ゲーム業界の志望動機作成の3ステップ!クリエイターとして転職したい方必見|求人・転職エージェント

メニュー

更新日:2022/09/22

IT業界

ゲーム業界の志望動機作成の3ステップ!クリエイターとして転職したい方必見

it_1254.jpg

この記事のまとめ

  • ゲーム業界や企業の商品をしっかりとリサーチして、必然性のある志望動機にする。
  • 自分のアピールポイントを整理して、志望動機に説得力を加える。
  • ストレートで具体的な文章が、採用担当者に「刺さる」志望動機になる。

経済不安が大きく取りざたされる中、安定した成長を見せるのがゲーム業界です。自分の持つスキルや経験を活かして、ゲーム業界への転職を考えている方もいるのではないでしょうか。転職を成功させるには、ゲーム業界にマッチした志望動機が欠かせません。

そこでこの記事では、ゲーム業界の志望動機作成のステップと例文を紹介します。ゲーム業界ならではのアピールポイントとアピールの方法を理解すれば、自分の実力と可能性に説得力を加えられます。

目次

マイナビITエージェントのクリエイティブ専門チームとは?マイナビITエージェントのクリエイティブ専門チームとは?

ゲーム業界への転職を成功させる志望動機とは

it_1254_1.jpg

近年、ゲーム業界は業績も需要も右肩上がりで、新たな人材の募集も比較的多くあります。しかし、専門性の高い分野であるため、ポイントを押さえた志望動機を準備しなければ転職は成功しないでしょう。ここでは、経験者と未経験者、それぞれが押さえておくべき志望動機のポイントを解説します。

ゲーム開発経験者

すでにゲームエンジニアを経験しているのであれば、将来のキャリアパスを見据えた志望動機を準備するのが重要です。ゲームエンジニアのキャリアパスには、ゲームプランナー、ゲームディレクター、リリースマネージャーといった職種があります。今まで培った経験やスキルを最大限にアピールしながら、将来的な展望を織り交ぜるのがポイントです。

経験やスキルは具体的に説明しましょう。今後どのような働きができるのか採用企業がイメージしやすくなり、良い結果につながります。

ゲーム開発未経験者

ITエンジニアの経験がある場合、ゲーム開発が未経験でもゲーム業界への転職は有利です。特に、プログラミングやアプリ開発の経験があると高く評価される傾向があるため、しっかりとアピールしましょう。

必要とされるプログラミング言語は、コンシューマーゲーム、オンラインゲーム、スマホゲームといったゲームのタイプによって異なります。自身のスキルを活かせるゲームを開発する企業の中から転職先を見つけるか、希望する転職先に合わせて新たな言語を学習するか、選択しましょう。

ゲームに対する興味関心はもちろん、コミュニケーション能力や柔軟な対応力といった業務に直結する能力をアピールできればさらに強みとなります。

ステップ1.ゲーム業界を知って志望動機を充実させる

it_1254_2.jpg

ここからはゲーム業界への転職を意識した志望動機の作り方を紹介します。志望動機を作成する際は、3つのステップを踏みましょう。ひとつ目のステップはゲーム業界への興味関心、理解度をアピールする準備です。転職を成功させるために調べておきたいポイントを見てみましょう。

ゲーム業界の動向

ゲーム業界では、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛が追い風となり、売上高が右肩上がりの傾向となっています。

一方、需要の傾向は激しく移り変わっています。一時期大勢を占めたコンシューマーゲーム(家庭用ゲーム機)からスマホゲームへと潮流は変わり、現在はクラウドゲームが注目されています。ゲーム業界へ転職したいのであれば、ゲーム業界の流行も理解したうえで、自分の未来像を語らなければなりません

開発するゲームの種類

ゲームは形態によりカテゴリ分けされており、新しい技術の開発によりさらに増える可能性があります。希望するカテゴリを絞ることで必要なスキルや知識を見極められるため、違いを理解することが重要です。

カテゴリ 内容
スマホゲーム ・スマートフォン上で起動するアプリのゲーム
・Android用とiPhoneのiOS用がある
・ソーシャルゲームが主流になっているため、オンラインを前提としたアプリ開発が盛んに行われている
PCゲーム ・Windows向けのものが主流で、オンライン接続を前提とするものが大半
・個人でもゲームを作れる分野であるため、独学に最適
コンシューマーゲーム ・家庭用ゲーム機でプレイするコンピューターゲーム
・最近はオンラインでもゲームを楽しめる
VRゲーム ・3D空間が出現するゲーム
・最近はスマホでもできる
ブラウザゲーム ・Internet ExplorerやGoogle Chromeといったブラウザを通してできるゲーム


