インフラエンジニアの3つのキャリアパスとやりがいとは|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

インフラエンジニア
の3つの
キャリアパスと
やりがいを徹底解剖!

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

コンピューターなどの機材、ソフトウェア、通信回線など、私たちが「インターネット検索」や「メールの送受信」を使うために必要なすべてのシステム。これら、「ITインフラ」を顧客のニーズに応えて設計したり、正常に動いているのか点検したりする仕事を生業にするのが「インフラエンジニア」です。
ところで、インフラエンジニアがキャリアアップを目指すとき、どのようなキャリアパスがあるのでしょうか。今回は、それぞれのキャリアパスにおける成功例を通して、インフラエンジニアの仕事内容とやりがいを徹底解剖します。

インフラエンジニアには3つのキャリアパスがある

インフラエンジニアがキャリアアップを目指すとき、進むべき道は「マネージャー」「スペシャリスト」「ITコンサルタント」の3つとなります。それぞれの仕事内容とやりがいについてまとめてみました。

キャリアパス1 チームを率いてプロジェクト成功を目指す「マネージャー」

【仕事内容】

リーダーシップを発揮したいという人は「マネージャー」を目指しましょう。インフラエンジニアの仕事は作業量が多く内容も多岐にわたるため、1人でできるようなものではありません。複数の専門家が集まるチームの一員となって取り組んでいくことになります。そして、そのチームをまとめ、責任を持ってITインフラの管理をするのがマネージャーの仕事というわけです。

【やりがい】

マネージャーは、チームリーダーとしての責任を伴う大変な仕事です。当然、苦労することも多くなりますが、自分が指揮をとって構築したITインフラが、企業を動かし、多くの人の生活を支えていく…。そのやりがいは計り知れません。また、指導した後輩が成長していく様子を目の当たりにできることも、大きな喜びとなるでしょう。

キャリアパス2 技術を極めたTHE仕事人「スペシャリスト」

【仕事内容】

インフラエンジニアとして、技術をとことんまで高めたい人は「スペシャリスト」を目指しましょう。そんなスペシャリストにとって大切なのは、当然「技術の向上」です。仮想化の技術など、他のインフラエンジニアにはできない、よりレベルの高い技術が求められます。さらに、技術だけでなく「最新技術の情報収集」も必要不可欠です。移り変わりが激しいIT業界。あるひとつの技術を覚えても、そのニーズがなくなれば、仕事はストップしてしまいます。そのため「今、求められている技術は何なのか?」と常にアンテナを張り巡らせ、高めるべき技術を見極めることが大切なのです。また、技術だけでなく知識も高めて、システムの改善なども提案できるようになれば、より活躍の幅が広がるでしょう。

【やりがい】

技術を高めれば、自分の成長度合いを感じることができ、自分の腕ひとつで顧客の役に立てるようになります。ほかの2つの道より「個人としてのやりがい」を強く感じることができます。

キャリアパス3 IT技術で企業の課題をビシッと解決する「ITコンサルタント」

【仕事内容】

IT分野の豊富な知識を使って、「アドバイザー」として活躍したい人は「ITコンサルタント」を目指しましょう。ITコンサルタントは、顧客のニーズに合わせたITインフラや経営戦略をアドバイスする仕事です。経営戦略を提案するため、IT関連の知識だけではなく、現在の経済情勢、経営術など、ビジネスの知識も日頃から学んでいく必要があります。

【やりがい】

ITコンサルタントは、複数のプロジェクトを同時に抱えることができます。さまざまな企業や業界からのオファーによって、「ITインフラを自分が支えている」という実感を得ることができます。また、顧客から頼られる存在のため、その喜びも感じることができます。

キャリアパスへの近道!取っておきたい3つの資格

インフラエンジニアという名前のつく資格はありませんが、仕事に活かせる資格はいくつも存在します。次に紹介する3つの資格は、その中から一定の知識があることを証明できるものです。1つでも取得できれば、理想とするキャリアパスへの近道になるでしょう。

  • CCIE(シーシーアイイー)

