履歴書の志望動機の書き方を例文付きで解説!受かるポイントとは?|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書の志望動機の書き方を
例文付きで解説!
受かるポイントとは?

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書に記載する志望動機は、「なぜその会社を選んだのか」を採用担当者に伝える、重要な項目といえるでしょう。また、志望動機は、面接の際にも質問されることがあるので、活用できるようポイントを押さえてまとめておくべきです。
ここでは、志望動機に書くべきことや、採用担当者がチェックするポイントをご紹介します。また、志望動機のまとめ方を、例文付きでご紹介しますので、参考にしてください。

履歴書の志望動機と自己PRはつながりを意識する

志望動機が「その会社を選んだ理由や、その会社で実現したいこと」を記載するのに対し、自己PRは「これまでの経験やスキル、入社後どのように貢献できるのか」を記載するものです。
志望動機と自己PRは異なりますが、注意点として、志望動機と自己PRの中身がかけ離れてしまわないようにすることが大切です。
たとえば、志望動機には「営業として自分の力で引っ張っていきたい」と書いているのに、自己PRには「目立たなくても縁の下の力持ちとして、補佐に徹するのが得意」と書いてあった場合、話に一貫性がなくなります。志望動機と自己PRがちぐはぐした内容にならないよう、つながりを意識して書きましょう。

魅力的な志望動機を書くための4つのポイント

採用担当者の印象に残る、魅力的な履歴書の志望動機のまとめ方について、4つのポイントをご紹介します。

1.企業情報を基に「なぜその企業なのか」を伝える

志望動機を書く際に最も大切なのは、同じ業種や職種の仕事がたくさんある中で、「その企業を選んだ理由」を伝えることです。企業の情報を収集して、事業方針やビジネスモデルを理解した上で記載すれば、採用担当者に納得してもらえる内容となるでしょう。

2.転職理由とその会社を選んだ理由に一貫性を持たせる

転職理由とその会社を選んだ理由には、一貫性を持たせる必要があります。
たとえば、転職理由として、「前の会社は、自身の挑戦したいプロジェクトを実現できる環境でなかった」ことを伝えたのであれば、その会社を選んだ理由においては「御社には積極的に新プロジェクトに挑戦できる環境があると考え、志望するにいたった」などと伝えます。
転職理由とその会社を選んだ理由に一貫性を持たせることで、なぜ自社を選んだのか、採用担当者を納得させることができるでしょう。

3.スキルについては具体的な内容を明示する

これまでの経験を示す際、「優秀な営業成績を上げました」というだけでは、具体性がありません。
「入社1年目で営業成績トップを取りました」「チームの業績を10%アップさせました」など、具体的にどのような成果を出したのかを説明しましょう。

4.将来のビジョンを織り込んで「長く働く意思がある」ことを伝える

将来的にその企業でどのような働き方をしていきたいのか、ビジョンを織り込んでもいいでしょう。そうすれば、「この企業に長く勤めるつもりです」という意思を伝えられます。
とはいえ、あまりあからさまにアピールすると、とってつけたようになってしまいますから、応募先企業での経験の活かし方などと関連付けて、さりげなく織り込むのがおすすめです。

履歴書の志望動機から採用担当者が読み取る4つのポイント

採用担当者が履歴書の志望動機から何を知りたいのかをわかっていなければ、適切なアピールをすることができません。志望動機から採用担当者が読み取ろうとする、4つのポイントをご紹介します。

1.自社へ入社したいという気持ちがどれくらい強いか

採用担当者は志望動機を見ることで、自社の業界内での立ち位置といった企業情報を、どの程度しっかり集めているかを判断します。
しっかり情報を集めた上で志望動機が書かれていれば、それだけ入社への意欲も高いと考えられるでしょう。

2.自社に長く貢献してくれる人材か

人材採用や人材教育には、一定のコストがかかります。そのため、企業はできるだけ長く勤めてくれそうな人材を採用したいと考えるものです。
採用担当者は、応募者が長く活躍してくれる人かどうかを見極めるため、応募者のキャリアビジョンと、自社が目指す方向が合致しているかどうかをチェックします。

3.自社の社風にマッチしているか

「チームでフォローし合うことを大切にする社風」や「個人の意見を尊重し、新入社員でも積極的に発言することが求められる社風」といった企業の社風に応募者が合っているかどうかは、採用担当者にとって重要な判断基準となるでしょう。
採用担当者は志望動機を読む上で、その人の性格が自社と合っているかどうかもチェックします。

4.プレゼンテーション能力はあるか

志望動機を読む上で、採用担当者は、応募者がどのようなプレゼンテーションを行うことができる人物であるかということもチェックするでしょう。
文章全体の筋が通っていて、説得力がある志望動機であれば、採用担当者は「高いプレゼンテーション能力を持つ人物である」と評価するといえます。

