広告クリエイター向けの志望動機とは?作成のコツを例文つきで解説!|求人・転職エージェント

更新日:2022/05/26

IT業界

広告クリエイター向けの志望動機とは?作成のコツを例文つきで解説!

it_973.jpg

この記事のまとめ

  • 広告主と消費者を結ぶ広告クリエイターはクリエイティブでやりがいのある仕事。
  • 憧れだけで志望するのではなく、具体的な仕事内容を把握することが大切。
  • 志望動機は結論ファーストで書き、入社後の将来性を伝えることも忘れないようにしよう。

華やかでクールなイメージがある広告クリエイターは、人気が高く転職難易度が高い職種です。有名企業や大手企業となると難易度はさらに上がるため、他者よりも抜きん出た印象を与えられる志望動機が必要です。

広告クリエイターの志望動機を書く際に、ライバルと差をつけるためのポイントはあるのでしょうか。この記事では、志望動機作成のコツを例文つきで解説します。ポイントを押さえた準備と対策をしましょう。

目次

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

広告業界を知り濃い志望動機につなげる!

it_973_1.jpg

私たちはスマートフォンやパソコンで、数多くのオンライン動画やソーシャルメディア広告を目にします。テレビや新聞といったオフライン広告も見るでしょう。誰にとっても身近な存在である広告業界は、人気のある転職先のひとつです。

広告クリエイターに転職する際は、まずは広告業界の知識を深めましょう。職種や仕事内容への理解を深めることにより、魅力的で中身の濃い志望動機を作成できます。

広告業界の成り立ち

広告業界は、主に3つの業態に分類されます。総合広告代理店・専門広告代理店・ハウスエージェンシーの3つで、違いは取り扱い媒体や広告主です。総合広告代理店はテレビからインターネットに至るまでさまざまな媒体を扱い、複数のメディア・種類の広告枠を取り扱っています。

専門広告代理店は特定のメディア媒体に特化しており、各業界のエキスパートが集まっていることが特徴です。ハウスエージェンシーは、特定企業専属の広告代理店を指します。大抵の場合、親会社やグループ会社が広告主です。

職種と仕事内容

広告業界の仕事内容は、主に販売促進です。クライアント企業へ広告枠を販売し、消費者の心を商品やサービスの購入へと動かすことを目的としています。代表的な職種と仕事内容は下記のとおりです。

プロデューサー

ディレクターやデザイナーの配役、クライアントとの折衝といった広告制作全般における責任者

ディレクター

スケジュール進行や調整業務を統括する広告制作の司令塔

デザイナー

イラストや写真のデザイン、コピーの作成といったクリエイティブ担当

営業

クライアント企業の依頼を広告媒体や制作陣へつなげる役割

就活・転職市場で人気の職種

広告業界は、就活・転職市場で不動の人気を誇っています。テレビCMやインターネット広告のような自分の手掛けた仕事が、居住地域問わず多くの人の目に触れるという満足感が人気を確立した理由のひとつです。

成功した広告は話題となり、評価内容によっては制作会社だけでなくクリエイター個人が注目されることもあります。また、たったひとつの広告が流行を生み、経済に大きな影響を与えることも珍しくありません。クリエイティブ、かつスケールの大きい仕事であることも人気の理由です。

やりがいが多く高収入も可能

広告クリエイターは、努力が実を結ぶやりがいのある仕事です。自分が手掛けた広告によって商品やサービスの認知度が上がり、クライアントの業績向上につながれば、企業の信頼が高まるだけでなく大きな達成感や充実感を味わえます。

クリエイティブで幅広いスキルが身につき、業績に応じて高収入が期待できます。中でも、大手企業であるほど高収入が得られるでしょう。

広告クリエイターが志望動機を作成するための準備

it_973_2.jpg

どの職種を志望する際にもいえることですが、広告クリエイターの志望動機を書く際にも事前の準備が必要です。ここでは、主な3つの準備を紹介します。これらを意識することで、意欲と熱意が伝わる魅力的な志望動機が書けるでしょう。

