転職エージェントからのオファーメールの返信方法|求人・転職エージェント

転職エージェントとは

転職サイトと異なる転職エージェントの特徴と役割について

転職エージェントからの
オファーメールの返信方法

初めての転職エージェント FAQコンテンツ

利用しないと得られない転職エージェントの10大メリット

転職エージェント登録後の流れは、「キャリアアドバイザーとの面談」「希望に合った求人の紹介」「求人に応募する」という流れで進みますが、企業の紹介は、面談後すぐに行ってくれるのが一般的です。
ただし、求人を紹介しきれなかった場合や、面談後により希望条件にマッチする求人が出てきた場合、後日、キャリアアドバイザーから、「オファーメール」という案内が届くことがあります。
実は、このメールへの返信の内容は、キャリアアドバイザーが企業に送る資料にも反映される大事なものなのです。より自分を高く売り込んでもらうためには、何を書くべきなのでしょうか。転職エージェントから送られてくるオファーメールへの返信方法についてご紹介します。

転職エージェントと転職サイトから届くメールの違い

転職エージェントから送られてくるオファーメールは、転職サイトなどに登録した際に届くメールと一見似ていますが、その内容は「情報の精度」という点でかなり違いがあります。

転職サイトから届くメールとは

転職サイトに登録した人に届くメールは、以下のようにいくつかの種類があります。

  • 希望業種や勤務地、年収、スキルなどが、企業の提示した条件にマッチする人全員に一律で送られてくるもの
  • キャリアやスキルが、企業が欲しい人材と合う人に対して送られてくるもの(中には「書類選考を免除して面接を行います」という場合もある)

以上のように、届くメールによって、まったく意味合いが変わります。届くメールの数は多いですが、一人ひとりの求職者の細かい希望に合わせて送られてくるとは限らないため、希望にはそぐわない求人も多く含まれている可能性があります。

転職エージェントから送られてくるオファーメールとは

転職エージェントから送られてくるオファーメールは、キャリアアドバイザーが実際に求職者と面談した結果を踏まえて、求職者一人ひとりに合わせて選んだ案件の紹介です。ですから、転職サイトから届くメールより、ずっと自身の希望に合った案件である確立が高いです。

オファーメールへの返信のポイント

通常、転職エージェントから送られてくるオファーメールには、詳細な求人票が添付されており、応募意思の有無を返信するようになっています。求人票を確認し、返事を出す必要があるわけですが、応募するにせよしないにせよ、返信の内容は非常に重要となってきます。

応募する場合のポイント

オファーメールの求人に応募する場合のポイントは、「ぜひ応募したい」と伝えるとともに、「なぜその仕事(会社)に入りたいと思ったのか」「どのような経験を活かしてどんな風に働きたいのか」「なぜ転職しようと思ったのか」などの理由をまとめて書き添えましょう。
わざわざまとめるには手間がかかりますし、履歴書や職務経歴書に書いているから必要ないと思うかもしれませんが、ひと手間加えるのにはそれなりの理由があります。

<ひと手間加える理由>
転職エージェントが顧客企業に求職者を紹介する際には、求職者が作成した「履歴書」「職務経歴書」と一緒にキャリアアドバイザーが作成した「推薦状」が添付されます。この推薦状に書かれているのは、求職者の人物像や転職理由、志望動機、職務経験やスキル、転職エージェントがその求職者をおすすめする理由などになります。その内容は、本人の話と履歴書・職務経歴書に書かれた情報、実際に面談した際にキャリアアドバイザーが感じた人物像などを基に作成されたものです。
返信メールに志望動機や転職理由が書いてあれば、キャリアアドバイザーはそれを踏まえて推薦状を書きますし、応募先企業に合わせて職務経歴書を修正するアドバイスも行ってくれます。より応募先の企業向けに焦点をしぼった情報が伝わることで、書類審査にパスする可能性を高くすることができるのです。

応募しない場合のポイント

もし、求人に応募しない場合は、その旨を伝えるとともに「なぜ応募しないのか」という理由を書き添えるのがポイントです。希望条件にマッチしない案件が紹介されたのは、キャリアアドバイザーに自分の希望がうまく伝わっていないせいかもしれません。
例えば、「今はチームを率いるよりSEとして技術を伸ばしていきたいので、今回の応募は見合わせます」というように、理由を添えることで、希望する仕事の条件が明確になり、次はより希望に沿った求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。

<絶対にやってはいけないこと>
応募の意思がないときに絶対にしてはいけないことは、オファーメールに返信せず、放っておくことです。しっかりと断る理由を添えて返信することで、積極的に転職活動をしようとしている姿がキャリアアドバイザーに伝わりますし、きちんと礼儀を守れることも印象に残り、今後、積極的に求人を案内してくれる可能性が高まるかもしれません。

志望動機がうまく書けない場合は、転職エージェントに相談を

オファーを受けた際に、メールに志望動機がうまく書けないという方は、正直にその旨をキャリアアドバイザーに相談して、志望動機や転職理由の伝え方を一緒に考えてもらうのも良い方法です。
マイナビエージェントでは、自分で考えた志望動機や転職理由を基に、再度キャリアアドバイザーと面談を行い、アドバイスを受けながら応募書類を作り直すことも可能です。

転職エージェントからのオファーメールの返信方法ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。