女性のライフスタイルに合わせた転職のベストタイミングは?|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

女性のライフスタイルに合わせた
転職のベストタイミングは?

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

近年は、「終身雇用」という言葉が過去のものになりつつあります。

厚生労働省が発表している「学歴別卒業後3年以内離職率の推移」を見ると、2015年3月に大学を卒業し、新規に就業した人の3年以内の離職率は31.8%に及び、もはや転職は誰にとっても当たり前の時代になっていることがわかります。

とりわけ女性の場合、結婚・出産といったライフスタイルの変化に合わせて転職のタイミングをどうするかは、大きな悩みとなっています。今回は、ライフスタイルに合わせた女性のベストな転職時期について考えてみましょう。

ズバリ回答!女性の転職のタイミングに対する疑問

いざ、本格的に転職を考え始めてみると、年齢の問題、結婚との関わり、そして出産後の子育てと仕事の両立など、気になることが多いのではないでしょうか?

そこで、気になる転職のタイミングに関する疑問についてお答えしていきます。

やはり転職は若いほど有利?

男女問わず、転職市場で最も有利なのは、「社会人を3~5年経験した頃」というのが定説になっています。転職の場合は中途採用枠になりますが、中途採用者に対しては、企業は即戦力としての活躍を求めます。

社会人になってから3~5年というのは、社会人として必要とされるマナーや仕事のスキルが一通り身に付いています。その一方で、在籍する会社のやり方や企業風土に染まりきっていないため、新しい職場環境に比較的なじみやすいと考えられているからです。

社会人になるタイミングは学歴などにより人それぞれですから、判断基準は年齢ではなく、あくまで社会人経験の年数となります。若ければ若いほど良いというわけではありません。

女性は30歳を超えたら転職が難しくなる?

売り手市場の現在、年齢や性別にかかわらず求人を行う会社は多く、30歳を過ぎても転職を成功させている女性は数多くいます。ただし、それでも20代と比較すると、一般的に30代女性は転職が難しいとされています。

それには次のような理由があります。

  • 未経験の業種や職種へ転職する場合、20代と比較されると伸びしろがないと判断されてしまう
  • 30代後半になると、転職の際に管理職としての資質を求められるため、経験やスキルがないと敬遠されてしまう
  • 30代の場合、結婚や出産・育児を機に、退職するのではと不安に感じる企業が多い

30歳を超えて転職活動をする場合には、それまでに実績やスキルを積み、企業の懸念を払拭できる明確なキャリアプランを示す必要が出てきます。逆に、しっかりとキャリアプランを構築していれば30歳を超えても問題なく転職ができるということです。

結婚や出産と転職のタイミングの関係は?

結婚や出産と転職のタイミングは、多くの女性が頭を悩ませる問題ですが、ベストな時期は状況によって異なるというのが正直なところです。

なぜなら、結婚の場合、相手によって置かれる状況が異なり、望む望まざるにかかわらず、退職や転職を余儀なくされるケースがあるためです。

これは出産も同様で、計画どおりになるほうが少ないくらいで、思いがけず妊娠する場合もあれば、その逆でなかなか子宝に恵まれずに仕事を辞めて妊活に励む方もいます。さらには出産後に、保育園に入れないなど様々な理由で退職を余儀なくされる場合もあります。

もし、結婚や出産で退職せざるをえない状況になり、将来的には復職を希望する場合には、休んでいるあいだに新たに仕事に役立つ資格を取得したり、子育ての経験を活かした分野に転職したりするなど、前向きに考えましょう。

ライフサイクル別・転職にベストなタイミングとは?

続いて、年齢やライフイベント別に、女性が転職するのにベストな時期を検証していきましょう。

20代で転職するなら

現在、人手不足が深刻な状況で、中小企業などを中心に、新卒だけでは必要な人材を確保できないケースが増えています。そうした企業がターゲットにするのが、いわゆる「第二新卒」といわれる人材です。

第二新卒とは、学校を卒業後1~3年で、転職を志す人たちのことで、大卒の方の場合、年齢にすると25歳前後ということになります。

第二新卒の採用に企業が積極的なのは、必要な若年層の人材確保ができるとともに、新卒ほど教育の手間がかからないという理由があります

もし、社会に出た後にキャリアプランが変わった、30歳を過ぎても今の会社で働き続ける自分を想像できないといった場合には、この第二新卒と呼ばれる年齢で転職をするのが一つの選択肢として考えられます。

30代で転職するなら

30代からの転職は、未経験分野での転職と経験のある分野への転職で、ベストなタイミングが変わってきます。もし、未経験分野への転職を希望する場合には、早ければ早いほうが良いといえます。

もちろん、個人の能力差はありますが、一般的に20代のほうが知識や技術の吸収が速く、より成長の余地があると判断されることが多いためです。

また、経験分野への転職の場合、現場で即戦力として活躍することを望んでの転職なら30代前半が、管理職も視野に入れての転職なら、前職で管理職としてのスキルを身に付けた30代後半がベストなタイミングだと考えられます。

結婚をきっかけに転職するなら

結婚する場合には、結婚後にパートナーの仕事の関係で、退職や転職をせざるをえない場合があります。

そうした外的要因とは別に、残業が多くハードな仕事に就いていて、この先、ワークライフバランスをとることが難しいと判断した場合には、早めに転職するのもひとつの選択肢です。

出産をきっかけに転職するなら

企業によっては、入社後1年未満の育児休業が認められていないケースや、都市部では、保育園不足が深刻な状況で、仕事が続けられない場合もあります。また、子供が小さいうちは、急に仕事を休まなければならないことも多いため、企業が採用を敬遠する可能性もあります。

そのため、出産後の転職は、子育てがある程度落ち着いてからするのがおすすめです。

一年の中で転職・退職しやすい時期はある?

一年の中で、特に中途採用が活発になる時期は、3月と9月といわれています。

この時期は、年度の切り替えに伴う退職者の補充が必要であったり、新規プロジェクトの開始時期であったりするため、企業において中途採用のニーズが高まるのです。

次いで求人が多いのは、夏のボーナス後に退職する従業員の補充を行う6月となっています。転職を考えているなら、この時期を狙うと選択肢が増えるでしょう。

自分にとって働きやすい職場を見つけよう

よく、転職を希望する際には「働きやすい職場を見つけよう」といわれます。しかし、独身の女性と子育て中の女性では働きやすさの基準が違いますし、年齢によっても企業に求めるものは変わってきます。

様々な「働きやすさ」がある中で、今の自分にとって働きやすい会社はどんな会社なのかを考え、それに合った転職先を選ぶことが大切です。

 関連ページ

女性のライフスタイルに合わせた転職のベストタイミングは?に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。