第二新卒の転職時期でベストなタイミングはいつ?|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒にとって、
最も良いタイミングの
転職時期はいつ?

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

新卒と違い、第二新卒の入社時期は様々です。採用する企業側のタイミングによって多少異なりますが、一般的に多いのは春と秋。特に4月入社と10月入社がよく見られます。

第二新卒にとって、入社時期はいつがベストなのか、そしてそれぞれの時期にどのようなメリットがあるのか、また、転職に向けて具体的にどう動いたら良いのかについてご紹介します。

4月入社の2つのメリット

新卒採用者も同時に入社してくる4月。この時期の入社にはどのようなメリットがあるでしょうか。

1.充実した研修を受けることができる

4月はどの企業でも、多くの新人が入社する時期です。

この時期に入社をすると、新卒と一緒に研修を受けることができます。学生から社会人になったばかりの新入社員が多いわけですから、必然的に会社側からのフォローも手厚くなります。今後のためにじっくりと研修を受けることができるでしょう。

2.一緒にスタートする同期社員が多い

ほとんどの第二新卒の方にとっては、初めての転職で不安なことも多いでしょう。そんなとき、いっしょにスタートする同期がいるというのは心強いものです。

「誰かに相談したいけど、いきなり上司に尋ねるのも…」と気が引けてしまうようなことも、同期であれば気軽に相談できます。人間関係の構築がしやすいという点で、4月入社はとても魅力的です。

10月入社の2つのメリット

では、10月入社の場合には、どのようなメリットがあるでしょうか。

1.人生の先輩と同期になれる

一般的な転職者の方と関わる機会が増えるのが、10月入社ならではのメリットです。8~9月は求人広告の掲載が増える時期なので、そこを狙って転職活動を行う方が多いのです。ですから、年齢も経歴もバラエティに富んだメンバーと同期になる可能性が高いでしょう。

同年代ではない人と同期として働くことに不安を感じる方もいらっしゃいますが、様々な人と一緒に働くというのは、自分の視野を広げるために大切なこと。人生の先輩から、今まで知らなかったことを学ぶチャンスです。

2.すぐに仕事をスタートすることができる

4月入社と違って、新卒社員と一緒にじっくり研修を受ける機会はありませんが、その分早く実際の業務に取りかかることができます。

「早く仕事を始めたい」という意欲のある方にとって、10月入社は、即戦力としてすぐに働くことのできるタイミングといえるでしょう。

4月入社・10月入社する場合のスケジューリング

4月入社・10月入社いずれの場合も、転職準備には十分な時間をかけることが望ましいです。転職の決意をしたら、転職活動全体のスケジュールをしっかり立てましょう。

転職活動を始めてから入社するまでの期間は、一般的には約3ヵ月。4月入社であれば1月、10月入社を狙うのであれば7月くらいから計画的に動き始めます。ここからは、具体的な流れを、順を追ってご紹介します。

入社3ヵ月前 自己分析~企業への応募

・自己分析
自己分析では、自身の経験や能力を洗い出し、志望動機を掘り下げます。「自分ができること」「自分がやりたいこと」を明確にし、次の仕事を選ぶ条件を定めていきましょう。

・希望の業界・職種の情報収集
漠然と「違う仕事に就きたい」では、自分に合った仕事を見つけることはできません。興味のある業界・職種の情報を集めて、自分の希望と照らし合わせてみましょう。

このとき、併せて社風やその会社の求める人物像などの情報も収集できると、より具体的に自分とマッチした企業をイメージできるでしょう。

・応募書類の作成
自己分析、企業から求められるスキルなどをベースに、履歴書、職務経歴書の作成を行います。

・求人情報選び・企業への応募
自分の「仕事の価値観」に合った企業を多く見つけましょう。気になる企業があったら、迷わず応募します。
ただし、一番入社したい企業の内定が、最も早く出るように日程調整を行うことを忘れずに。

入社2ヵ月前 面接

面接では、企業側が求める人物像にどれだけ近いかをアピールし、採用担当者に好印象を与えましょう。
前職のネガティブな不平不満を並べ立てるのは絶対にNG。それまでの社会人としての経験を活かして、今後、会社にどう貢献できるかを伝えます。

入社1ヵ月前 内定

・内定
内定が決まったら、入社するかどうかの意思を早めに伝えます。複数の企業から内定を獲得した場合、どの企業に転職するか迷うこともあるかもしれません。そのときは、自分の譲れない条件を基準に判断しましょう。

・退職意思を伝える
直属の上司に退職の意思を口頭で伝えます。その際、業務を考慮し、退職日をいつにするかも相談します。

・業務引継ぎ・挨拶回り
退職日までの引継ぎスケジュールを組み、通常業務・引継ぎ業務ともしっかり行います。デスク周りの整理や、会社の備品の返却も忘れないようにしましょう。

4月入社か10月入社か、自分に合った時期の入社を目指そう

4月入社にも10月入社にもそれぞれメリットがありますので、自分がどちらのメリットを重視したいかを考え、転職活動を行うと良いでしょう。

とはいえ、企業側が採用を行っている時期は様々ですから、「希望の企業が採用を行っているときが何よりのチャンス!」ということは、いうまでもないこと。ただし、時期とともに、希望に沿った転職を実現するためには、準備も重要であることも覚えておきましょう。

転職をお考えの方へ。

転職活動は情報収集が命です。第二新卒という貴重なチャンスで転職を成功させるためにも、転職の知識は身につけておきましょう。

 その他のお役立ちコンテンツ

「第二新卒とは」TOPにもどる

第二新卒の最もタイミングのよい入社時期とはのページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。