WEB面接(オンライン面接)で失敗しないための完全ガイド|求人・転職エージェント

WEB面接(オンライン面接)で失敗しないための完全ガイド

WEB面接(オンライン面接)で失敗しないための完全ガイド

新型コロナウイルス感染拡大の中、就職や転職の面接は、
インターネット環境とアプリケーションを活用したWEB面談の形式で行われることが多くなっています。
今回は、WEB面接でのチェックポイントをご紹介します。

1.WEB面接(オンライン面接)とは?

WEB面接とは、パソコンやスマートフォンを使って、ネット環境を活用して行われる面接です。
オンライン面接と呼ばれることもあります。
ネット環境とIT端末さえそろっていれば、場所を問わずできるのが特徴です。

WEB面接(オンライン面接)の流れ

面接案内

 

面接案内

面接で使用するツールや、その使用方法などについて企業から連絡があります。

ここがポイント

  • まずは指定されたツールをインストールしてみる
  • 使用方法など分からないことがあれば事前に確認する

準備

 

準備

PCやスマートフォン、イヤホンマイクなどのIT端末の設定やネット環境を準備します。

ここがポイント

  • WEB面接ではIT端末とネット環境が必須
  • 部屋の明るさや背景の映りこみなどにも配慮

面接当日

 

面接当日

面接開始15分前には準備を終え、一度ツールにアクセスしておきましょう。

ここがポイント

  • トラブルがあってもあわてずに、先方にすぐに連絡
  • 大きな声で、まずは挨拶し面接中はゆっくり話すことが大切

WEB面接(オンライン面接)と対面面接の違い

対面の面接では、企業のオフィスなど指定された場所に移動して面接を受けます。これに対し、WEB面接では自宅などで実施されることがほとんどです。

面接は通常であれば、初めての面接会場で、面接官と対面するため、緊張してしまうことが多いですが、WEB面接は自宅というリラックス出来る環境で、画面越しで回答していくものなので、通常の面接よりは緊張が和らぎ、いつも通りのパフォーマンスを発揮できます。

また、WEB面接は、ネット環境やIT端末の準備などが必ず必要となる点も、対面面接と大きく異なる点といえるでしょう。

ここがポイント

  • 面接会場に移動せず面接ができる
  • 自宅など慣れた環境で行える
  • ネット環境の整備やパソコンや
    スマートフォンなどの準備が必要

WEB面接(オンライン面接)のメリット

求職者側の
メリット

求職者側の
メリット

対面面接では選考企業に出向いて面接を受けるため、面接場所によっては、移動時間の問題で業務終了後の面接調整が困難になるケースも見受けられます。

一方、WEB面接では、面接会場まで移動する時間が必要なく時間を有効に活用できます。また面接に必要なのは『通信環境が整っている静かな場』という条件のみなので、場所を確保出来ればスピード感をもって転職活動を進められる大きなメリットがあります。

企業側の
メリット

企業側の
メリット

企業側にとっても、面接場所を確保したり、遠方から面接にきてもらうための交通費や宿泊費などがかからなかったり、と手続きやコストを削減できるメリットがあります。

また、業務の空き時間を面接時間として活用できることで、スピード感を持った採用活動ができます。

そのほかにも「企業側が画面共有を行いながら、会社説明を行うことで求職者の企業理解が深まった」というケースも挙げられます。

WEB面接が主流になることで、活動の拠点が地方にある方でも、多くの企業の面接に臨むことができるようになるのも、大きなメリットです。企業にとっても、地域に関わらず多くの転職希望者との接触が容易になるため、日本全体、世界全体の優秀な人材を発掘することが可能になります。

ここがポイント

  • 求職者はスピード感のある
    転職活動ができる
  • 企業はさまざまなコストを削減できる
  • WEB面接は地域を問わず
    人材を発掘できる

2.WEB面接(オンライン面接)の
チェックポイント

WEB面接はネット環境やIT端末を通して行われるため、
対面面接とは異なった準備や注意すべき点があります。
以下では、WEB面接の主なチェックポイントを上げますので、ぜひ参考にしてください。

