クラウド時代のインフラエンジニアに求められるスキルセットとは?|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

クラウド時代の
インフラエンジニアに
求められる
スキルセットとは?

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

エンジニアに求められるスキルは数多くありますが、いずれも単体では用をなしません。それぞれの業務について、複数のスキル(スキルセット)が求められます。
ここでは、ITの基礎を支えるインフラエンジニアのスキルセットについて考えてみましょう。

インフラエンジニアの仕事と業務範囲

インフラエンジニアは、文字どおりITのインフラを作り、環境を整えるエンジニアです。多くの場合、サーバー環境を受け持つ「サーバーエンジニア」と、ネットワーク環境を手掛ける「ネットワークエンジニア」に分類されます。
ただし、ITインフラの構築は、サーバーだけ、ネットワークだけで完結するものではなく、全体がスムーズに連携してこそ意味があるものです。そのため、2つの領域にまたがって作業することも多く、結果として双方のスキルを備えたエンジニアもいます。
以下に、インフラエンジニアの業務をご紹介します。

  • 企画設計

    クライアントのニーズに合わせてインフラを企画・設計することから始まります。ネットワークやサーバーの機能とスピード、さらにコストも考えたプランニングが求められます。

  • インフラ構築

    実際の構築作業は、基本的にチームで行います。設計に沿ってサーバーなどの機器を設置し、ネットワークを設定していきます。その上で、動作速度や機能など、必要要件を満たしているかをチェックするのもインフラエンジニアの仕事です。

  • 運用

    納品後のインフラの監視・保守を行い、もしも障害が発生したら迅速に解決します。企業にとってITインフラのトラブルは大きな損害に直結しますので、非常に重要な業務です。

今や多くの企業にとって、ITは業務の基幹を支える、まさにインフラそのものです。それをゼロから構築しメンテナンスまで行うインフラエンジニアは、まさに縁の下の力持ち的な存在といえるでしょう。

インフラエンジニアに必要なスキルセットは?

インフラエンジニアへの転職はIT業界の経験がない異業種からも多いといわれますが、やはり、技術・知識・経験はあるに越したことはありません。では、インフラエンジニアに必要なスキルとは、どのようなものでしょうか?

  • 機器とネットワークのスキル

    インフラの企画設計から日々の運用・監視まで、あらゆる場面で必要なのがサーバーをはじめとする機器全般、そしてそれらをつなぎ合わせるネットワークに関するスキルです。クライアントの要求に合わせたインフラを構築するには、どの機器をどのように設置し、接続していくか。そして、それぞれの設定をどうするのか。これは、一つひとつの要素ではなく、全体を見渡した上で設計しなくてはなりませんし、トラブルを未然に防ぐための負荷の分散なども考える必要があります。これらを行うためには、機器とネットワークに関するスキルは必要不可欠です。

  • ソフトウェアに関するスキル

    UNIXやWindows、LinuxなどのOSにはじまり、プログラミング言語、ミドルウェア、データベース、各種アプリケーションなど、インフラ上で動作しているソフトウェアは数多くあります。それらに関するスキルは必須となります。

    これらのスキルの裏付けとして、各種の資格を取得するのも良いでしょう。資格取得は決して簡単なものではありませんが、キャリアアップにも大いに貢献しますので、チャレンジする価値は十分にあります。

知識と技術以外にも求められるスキルはある

知識や技術以外にも、インフラエンジニアに求められるスキルはあります。それらはなかなか目に見えにくいものではありますが、業務を円滑に進めるためには、なくてはならない能力といえます。

  • コミュニケーションスキル

    構築も運用も、多くの場合はチームで行います。チーム内でのコミュニケーションが不十分では業務に支障が出てしまいます。また、クライアントとの折衝や他の部署との連携が必要になる場面も多く、作業をスムーズに進められる高度なコミュニケーション能力が必要になります。

  • 的確な企画力

    設計から行うインフラエンジニアにとって、クライアントのニーズを要件定義に落とし込む企画力は、非常に重要なスキルです。さらに、その内容をわかりやすく説明し、クライアントを説得できる技術も必要不可欠でしょう。

  • 簡単に折れない精神力

    インフラ構築では納期は絶対的で、しかも万全の状態で納めなくてはなりません。また、その後の運用では急なトラブルへの対応は必須です。このような状況でも作業を進める原動力となるのは、目的を果たすための強い精神力でしょう。

これらの多くは経験によって培われていくものですが、ただ漫然と仕事をしていたのでは、身に付けることはできません。みずから学び、鍛える姿勢が必要でしょう。

変わっていくインフラエンジニアの仕事

従来、多くの企業ではサーバーをはじめとする各種機器を自社内に設置していました。もしもトラブルがあると、エンジニアは夜中でも早朝でも現地に赴き、作業する必要がありました。
しかし、クラウドサービスが急速に広がってきたために、機械的なトラブルが激減し、万一、トラブルが起こったときでもクラウドサービスを提供する会社が対応してくれるようになりました。

このように、エンジニアにとってハードウェアの管理から解放されつつあるということは、有益なことですが、一方で、ハードウェアの管理を行うソフトウェア技術の習得が、これからのインフラエンジニアに求められることになります。急速に変化していく環境に合わせ、将来性を考えてスキルセットを身に付けることが、これからのインフラエンジニアに必要なことかもしれません。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。