逆質問のポイントと例|求人・転職エージェント

面接対策完全ガイド

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

逆質問のポイントと例

面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ

面接の終盤で聞かれる可能性が高いのが「最後に質問はありませんか?」といった面接官へ質問を行う逆質問です。ここで面接官にどんな質問をするかで、面接官の応募者への印象が変わってくる可能性もあります。また、面接の最後に行われる会話のため、印象にも残りやすく、重要度の高い項目とも言えます。そのため、質問される意図や逆質問する際のポイントなどを参考に、効果的な質問を準備するようにしましょう。

面接の最後の「何か質問はありますか?」は絶好のアピール時間

面接官からの逆質問は、面接の一部です。ただの質問と思って何も質問しなかったり、準備をせずその場の思いつきで答えたりするのは良くありません。面接の質問の1つということを理解したうえで、臨むようにしましょう。他の質問と比べ自由度も高いので、自分をアピールすることができる絶好の時間でもあります。特に入社意欲や働くことへの熱意、または自分の人間性をアピールするために活用すると良いでしょう。

面接官はなぜ逆質問をするのか意図を理解する

面接官が面接の終盤に逆質問をするのには、主に3つの理由があります。

1つ目は、応募者がどれだけ企業に興味があるかを知るためです。企業への質問がないということは、企業への関心が低いということにもつながりかねません。本当に志望度が高い企業であれば、さまざまなことを調べ、その中で自然といくつもの質問が出てきます。「質問がない=あまり調べていない=志望度が低い」という印象を持たれてしまいます。一方で、具体的な質問をされると面接官も「おっ!」と強い関心を示し志望度の高い人という印象を与えることができます。

2つ目は、的確に質問することができるかを知るためです。仕事をしていく中で、取引先相手や社内の人に質問をする機会が多くあります。質問の質が高いことがきっかけで信頼関係が構築されることもあります。どんな質問の仕方をするかで、その人の情報に対する理解度や情報収集力、コミュニケーション能力をある程度見極めることができます。抽象的な質問や、短すぎる質問、情報量が足りない質問などでは、逆効果になる可能性がありますので注意が必要です。

3つ目は、企業の社風と合うかどうかを見極めるためです。どんなに自己PRや志望動機が優れていても、例えば、ネガティブな質問をしてくる人は企業の社風とマッチせず、高い評価を得られない場合もあります。質問は裏を返せば本人が気にしている点でもありますので、企業の社風にミスマッチな質問はしない方が良いでしょう。

逆質問は企業や業界に関する意欲をアピールする場と捉える

では逆質問によって、どのようにアピールしていけば良いのでしょうか。業界ごとに具体例を出しながら見ていきましょう。

労働意欲をアピール

職種や企業にもよりますが、IT業界は若い企業も多く実力次第で重要なポストに就ける可能性もある業界です。そのため、若い社員でも積極的に働く人間を求めている可能性があります。その際は、管理職の年齢について聞くことで、自分も早く出世したいといったアピールにつなげることができるでしょう。例えば、「エンジニア部門の責任者は何歳でしょうか?また、最年少の方は何歳でしょうか」など聞くことで、自分もその年齢での管理職を目指したいといった表われにも見て取れます。

世間のニュースと業界への興味関心をアピール

広告業界を希望する人にとって、気になる話題の1つが労働環境です。世間的にも注目されている内容ですので、アンテナの広さをアピール出来るかもしれません。もちろん大きなニュースなので、より細部まで掘り下げて話す必要はあるかもしれませんが、世間のニュースと業界を絡めることで、自身の業界においての興味関心を伝えることができます。

企業や業界の今後の発展への興味をアピール

例えば、応募企業がアパレル業界の場合は、国内だけでなくアジアや欧米への経営戦略、ECサイトの展開について聞くことで、業界の将来を見ていることをアピールできます。この時に気をつけなければいけない点が、聞くジャンルがその企業が今後力を入れていく分野であることかどうかのリサーチを念入りにしておく必要があるということです。国内販売を強化している真っ只中に、海外進出についての質問は場違いとなってしまいます。受ける企業の今後の経営戦略を加味したうえで、しっかりリサーチしておきましょう。

業界に対する準備を進めている点をアピール

金融や不動産業界では、専門的な知識を要するので、資格が必要になる場合があります。採用側としては、それらの資格を有している方が即戦力と考えることができるので、採用も有利に進む可能性があります。もしそれらの資格取得はなくともすでに準備している、もしくはするつもりである場合は、資格に関する質問をしてみるのも良いでしょう。例えば、「○○資格は必要最低限かと思いますが、他に御社入社後に必要な資格などはございますでしょうか?」と聞けば、○○の取得準備を整えていて、次に必要な資格の準備にも入りたいといった意欲を垣間見ることができます。

