履歴書での動機の書き方|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書での
動機の書き方

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書の志望動機の欄は自己PRできる場所。その企業で働きたい理由や、なぜその仕事をしたいのか自分をアピールすることができますが、実際には書き方に悩んだり当たり障りのないことを書いたりしがちです。採用につながる、履歴書での動機の書き方を知っておきましょう。

志望動機は企業に合わせて

履歴書に志望動機を書くときにやってしまいがちなのが、「貴社の将来性に惹かれて」など、どの企業にも当てはまるような当たり障りのない内容を書いてしまうこと。これではなぜその企業を選んだのかはっきりわからず、人事担当者の目に留まりません。
志望動機には「なぜ、その企業を選んだのか」という理由を具体的に書きましょう。そのためには、企業の研究も大切です。業界の動向や、どのような事業を行っていてその分野の将来性はどうなのかなどに加え、社風なども調べておくとよいでしょう。そして、その企業に入りたいと思った理由をわかりやすく正直に説明することが大切です。

自分をしっかりアピールするには?

志望動機では自分をしっかりアピールすることが成功の秘訣。採用の際は、企業の求める人物像にいかに合っているかが重視されます。もし即戦力としての人材を求めているのであれば、いままでどのような仕事をしてきたのか、あるいはどのような経験があるのか、職歴やスキルなどこれからの仕事にいかせるような内容は積極的に盛り込みましょう。そして、自分はこの企業で何ができるのか提案できるとよいでしょう。

入社後の目標などは具体的に

志望動機には志望理由やスキルだけ書けばよいというものではありません。入社後にやりたいことや目標などのキャリアビジョンを記入することで、企業としても同じ目標に向かって共に成長できる人材かどうか判断することができます。企業としてはできるだけ長く勤めてもらえる人材を採用したいもの。自分なりの目標があれば、たとえ仕事上の困難があっても立ち向かえるはずと考えてもらえます。

転職の際の志望動機には注意が必要

転職の際の志望動機には、少し注意が必要です。なぜ転職を希望したのか、その理由と志望動機に一貫性がないと不自然で、採用側からみても志望動機が逆に不安要素となってしまいます。また、転職の際は必ず退職理由も尋ねられます。キャリアアップのために今までの職務以外の経験を積みたいなど、できれば具体的な転職理由と、なぜその企業に就職を希望しているのかという動機をはっきりさせることが大切です。病気療養などで退職した場合は、現在健康上に問題がないかどうかも伝えましょう。

志望動機の書き方

志望動機はわかりやすく簡潔に、しかしアピールしたいことはきちんと盛り込んで書く必要があります。文字数で言うと最低150文字程度は欲しいところ。まずは箇条書きで項目を書き出し、わかりやすい文章にまとめてから記入しましょう。文章には敬語を使い、応募する企業は「貴社」と書きます。尊敬語や謙譲語も間違いのないように。読んだ人が明るく意欲的だと感じられる文章を心がけて書くとよいでしょう。

まとめ

履歴書の動機は人事担当者にとって、考え方が会社に合っているか、長く務めてもらえそうかなどを判断する基準になるもの。なぜその企業を志望したのか具体的に説明することが大切です。企業が求めているのはどのような人物像か理解し、そこで働く姿が具体的にイメージできるような志望動機が書けるとよいでしょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

履歴書での動機の書き方に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。