志望動機を書く際の5つの注意点

続いては、履歴書の志望動機を書く際の注意点をご紹介します。

1.文章量は枠の記入欄の7割以上を目安に

志望動機欄があまりにスカスカだと、「やる気がない」と受け止められてしまうおそれがあります。小さすぎない文字で、記入欄の7割以上は埋めるつもりで記載しましょう。

2.「成長できそう」はNG

「教育体制が整っていて成長できそうだと感じました」といったことしか書いていない志望動機の場合、「受け身の姿勢である」という印象を与えてしまうおそれがあります。
自ら積極的にスキルを磨き、企業に貢献していける人材であることをアピールすることが大切です。

3.前職への不満を書かない

実際には、前職の待遇に対する不満や、人間関係の不満が転職理由になっている場合があるかもしれません。しかし、こうしたネガティブな内容については、志望動機には書かないように注意しましょう。
「うちの会社に入っても不満を感じたらすぐに辞めてしまうのでは?」と思われてしまうリスクがあります。

4.「企業理念に共感した」だけの志望動機は避ける

企業理念に共感できるかどうかは、応募先を探す際のひとつのポイントです。しかし、志望動機が「理念に共感した」のみで、どんな点に共感したのか具体的に書かれていないと、「事業内容や職務内容に対する関心が薄いのでは」と思われてしまいます。

5.履歴書では「御社」ではなく「貴社」を使う

履歴書の志望動機で、応募先の企業について書くときは、「御社」ではなく「貴社」を使います。初歩的なビジネスマナーですから、覚えておきましょう。
ちなみに、面接などで話すときは「御社」を使います。

履歴書の志望動機の正しい例文

履歴書の志望動機について、パターン別の例文を4つご紹介します。例文を参考に、自分自身の実績やスキルに基づいた、オリジナルの志望動機を書きましょう。

【正しい例文1】職務経験やスキルをどう活かせるのか具体的に記述されている

都心の投資用マンションを多く取り扱っている貴社で、これまでの不動産営業経験を活かしていきたいと考え、志望いたしました。
前職では、主に居住用物件を取り扱う賃貸不動産営業を行ってきました。そのため、「どのような物件が住む人にとって魅力的なのか」という点については、十分な知見を持っています。前職の仕事を通して、投資用物件についても知りたいと思うようになり調査していたところ、貴社が取り扱われる物件に出合い、魅力を感じました。入社したあかつきには、自身の知見を活かし、貴社物件の投資用不動産としてのメリットをお客様に伝え、成約に結び付けたいと考えております。

【正しい例文2】失敗談だけでなく、改善に向けての努力・成果が伝わる

前職でオフィス向けのルートセールスをしていた際、貴社の製品のことを知り、魅力を感じて転職を志望いたしました。
前職のルートセールスにおいては、営業としての職責を果たすため、尽力してまいりました。しかし、フォローが足りなかったという理由で、お客様が関連製品を他社にご発注されたことがありました。それをきっかけに、お客様との縁をつないでいくことや、問題解決のために寄り添うことの大切さを再認識できたのです。その後は、既存顧客流出率をチーム内で最も低く抑えることに成功し、着実に売上を伸ばしていきました。
貴社でも、製品の魅力をお客様により深く理解していただけるよう、丁寧なフォローができる営業を目指したいと考えています。

【正しい例文3】その企業とその職種を選んだ理由が明確に伝わる

経理として、貴社の経営を縁の下で支える一員になりたいと思い、志望いたしました。
前職では、営業事務として文書作成業務や営業と顧客の橋渡しをする仕事をしてきましたが、経費精算業務などを通して経理の仕事に興味を抱くようになりました。そんな中で、貴社の「チャレンジ第一」という求人広告のキャッチコピーを拝見したとき、挑戦心を重視してくれる貴社において、経理の仕事に従事しようと決意できたのです。
経理経験はありませんが、独学で簿記検定2級を取得しております。挑戦心と向上心を大切に、スキルアップしていきたいと考えています。前職は同じ鉄鋼業界なので、業界特有の慣習や用語にも対応可能です。ゆくゆくは決算対応等の知識も身に付け、貴社の発展に貢献していきたいと考えております。

【正しい例文4】求人内容と合致したスキルをアピールしている

前職では営業職に就いておりましたが、その後、出産・育児を機会に退職いたしました。子供が大きくなり、再び働くことを考えた際、仕事から離れているあいだに取得したフードコーディネーターとアレルギー対応食アドバイザーの資格を活かせる仕事に就きたいと考え、志望いたしました。
私は、プライベートでも日常的に栄養バランスや盛り付けにもこだわった料理を作っています。特に、子供にアレルギーがあることから、アレルギー対応食については、SNSでも積極的にレシピを発信しており、貴社の経営する親子カフェにも何度か足を運ばせていただきました。調理スタッフやメニュー開発の業務経験はありませんが、アレルギーのある子供を持つ親としての経験を活かし、アレルギー対応食の開発や製作に携わっていきたいと考えております。

履歴書の志望動機のNG例文

熱意あふれる意気込みを持っている方でも、志望動機を書く際に気を付けるべきポイントを疎かにしてしまうと、自分よがりな内容になってしまうおそれがあります。
続いては、志望動機の失敗例をご紹介しますので、同じパターンに陥ることのないよう、確認しておきましょう。

