志望動機の書き方・考え方|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

志望動機の書き方・考え方

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書で採用担当者が重視する「志望動機」。志望動機がしっかり書けているかどうかで、採用の可否が決まると言っても過言ではありません。特に転職の場合は、新卒採用のときと書き方を変えたいポイントもあります。そこで今回は志望動機の書き方、考え方について詳しく検証してみましょう。

企業のニーズに自分はマッチしているのか?

転職では即戦力となる人材が求められるため、志望動機が企業のニーズにマッチしているかどうか、が一つの判断基準となります。そのニーズと自分の志望動機がずれないためには、まず企業の事業内容や経営方針、事業の方向性についてよくリサーチすることが必要です。そのうえで今回の求人内容についても一字一句精査し、自分のキャリアが生かせる仕事かどうか、よく考えることから始めましょう。

文章に流れをつけ理解されやすくする

志望動機をまとめるときには、限られたスペースでいかに採用担当者の共感を呼ぶ文章が書けるかどうか、がポイントになります。文章に一貫性がないと説得力が弱まるので、まずは、前職での経歴(どのような仕事をしてきたか)を述べ、次に転職を志望した理由(なぜその会社で、その仕事なのか)、最後に入社後の意気込み(どのような面で貢献できそうか)という流れで書くとスムーズです。

具体的な経験&明確な理由がポイント

志望した理由はできるだけ具体的に示すようにします。応募者が企業の魅力として取り上げるポイントは事業内容やサービス内容だけでなく、業界での強み、社風など様々です。これらはいずれも企業を紹介する資料などから情報が得られますが、志望動機は具体的な経験を踏まえて書くとずっと説得力がアップします。例えば、物やサービスを提供している会社なら実際に使った感想を含めて志望理由を組み立ててみましょう。

なぜその会社なのか、という理由がはっきりしていないと、他の会社や仕事でもいいではないか、と思われるかもしれません。「貴社の社風に魅力を感じ」といったどこの会社にも使える文言は避け、必ず明解な理由を付けるようにしましょう。

役に立つ人材だと強調する

転職の志望理由には「自分がやりたい仕事です」より、「自分は貴社にとって役立つ存在です」という観点をふまえた方が印象はよくなります。例えば、前職ではこのような仕事をしていましたが、この経験は貴社が取り組んでいる○○でも生かせると感じ志望いたしました、といった書き方です。

また他の人にはない強みや、今まで受けてきた評価を書くことで「欲しい人材」だと思わせることもできますが、志望理由は自己PRの欄ではありません。さりげなく志望理由にからめる形で紹介する程度にとどめましょう。

未経験の分野に転職する場合

前職とは違う職種に転職を希望するときは、なぜその仕事を選んだのかという理由が重要視されます。興味を持ったきっかけなどを、なるべく具体的な経験で書きましょう。

また未経験のハンディを補うため、自分がどのような努力をしているのか、という姿勢も志望動機では問われます。たとえば仕事で必要な資格を取得、もしくは合格を目指して勉強中であることを書けば、自ら業界や仕事について学ぼうとしている姿勢を示すことができるでしょう。

まとめ

志望動機は例文をコピーして書くのではなく、自分の言葉でまとめることが必用です。文章を書くのが苦手な人にとっては難しい項目ですが、困ったときはマイナビエージェントで指導を受けるとより説得力のある志望動機に仕上がります。転職のチャンスを逃さないためにも、担当者の心に響く志望動機を作り上げましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

志望動機の書き方・考え方に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。