事前準備編

何事も事前準備が必要です。
特にWEB面接は、事前準備が面接の成否に大きく関わるので、ぜひチェックしましょう。

PCやスマートフォン、カメラ、イヤホンマイクの準備

WEB面接は、PCやスマートフォン、タブレットなどのIT端末で行います。企業によってWEB面接に使用するアプリケーション・ツールが異なりますので、動作環境や推奨スペックを確認しておきましょう。端末にカメラ、マイクの機能がない場合もありますので、その場合は、外付けWEBカメラ、イヤホンマイクやヘッドセットなどを準備しておくとよいでしょう。

PCやスマートフォン、カメラ、
イヤホンマイクの準備

WEB面接は、PCやスマートフォン、タブレットなどのIT端末で行います。企業によってWEB面接に使用するアプリケーション・ツールが異なりますので、動作環境や推奨スペックを確認しておきましょう。端末にカメラ、マイクの機能がない場合もありますので、その場合は、外付けWEBカメラ、イヤホンマイクやヘッドセットなどを準備しておくとよいでしょう。

アプリケーション・ツールのインストール、事前確認

WEB面接に使用するアプリケーション・ツールが必要な場合は事前にインストールしておきましょう。すでにインストール済みであってもすぐに起動できるか、プロフィール写真や待ち受け画面にプライベートで撮影した写真や趣味のアイコンなどを設定しているか、などを確認しておきます。プロフィール写真や待ち受け画面はそのまま企業の面接担当者に見られてしまいますので、フォーマルな画像を設定しましょう。

アプリケーション・ツールの
インストール、事前確認

WEB面接に使用するアプリケーション・ツールが必要な場合は事前にインストールしておきましょう。すでにインストール済みであってもすぐに起動できるか、プロフィール写真や待ち受け画面にプライベートで撮影した写真や趣味のアイコンなどを設定しているか、などを確認しておきます。プロフィール写真や待ち受け画面はそのまま企業の面接担当者に見られてしまいますので、フォーマルな画像を設定しましょう。

ネットワーク環境の整備
(通信障害を防ぐなら有線接続)

インターネットに繋ぐ回線は固定回線でもモバイル回線でも構いませんが、安定しているのは固定回線です。固定回線の場合、有線接続のほうが速度面で有利ですが、Wi-Fiなどの無線接続でも十分かと思います。ただ、同じ回線に複数の機器を接続すると通信速度が下がりますので注意が必要です。また、近隣の家庭で使っているWi-Fiと干渉して速度が低下する場合もありますので、その場合はモバイル回線に切り替えるなど、臨機応変に対応しましょう。

ネットワーク環境の整備
(通信障害を防ぐなら有線接続)

インターネットに繋ぐ回線は固定回線でもモバイル回線でも構いませんが、安定しているのは固定回線です。固定回線の場合、有線接続のほうが速度面で有利ですが、Wi-Fiなどの無線接続でも十分かと思います。ただ、同じ回線に複数の機器を接続すると通信速度が下がりますので注意が必要です。また、近隣の家庭で使っているWi-Fiと干渉して速度が低下する場合もありますので、その場合はモバイル回線に切り替えるなど、臨機応変に対応しましょう。

部屋の明るさのチェック

自分の映像が全体的に暗く映ってしまっていることがあります。そうした時は、昼間でも部屋の電気をつけたり、それでもダメな場合は簡易型ライトをPCやスマホなど面接に使用するデバイスの後ろ側に設置して、自分の姿が明るく見えるように調整するといいでしょう。

部屋の明るさのチェック

自分の映像が全体的に暗く映ってしまっていることがあります。そうした時は、昼間でも部屋の電気をつけたり、それでもダメな場合は簡易型ライトをPCやスマホなど面接に使用するデバイスの後ろ側に設置して、自分の姿が明るく見えるように調整するといいでしょう。