【NG例文1】応募する企業の商品に対する感想しか述べていない

私が貴社を志望したのは、貴社の主力商品である◯◯ボールペンが大好きだからです。中学生のときに、初めて◯◯ボールペンに出合い、そのデザイン性と書き心地のとりこになりました。それ以来、手書きの文字を書くときはいつも愛用しています。
もちろん、この履歴書も◯◯ボールペンで書いています。勉強が辛いときも、美しいペンを見ているとがんばろうという気持ちになれました。派手すぎず上品で、中学の頃から10年以上経った今まで、どの年代でも違和感なく持てるデザインと品質のボールペンは、他社にはないものだと思っています。

【NG例文2】自分からスキルアップしたいという意欲を感じない

貴社の「一人ひとりが社会をつくる」という経営理念に感銘を受け、志望いたしました。社員の成長がチーム全体の成長につながるという考え方は、これまで5年間働いてきた中での私の実感でもあります。
中でも、特に魅力的に感じたのが、貴社の研修制度です。入社後は定期研修が必然になるとのことで、入社すれば成長させてもらえそうな点が、他社にはない魅力と感じ応募しました。

【NG例文3】定型文を組み合わせただけで、個性が感じられない

これまでの営業経験を活かして働いていけると感じたため、貴社を志望しました。前職では、3年間ルート営業として働いてきました。常にお客様の問題に寄り添うことで、既存顧客の流出を防ぎ、安定した結果を残しています。
お客様とのコミュニケーションを通して良好な関係を築いていくことは、営業の基本であると認識しております。これまでの経験を活かし、貴社でもお客様から信頼される営業として活躍していきたいと考えています。

【NG例文4】意気込みだけで具体的なことや実績について書かれていない

貴社のテレビCMを見たときに、「この会社で働きたい!」と思いました。私は何事にも粘り強く取り組む性格で、仕事にも遊びにも、常に一生懸命です。特にチームで動くのが得意で、協調性や調和を大切にする仕事に就きたいと思ってきました。この点も、貴社の仕事にぴったりだと考えています。
入社後は、チームの和を大切に、真面目に仕事に邁進してまいります。私を採用していただければ、貴社の業績にも貢献できると思います。ぜひ一緒に働くメンバーの一員にしていただきたく、志望しました。

履歴書に書いた志望動機を面接で活かす方法

志望動機は、面接でも質問されるものです。履歴書に書いた志望動機を面接で活かす方法をご紹介します。

面接で伝える志望動機と履歴書の志望動機は相違がないようにする

面接で答える志望動機と履歴書に書く志望動機は、一貫したものである必要があります。面接では、履歴書の内容をベースに話すようにしてください。

ちなみに、面接官は、履歴書を手元に用意した上で志望動機を質問します。しかし、全ての面接官が、履歴書の志望動機をしっかりチェックしているとは限りません。「履歴書の内容はすでに理解されている」と考えるのではなく、一から説明するつもりで志望動機を伝えましょう。

履歴書の控えと、志望動機をまとめた際の資料を取っておく

提出した履歴書は、コピーを残しておくのが賢明といえるでしょう。
履歴書の志望動機をまとめる際に収集した情報やメモなども、面接のときまで取っておくようにしてください。

自分と会社への理解を深め、オリジナルの志望動機を作ろう

履歴書の志望動機を作成する際には、主張に筋が通っているか、オリジナルであるかという点を意識することが大切です。そのためには、会社に対する理解はもちろん、自分自身に対しての理解も深めなくてはなりません。
企業への理解を深めるためには、ウェブサイトや転職エージェントなどを活用して情報を集めるのが有効です。

また、これまでの経験を時系列で書き出してみたり、スキルや実績を棚卸したりすることで、ビジネスパーソンとしての自分にどのような価値があるのか、客観的に把握することが可能です。
企業の分析を行い、特徴を理解した上で、自分がどのように貢献していけるのかを書けば、採用担当者の印象に残る志望動機となるでしょう。

この記事の監修者


この記事の監修者

八木 光

大手総合人材サービス企業にて人材派遣や人材紹介を担当。様々な業界、職種の転職支援を経験し、マイナビに入社。入社後は営業職やマーケティング職の転職サポートに尽力している。幅広い業界や年代の転職支援をした経験から長期ビジョンを見据えた多角的なアドバイスが強み。若年層へのキャリア形成へ定評がある。

大手総合人材サービス企業にて人材派遣や人材紹介を担当。様々な業界、職種の転職支援を経験し、マイナビに入社。入社後は営業職やマーケティング職の転職サポートに尽力している。幅広い業界や年代の転職支援をした経験から長期ビジョンを見据えた多角的なアドバイスが強み。若年層へのキャリア形成へ定評がある。

 関連ページ

履歴書の志望動機の書き方を例文付きで解説!受かるポイントとは?に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。