自己PRの回答例|求人・転職エージェント

面接対策完全ガイド

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

自己PRの回答例

面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ

面接では必ずと言っていいほど聞かれる、重要度の高い「自己PR」。どれだけ自身の評価を高められる自己PRを作ることが出来るかによって、転職を希望する企業への合格率は変わってくるとも言えますので、しっかりと準備をして当日の面接に臨むようにしましょう。ここではそんな自己PRの回答例について解説していきます。

自己PRは面接に合格するための最大の見せ場

面接においてほぼ必ず聞かれる自己PRは、志望動機と並び、評価に最も影響を与える項目です。面接官は自己PRを通して、応募者がどれくらい仕事への熱意があるか、企業風土に合っているか、仕事にどんな能力やスキルが生かせるかなどを判断します。どんなに面接の印象や志望動機が良かったとしても、自己PRが不十分であれば面接で合格を得ることは難しいでしょう。自己PRは、応募者にとっては、自分の性格や強みを知ってもらえるチャンスです。面接においてとても重要な回答になることを理解し、企業に良い評価をしてもらえるよう答えなくてはなりません。

面接の自己PRではどんなことをアピールすると効果的か

自己PRをより効果的なものとするために、以下の点を踏まえアピールする内容を決めていきましょう。

企業の求める人物像に合う強みをアピールする

自分の強みと言ってもアピールする内容は何でも良いわけではありません。自己PRを聞く理由の1つは、応募企業にてどんな能力を生かせるかを知るためです。企業が求める人材に合う能力やスキルをアピールしなければ、それがどんなにすごくても、企業とはミスマッチになってしまいます。企業がチャレンジ精神のある人材を求めているのに、慎重さが強みであることをアピールしても効果が薄い可能性が高いでしょう。自己PRは、企業の求めるニーズに合う強みをアピールする必要があります。

困難に直面した際に考えたことや行動したこと、そこから学んだことをアピールする

仕事は課題や困難の連続です。しかし、課題や困難を前にしても解決しようと考え行動し、企業と人材にノウハウを蓄積していかなければなりません。自己PRでも同様で、体験エピソードについて語る際に、困難に直面した際に考えたことや行動したことについても述べるようにしましょう。また、それらを通して得たものや学んだものについても言及するようにしましょう。面接官は、課題や困難に対する姿勢や、そこから何を学んだかについて聞き、応募企業でも活躍していけるかを判断します。

自己PRで気を付けたいポイント

自己PRをより効果的な内容にするために、以下のポイントに気を付けて作成し本番を迎えるようにしましょう。自己PRは重要度が高いため、さまざまな角度から確認し、アップデートしていきましょう。

アピールするポイントは1つに絞る

自己PRで複数のことをアピールしないようにしましょう。コミュニケーション能力がある、負けず嫌い、リーダーシップがあるなど、一気に複数のことを同時にアピールしようとすると、逆に強みが分かりづらく中途半端になってしまいます。最もアピールしたいこと1つに絞って、その点についての自己PRが準備できることが理想的です。

書類の自己PRとリンクした内容にする

事前に提出している職務経歴書に記載している自己PRに沿った内容で話すようにしましょう。面接官は職務経歴書を基に面接を進めますので、この内容に矛盾があると印象はかなり悪いものになってしまいます。ただし、書いてあることをそのまま述べるのではなく、面接で話す際には、職務経歴書に記載してあることをさらに深く、具体的に述べると効果的です。

エピソードを交え具体性や客観性を持たせる

客観性があることで、真実味と説得力が増し、より効果的な自己PRとなります。必ず実際の体験エピソードを交え、具体性や客観性を持たせるようにしてください。自己PRの中で、ただ自分で自分のことを評価しているような内容では、根拠もなく面接官も真実として受け入れにくいです。体験エピソードを入れることは、アピールする強みの根拠のためでもありますので、なるべく具体的に記すようにしてください。

「自己PRを1分でしてください」と言われた場合

数ある面接の中では、自己PRに制限時間を設けるようなものもあります。その代表的な時間が1分です。もしそのような指示があった場合は、その制限時間内に必ず自分のアピールしたいポイントをまとめないといけません。面接前に指定があれば、練習も準備もできますが、当日言われるようなこともあります。そのため1分用のものは準備しておいた方が良いかもしれません。
1分は文字数にすると300文字程度と言われています。そのため、テキストで準備する場合は300文字程度を目安に準備しておくと良いでしょう。すんなりと納得のいく内容でも、300文字を大幅に超える分量になった場合は、300~400文字程度に削れるかを一度考えてみてください。話すスピードを少し早くして調節するのも一つの方法ですが、早口になりすぎると内容が伝わりにくくなってしまうため、適度な分量にすることを心がけましょう。

自己PRの回答例

私の強みは、向上心があり、そのための努力ができることです。
前職では個人向け営業をしておりましたが、1年目は社員50名中40番目の成績でした。営業成績はお客様からの支持だと思っておりましたので、この結果にショックを受けると共に、お客様から支持される営業になりたいと改めて感じ、必ず翌年1番になると誓いました。
そこから、より多くのお客様とコミュニケーションを図るため、時間を見つけては商品知識や、政治経済、経営やテクノロジーなど、様々な分野の勉強を欠かさずに行いました。
その他、上司などとのプレゼン練習や、他の優秀な営業からテクニックを学ぶなど、多くのことを身に付けました。結果、翌年に1番の営業成績を獲得することができ、以降連続して1位の成績を収めています。努力し結果が出ることでよりモチベーションが上がり、さらに努力ができることを学びました。
この強みを生かして、御社の営業の仕事に貢献したいと考えています。

あなたの長所を活かした自己PRを、キャリアアドバイザーが一緒に作成します!

「マイナビエージェント」では面接通過率を上げるための自己PRの作成などあなたの価値を最大限に高めるキャリアカウンセリングを行っております。

あなたの転職が成功するまで徹底サポートしますので、まずはマイナビエージェントのキャリアアドバイザーにどんなことでもご相談ください。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

面接対策完全ガイド 自己PRの回答例ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。