?

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

転職の面接での服装や態度は、履歴書以上にその人を表すもの。面接時に茶髪であっただけでビジネスマナーを問われてしまうことも。面接での服装のマナーの基本と、面接を受ける企業や職種などに合わせた好ましい服装を知っておきましょう。

転職面接の服装はスーツが基本

女性の転職での面接は、新卒のようにリクルートスールを着る必要はありませんが、やはりビジネスマナーとしてスーツを着用するのが基本です。面接では仕事をしていくうえでのマナーを備えているかどうか判断されるため、第一印象が大切にされます。スーツはサイズの合ったもので、清潔感があるものを選びましょう。せっかくのスーツもしわしわではだらしない印象を与えてしまいます。インナーはプレスのきいたシャツ、スーツはクリーニングに出してきれいな状態にしておきましょう。

「自分らしい服装でお越しください」という場合は?

企業によっては、スーツではなく「普段の服装で」という案内がある場合も。だからと言って、ビジネスにふさわしくないラフな服装で面接を受けるのは考えもの。人事担当者が面接で見たいのは、その人がどのような人物なのかということと同時に、どのようなビジネスマナーを備えているのかということ。自分らしさを勘違いして、ファッションセンスをアピールするための派手な服装や奇抜な服装は、仕事に対する考え方も疑問視されてしまいます。ラフ過ぎない服装にジャケット着用がおすすめです。普段スーツを着なれているのであれば、自分らしい服装としてソフトな雰囲気のスーツでインナーを工夫しても良いでしょう。
業界や企業によってふさわしい服装は異なります。保守的とみられる企業では無難な服装が求められますが、センスが問われるアパレルや広告業界ではまた違った服装が求められ場合もあります。実際に面接を受ける企業の社員の服装や雰囲気などを研究して、面接時の服装を決めると良いでしょう。

茶髪は危険!髪型は清潔感を重視

清潔感を出すには髪型にも気を使いましょう。最近はカラーリングをしていない人のほうが少ないかもしれませんが、基本的には黒髪で面接を受けるのがおすすめです。茶髪は程度にもよりますが、相手によってはビジネスマナーの常識を疑われるほどの印象を与える場合もあると覚えておきましょう。ただ、女性の場合は白髪などがあり染めている人も多いと思います。わからない程度の暗い茶色の髪で十分清潔感があるのであれば、特に髪の色で不採用になることはありません。髪の色以外で気を付けたいのが、髪型です。髪が長い場合は一つに束ねるなどして、前髪もきれいに整えておきましょう。常に清潔感を感じられるかどうかを基本に考えてください。

まとめ

面接で大切なのは第一印象。キャリアのある転職の場合も同様です。面接の服装や髪形は清潔感を意識しましょう。特に、長く仕事から離れていて再就職という場合は要注意。しわのある服で髪もボサボサ、など清潔感のない格好で面接に行くことがないように、早めに自分でチェックをし、美容院などで仕事にふさわしいスタイルを相談してみると良いでしょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

女性の転職面接の服装は何が好ましい?ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。