PCトラブルなどに備えた
電話などの連絡先確認

WEB面接は、ネット環境や端末にトラブルが起きた場合は、いきなり接続が切れてしまったりすることも十分ありえます。そのような場合に備えて、先方の連絡先などは事前に聞いておき、そうしたトラブルがあった際は先方にすぐに連絡できるような態勢を準備しておくことが肝心です。

PCトラブルなどに備えた
電話などの連絡先確認

WEB面接は、ネット環境や端末にトラブルが起きた場合は、いきなり接続が切れてしまったりすることも十分ありえます。そのような場合に備えて、先方の連絡先などは事前に聞いておき、そうしたトラブルがあった際は先方にすぐに連絡できるような態勢を準備しておくことが肝心です。

周囲の音、背景の映り込みのチェック

自宅でWEB面接を行う場合は、雑音のない個室で、ドアや窓を閉めて静かな環境を整えましょう。また、自分の背景の映り込みもチェックしておくことが必要です。

周囲の音、
背景の映り込みのチェック

自宅でWEB面接を行う場合は、雑音のない個室で、ドアや窓を閉めて静かな環境を整えましょう。また、自分の背景の映り込みもチェックしておくことが必要です。

応募書類、カンペの準備、確認

応募先の企業に提出した履歴書や職務経歴書は、先方に送る前にコピーなどして、企業ごとに何を書いたか確認しておきましょう。また、想定問答などをまとめたメモ等(カンペ)を用意しておくと、面接中に役立ちますので、ぜひ準備しておいてください。

応募書類、カンペの準備、確認

応募先の企業に提出した履歴書や職務経歴書は、先方に送る前にコピーなどして、企業ごとに何を書いたか確認しておきましょう。また、想定問答などをまとめたメモ等(カンペ)を用意しておくと、面接中に役立ちますので、ぜひ準備しておいてください。

WEB環境がある友人などと
リハーサルができるならやっておく

準備ができたら、一度WEB環境がある友人や家族とリハーサルしてみるのもおすすめです。ネット環境、カメラ、マイクなどの各機能、背景の映り込み、想定問答などについて、本番と同じシチュエーションでリハーサルしておくといいでしょう。

WEB環境がある友人などと
リハーサルができるなら
やっておく

準備ができたら、一度WEB環境がある友人や家族とリハーサルしてみるのもおすすめです。ネット環境、カメラ、マイクなどの各機能、背景の映り込み、想定問答などについて、本番と同じシチュエーションでリハーサルしておくといいでしょう。

本番編

いよいよ面接本番です。
WEB面接は初めてという方も多いと思いますが、準備をしっかりしていれば、
後は、WEB面接ならではのポイントを押さえた上で、堂々と自分をアピールすることができます。

焦らず、間を置いてゆっくり、
大きな声で話す

WEB面接は対面面接と違って、相手に自分の声がきちんと聞こえているか、確認しづらい面があります。したがって、きちんと自分の言いたいことが伝わっているか、相手の表情を見て確認しながら、焦らず、間を置いてゆっくり、大きな声で話すことが重要です。

焦らず、間を置いてゆっくり、
大きな声で話す

WEB面接は対面面接と違って、相手に自分の声がきちんと聞こえているか、確認しづらい面があります。したがって、きちんと自分の言いたいことが伝わっているか、相手の表情を見て確認しながら、焦らず、間を置いてゆっくり、大きな声で話すことが重要です。

表情や声のトーンに気を配る

WEB面接の場合、
(1)面接官の感情の機微が読み取りづらい
(2)通信環境によって言葉が聞き取りづらい
(3)会話が被ってしまう
(4)話者の雰囲気を面接官・求職者共に掴みにくい
などの注意すべき点がありますので、対面面接以上に表情や声のトーンには気を配る必要があります。

表情や声のトーンに気を配る

WEB面接の場合、
(1)面接官の感情の機微が読み取りづらい
(2)通信環境によって言葉が聞き取りづらい
(3)会話が被ってしまう
(4)話者の雰囲気を面接官・求職者共に掴みにくい
などの注意すべき点がありますので、対面面接以上に表情や声のトーンには気を配る必要があります。

