営業事務に転職したい!志望動機の書き方やケース別おすすめ文例を紹介|求人・転職エージェント

更新日:2021/11/15

営業職

営業事務に転職したい!志望動機の書き方やケース別おすすめ文例を紹介

sales_880.jpg

企業の営業部門をサポートする営業事務は、事務職の中でも人の役に立っている実感が強く、やりがいのある仕事です。

また、未経験可の求人が多いため、興味があれば誰でも挑戦しやすいのも魅力でしょう。

しかし挑戦しやすさは、応募倍率の高さにつながりかねません。

そこで今回は、転職成功に近づける志望動機の書き方を紹介します。

採用担当者の印象に残る志望動機の書き方を押さえて、転職を成功させましょう。

目次

営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント

営業事務への転職!志望動機でアピールしたいこと

sales_880_1.jpg営業事務に限らず、転職において志望動機は重要な部分です。

端的に終わらせず効果的な内容を盛り込むことで、志望動機はアピールポイントとして大いに役立ちます。

ここでは、志望動機に書きたい要素をまとめました。

それぞれの要素を箇条書きで書き出してから文章化すると、分かりやすくまとまるでしょう。

営業事務に興味を持った理由

志望動機に書きたい要素のひとつ目は、営業事務に興味を持った理由です。

この要素については、営業事務の仕事内容と絡めて回答しましょう。

営業事務の仕事である書類作成や来客対応などを具体的に挙げることで、「仕事内容を把握している」とアピールできるためです。

なお、営業事務は一般の事務職と異なり、営業部門と深く関わります。

その違いにも注目して、「なぜ一般事務ではなく、営業事務なのか」まで含んだ回答ができるとよいでしょう。

志望先企業を選んだ理由

志望動機には、営業事務を選んだ理由だけでなく、志望先企業を選んだ理由も含めるのがおすすめです。

志望先企業の理念や商品、サービスをよくリサーチし、志望先企業のどのようなところに魅力を感じたのかを回答しましょう。

面接官が納得できるような理由を回答できれば、好印象を与えられます。

このとき重要なのは、「ほかの企業でもよいのでは」と採用担当者に思わせないことです。

ありきたりではなく、他社にない強みを元に作成しましょう。

営業事務として生かせるスキルや経験

志望動機では、「これまでの経験が生かせる、さらに伸ばせると思ったからこそ転職を希望している」ことを伝えましょう。

そうすることで、スキルや経験をアピールできます。

ただしアピールしたいのは、営業事務の仕事に直結するスキルです。

直結するスキルであればあるほど、採用担当者が「採用後どのように貢献してもらえるか」を明確に描けるため、印象に残りやすくなります。

営業事務の仕事内容と求められる人物像

sales_880_2.jpg転職成功率を高めるためには、営業事務の仕事について詳しく知る必要があります。

営業事務の仕事をきちんと理解していると感じる志望動機ほど、採用担当者に好印象を残すためです。

ここでは、営業事務の仕事内容や求められる人物像を押さえていきましょう。

営業事務の仕事内容

営業事務は、営業部門の仕事をサポートするための事務職に携わります。

具体的には、営業部門が営業を進めるにあたって必要な書類の作成やデータ入力、さらには顧客との電話やメール対応などです。

企業によっては、売上管理や商品の在庫管理などにも携わります。

営業事務は、一般事務に比べて関わる部署が少ない分、幅広い業務を任されやすいでしょう。

営業事務に求められる人材や向いている人

営業事務に求められる人材や向いているのは、主にこちらに当てはまる方です。

  • サポート業務にやりがいを感じられる
  • 柔軟な対応ができる
  • 業務効率化のための向上心がある
  • コミュニケーション能力が高い

営業事務は、いわば縁の下の力持ちといえます。

人の役に立つのが好きな方や、周りの状況に合わせて動くのが得意な方に向いているでしょう。

営業事務に必要な資格

営業事務に必須といえる資格はありません。

無資格・未経験でも営業事務への転職は可能です。

ただし、PCスキルを証明する「MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」や「ワープロ検定」、ビジネススキルを証明する「秘書検定」や「TOEIC」などを持っていれば、転職が有利になるでしょう。

