履歴書での本人希望記入欄の書き方|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書での
本人希望記入欄の
書き方

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書には「本人希望記入欄」という項目が用意されています。給与や勤務地など自分が考える条件は誰しもが持っているかと思いますが、本人希望記入欄に書く際には書き方に気をつけなければならないポイントがあります。履歴書にある本人希望記入欄の正しい書き方を見ていきましょう。

転職での本人希望記入欄を書く際のポイント

本人希望記入欄といっても、気をつけたいことは個人的な希望を一方的に企業に伝えるための項目ではないということ。「給与は○万円以上」「勤務地は自宅から近い場所」など、できれば叶えたい希望を書くことは避けるのが無難です。あまりに高望みすると、「この条件じゃなければ働く気がないんだな」とみなされ、選考から外されてしまう可能性もあります。
では、本来何を書くためにあるのかというと、本人希望記入欄とは「あなたが働く上でこれだけは絶対譲れない条件」を伝えるためにある項目になります。たとえば、育児や介護と両立するために早く帰らなければいけないといった事情がある場合は、「子どものお迎えがあるため○時まで」と、正当な理由を添えて書きましょう。
転職だと、前職と同等かそれ以上の条件を求めて応募する場合も多いと思いますが、本人希望記入欄には基本的に「貴社の規定に従います」か、もしくは最低限の条件だけを書くようにしましょう。もし、企業に納得してもらえるだけの経験やスキルを持っているという確信があるなら、その理由と根拠を数字で可視化して自分の条件を伝える必要があります。

特に希望がなくても空欄はNG

求人を見て納得した上で応募したのだから特に希望はないという場合でも、何も書かないで提出するのはおすすめしません。空欄だと記入漏れと思われる可能性があるからです。特に希望がない場合は、本人希望記入欄に「希望職種」を記載するようにしましょう。希望している会社が、多数の職種を同時に募集している場合、選考を受ける際に希望職種が無記入だとやる気がないとみなされる可能性があります。希望職種を履歴書に書くときには、募集要項と同じ名称で書くことがポイントです。そのような細かい部分にも注意を払うことで、履歴書を丁寧に見せることができます。

まとめ

本人希望記入欄といっても、素直に本音を書くと担当者によってはマイナスイメージを与えかねません。どうしても譲れない希望以外は、会社の規定に従うことを大前提に履歴書を作成しましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

履歴書での本人希望記入欄の書き方に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。