開始15分前には画面の前に、
最初と最後には礼を

面接当日の準備は少なくとも面接開始15分前には終え、画面の前に座って、本番に臨むことをおすすめします。また、面接の最初と最後には、上半身をしっかり伸ばし、面接のために時間をいただいたことについてお礼の言葉を述べたうえで、頭を下げるとよいでしょう。

開始15分前には画面の前に、
最初と最後には礼を

面接当日の準備は少なくとも面接開始15分前には終え、画面の前に座って、本番に臨むことをおすすめします。また、面接の最初と最後には、上半身をしっかり伸ばし、面接のために時間をいただいたことについてお礼の言葉を述べたうえで、頭を下げるとよいでしょう。

堅すぎる雰囲気にならないよう、
雑談のチャンスをうかがう

WEB面接の場合、相手の質問にただ答えるという単調なやり取りに終わってしまう場合も多く見受けられます。堅すぎる雰囲気だと、アピールポイントを十分に相手に伝えることができなくなる可能性もありますので、場の空気を変える工夫にもチャレンジしましょう。

堅すぎる雰囲気にならないよう、
雑談のチャンスをうかがう

WEB面接の場合、相手の質問にただ答えるという単調なやり取りに終わってしまう場合も多く見受けられます。堅すぎる雰囲気だと、アピールポイントを十分に相手に伝えることができなくなる可能性もありますので、場の空気を変える工夫にもチャレンジしましょう。

メモはタイピングよりもメモ帳に

面接官が話した内容をメモする際には、PCでタイピングすると音が相手に聞こえてしまいますので、「メモを取らせてもらえますか」と先方に確認した上で、メモ帳にメモをとりましょう。

メモはタイピングよりもメモ帳に

面接官が話した内容をメモする際には、PCでタイピングすると音が相手に聞こえてしまいますので、「メモを取らせてもらえますか」と先方に確認した上で、メモ帳にメモをとりましょう。

PCトラブルがあっても冷静に

WEB面接では、ネット環境やIT端末でトラブルが発生しやすい面があります。そういう時こそ、冷静に対処するようにしましょう。企業ではトラブル処理能力があるかないかを重視します。トラブルに冷静に対処する姿を見せることで、危機管理能力をアピールすることもできるのです。

PCトラブルがあっても冷静に

WEB面接では、ネット環境やIT端末でトラブルが発生しやすい面があります。そういう時こそ、冷静に対処するようにしましょう。企業ではトラブル処理能力があるかないかを重視します。トラブルに冷静に対処する姿を見せることで、危機管理能力をアピールすることもできるのです。

キャリアアドバイザーがあなたの転職活動を
サポートします!
面接対策のことならお任せください!

3.WEB面接(オンライン面接)で
ありがちな失敗事例と解決法

上記でWEB面接のために準備しておくべきことの主な項目をご紹介いたしました。
続いてWEB面接でありがちな失敗事例を紹介したいと思います。

IT端末準備不足の失敗事例

1.なんと面接官を見下ろしていた!

ノートPCやスマートフォンを低い位置に置いてしまうと、面接担当者を見下ろしてしまうことになります。さらに、姿勢も猫背に見えてしまい、イメージダウンにつながり、せっかく面接してもらったのに、内定をもらえなかったというケースもあります。

これで解決

これで解決

面接官の目線と自分の目線を合わせるには、ノートPCやスマートフォンの位置を自分の顔の高さに合わせることが必要です。そのためには、ノートPCやスマートフォンの下に高さをあげる為の台などを用意しておくと良いでしょう。

2.画面が揺れていると指摘された!

スマートフォンでWEB面接を行う場合は、手にもったままだと安定性を欠くため、面接担当者から見て、あなたの映像が揺れてしまい、面接中に指摘されることもありえます。「WEB面接あるある」といっていいぐらい、よくあるケースです。

これで解決

これで解決

スマートフォンの場合、手に持ちながら面接を受けると、面接官から見た画面が安定しない場合があります。スマートフォンやタブレットなどは、手で持たずに固定させることが必要となります。

3.面接中にパソコンから音が鳴りまくった!

