自動車ディーラーの営業は未経験でも転職可能?難易度や必要スキルを解説|求人・転職エージェント

更新日:2022/05/27

営業職

自動車ディーラーの営業は未経験でも転職可能?難易度や必要スキルを解説

sales_985.jpg

この記事のまとめ

  • 未経験でも、自動車ディーラー営業への転職は可能。
  • 自動車ディーラーの営業は対人スキルや目標達成スキル、精神面や体力面の強さを持つ人材が重宝される。
  • 売上実績によるインセンティブ報酬がもらえるため、努力次第では高年収を狙える。

自動車ディーラーは、メーカーと契約を結んで顧客に自動車を販売する企業です。営業職で働くには、自動車の専門知識や営業にまつわるスキルが求められます。未経験で転職する場合、転職の難易度や必要な資格が気になる方もいるのではないでしょうか。

この記事では、自動車ディーラー営業への転職が未経験でも可能なのか、実際の仕事内容や営業に必要なスキルを解説します。自動車ディーラーへの転職を検討している方は、ぜひ今後の参考にしてみてください。

目次

営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント

未経験から自動車ディーラー営業への転職は難しい?

sales_985_1.jpg

自動車ディーラーの営業職は、顧客に最適な商品を案内・販売するための知識やコミュニケーション力が必要です。普通自動車免許以外に必要な資格はなく、転職であれば学歴にかかわらず採用する企業も多数存在します。そのため、未経験者の転職はそれほど難しいものではありません

ただし、顧客への案内や説明をする立場として、車の知識と最低限のマナー、コミュニケーション力が求められます。車の購入は人生において高額な買い物のひとつです。そのため、しっかりとコミュニケーションを取って顧客との信頼関係を築き、安心して購入できる環境作りが大切です。

自動車販売という職業柄、車や運転が好きで知識を豊富に持っていると面接時のアピールポイントになります。転職の難易度はそれほど高くないため、積極的に自分の長所をアピールしましょう。

未経験者は再確認!自動車ディーラー営業という仕事

sales_985_2.jpg

自動車ディーラーの営業は開発や生産をする自動車メーカーと特約店契約を結び、個人の顧客へ自動車を正規販売する仕事です。ここでは、自動車ディーラー営業の仕事内容や魅力、休暇事情を紹介します。未経験で転職を検討している方は再確認しましょう。

主な仕事内容

自動車ディーラー営業の主な仕事は、自動車の販売や顧客のアフターフォロー、事務作業、イベントの企画や開催です

営業には訪問タイプと来店タイプの2つがあります。訪問タイプは顧客のアフターフォローとして修理や点検の案内をし、買い替え需要を引き出すことが目的です。営業は顧客担当制であるため、顧客との信頼関係があってこそ成り立ちます。

一方、来店タイプは販売促進のためにイベントを企画・開催します。一般顧客への自動車販売や契約時の自動車登録申請、自動車保険加入の事務手続きも重要な仕事です。販売後は定期点検をする場合もあります。

地域によって異なりますが、訪問タイプの営業は減少傾向で、イベントを開催しない平日は店舗での接客や事務作業がほとんどです。納車のため、顧客の都合に合わせて営業時間後に自宅を訪問することもあります。

仕事の魅力

一般的に、自動車の購入から納車までは約2ヵ月〜3ヵ月かかるといわれています。自動車の案内や説明、契約時の手続きは確認事項が多く、時間と手間のかかる仕事です。その分、納車までの作業すべてを終えることで大きな達成感を得られます

また、売上実績に応じたインセンティブ報酬を導入するディーラーが多いことから成果を出せば昇給や昇進が望めるほか、高年収も狙えます。福利厚生が充実していることも魅力です。

自動車ディーラーは店舗ごとの地元採用のため、同じディーラー内での転勤はあっても、都道府県外への異動はありません。最新モデルを真っ先に見たり触れたりできることも魅力のひとつです。

休暇日数の目安

自動車ディーラーの多くは平日の月曜日から水曜日に定休日があります。その日を含めた週休2日制が多く、年間休日数は120日程度です。営業職は土日祝日に顧客対応が集中するため、カレンダーどおりに休めることはほとんどありません。さらに、店舗の営業時間は顧客対応がメインで、事務処理による残業が発生する場合もあります。

ただし、近年の働き方改革によって長時間労働は是正されており、年末年始や夏季休暇、ゴールデンウィークに長期休暇が取れる店舗が増えています。

自動車ディーラー営業の平均年収

sales_985_3.jpg

自動車ディーラーの営業職は、基本給のほかに売上実績に応じた歩合給がプラスされるため、契約を多く獲得できれば現職以上の収入を得ることも夢ではありません。ここでは、自動車ディーラー営業の平均的な年収を年代や経験、転職先ごとに見ていきましょう。

20代や未経験は300~350万円

自動車ディーラーの営業職は、知識や経験の豊富さが契約の獲得につながるため、20代と30代では平均年収に100万円程度の差があります。大学を卒業して間もない20代の方や未経験者は平均300万~350万円程度です。30代以降や経験・実績のある方は平均350万~500万円で、歩合給が増えるほど年収も上がります。

