転職時にボーナス(賞与)をもらい損ねないようにするには?|求人・転職エージェント

転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

転職時にボーナスを

もらい損ねない

ようにするには?

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

社会人にとって、ボーナスは心踊るもの。もらえるならもらっておきたいとは誰もが思うことでしょう。しかし、転職を現職企業に伝えたことで、もらえたはずのボーナスがもらえなかったという人も少なくありません。実は、うまくスケジュールを調整すれば、夏のボーナスを現職から、冬のボーナスを転職先からというように、転職をしながらでも年に2回ボーナスをもらうことも可能です。
ここでは転職時にもしっかりとボーナスをもらうために、押さえておきたいポイントをご紹介します。

転職時、ボーナスをもらうためにすべきこと

転職活動を始める際には、「いつまでに辞めるか」「いつ頃転職するか」など、ある程度スケジュールを決める必要があります。タイミング的には、ボーナスが支給された直後に辞めたいところですが、転職活動が始まってしまえば、ボーナスの支給に転職の進行を合わせることは難しく、結局、ボーナスをもらい損ねてしまったという人も多くいるでしょう。
確実にボーナスをもらうためには、具体的な算定期間やボーナスの支給に関する規定をチェックする必要があります。特に、次の3点の情報収集を行ってください。

・ボーナスの算定期間

ボーナスは通常、半年程度の期間における業績や評価で金額が決まります。しかし、その算定期間は、9~2月や10~3月など、会社によってバラバラです。

・ボーナス支給時の在籍の有無

会社によっては、ボーナスの算定期間に会社に在籍していても、ボーナス支給日時点で会社に在籍していないとボーナスを支給しないというルールを明記していることがあります。

・ボーナスには「将来への期待」が含まれている場合がある

ボーナスというのは、一定期間内の業績・仕事内容への評価で算定されますが、金額には「将来への期待度」を含めている企業も多いことでしょう。もしも、このような記載が規定にある場合、ボーナス支給時点で退職することが判明していると、金額が減ってしまうこともありえます。その場合は、ボーナス支給後に退職の意思を伝えるのがいいでしょう。

気持ち良くボーナスをもらうために

「そもそも、これから退職するのにボーナスをもらうのは気が引ける」と考えてしまう人は多いですが、ボーナスはこれまでの労働に対する正当な対価です。もらう側としては「ありがたいもの」という感情を抱いてしまいがちですが、「もらって当然のもの」という気持ちでいるといいでしょう。
しかし、前職の人から「もらい逃げ」と思われるような辞め方はしたくないものです。感謝の気持ちを忘れずに、辞めるその日まで自分の仕事に責任を持ち、後任者に対する十分な引継ぎ等を行ってください。

確実にボーナスをもらうためのスケジュール

転職活動を始める場合は、上記のボーナス規定を把握して退職・転職時期を決めます。転職活動開始から内定をもらうまで、一般的に3ヵ月かかるといわれていますが、時期をうまく合わせることができれば、現職はもちろん、転職先で次のボーナスをもらうことも可能です。参考として夏・冬両方のボーナスのスケジュールをまとめてみました。

なお、今回は次のような条件の企業を例にご紹介します。

<現職のボーナスに関する規定>

  • ボーナス支給日は6月末と12月末の年2回
  • 算定期間は「夏は11~4月」「冬は5~10月」(ただし、3ヵ月以上在籍が必要)
  • ボーナス支給時に会社に在籍していること
  • ボーナス支給額は、将来への期待を考慮して算定されている

<転職先のボーナスに関する規定>

  • ボーナス支給日は6月末と12月末の年2回
  • 算定期間は「夏は11~4月」「冬は5~10月」(ただし、3ヵ月以上在籍が必要)
  • ボーナス支給額は、将来への期待を考慮して算定されている

■夏のボーナスに合わせた転職プラン

5~6月      内定を獲得
6月末        現職のボーナス支給後、退職の意思を伝える
7月           各種引継ぎ
7月末        退職
8月頭        転職先に入社
12月末      転職先のボーナス支給(算定期間中、8~10月は在籍)

■冬のボーナスに合わせた転職プラン

11~12月  内定を獲得
12月末      現職のボーナス支給後、退職の意思を伝える
1月           各種引継ぎ
1月末        退職
2月頭        転職先に入社
6月末        転職先のボーナス支給(算定期間中、2~4月は在籍)

現職のボーナスをあきらめたほうが、後々プラスになるケースもある

中途採用を行っている企業のほとんどは、即戦力の人材を求めています。通常、内定が決定した後も2ヵ月程度は入社を待ってくれますので、現職のボーナス支給日を勘案して転職時期を決める人も多いでしょう。
しかし、現職のボーナスをあきらめて、なるべく早く転職先に入社するという選択も時には有効です。転職先企業の算定期間のロスを減らし、現職にとどまっていた場合よりも高額のボーナスを手にできるというケースもあります。また、ボーナスには反映されなくとも、即戦力を求めている企業の期待に応えることで、新天地でのスタートをうまく切ることができるというメリットもあります。ボーナスのことを意識しつつも、こだわりすぎないという感覚で、具体的な転職スケジュールを立ててください。

転職活動の自己PRポイントと企業の気になる採用基準とはに関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。