WEB面接に使用するアプリケーション以外のSNSなどをPCやスマートフォン上で起動していると、通知音が面接の妨げになる場合があります。

これで解決

これで解決

WEB面接に使うアプリケーション以外のソフトやウィンドウは、最小化ではなく完全に閉じておくことが必要です。

4.突然PCの電源が切れてしまった!

PCやスマートフォンの充電が十分でないと、面接途中で映像も音声も途切れてしまい、面接がその場で中断、といった事もあります。

これで解決

これで解決

意外に忘れがちなのが、WEB面接で使用する機器の充電チェックです。十分に充電されていることを確認するだけでなく、できれば充電器に接続したままにしておくと、安心して面接を受けることができるでしょう。

面接本番中の失敗事例

1.PCトラブルで「出来ない人」と思われた!

音声や映像のトラブルで面接が再調整になっただけでなく、悪い印象を持たれてしまった、というケースが数多くあります。

これで解決

これで解決

面接当日も、ネット環境やカメラ、イヤホン、マイクの機能がきちんと働いているかチェックすることが大切です。面接直前にもう一度、家族や友人と、カメラ、イヤホン、マイクの各機能が働いているかリハーサルできれば安心です。

2.的外れな回答をしてしまった!

話している際に、面接官がマイクをオフにしていることが多いので、相槌などが聞こえないことで、雰囲気が伝わりづらく、伝えたい事以上の話を続けてしまったため、ロジカルな回答ができない人も多いです。

これで解決

これで解決

相手の表情に注意しながら、カンペなども参考にして、落ち着いて話すようにしましょう。面接官が自分に何を求めているのか、自分が本当にアピールしたいことは何なのか、考えながら話すようにしましょう。

3.家族に伝えておらず、
面接中に部屋に家族が入ってきた!

家族と同居していて個室で面接を受ける場合、面接を受ける時間を正確に伝えておかないと、面接中に家族が部屋に入ってきてしまうという事態にもなりかねません。

これで解決

これで解決

こうした事態を避けるため、面接を受ける前日から家族には、面接開始と終了時間を伝えておき、さらに当日朝にリマインドをした上で、個室の入口に、「ただいま面接中!」などの張り紙を貼っておくのもいいでしょう。

4.面接官に「いつもその服で面接受けるの?」と言われた!

WEB面接は、企業などの「アウェー」に行くことなく、自宅などの「ホーム」で面接を受けることになるため、ともすれば気が緩みがちとなってしまいます。そのため、服装もカジュアルなものとなり、面接官から「いつもその服で面接受けるの?」と言われた人もいます。

これで解決

これで解決

服装や髪形、メイクをいつも以上にフォーマルで清潔感のあるものにすることで、自分の気持ちを引き締める効果が期待できますし、面接担当者の印象もぐっとよくなります。服装は、スーツやジャケット+スラックスなどがおすすめです。

4.WEB面接(オンライン面接)で
よくある質問

パソコンではなくスマートフォンでもいいですか?

スマートフォンでも問題ありませんが、画面の揺れを防ぐため、固定する必要があります。その際、面接官の目線と自分の目線を同じ位置にもってくるため、カメラの位置を目線の高さに合わせて固定する必要があります。

スマートフォンのメリットとして挙げられるのは、目線を合わせやすく、全身を映しやすいことです。自分が最もしっかりと見える位置を決め、スマートフォンをテープなどで固定して面接に臨んでください。

スマートフォンでも問題ありませんが、画面の揺れを防ぐため、固定する必要があります。その際、面接官の目線と自分の目線を同じ位置にもってくるため、カメラの位置を目線の高さに合わせて固定する必要があります。

スマートフォンのメリットとして挙げられるのは、目線を合わせやすく、全身を映しやすいことです。自分が最もしっかりと見える位置を決め、スマートフォンをテープなどで固定して面接に臨んでください。

面接での挨拶は座ったままでいいですか?