入社後のプランを具体的に考える

まずは、入社後のプランをはっきりさせましょう。広告業界で自分が成し遂げたいキャリアプランなど、具体的な目標を立てます。キャリアプランを描くには、広告業界について調査することが大切です。

「このような広告を作ってみたい」といった具体的なプランを説明できれば、採用担当者に意欲が伝わり転職の際に有利となります。

広告ならではの大変さも理解する

華やかなイメージがある広告クリエイターですが、仕事の大変さも理解しておきましょう。広告業界の仕事はおしゃれな反面、時間や手間がかかる地道な仕事です。

具体的な仕事内容を把握し、広告業界特有の大変さがあることを理解したうえで、自分のやりたいことと擦り合わせましょう。準備段階で自己分析をしていれば、中身の濃い説得力のある志望動機になります。

企業選びの決め手を明らかにする

志望企業を選んだ決め手を明確にする必要があります。決め手となるポイントは、事業内容やコンセプト、社風とさまざまです。志望企業独自の特徴をしっかりと調査し、数多くある広告業界の企業の中から、なぜその企業を選んだのかをはっきりと説明できるようにしましょう

広告クリエイターは志望動機で他者と差をつけよう

it_973_3.jpg

広告クリエイターは人気が高い職種であることから、転職の際はライバルが多いことを覚えておきましょう。大切なのは、他者と差をつけられるアピール力の強い志望動機を作成し、採用担当者に強いインパクトを残すことです。ここでは、印象に残る志望動機の作成ポイントを紹介します。

結論ファースト

志望動機を書く際に大切なのは、結論を先に述べることです。これにより、採用担当者に一番訴えたいことを効果的に伝えられます。結論を先に述べる構成は論理的に伝えられるため、聞き手の関心を引く効果があり、ビジネスシーンでも好まれます。結論、根拠・理由、目標の順で文章を構成しましょう。

意欲や目的を伝える

仕事に対する意欲や目的は、過去の経験やエピソードを織り交ぜながら述べましょう。広告業界はクリエイティブな仕事であるため、世間のニーズに合わせた柔軟性や成長意欲が重要です。仕事に意欲的であることや高い目標を持っていることが採用担当者に伝わるように意識しましょう

自分のスキルをアピール

熱意を示すために、自分が持っているスキルをアピールしましょう。広告業界で働いた経験がなくても、現在持っているスキルが生かせる可能性は十分にあります。たとえば、コミュニケーション能力やプレゼン能力は、あらゆる仕事で役立つスキルです。

自分のスキルが広告業界でどのように役立てられるかを具体的に考え、貢献できる点はしっかりアピールすることが大切です。

入社後の将来性が伝わる内容

企業への貢献度は採用の可否に関係するといわれています。「入社後、どのような目標を立てて成長したいのか」「企業に何で貢献できるのか」といった将来のビジョンは、企業の事業内容や特徴を絡めながら述べましょう。明確なビジョンがある志望動機は具体的に想像できるため、企業も将来性を感じやすくなります。

広告クリエイター狙いの志望動機!書き方と例文

it_973_4.jpg

明確な入社後のプランを考え、自己分析をしたら、実際に志望動機を書いてみましょう。シンプルかつロジカルに、分かりやすさを心掛けることが大切です。ここでは、広告業界で働いた経験の有無に合わせた例文とNG例文を紹介します。あくまでも例文のため、自分の個性や魅力に合わせてアレンジしましょう。

経験者の転職の場合

広告業界で働いた経験がある場合、「どのような分野の経験があるのか」「なぜ転職したいのか」を端的にまとめましょう。

【例文】

「私はこれまで広告の販促やセールスプロモーションを手掛ける会社に勤めた経験があります。やりがいのある仕事でしたが、経験を積むにつれ、貴社のような大手総合広告代理店で幅広い業務に携わりたいという思いが増し志望しました。

貴社が手掛けているWeb広告の分野においては、先進的技術を含め、新しい取り組みへのチャレンジに対する可能性や魅力を感じています。私自身、新しい技術の習得や最新情報の収集に日々努力を傾けています。貴社に入社した際は、習得したスキルやこれまでの経験を生かたいと考えています」

