知っておきたい子育て中の女性が転職に成功するためのポイント|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

知っておきたい子育て中の
女性が転職に成功するための
ポイント

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

保育園など、子供の預け先が見つけられないため、今は子育てに専念しているけれど、一段落したら仕事に復帰しようと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、子育てをしながら仕事をするのはもちろんのこと、子育て中の転職活動自体も大変なことです。さらに、子供のお迎えがあって残業が難しかったり、急な発熱などで早退したりする可能性のある子育て中の女性の採用に、二の足を踏む企業も少なからず存在します。

ここでは、子育て中の女性が転職に成功するためのポイントについて、詳しくご紹介します。

子育て中でも転職活動はできる?

子育て中であっても、もちろん転職活動はできます。しかし、子育て中の女性の転職には、気を付けたいポイントがいくつかあります。

「年齢の壁」を考え、転職活動はなるべく早めに

子育て中の転職活動には、出産後一度退職して転職を希望するケースと、仕事を続けながら転職を希望するケースの2つのパターンがあります。

出産後に退職していて転職する場合は、子供の成長に合わせて、どのタイミングで復職するかが問題になりますが、実は気にすべき点がもう1つあります。

それはご自身の年齢です。正社員として転職を希望する場合、一般的に年齢が若いほうが、採用の可能性が高くなるのが現実です。さらに多くの企業は、長期間の仕事のブランクがあることを嫌う傾向があります。

ですので、なるべく早く行動したほうが、転職活動を有利に展開しやすくなります。

在職中に転職活動をするのか、辞めてからするのか

現在、就業中の方の場合、在職中に転職活動をするのか、退職後に転職活動をするのかが問題になります。

働きながら転職活動をするメリットには、収入が確保されているので、焦ることなく活動できる点があります。その一方で、転職活動の時間を確保することが難しいというデメリットもあります。

反対に退職してから転職活動をする場合には、じっくりと転職活動に取り組めるメリットがありますが、仕事を辞めてしまうと、保育園を退園しなければいけない可能性があることも配慮する必要がある点や、収入が途絶えてしまうデメリットがあります。

そのため、ご自身の置かれた状況に応じて、臨機応変に判断する必要があります。

子育て中の転職活動を成功させる3つのポイント

難しいといわれている子育て中の転職活動ですが、成功させるためにはどのようなポイントがあるのでしょうか。

1.子育て中の転職はプロのサポートが重要

子育て中の転職には、応募書類の書き方から面接対策まで、子育て中の転職ならではの工夫が必要です。
そこで、賢く活用したいのが転職エージェントです。

転職エージェントに登録すると、転職のプロであるキャリアアドバイザーが、履歴書や職務経歴書の書き方から、面接の指導、企業との面接日の設定、労働条件の交渉まで、全て無料で行ってくれます。

> マイナビエージェントは登録から利用まで全て無料です!ぜひご活用下さい!

2.条件をしぼりすぎない

子育て中の女性の場合、「保育園のお迎えのために残業はできない」「保育園が閉まるので週末は休みじゃないと働けない」「転勤はNG」など、転職する上でどうしても条件をしぼらざるをえません。

しかし、労働条件でまったく妥協できないとなると、転職先探しが難航しがちです。

そのため、条件の優先順位をつけ、これだけは譲れないという部分と妥協できる点をしっかり見極めて、少し広い視野で転職先を探すことも大切です。

3.できるだけ慣れた仕事を選ぶ

できるだけ、慣れた仕事を選ぶという視点も大切です。

自分が最も得意で慣れている仕事であれば、会社に貢献できるだけではなく、短い労働時間の中でも、高い成果を上げられる可能性も高まります。

子育て中の転職活動の面接・応募書類対策

最後に、転職活動の際に重要となる、面接や応募書類対策についてご紹介します。

応募書類の書き方のポイント

応募書類の中で、採用側が最も注目するのは志望動機です。子育て中の場合には、「子育てしやすい制度があるから」などと、子育ての部分にこだわって志望動機を書いてしまいがちですが、採用枠を争うのは子育て中の女性だけとは限りません。

子育て中か否かにかかわらず、企業側にとってあなたを採用する理由やメリットがしっかりと伝わるような志望動機を書くことが大切です。

面接対策のポイント

子育て中の女性の採用面接では、やはり子供に関する質問は避けて通れません。中でも、「突然の残業に対応できますか?」「お子さんが熱を出した場合はどうしますか?」というのは、定番ともいえる質問です。
こうした予測できる質問については、あらかじめしっかり回答を準備しておきましょう。

ポイントとしては「できません」「休みます」という一方的な回答ではなく、「夫の会社が水曜日は定時退社と決まっているので、その日なら残業可能です」「祖父母の手が借りられますし、近所の病児保育も利用可能です」など、前向きな姿勢を見せることが大切です。

ただし、できないことをできるというのはNGです。面接で安うけあいをしてしまうと、いざ採用されたときにトラブルにつながりかねません。無理なことは面接の段階で、きっぱりとノーを伝えましょう。

子育て中でも転職をあきらめないで!

採用する企業は、子育て中か否かだけで採用の合否を決めるわけではありません。あくまでも、採用した場合、どれだけの価値を会社にもたらしてくれるかにポイントを置いています。

子育て中でも時短勤務でも、価値ある仕事をして結果を残してくれる方を会社は求めています。そうした点を踏まえて、子育て中だからといってあきらめるのではなく、働きやすい企業への転職を目指してみませんか?

女性で転職をお考えの方へ。
まずは、転職の基礎知識を身に着けて、不安のない転職活動を行いましょう。

 人気のコンテンツ

 その他のお役立ちコンテンツ

知っておきたい子育て中の女性が転職に成功するためのポイントに関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。