挨拶などのお礼をする際に、無理に立ち上がって挨拶をする必要はありません。画面を通してこちらが見える範囲は決まっていますし、面接中は基本的に上半身のみ映りますので、突然立ち上がるとかえって不自然に感じられます。

挨拶をする際には、姿勢をただし、相手の目をカメラを通じてはっきりと見た上で、お礼の言葉とともに頭を下げるのが一般的でしょう。

挨拶などのお礼をする際に、無理に立ち上がって挨拶をする必要はありません。画面を通してこちらが見える範囲は決まっていますし、面接中は基本的に上半身のみ映りますので、突然立ち上がるとかえって不自然に感じられます。

挨拶をする際には、姿勢をただし、相手の目をカメラを通じてはっきりと見た上で、お礼の言葉とともに頭を下げるのが一般的でしょう。

自宅に個室がない場合は
リビングでもいいですか?

もちろん、自宅に自分専用の個室がなく、リビングなどで面接を受けることは可能です。ただし、周囲の音や背景の映り込み、PCやスマートフォンを設置する場所などを確保した上で、面接に臨んでいただければと思います。

もちろん、自宅に自分専用の個室がなく、リビングなどで面接を受けることは可能です。ただし、周囲の音や背景の映り込み、PCやスマートフォンを設置する場所などを確保した上で、面接に臨んでいただければと思います。

自宅で犬を飼っているが、
騒音にならないですか?

面接中に周囲の雑音が入ると、面接担当者に自分の声が聞こえづらくなってしまうということがありますので、飼い犬の声も、できるだけ入らないよう、別室や戸外に飼い犬をつなぐことができればベストでしょう。ただし、どうしても吠える声が聞こえてしまうような場合は、面接が始まる前に先方にその旨伝えると問題ないでしょう。

前もって伝えておくことで、「どういう犬を飼っているんですか」と面接担当者から質問があり、そこから話が弾んでいく可能性もありますので、状況を見ながら対応してみましょう。

面接中に周囲の雑音が入ると、面接担当者に自分の声が聞こえづらくなってしまうということがありますので、飼い犬の声も、できるだけ入らないよう、別室や戸外に飼い犬をつなぐことができればベストでしょう。ただし、どうしても吠える声が聞こえてしまうような場合は、面接が始まる前に先方にその旨伝えると問題ないでしょう。

前もって伝えておくことで、「どういう犬を飼っているんですか」と面接担当者から質問があり、そこから話が弾んでいく可能性もありますので、状況を見ながら対応してみましょう。

自宅以外でWEB面接を受けても大丈夫?

カフェなどの公共空間で面接を受けることはおすすめできません。ネット環境の安定性、周囲の音、PCやスマートフォンの目線と同じ位置への設置、背景の映り込みなどに配慮する必要性がありますから、できれば自宅で面接を受けることが望ましいでしょう。

カフェなどの公共空間で面接を受けることはおすすめできません。ネット環境の安定性、周囲の音、PCやスマートフォンの目線と同じ位置への設置、背景の映り込みなどに配慮する必要性がありますから、できれば自宅で面接を受けることが望ましいでしょう。

おすすめ求人

WEB面接、オンライン面接やリモートワークやフレックス出勤など、
おすすめ求人もご紹介いたします。

この記事の監修者

この記事の監修者

佐藤 大輔

株式会社マイナビ所属/キャリアアドバイザー歴4年/ IT領域専任アドバイザー
ツール/アプリ制作をおこなっていた前職での経験を踏まえ、親切なアドバイスを心がけています。現在は企業担当(RA)としても業務をおこなっているので企業の求めるリアルな声、求人票やネット上ではわからないような情報もご共有させていただきます。

株式会社マイナビ所属/キャリアアドバイザー歴4年/ IT領域専任アドバイザー
ツール/アプリ制作をおこなっていた前職での経験を踏まえ、親切なアドバイスを心がけています。

WEB面接(オンライン面接)で失敗しないための完全ガイド。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。