第二新卒の最もタイミングのよい入社時期とは|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒の最もタイミングの
よい入社時期とは

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

新卒時と違い、第二新卒の入社時期はさまざまです。採用する企業側のタイミングによって多少異なりますが、一般的に多いのは春と秋。特に4月入社と10月入社がよくみられます。第二新卒にとってどの入社時期がベストなのか、そしてそれぞれの時期にどんなメリットがあるのかをお伝えしていきます。

まず、4月入社の場合は、新卒と一緒に研修を受けられるというメリットがあります。そのほかの時期では研修もそこそこに実際の業務をスタートしてしまうケースがありますが、4月であればどの企業も多くの新人が入社する時期です。必然的に新入社員に向けてのフォローも手厚くなり、充実した研修を受けることができます。また、同期の社員が多いというのも見逃せないメリット。ほとんどの第二新卒の方にとっては初めての転職ですから、不安なことも多いでしょう。そんなとき、一緒にスタートする同期がいるというのは心強いもの。「誰かに相談したいけど、いきなり上司に尋ねるのも…」と気が引けてしまうようなことも、同期であれば気軽に相談できますよね。人間関係の構築がしやすいという点で、4月入社はとても魅力的です。

続いて、10月入社はどうでしょうか。こちらも4月入社と同様に、同期が多いというメリットがあります。8~9月は求人広告の掲載が増える時期なので、そこを狙って転職活動を行う方が多いのです。4月と違って新卒と一緒に研修を受けるわけにはいきませんが、一般的な転職者の方と関わる機会が増えるのは10月入社ならではのメリット。年齢も経歴もバラエティに富んだメンバーが同期になることも多いでしょう。同年代ではない人と同期として働くことに不安を感じる方もいらっしゃいますが、さまざまな人と一緒に働くというのは、自分の視野を広げるために大切なこと。人生の先輩から、いままで知らなかったことを学ぶチャンスです。また、実際の業務にすぐに取りかかれるというのもメリットのひとつ。「じっくり研修を受けたい」という方にとっては4月入社の方が最適ですが、「早く仕事を始めたい」という意欲のある方にとって、タイミングの良い入社時期は10月でしょう。

このように、4月入社も10月入社もそれぞれのメリットがありますので、自分がどちらを重視したいかを考えながら、転職活動を行うとよいでしょう。逆に避けた方がよいタイミングは、4月~6月と10月~12月です。この時期は人事担当が忙しくなるので、求人広告の掲載そのものが減少する傾向にあります。特に10月~12月は新卒採用に向けて準備を始めるため、人事担当にとっていわゆる繁忙期にあたります。中途採用の活動に力を入れる余裕がないため、求人広告自体を出さなくなってしまうこともあります。4月~6月に関しては、4月に入社した社員のフォローで追われているため、こちらも同様に繁忙期といえるでしょう。

とはいえ、最初にお伝えしたとおり、企業側が採用を行なっている時期はさまざまですから、あまり気にしすぎないようにしましょう。10月~12月は採用されない、ということではありません。希望の企業が採用を行なっているときが何よりのチャンス、というのは言うまでもないことです。しかし、4月入社と10月入社の違いを理解しておくことが、あなたにとってより最適なタイミングをつかむきっかけとなるでしょう。いざ転職活動に取り組む際、求人広告自体が少なかったら選択肢も狭まってしまいますよね。いつから転職活動を始めるか悩んでいる方は、このような「採用されやすい時期」「採用されにくい時期」を念頭に置いておくと、より良いタイミングでスタートすることができます。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

「第二新卒とは」TOPにもどる

 関連ページ

第二新卒の最もタイミングのよい入社時期とはのページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。