そのほか経理業務も任される企業であれば、「簿記」や「PASS(経理事務パスポート検定)」などもおすすめです。

志望動機を考える際の3つのコツ

sales_880_3.jpg志望動機の作成に慣れていない方は、どうしても定型的になりやすく、結果として採用担当者の目に留まらないかもしれません。

そこでここでは、効果的な志望動機を作成する3つのコツを紹介します。

これらのコツを意識すれば、志望動機の具体性が増し、印象に残りやすくなるでしょう。

志望先企業の特徴や強みを理解する

志望動機を考える前には、志望先企業のリサーチを徹底しましょう。

企業の特徴や強みを絡めた志望動機にすることで、企業や仕事内容を理解しているとアピールできます。

また、特徴や強みを理解すれば、企業が「どのような人材を欲しているか」が把握できるでしょう。

求めている人物像を元に自身の経験やスキルをアピールできれば、好印象を与えられるかもしれません。

実現したい将来のビジョンを伝える

志望動機は、「転職したい」という希望だけに終わらせないようにしましょう。

転職後にどう活躍したいか」「どのようなビジョンを持って転職するのか」など、将来をイメージできるように書くのがポイントです。

明確なビジョンや目標を持っている人材は離職率が低いと判断され、採用率を高められるでしょう。

また、採用後にどのような貢献を得られるかがイメージしやすく、採用担当者の印象に残ります。

具体的なエピソードを交える

転職を希望している理由については、具体的なエピソードを交えて回答することで、転職への真剣さがアピールできます。

また、オリジナル性が高い志望動機は、印象に残るでしょう。

志望先企業の商品やサービスを利用した経験を交えたり、現職や前職でのエピソードを元にしたり、といった工夫をおすすめします。

自分ならではの体験を具体的に伝えるのがポイントです。

【ケース別】営業事務に適した志望動機の文例

sales_880_4.jpgここでは、営業事務に適した志望動機の文例を見ていきましょう。

営業事務経験者向けの文例と、未経験者向けの文例を用意しました。

ただし、文例そのままではどうしてもテンプレート的になり、印象が薄くなります。

自身の具体的な経験やスキルを組み込めるように、調整しながら活用するのがポイントです。

営業事務経験者におすすめの文例

営業事務経験者は、経験やスキルをアピールしつつ、キャリアアップなど明確な目標を見据えての転職であることを伝えましょう。

採用担当者には、「即戦力」や「意欲がある」、「離職する可能性が低い」といった印象を残せます。

<経験者向け文例>

私は〇年にわたり、株式会社〇〇で営業事務として携わって参りました。

営業スタッフ5名のサポートにあたり、見積書や納品書など書類作成、顧客との電話やメール対応を担当しています。

営業事務としてのサポート業務にやりがいを感じている一方で、キャリアアップの限界を感じ、この度、転職を希望しました。

貴社の営業事務では一般事務業務のほか、経理業務も幅広く任されると存じております。

培った経験のほか、保有している簿記1級と経理事務パスポート検定2級を役立て、営業事務としてキャリアアップし、貢献できる人材になりたいと考えております。

営業事務未経者におすすめの文例

未経験者の場合は、前職で培ったスキルを元に「転職先にどのように貢献できるか」をアピールするのがポイントです。

ここでは、営業事務の業務において重要視される「業務の効率化」に焦点を当てた文例を紹介します。

<未経験者向け文例>

私は株式会社〇〇で、営業を〇年間にわたり担当しています。

営業職は売上に直結することからやりがいも大きかったのですが、効率化を追い求める内に、自身で商品を売るよりも営業のバックアップに回りたいと考えるようになり、転職を希望しました。

貴社は発展が著しく、営業規模の拡大を迅速に進めているとお聞きします。

そのような過渡期の成長業界こそ、私の経験が大きく生きるほか、私自身もスキルアップできると考えました。

これまで私は営業効率化のため、スケジュールや顧客リストの管理を徹底して参りました。

その経験を営業事務で活用し、貴社のさらなる発展に貢献いたします。

営業事務の志望動機に関する注意点

営業の経験が生きることから、営業から営業事務への転職を志す方は少なくありません

しかし、その場合に起こりやすいミスとして挙げられるのが、志望動機として営業経験を強調することです。

営業事務で求められるのは、あくまでサポート能力であり、営業能力ではありません。

以下の文例のように営業経験を強調しては、営業事務の適正アピールにはならないため、注意しましょう。

<志望動機のNG文例>

私は株式会社〇〇で、営業を〇年間にわたり担当しました。

ノルマ達成率が100%を下回ったことは、〇年間で2度しかありません。

また、下回った後には対策を練り、次月の達成率を大幅にアップさせました。

このような経験を営業事務でも生かし、部門全体のノルマ達成率を上げ、貴社に貢献したいと考えています。

マイナビエージェントで志望動機のアドバイスを受けよう!

オリジナル性を出すことや文章構成が不得意な場合、採用担当者の印象に残る志望動機を考えるのには骨が折れるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントは、転職先探しをサポートするだけの転職エージェントではありません。

転職を成功させるために、志望動機をはじめとした履歴書の添削も行っています。

また、キャリアアドバイザーとは別に、企業の人事担当者とやり取りをするアドバイザーが在籍しているのも特徴です。

各企業の求める人物像を押さえているため、的確なアドバイスをお届けできるでしょう。

志望動機の書き方に悩んでいるのなら、まずはお気軽にご相談ください。

まとめ

sales_880_5.jpg営業事務は一般事務と比べ、特徴のある事務職です。

だからこそ、工夫された志望動機など的確なアピールが求められます

業務への理解を示し、貢献できる人材であることを伝えて、採用担当者に好印象を残しましょう。

さらに、営業事務の仕事内容への理解だけでなく、志望先企業の特徴や求める人物像を押さえることで、より目に留まる志望動機となります。

志望先企業の情報を徹底リサーチしたいのなら、マイナビエージェントをご利用ください。

マイナビエージェントは各企業との接点が多く、非公開情報も豊富に蓄積。

内定率をアップさせるため、転職全般をサポートいたします。

営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント営業職専任のアドバイザーが揃うマイナビ営業エージェント

SNSシェア

注目コンテンツ