    「CCIE」は、アメリカのコンピューターネットワーク機器開発会社「Cisco Systems社」が認定するベンダー資格。正式名称は「Cisco Certified Internetwork Expert Routing and Switching認定」で、ネットワーク資格の最高位として知られています。難度は高いですが、取得できればエキスパートレベルのスキルを持っているネットワークエンジニアであることを証明できます。

  • LPIC(エルピック)

    カナダのNPO法人Linux技術者認定機関「LPI」が認定する世界最大規模のLinux技術者認定試験が「LPIC」です。レベル1~3の3段階で、最も難しいレベル3は、分野が3つ用意されています(Mixed Environment、Security、Virtualization & High Availability)。日本でオープンソースソフトウェアを導入している半数以上の企業が、Linuxを利用しているという調査結果(2016年、IDC Japan株式会社調べ)もありますので、ぜひ取得しておきたい資格です。

  • ORACLE MASTER(オラクルマスター)

    アメリカのソフトウェア会社「Oracle Corporation」が認定する、オラクル社製品の知識を証明する資格「ORACLE MASTER」。知名度が高く、世界で通用する資格となっています。専門分野ごとに多数の認定資格があり、主なものとしてDatabase/Enterprise Management、Java/Middleware、Applications、O/S・H/W・仮想化、Oracle Cloudがあり、それぞれがさらに細分化されています。まずはご自分の得意とするジャンル、使用しているハードウェア(ソフトウェア)の資格から取得し、少しずつ周辺のものに手を広げるといいでしょう。

これからの時代、インフラエンジニアとして活躍するには「プログラミング」の知識も必要!

これまでインフラエンジニアは、ITに関する豊富な知識と技術を駆使し、業務を遂行してきました。しかし、これからの時代、さらに活躍するためにはプログラミングの知識も求められるでしょう。その最大の理由は「ITインフラの仮想化」です。

これまでパソコンを利用するときは、コンピューターのハードウェア、ソフトウェア、データなどを自分で保有、管理してきました。そして、外出先で別のパソコンを使う場合は、予めデータをメディアに移して、持ち歩く必要がありました。
しかし、現在はどのパソコンからでもデータを共有できる、ITインフラの「仮想化」の時代になっています。仮想化とは、(ソフトウェアによって)1台のコンピューター上に、何台もの「仮想のコンピューター」があるかのように働かせることができる技術のことです。この仮想化技術のわかりやすい例が「クラウドサービス」で、この技術のおかげもあってデータやソフトウェアはどの端末からでも利用できるようになりました。

技術の発展によってITインフラが仮想化されたことで、インフラエンジニアの仕事内容も変化。現在のITインフラは「プログラミングによって操作する」ようになっています。つまり、これからの時代のインフラエンジニアには、プログラミングの知識が欠かせないというわけです。

知識や技術以上に大切なスキルは「コミュニケーション能力」と「英語」

技術力や知識が一番の武器となるインフラエンジニアですが、開発や運用の現場で起こりうることを考えると「コミュニケーション能力」と「英語力」を身に付けておいたほうがベターです。この2つのスキルを使用する場面をご紹介しましょう。

チームメンバーと意思疎通を図る「コミュニケーション能力」

インフラエンジニアにとって、「ITに関する知識」や「機器を組み立てる作業効率の高さ」「設計書を作成する文章構成力」などは、当然必要です。しかし、何より大切なのはコミュニケーション能力です。インフラエンジニアの仕事はチーム戦。メンバーとこまめに連絡をとり、力を合わせて取り組まないと、目的を達成することはできません。また、顧客の要望を聞いたり、トラブルが起きたときに状況を伝えたりする場合にも、コミュニケーション能力が大きくものをいいます。

機器のマニュアルを読み解く「英語力」

ITインフラのトラブルが発生したときに必ず確認するのが、それぞれの機器のマニュアルです。日本語で書いてあれば問題ありませんが、サーバーやネットワーク関連の機器、ソフトウェアのマニュアルは英語で書かれているケースが多くあります。これを読み解くレベルの英語力があれば、トラブルをすぐさま解決することができるでしょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。