ゲームプログラマーに必要なスキル

ゲームプログラマーを目指すのであれば、ゲーム開発に役立つプログラミング言語を身につけましょう。特に採用企業が取り扱うゲームに必要なスキルを習得していることは、大きなアピール材料となります。ゲームプログラマーに必要なスキルと特徴は以下のとおりです。

スキルの種類 特徴
C# ・コンシューマーゲームやPCゲーム、スマホゲームに利用されるプログラミング言語
・Unityとの併用でゲーム開発を行う
C++ ・スマホゲーム、PCゲーム、コンシューマーゲームと広範囲で利用されるプログラミング言語
Unity ・ゲームエンジンでゲームを制作するための統合開発環境
・ゲーム制作には必要不可欠
JavaScript ・Webを主軸にして活躍するプログラミング言語
・スマホゲームやブラウザゲーム、チャットに利用されている
Ruby ・RubyMotionを利用することでブラウザゲームのサーバサイドやスマホゲームに対応
・将来性の高いプログラミング言語
Swift ・Apple社の製品向けのアプリを開発可能なプログラム言語
・PCゲームやスマホゲームを作成できる

ゲームデザイナーに必要なスキル

ゲームデザイナーを目指すのであれば、Photoshop、illustrator、3dsmaxといったソフトフェアに習熟していなければなりません。デッサン力に加え、CGやプログラミングに関する知識も必要です。コンシューマーゲーム、スマホゲーム、PCゲームなどカテゴリによって求められる知識も異なるため、自分が携わりたいカテゴリを明確にすることで必要なスキルを絞れます

業務を行ううえで必要な資格はありませんが、自分の実力をアピールできるため、余裕があれば取得しておくとよいでしょう。おすすめの資格には、「CGクリエイター検定」「Photoshop/illustratorクリエイター能力認定試験」「基本情報技術者」のほか、各種プログラミング能力認定資格があります。

ステップ2.自分を知って志望動機に説得力を加える

it_1254_3.jpg

2つ目のステップとして、自分の魅力をアピールする材料を集めましょう。漠然とした長所を並べるだけでは説得力がないため、ゲーム業界を意識したアピールポイントが必要です。ここでは、志望動機に説得力を加えるアピール方法を紹介します。

ゲーム業界と自分をつなぐ接点を見つける

ゲーム業界に転職したいのであれば、ゲーム業界を希望するようになったエピソードを準備し、好印象を残しましょう。「ゲームが好きだから」「人を笑顔にしたいから」という理由を挙げる採用希望者は大勢いるため、このフレーズだけでは採用担当者の心は動かせません。「志望動機を真剣に考えていない」とマイナスの印象を与えることもあり得ます。 

家族や友人と一緒にゲームを楽しんだ思い出や、趣味でゲームを作成して味わった満足感を簡潔に述べることで、転職が必然となる流れを説明できるでしょう。

能力をアピールする実績を整理する

志望動機では、自分が役に立つ人材であることをアピールすることが重要です。持っているスキルや能力を並べるだけでなく、実績を示すことで説得力を加えられます。

ゲーム開発経験者であれば、自分が関わった作品やゲームのカテゴリを書き出してみましょう。未経験者でも自分の持つスキルがゲーム開発のどの部分に利用できるかを理解してアピールすることが大切です。ゲームデザイナーを希望するのであれば、ポートフォリオは必ず準備しましょう。実績を整理できたら、その中から説得力のあるものを選んで志望動機に含めます。

ステップ3.ポイントを押さえて「刺さる」志望動機を作成する

it_1254_4.jpg

ステップ1とステップ2でアピール材料を準備したら、いよいよ志望動機を文章にします。アピールポイントをただ並べるだけでなく、実力や可能性がしっかりと伝わる文章にしなければなりません。ここでは、採用担当者に「刺さる」志望動機を作成するポイントを紹介します。

まずは一言で志望動機を伝える

自分の描く未来像や夢といった一番強い志望動機をシンプルに伝えることで、理解しやすくインパクトのある内容となります。その後、そう考えるようになったきっかけをエピソードとして盛り込むと、現実味のある志望動機として好印象を残せるでしょう。