面接の逆質問の際に注意するポイント

逆質問に対して回答を準備する際は、以下のポイントに気を付けるようにしましょう。なんとなくただ準備しているだけでは、本番で使えなかったり、的はずれな質問をしてしまったりする可能性があります。質問をすることで評価を下げることがないように注意しましょう。

5つ以上の質問は面接前までに準備をしておく

面接官に逆質問された時のために5つ以上の質問を準備しておくようにしましょう。1〜2つの準備では、面接中のやり取りの中で、質問に対する答えが出てしまう可能性があります。せっかく準備していても事前に出てしまうと、逆質問の際に聞く事がなくなってしまいますので、最低でも5つ以上準備するようにしましょう。

準備する質問はジャンル分けし場の雰囲気によって選ぶ

準備しておく質問は同じ系統ばかりにならないようにしましょう。例えば、すべて面接官の仕事感に関するような質問であれば、いくつ用意しても面接のやり取りの中で話題として出る可能性があります。そうなってしまうと、逆質問の際に質問することがほとんど同じになってしまいますので、場合によっては「質問を考えずに来て、流れの中で聞いただけ」という印象を持たれる可能性があります。質問を準備する際は、ジャンルが被らないようにすると良いでしょう。

離職率や残業時間、給与、福利厚生などの質問は避ける

「離職率はどれくらいですか」「有給は取得できますか」「残業や休日出勤はどれくらいですか」など、給与や福利厚生、勤務形態への質問は避けるようにしましょう。逆質問時に限らず面接の際には聞かないのがベターです。たとえ聞くにしても面接状況や質問の仕方も直接的に聞かないように注意する必要があるかもしれません。企業にとってネガティブな印象に映る可能性がある質問は避けるようにしましょう。

「将来性はどうですか?」などの短く漠然とした質問は避ける

逆質問をする際は、短く抽象的な質問は避けるようにしましょう。企業の雰囲気はどうですか、社員の満足度はどうですか、将来性はどうですかなど、聞く質問にもよりますが、聞きたい内容があったとしても短すぎては良い印象を与えることはできません。主観を入れたりすることで適度な長さにして質問するようにしましょう。
(例)
「御社の業界は、今後○○などへの参入も予測され、消費者にはより質の高いサービスが提供される可能性があり、一方で、企業のこれまで以上の企業努力が必要になると考えています。この点について、今度どのような新しい取り組み、既存サービスのブラッシュアップをお考えなのでしょうか。」

相手が答えやすい質問をする

逆質問に対しては、応対してくれる面接官が答えます。人事部など所属している事業部署で普段は仕事をしていますので、いくら面接官とはいえ、全くジャンルが異なるような質問だと把握しておらず答えられないかもしれません。例えば、「私は福岡支社での勤務を希望しているのですが、福岡支社の営業職の方の1日のスケジュールを教えてください。」「私は開発部門への配属を希望しています。開発部門で使われている研究機材の詳細を知りたいです。」など、面接官では分からない可能性が高いことは質問するべきではありません。面接官が答えられないと、転職希望者の意欲はわかるものの、その後の話の発展性に期待が持てないので、アピールの場を無駄にしてしまう可能性があります。

質問をしない、という選択肢を持たない

面接官から「何か質問はないですか」と聞かれ、何も答えないという選択肢を持ってはいけません。あくまで面接の一部の質問なので、他の質問と同レベルで重要であると考えるべきです。質問をしないことで、評価が上がることはないですが、下がる可能性はあります。志望動機や自己PRなどのように、「質問されるもの」と考え回答を準備しておくようにしましょう。質問がないことで、「志望動機が低い」印象を与える可能性もあります。

面接の際の逆質問例

アピールしたい内容に合わせて質問を準備しておくようにしましょう。下記に意欲、資質、長所をアピールする場合の質問例を挙げますので、イメージを掴んでいただき、業界や自分の特性に合わせてカスタマズしてみましょう。

自身の意欲をアピール場合

意欲を再度アピールしたい場合は、
・ 私の希望する職種の具体的な1日の業務スケジュールを教えてください
・ 入社までにどのようなことを勉強しておけば良いでしょうか
・ 活躍されている社員の方の特徴を教えてください
など、逆質問することで、自分の企業への意欲をアピールすることもできます。

自身の資質をアピール場合

自分の持っている資質を最後に逆質問でアピールしたい場合は、
・ 御社の仕事で求められる資質とは何でしょうか
・ どのようなスキルを身に付けておくと、仕事に役立てることができますでしょうか
・ 御社で活躍するために、私が補うべきスキルはどのようなものがありますでしょうか
など質問するようにすると良いでしょう。

自分の長所をアピールする場合

逆質問で自分の長所を最後にアピールしたい場合は、
・ 誰とでもすぐに親しくなれるのですが、配属希望先の雰囲気を教えていただけますでしょうか
・ 前職で○○の実績をあげていたのですが、御社では通用しますでしょうか
などを質問するようにすると良いでしょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

面接対策完全ガイド 逆質問のポイントと例ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。