履歴書の「志望動機」の書き方とは?好印象を抱かせるポイント|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書の志望動機は
どう書けばいい?
好印象を抱かせるポイント

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書には、必ず「志望動機」の欄があります。決まりきった学歴や職歴の欄はスムーズに埋められても、志望動機となると何を書いたらいいのかわからず、筆が止まってしまう方も多いのではないでしょうか。
しかし、多くの求人の中から、その企業を選んだことには、必ず理由があるはずです。
志望動機で迷わないために、どのように自分の希望をまとめれば採用担当者に好印象を抱いてもらえるのかについてご説明します。

履歴書の志望動機から採用担当者が読み取る5つのポイント

実際に志望動機の内容について考え始める前に、まず、志望動機が何のためにあるのかについて考えてみましょう。
採用担当者が履歴書の志望動機から何を知りたいのかをわかっていなければ、適切なアピールをすることもできません。志望動機から採用担当者が読み取る、求職者の5つのポイントについてご紹介します。

1.自社にどの程度入社したいと考えているか

志望動機は、応募先の企業の業界内での立ち位置や、募集背景などを理解した上で書くものです。
ですから、志望動機を見ることで、求職者が企業情報をどの程度しっかり集めているかを判断することができるのです。
しっかり情報を集めた上で志望動機が書かれていれば、それだけ入社への意欲も高いと考えます。

2.自社に長く貢献してくれる人材か

人材採用や人材教育には、一定のコストがかかります。そのため、企業はできるだけ長く勤めてくれそうな人材を採用したいと考えています。
志望理由が「他の企業でもあてはまる」ような内容だと、「また転職してしまうのではないか」と思われるおそれがあるでしょう。短期間で理由のない転職を繰り返している場合や、これまでのキャリアに一貫性がない場合も、「またすぐ辞めてしまうのでは」と思われる可能性が高まります。

3.自社の社風にマッチしているか

具体的な業務内容が希望どおりであっても、社風が合わなければ、従業員は居心地の悪さを感じてしまいます。企業の方針と考え方が合わない従業員は、職場になじみにくく、早期離職の原因にもなりかねません。
採用担当者は、社風に合った人材を採用したいと考えていますから、志望動機から読み取れるその人の性格が自社と合っているかどうかについてもチェックします。

4.プレゼンテーション能力はあるか

学歴や職歴、保有資格といった「事実」を書く側面の大きい履歴書において、志望動機の欄は、求職者自身の言葉を見ることができる数少ないポイントです。
その会社を希望した動機を書くことは、その会社で何をしたいのか、希望を書くことでもあります。これは、企業側からすれば、「自社で何をしてくれるのか」ということになります。限られたスペースの中で自己PRをする志望動機は、「自分自身の企業へのプレゼンテーション」ともいえます。

転職活動は、自分自身を商材とした営業活動です。書かれている内容だけでなく、事実を基にどれだけ説得力のあるプレゼンができるかについても見られていると思っておきましょう。

5.一貫性のある主張ができているか

これまでの職歴や退職理由、志望動機、採用後の展望などについては、基本的に一貫性を持たせる必要があります。
これまで接客業をしていた人が、「バックオフィスで営業を支える仕事がしたい」という主張をした場合、両者をつなげる主張がなければ、「なぜジョブチェンジを目指しているのか」「将来は何がしたいのか」ということが見えてきません。

同じ業種や職種から転職をする場合でも、「前の職場に勤め続けるのではなく転職を選んだ理由はなぜか」がわからなければ、「意味もなく転職を希望している」と思われてしまいます。

魅力的な志望動機を書くための5つのポイント

それでは、履歴書の志望動機欄のまとめ方について、5つのポイントを見ていきましょう。

1.企業情報を基に「なぜその会社なのか」を具体的に掘り下げる

志望動機欄を書くときは、まず、企業の情報を収集しましょう。それを基に、なぜ自分自身がその企業を希望しているのかを具体的に説明します。
「社会貢献をしている企業だから」といった汎用性のある魅力ではなく、自分がその点を魅力的だと感じる理由について、個人の主張をまとめます。

2.転職動機とその企業を選んだ理由を一貫したストーリーとしてつなげる

「これまでの社会人経験から何を思い、どうして転職を志し、何を求めてこの企業に応募したのか、その結果、どうなりたいのか」という一貫したストーリーがあるかどうかは、転職活動においてとても重要なポイントです。
これらを全て志望動機欄の中に書く必要はありませんが、自分の中にストーリーを持ち、できる範囲で志望動機にからめてまとめましょう。

3.入社後に何ができるのかを、根拠とともにアピールする

転職活動を焦るあまり、「採用を勝ち取れるかどうか」にばかり意識がいってしまう方もいるのではないでしょうか。しかし、採用担当者にとってのゴールは採用ではなく、採用した後にその人が企業活動に貢献してくれることです。
自分のこれまでの職務経験を基に、転職後はどのような働き方をして、企業に貢献していきたいのかをアピールします。

4.スキルについては具体的な内容を明示する

これまでの経験を示す際、「優秀な営業成績を上げました」というだけでは、具体性がありません。「入社1年目で営業成績トップを取りました」「チームの業績を10%アップさせました」など、具体的に何をしたのかを説明しましょう。

5.将来のビジョンを織り込んで「長く働く意思がある」ことを伝える

将来的にその企業でどのような働き方をしていきたいか、ビジョンを織り込んでもいいでしょう。そうすれば、「この企業に長く勤めるつもりです」という意思を伝えられます。
とはいえ、あまりあからさまにアピールすると、とってつけたようになってしまいますから、応募先企業での経験の活かし方などとからめて、さりげなく織り込むのがおすすめです。

志望動機を書く際の5つの注意点

最後に、履歴書の志望動機欄に書き込む際に注意したい、5つのポイントについてチェックしておきましょう。

1.文章量は枠の記入欄の7割以上を目安に

志望動機欄があまりにスカスカだと、「やる気がない」と受け止められてしまうおそれがあります。小さすぎない文字で、記入欄の7割以上は埋めるつもりで記載しましょう。目安は4~5行程度です。

2.「成長できそう」はNG

「教育体制が整っていて成長できそうだと感じました」といった志望動機は、企業側のニーズを無視したものだといえます。「企業に育ててもらう」という姿勢では、転職活動はうまくいきません。受け身ではなく、自ら動いて企業に貢献していける人材を目指しましょう。

3.前職への不満を書かない

実際には、前職の待遇への不満や人間関係の不満が転職理由になっていることもあるかと思います。しかし、こうしたネガティブな内容については、志望動機には書かないようにしてください。

4.転職で「理念に共感した」のみの志望動機は避ける

企業理念に共感できるかどうかは、応募先を探す際のひとつのポイントです。しかし、志望動機がそれだけだと、あまりにも薄っぺらく、実際の事業内容や職務内容を意識していないように思われてしまいます。

5.応募企業について述べるときは「御社」ではなく「貴社」を使う

志望動機欄で、応募先の企業について書くときは、「御社」ではなく「貴社」を使います。初歩的なビジネスマナーですから、しっかり押さえておきましょう。

志望動機欄の内容を練っておけば面接でも安心

履歴書の志望動機欄は、それほど広いスペースではないので、実際に書ける内容はそれほど多くありません。しかし、企業情報の調査や転職理由、将来への展望などをしっかり練り、短くまとめるようにすることで、面接の際の受け答えにも一貫性を持たせることができます。
実際に記入した志望動機と、志望動機をまとめるために利用した材料は、手元に残しておくことをおすすめします。

 関連ページ

履歴書の「志望動機」の書き方とは?好印象を抱かせるポイントに関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。