履歴書における資格の書き方|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書における
資格の書き方

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書の資格欄は面接を補うプレゼンツール。一言で免許や資格といっても国家資格や英検、趣味の免許までさまざまですが、履歴書にはどのような資格を書くとよいのでしょうか。採用につながる履歴書での資格の書き方を解説します。

履歴書に資格や免許を書く目的は?

履歴書にある「免許・資格」の欄には、どのような資格でも全て書けばよいというわけではありません。仕事に関係のない趣味の資格などは省き、国家資格や公的資格、仕事上有利になる資格を優先して書きたいものです。

履歴書に書く資格や免許というものは、自分がどのようなことに興味があり、どのようなスキルがあるのかアピールするためのもの。採用担当者は、応募者にどのような能力があるのか、また、どのような分野に興味があり得意なのかということに注目して資格の欄を見ています。さらに、仕事に役立ちそうな資格や免許を持っていることで、向上心をアピールすることも可能です。

履歴書の資格の書き方を知っておこう

履歴書に記入する資格は、資格の取得年月順に正式名称で書く必要があります。自動車免許の場合は「普通自動車第一種運転免許」が正式名称。記載するときは「普通自動車第一種運転免許 取得」と書きます。不動産鑑定士、社会保険労務士などの国家資格の場合は、その資格の名称だけでかまいません。

一方、民間団体が出している免許や資格の場合は資格を出している団体の正式名称も忘れずに記載します。英検は「実用英語技能検定」、簿記は「日本商工会議所簿記検定」など、自分の持っている資格の正式名称を調べておきましょう。

仕事に役立ちそうな資格を書く

多くの資格を持っているからといって、希望する業務とあまりにかけ離れた関係のない資格まで書く必要はありません。また、一貫性もなく分野もばらばらの資格は、ただの資格マニアとも受け取られることもあります。履歴書に書く資格は、自分のスキルや目指す方向性をアピールするためのもの。そう考えると、あまり関係のない資格はかえってマイナス要因になることも。複数の資格がある場合は、それを持っていることでどのような仕事が可能なのかイメージできるものや、自分の実績をアピールできるものがおすすめです。

持っていると有利な資格は業界や職種によって変わってきます。簿記やIT関連、自動車免許などは職種に関わらず書いておくとよいでしょう。また、語学力を必要とする職場も増えていますが、英語力をアピールしたい場合、英検3級やTOEIC500点などはかえって英語ができない印象を与えてしまうことも。そのような資格は書かないほうが無難です。

取得に向け勉強中の資格がある場合は?

例えば、現在資格の取得に向けて勉強中というものがあり、それが業務に関係するのであれば履歴書には積極的に書くことをおすすめします。「資格取得に向け現在勉強中」や「○月に取得の予定」など具体的な内容を書くことで、希望の業務につくことができる場合もあります。

逆に、資格を1つも持っていないという場合は「特になし」と書けば大丈夫。無理に趣味の資格など関係ないものを書く必要はありません。

まとめ

履歴書の資格欄は、自分にどのようなスキルがあるのか、どのような人間なのかをアピールすることができる欄。そのように考え、できるだけ有効に活用しましょう。そして、履歴書の書き方はできるだけ丁寧に心を込めて書くこと。履歴書を見る人のことを考えて、情報をまとめて見やすくするなどの配慮も忘れないでおきましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

履歴書における資格の書き方に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。