メーカーと商社は何が違うの?仕事内容や年収を比較!|求人・転職エージェント

ものづくりメーカーの転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

メーカーと商社は
何が違うの?
仕事内容や年収を
比較!

メーカー向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

同じ職種でも、業界が違えば仕事の内容は変わってくるもの。「転職する職種は決めているけれど、どの業界にしようか悩んでいる」という人は、意外と多いのではないでしょうか。ここでは、営業職を例に挙げ、混同されがちなメーカーと商社の仕事内容の違いを紹介していきます。

メーカーと商社の違いとは?

メーカーと商社は、どちらも製品を販売することから、業務内容が混同されがちです。しかし、両者はまったく別のもの。

見分け方は「自社で物を作っているかどうか」であり、原材料を加工して製品の生産・販売を行うのがメーカー、貿易や国内企業から製品を調達し販売するのが商社となります。

メーカーの中には、自社で独自のルートを開拓して、原材料の調達や製品の販売を行っている企業もあります。しかし、海外から原材料を調達したり、商品を小売店一つひとつに納入したりするには、多大な労力とコストがかかります。

商社の仕事は、それら製造以外の部分を肩代わりしてメーカーを支えること。国内外に張りめぐらせたネットワークを活用して、原材料の調達や営業のサポートを行うなど、ビジネスコーディネーターとしての役割を担っています。

最近では、自社で製品を生産・販売する一方で、顧客の要望に合わせて素材や製品の調達も手掛ける、商社機能を備えたメーカーも登場しています。元々の結び付きの強さに加え、このような事情も、メーカーと商社が混同されがちな理由となっています。

実際の仕事内容の違い

営業は、メーカーと商社、どちらにもある職種ですが、その仕事内容は大きく異なっています。ここでは、メーカーと商社それぞれの営業職の仕事内容をご紹介します。

メーカー営業の仕事内容

メーカー営業の仕事は、自社の製品を顧客に販売することです。
メーカーの種類によって、その営業先は様々であり、たとえば自動車メーカーの営業であれば、ディーラーやサブディーラーに対する営業支援や、企業・官公庁への営業がメインとなります。また、鉄やガラスなど素材メーカーの営業であれば、それらを原材料として別の物を生産するメーカーが主な営業先となります。

製品によっては、一般消費者に直接商品を売り込む場合もありますが、メーカー営業は法人営業が大半であり、既存顧客のアフターケアの比率が高いのが特徴です。

素材メーカーや部品メーカーの営業の場合は、企画の段階から関わり、顧客企業のために素材や製品を開発することもあります。扱う商品は自社製品に限られますが、製品に対する深い理解が求められる仕事です。

商社営業の仕事内容

メーカー営業に対し、商社営業は「◯◯の素材が欲しい」「製品を販売したい」といった要望を聞き、メーカーの製品調達や販売をサポートするのが主な仕事です。

いわば「メーカーの御用聞き」であり、顧客の要望に合った素材を扱っているメーカーを探したり、顧客の商品を他のメーカーや小売店に販売したり、商品の新たな買い手を探したりするなど、その仕事内容は多岐にわたります。

扱う商品の種類が膨大なので、一つひとつの商品への深い理解はさほど求められませんが、その分、幅広い知識と提案力が求められるのが特徴です。

メーカー営業と商社営業を徹底比較

メーカー営業と商社営業では、仕事内容の他に、次のような点でも違いがあります。

年収

年収は、同じ業界でも、企業規模や地域によって異なります。そのため、一概にはいえませんが、商社営業のほうがメーカー営業より年収が高い傾向があります。

その理由として、商社はメーカーと違い工場や在庫を持たないため、その分のコストがかからず、利益を人件費に分配しやすいことや、海外赴任手当がつくことなどが挙げられます。また、総合商社と専門商社でも年収に差があり、一般的には総合商社のほうが、年収は高くなる傾向があります。

忙しさ

商社営業は、メーカー営業に比べて取り扱う商品数も顧客の数も多いため、激務になりがちです。また、海外出張も多く、人事異動で海外勤務を言い渡される場合もあります。海外出張のあるメーカー営業も増えてきていますが、忙しさという点では、やはり商社営業のほうが忙しいといえるでしょう。

仕事のやりがい

メーカー営業のやりがいは、やはりものづくりに関われることです。開発段階から顧客と協議を重ね、新しい素材や製品の開発に携われるのは、メーカー営業ならではの醍醐味といえるでしょう。

一方、商社営業は扱う商品が多く、多彩なアプローチが可能です。その他にも、金額の大きな仕事に携わることができる、世界を舞台に仕事ができるなどの魅力があります。

どんな風に働きたいかを考えよう

同じ職種でも、どの業界で働くかによって、仕事内容ややりがいが異なります。専門的な知識や技術が求められるメーカーと、幅広い知識やフットワークの軽さが求められる商社という違いを踏まえた上で、自分に合うほうを選んでみてください。

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。