経験を積んで実績を伸ばせば年収アップにつながるため、未経験者でも積極的にスキルアップを目指しましょう。

転職先次第では平均以上も

自動車ディーラー営業の年収は、年齢や経験だけでなく企業によっても差が出ます。必ずしも人気車種を取り扱うディーラーが高収入というわけではなく、企業や地域によって基本給や歩合給が異なるため転職先選びは重要です

売上高がトップクラスの国内メーカーであれば、平均年収は高めです。昇進や昇給でも年収は上がるため、しっかりと評価してくれる企業を選びましょう。

外資系メーカーは、どの企業の平均年収も国内メーカーより高めです。特に、国内で高い人気を誇るメーカーは高年収を狙えます。ただし、国内メーカーと比較すると顧客の来客数が少なく、個人差はありますが、営業としてのやりがいは感じにくいでしょう。

自動車ディーラー営業が未経験でも役立つスキル

sales_985_4.jpg

自動車ディーラーで営業として働くときに大切なのは「自動車が好き」であることです。車に関心があれば即戦力になるほか、知識の吸収も早いでしょう。ほかにも、普通自動車免許は納車や試乗の際に必要です。ここでは、未経験でも役立つスキルを紹介します。

対人スキル

営業の仕事は顧客の要望に合った車の案内や説明、フォローが大切です。積極的にコミュニケーションを取ることによって顧客のニーズに合う車を紹介し、いかに魅力を伝えられるかが重要です。単に車を販売するのではなく、親身になって顧客と向き合い信頼関係を築き、安心して購入してもらえるような環境を作ります。

また、営業職はアフターフォローも必須です。自動車販売は顧客担当制で、修理時の対応やメンテナンス案内など、販売後も付き合いは続きます。納車して終わりではないため、顧客と長く良好な人間関係を築ける対人スキルがあれば、転職で有利でしょう

目標達成スキル

自動車ディーラー営業は、売上が企業の利益に直結する仕事です。そのため、店舗や企業で掲げる目標を徹底的に追及できる持久力や向上心がある人が重宝されます

また、営業職には売上ノルマがあります。ノルマに追われてプレッシャーを感じることもあるため、プレッシャーに負けない強い心を持つことが大切です。売り上げが伸びないときには打開策を考え、前向きに動ける切り替えの早さも求められるでしょう。

店舗や企業で掲げる目標やノルマの達成は、昇給や昇進といった自らのキャリアアップにつながります。

未経験でも自動車ディーラーの営業に採用されるコツ

sales_985_5.jpg

未経験で自動車ディーラー営業に転職するには、スキルを身につけるだけでなく、車に関する知識を深めることや念入りな面接対策が大切です。努力次第では積極的なアピールができます。ここで紹介するコツを押さえて面接に備えましょう。

自動車の知識を深める

業界や営業が未経験でも自動車の知識を持っている方は即戦力になるため、自動車のシステムや構造、走行の技術といった基本的な知識を深めることが大切です。

志望するディーラーで取り扱う車種はもちろん、ほかのメーカーの情報も調べましょう。さまざまな車のシステムや装備品の知識を深めることで、取り扱う車のメリットやほかのモデルとの違いが分かり、顧客に案内や説明がしやすくなります。

面接時のアピールに備える

営業職は何度もチャレンジする精神力や残業に対応できる体力が重要です。自動車業界が未経験でも、営業や接客の経験があれば有利になります。面接ではこれまで培ったスキルや長所をアピールできるように備えましょう。

また、長く働き続ける意思があるかどうかも重要です。採用する企業はすぐに辞められると困るため、長く働いてくれる人材を雇いたいと考えています。志望企業における長期的なビジョンを示し、長く勤める意思を伝えましょう

企業研究をする

企業の情報を調べることは大切ですが、入社を希望する理由として企業理念への憧れや職場環境の良さを伝えるだけでは不十分です。企業が力を入れている分野や業績をしっかり把握したうえで、自らが役に立てることや挑戦したいことをアピールしましょう

また、希望の企業だけでなく職種を研究することで熱意が伝わります。入社後のミスマッチを防ぐためにも、企業情報や採用情報は入念に確認しましょう。不明点を面接時に質問すれば、やる気のアピールにもつながります。

まとめ

sales_985_6.jpg

自動車ディーラー営業は、自動車の知識や対人スキル、普通自動車免許があれば、未経験でも転職できます。給与や福利厚生といった待遇は店舗や企業によって異なるため、確認のうえ、自分に合う企業を探してみましょう。

マイナビ営業エージェントでは、営業職の転職市場に詳しいキャリアアドバイザーが一人ひとりの転職活動をサポートします。最適な求人の紹介から面接対策までしっかりとお手伝いしますので、ぜひご相談ください。

営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント

自動車メーカーの営業とディーラーの仕事内容はまったく異なり、それぞれに魅力ややりがいが存在します。ここでは、自動車メーカーへの転職を考えている方に向けて、営業とディーラーの仕事内容とやりがい、そして転職のポイントを紹介します。

自動車ディーラーは自動車メーカーとは業界における立ち位置が異なります。自動車ディーラーの職種の中でも、営業職にはどのようなメリットがあるのでしょうか。この記事では、自動車ディーラー営業の年収モデル、転職に有利なスキルについて解説します。「自動車ディーラー営業への転職を考えている」「平均年収を知りたい」といった疑問も解決するでしょう。

注目コンテンツ