未経験者の転職の場合

広告業界の業務が未経験の場合は、広告から影響を受けた経験や現時点でアピール可能なスキルについて記載しましょう

【例文】

「私は商品の魅力やサービスの価値を多くの方々に届ける広告という仕事に魅力を感じ、貴社を志望しました。貴社が手掛けている〇〇の広告に興味をそそられ、実際に商品を購入した経験があります。

ひとつの広告で興味や購買意欲がそそられる経験を実体験することにより、広告クリエイターの仕事に魅力を感じるようになりました。ぜひ発信する側になりたいという思いが増しています。円滑なコミュニケーションには自信がありますが、今後もさまざまなスキルの習得に励み、一日でも早く貴社に貢献できるよう努力します」

NGな志望動機と例文

志望動機としては物足りない不向きな文章があることも覚えておきましょう。漠然とした理由や他業界でも通用する当たり障りのない文言、待遇条件を強調することが代表的なNG例です。

【NG例文】

「貴社は新人研修に力を入れているため、ぜひ学ばせていただきたいと思いました」
「これまでたくさんの職種を経験したりいろいろな地域へ旅行に出かけたりして、幅広い価値観を身につけました。その経験やスキルを生かし、貴社で活躍したいと考えています」

広告クリエイターで求められている人材

it_973_5.jpg

企業が広告クリエイターとしてどのような人材を求めているのかを把握することも大切です。まずは、自分に適性があるかどうかを見極めましょう。現時点では自信がない場合でも、努力次第で近づけます。ここでは、広告クリエイターに向いたタイプを紹介します。

コミュニケーションの能力が高い

広告業界ではひとつのプロジェクトに対して、社外のクライアントをはじめ社内の営業・デザイナー・マーケティングといった多くの人たちが関わるのが一般的です。そのため、高いコミュニケーション能力が求められます。相手のニーズや要望をきちんと理解し、ほかの方に正確に伝えることは、より良い仕事をするうえで重要です。

対応力がある

広告クリエイターは、クライアントやメディアと信頼関係を築かなければなりません。信頼関係を構築するには、電話やメールにおける迅速な対応や相手の要望に応じて動けるフットワークの軽さが必要です。変わりゆくニーズに柔軟に対応できる力が大切な要素といえるでしょう

情報収集の力がある

従来のテレビCMや新聞広告に加え、近年はSNSやWeb上のインターネット広告の需要が増しています。時代の変化と共に消費者のニーズが日々変化しているため、広告業界で働くには常に最新情報を取り入れる努力が必要です。日頃から幅広い分野で効率的に情報収集する力がある人は、広告業界で重宝されます。

まとめ

it_973_6.jpg

広告クリエイターは、時代をクリエイトするやりがいのある職種です。人気がある職種のため、転職の際はライバルの存在を意識しましょう。採用担当者の印象に残るような魅力ある志望動機を書くには、企業について調べるだけでなく事前の自己分析が大切です。

自分の適性やスキルをどのようにアピールするかを考えなければなりませんが、自分ではなかなか分からないこともあるかもしれません。マイナビITエージェントでは、一人ひとりの状況やスキルに合わせて適正な求人を提案します。

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

何万何千人の心を動かす広告を作り上げる広告業界は、転職先として人気のある業界です。この記事では、広告業界の職種とその仕事内容、求められる人材など、転職に役立つ情報を紹介します。広告業界への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

クリエイティブに携わる職として人気の高い「広告クリエイター」。テレビや雑誌、Webといったさまざまな媒体で活躍できる仕事です。この記事では、広告クリエイターの仕事内容や年収などを解説します。年収アップに役立つ資格やスキルアップのコツも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

広告業界のクリエイティブ職は、未経験でも転職は可能なのでしょうか。この記事では、広告業界におけるクリエイティブ職に焦点を当て、未経験からの転職事情について解説します。役立つ能力や資格を把握し、自信を持って臨みましょう。

注目コンテンツ