志望動機の軸がぶれないことが熱意を伝える重要なポイントです。ゲーム業界や志望企業に関する記述と食い違うことのないように、一貫性のある文章を目指しましょう。

ゲーム業界や企業を選んだ理由を盛り込む

採用担当者は「なぜゲーム業界に転職したいのか」「なぜこの企業でなければならないのか」を知りたがっています。ゲーム業界の動向を調査し、企業研究をしっかりと行うことで、志望動機に必然性を加えることが重要です。

特に異業種からの転職の場合、ゲーム業界を選んだ心の変化やいきさつを明確に説明します。あいまいな表現は使わず、理由をストレートに伝えましょう。

自分にできることをアピールする

仕事に対する熱意や高い意識を持っているというだけでは、なかなか採用につながりません。自分は役に立つ人材であるとアピールすることが重要です。

経験者であれば、これまでの実績とともに目指すキャリアパスも伝えましょう。即戦力であることをだけでなく、将来的に大きな戦力として成長するイメージも持ってもらえます。異業種からの転職であれば、身につけているスキルや資格に加え、ゲーム開発のどの部分で活躍したいかも書きましょう。

ゲーム開発に必要なコミュニケーション能力やマネジメント能力など、IT分野以外のスキルもきちんとアピールします。自分の強みを遠慮せずに伝えるのが成功のかぎです。

志望動機の例文

it_1254_5.jpg

ここでは、ゲームプログラマーとゲームデザイナーの志望動機の例文を紹介します。志望動機の内容は自分の背景や志望企業によって異なるため、例文はそのままでは使えません。しかし、採用担当者を意識した志望動機の枠組みは同じです。アピールポイントの伝え方に注目しながら、参考にしてみてください。

ゲームプログラマーの志望動機

【例文】
私の家ではひんぱんに家族でゲームを楽しんでいました。家族との絆が深まるゲームには大きな可能性があると思い、ゲームに関わる仕事に就きたいとゲームプログラマーを目指しました。


現在までに8年間、ゲームプログラマーとして働いてきましたので、設計から開発、運営まで一通り経験しています。最後に担当したのはオンラインゲームの3Dエンジンプログラムです。


貴社のゲームは「○○」など、家族で楽しめるものが多く、高く評価されています。貴社を志望する動機はまさにこの点です。家族で楽しめる貴社のゲーム開発にぜひとも加わりたいと、貴社を志望いたしました。


ゲームに対する興味関心のエピソードとして、家族との思い出を述べて具体性を出しています。例文はプログラマー経験者の場合ですが、未経験者は自身のスキルや経験を志望企業の特徴と関連させながらアピールしましょう。

ゲームデザイナーの志望動機

【例文】
私は幼い頃からアニメーションが好きで、オリジナルのキャラクターを作って描いていました。ゲームデザイナーという仕事は私にぴったりだと思っています。


アニメーション制作の専門学校で基礎を学びました。illustrator、Photoshopは問題なく使用でき、アニメーションツールSpineの勉強もしています。

前職ではキャラクターデザインを担当していましたが、今後は背景デザインにも携わりたいと思っています。貴社には、「○○」のように背景まで臨場感が感じられる作品が多くあります。貴社のゲーム開発に携わることでゲームデザイナーとしての幅を広げたいと思い、貴社を志望いたしました。


ゲームデザイナーの業務は細分化されています。自分がどの分野を担当できるのか、どのような分野に挑戦したいのかをきちんとアピールすることがポイントです。ゲームデザイナーとして転職を目指す場合、志望動機とともにポートフォリオも準備しましょう。

まとめ

it_1254_6.jpg

ゲーム業界に転職する場合、自分の実力や可能性をしっかりとアピールできる志望動機を準備しなければなりません。大切なのは、自分のスキルや経験に加え、熱意や必然性など志望動機に説得力を加える材料を集めることです。集めた材料を活用し、ストレートで具体的な文章を作成しましょう。

ゲーム業界への転職を考えている方は、マイナビITエージェントにご相談ください。ゲーム業界に精通したキャリアアドバイザーが、それぞれの経験やスキル、今後の展望にぴったりの転職先をご提案します。

マイナビITエージェントのクリエイティブ専門チームとは?マイナビITエージェントのクリエイティブ専門チームとは?

注目コンテンツ