【例文付き】転職成功につながる企画営業職の志望動機の書き方とは?|求人・転職エージェント

営業職のノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

転職成功につながる
企画営業のための志望動機

営業職向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

営業職といっても、勤めている企業が扱っている商品によって、顧客の属性や営業手法は少しずつ異なります。

今回、取り上げるのは、クライアントの課題解決のための企画を営業する仕事「企画営業」です。企画営業の仕事内容から求められるスキルや能力、志望動機の書き方まで、具体的な例文と併せてご紹介します。

企画営業ってどんな仕事?

企画営業とは、別名「提案型営業」とも呼ばれる仕事です。

商品やサービスをそのまま持っていって「このような商品があるのですが、いかがですか?」と働きかけるのではなく、顧客の話を聞き、その課題や状況を把握した上で、自社の技術やスキルを使ってその課題を解決する商品やサービスを提案していく営業のことです。

一般的には、商品を売るのは「営業」、商品やサービスを生み出すのは「企画・開発」の仕事と分かれていますが、この両方を1人で担当するのが「企画営業」という仕事になります。

企画営業の仕事内容とは?

企画営業の具体的な業務は、主に次のようなものがあります。

  • 新規クライアントの開拓

    見込み顧客にコンタクトし、アポイントを獲得していきます。飛び込み営業やテレアポなど様々な方法がありますが、最近では社内の分業でアポの獲得部分はインサイドセールスチームが担当し、見込み顧客の情報をフィールドセールスチームに引き継ぐという、分業制の企業も増えています。

  • 営業訪問・ヒアリング

    顧客企業に訪問し、自社がどのような商品・サービスを提供できる企業であるのかを説明するのと同時に、顧客企業の課題やニーズ、今後の予定などをヒアリングします。

  • 新商品の試作

    ヒアリングをした情報を基に、顧客企業に合った商品やサービスの試作を行います。顧客のニーズに応えるだけでなく、顧客自身も気が付いていない需要や課題に気付き、それを解決するようなものを作ることが求められます。

    顧客企業が試作品・サービスの採用を決めたら、成約。商品・サービスの開発スタートと進んでいきます。

  • 企画提案

    社会の動きなどを分析し、新たな市場を開拓することを目的に企画を提案します。企画が通った後も、分析を行い、戦略を立て、長期的にプロモーションを行っていきます。

企画営業の仕事で求められるスキル

企画営業と一般の営業の違いは、すでにある商品やサービスを売るだけでなく、顧客からその課題やニーズを聞き出し、自社のリソースを使ってその課題を解決する商品・サービスを考え、提案しなければいけないところにあります。

そのため、企画営業には次のようなスキルが求められる傾向があります。

  • 顧客の課題やニーズを聞き出すコミュニケーション能力
  • 相手の立場に立って考えられる共感力
  • 問題解決可能な商品・サービスを考える発想力
  • 発想を根拠のある企画書に落とし込む企画力
  • 企画を顧客に理解してもらうだけの提案力
  • 商品開発に必要な情報を集める情報収集能力
  • 集めた情報を分析する分析力

ただし、最初からこれら全ての能力を兼ね揃えている必要はありません。仕事をしていく中で自身の能力の向上を感じられるのも、企画営業のやりがいのひとつです。

企画営業の志望動機の書き方

採用担当者の印象に残る志望動機を書くには、事前準備が欠かせません。まず、志望動機を書き始める前に次のポイントを確認しておきましょう。

  • 企業研究に基づき、「なぜその企業でなくてはならないのか」を説明できるか
  • 自身がアピールできる強みや経験を把握しているか
  • 自身の強みやスキルを活かして、どのように応募企業に貢献できるのか説明できるか

これらの点は面接でもほぼ質問されます。もし不安を感じたら、企業研究や自身のキャリアの棚卸をやりなおして、全ての問いにしっかりと答えられるようにしておきましょう。

悪い志望動機の例

志望動機を書く際には、前向きな姿勢とやる気が読み取れるようにする必要があります。そのため、相手にネガティブな印象を与える書き方は避けましょう。

特に、次のような要素を志望動機に書かないよう、注意してください。

  • 参考文例をそのままコピーしたような漠然とした志望動機
  • 不自然なまでに応募企業をほめ称える内容
  • 給与の高さや福利厚生の充実ぶりのみに着目して応募したととられる内容
  • 過剰な印象を与える自己アピール
  • 志望動機が「自宅から職場が近い」といった安易なもの
  • きっかけがあればすぐに退職すると思わせるような内容
  • 前職の退職理由をネガティブに書いたもの

志望動機を書いたら、すぐに退職しそうな人、協調性に欠けそうな人、志望理由が漠然としているといった印象を与える内容になっていないか、何度も読み返してチェックしましょう。

【ケース別】志望動機の書き方例文

志望動機は、これまで同じ業界だったか、営業の経験があるかどうかなど、求職者ごとに書き方は変わります。ここでは、いくつかのケースに分けて、志望動機の例文をご紹介します。

※以下で紹介する書き方例文は、あくまでも一例です。あなたにとって最適な志望動機は、転職エージェントと相談して考えるのが良いでしょう。無料の転職相談はこちらから!

ケース1.営業自体が未経験の場合
「アパレルショップ販売員」から「美容系広告企画営業」

前職では20代から30代向けアパレルショップの販売員として、コーディネートの提案などを行ってきましたが、お客様の来店を待ち、既存の商品を販売するスタイルに物足りなさを感じるようになり、もっと自分から積極的にお客様の課題解決の力になれる企画職に就きたいと思うようになりました。

私自身、引越し後の美容院探しに困った経験があることから、美容室やサロンの広告づくりを企画から提案できる点に魅力を感じ、貴社を志望いたしました。

5年間、流行に敏感な若い女性たちの接客を通して鍛えられたコミュニケーション能力やデザインセンスを活かし、貴社の事業に貢献したいと考えています。

<ここがポイント>

未経験の職種へ挑戦する理由と応募企業を選んだ理由、今までの仕事でどんなスキルを身に付け、それをどんな風に役立てられるかが全て説明されており、説得力があります。

ケース2.営業経験はあるが企画営業は初めての場合
「建材メーカー法人営業」から「建材メーカー企画営業」

前職では建材メーカーに勤め、主に外装材の法人営業を行っていました。

直接お客様の声を聞く中で、「お客様に必要とされる商品を自分の手で作りたい」という思いが強くなり、企画職への異動を希望しましたが叶わず、転職に踏み切ることにしました。

貴社に応募させていただいたのは、「お客様のためになる」と思えば、建材だけに限らず自由に提案ができる点に強く惹かれたからです。

営業の第一線で、工務店様に接する中で得たお客様のニーズを読む力と、提案すべき商品を的確に見極める力を存分に活かし、貴社の成長に貢献したいと思います。

<ここがポイント>

企画職を希望する理由をはっきりと書くことで熱意をアピールし、好印象につなげています。

アピールポイントが見つからないときはマイナビエージェントをご利用ください

志望動機を書く際に欠かせない企業研究や、キャリアプラン、強み、アピールポイントの明確化が1人ではなかなか難しい場合は、マイナビエージェントにご相談ください。

マイナビエージェントでは、業界事業に精通した専任のキャリアアドバイザーが、豊富な経験を基に、内定が取れる書類づくりをアドバイスいたします。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。