不動産営業の仕事とは?仕事内容と種類・向いている人の特徴|求人・転職エージェント

営業職の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

不動産営業の仕事とは?
仕事内容と種類・
向いている人の特徴

営業職向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

不動産営業というと、マンションや戸建てなどの分譲住宅を販売する仕事、賃貸住宅の仲介をする仕事というようなイメージが浮かぶと思います。他にもどのような仕事があるのか、具体的な仕事内容や、不動産営業の魅力についてまとめました。
不動産営業へのジョブチェンジを考えている方は、自分に合っている仕事かどうかを考える手がかりにしてください。

不動産営業の3つの種類と仕事内容

不動産営業には、主に3つの種類があります。
一口に不動産営業といっても、この3つのどれに該当するのかによって実際の仕事内容は変わります。

1.不動産賃貸仲介

不動産賃貸仲介は、賃貸マンションや賃貸アパート、賃貸オフィスなどに入居したい人と、物件の大家や管理会社とのあいだに立って契約を進めます。文字どおり、不動産の賃貸を仲介する仕事です。
入居希望者に物件の紹介をする他、多くの場合、内見の付き添いや契約手続きなども、不動産賃貸仲介の営業担当者が一貫して行います。

不動産賃貸仲介の営業は、基本的に「部屋を借りたい」という希望を持ってお店を訪ねてきた人に対して、営業活動を行います。そのため、まったくその気がない人に飛び込みで営業をかけるといった仕事はありません。
個別に重いノルマが課されることもそれほどないことから、ヘビーな営業職は避けたいという人にも適しています。

2.不動産販売

不動産販売の仕事は、自社で保有している住宅などの不動産を販売します。
不動産販売は、不動産賃貸仲介とは異なり、「買いたい」と顧客側から言ってくるのを待つのではなく、積極的に自分から営業活動を行います。

不動産販売の仕事では、多くの場合、ノルマが設定されることになります。
契約が決まれば高いインセンティブが得られることも多く、やりがいのある仕事です。反面、取り扱う商品が高額であることから、すぐに買い手がつくわけではありません。
成績を上げるためには、一定以上の営業能力や工夫が必要になります。

3.不動産販売仲介

不動産販売仲介は、個人や企業が保有している不動産の買い手を探すのが仕事です。不動産を売りたい人と買いたい人を結ぶ仕事だといえるでしょう。

不動産販売仲介では、自社物件を販売するわけではありませんから、まずは、売却希望の不動産を見つける必要があります。ここが、他の不動産営業との大きな違いです。
また、物件の販売にあたっては、契約やローンの締結など、最後まで売り手と買い手のあいだに立って、スムーズに手続きを行う仲立ちをします。

不動産の仕入れや土地の購入などの仕事をすることもある

不動産営業の仕事は主に上記の3つとなりますが、中には転売用の不動産の仕入れや開発用の土地の購入といった仕事も含まれる場合があります。
転職先の具体的な仕事内容を知りたい場合は、その会社が不動産分野でどのような仕事をしているのか、また、どの部門が求人を出しているのかをチェックしましょう。

不動産営業への転職を目指している方へ
転職のプロがあなたの転職活動をサポートします

不動産営業が取り扱う5つの商品

不動産営業の仕事では、不動産を商材として取り扱うことになります。
不動産営業が扱う不動産の種類は、大きく5つに分けられます。扱う商材によって対象となる顧客の種類も変わってくるため、取扱商材についても理解しておきましょう。

1.居住用マンション

居住用マンションは、契約者本人が住むための住居としての物件のことで、どの種類の不動産営業でも取り扱っています。
不動産賃貸仲介の場合は「賃貸マンション」、不動産販売や不動産仲介販売の場合は「分譲マンション」とも呼ばれます。

2.投資用マンション

投資用マンションは、購入後、賃貸に出すことで利益を得ることを目的とした物件で、不動産販売の仕事で取り扱うことが多いでしょう。なお、マンションは高額な物件ですから、投資用の場合も1戸単位で販売するのが一般的です。

3.居住用戸建て

居住用戸建ては、自分が住むための戸建て物件です。不動産販売や不動産仲介販売で取り扱うことが多い物件ですが、賃貸用の戸建ても存在しています。
すでにできている戸建てを販売するケースの他、これから建設予定の戸建てを販売することもあります。

4.オフィス

オフィス物件も、不動産賃貸仲介で取り扱うことがあります。居住用マンションや戸建てが個人を顧客とするのに対し、オフィスの場合は、法人や店舗経営者などが顧客となります。

5.投資用1棟マンション・アパート

投資用1棟マンションやアパートは、1棟ごとに販売する商材です。すでにできているマンションやアパートの販売の他、土地の保有者や富裕層に対して、マンション・アパート建設による投資をすすめるケースもあります。

不動産営業の5つの魅力

不動産営業の仕事には、5つの大きな魅力があります。他の仕事に比べてどのような点が魅力的なのか、ご紹介します。

1.大きな仕事ができる

不動産販売は、数千万円から数億円という大きな金額を動かす仕事です。また、「衣食住」という言葉もあるとおり、住む場所というのは、その人の生活に大きな影響を与えるものです。
自分の仕事の成果が大きな金額や顧客の生活の充実という、わかりやすい形で見えるというのは、不動産営業の大きな魅力のひとつです。

2.成果に応じたリターンが得られやすい

不動産販売や不動産販売仲介では、成果に応じたリターンを得やすいため、入社後、結果を出せばすぐに高額な給与を得ることも可能です。

3.様々な物件が見られる

不動産を顧客にすすめるためには、物件を自分自身の目で見て、魅力を理解する必要があります。不動産が好きで、物件を見るのが楽しいという人にとって、これは大きなメリットになるでしょう。

4.自然と専門知識が身に付く

不動産や住宅ローン、税金などについて、仕事をする中で自然と知識が身に付いていきます。また、宅地建物取引主任者などの資格取得支援を行っている会社もあります。

5.いろいろな人と出会える

不動産の販売や仲介は、顧客の生活と密接に関わる仕事です。その場限りではなく、契約までのあいだ、継続的な関係を結ぶことになりますから、人と接するのが好きな人にもおすすめです。

不動産営業が向いている人の資質とは?

不動産営業が向いているのは、前向きでポジティブに仕事に取り組める人です。
特に、次のような資質を持った人は、不動産営業に適しているといえるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

不動産営業では、顧客のニーズをヒアリングして、それに適した物件を紹介する必要があります。そのためには、一定のコミュニケーション能力が必須です。

仕事への熱意が高い

不動産営業は、簡単な仕事ではありません。熱意を持って自ら動く姿勢がなければ、不動産営業として活躍することは難しいでしょう。

土日休みにこだわらない

不動産営業は、一般の人が休みの土日や祝日に忙しくなります。そのため、土日休みにこだわる人は、不動産営業には向きません。

不動産営業になるためには?

不動産営業は、未経験でも飛び込みやすい仕事です。入社後に資格取得支援制度を利用できる会社もありますから、まずは業界に飛び込んでみるというのもひとつの方法です。

ただし、不動産営業は、取扱物件や会社の業務内容によって、具体的な仕事内容が大きく異なります。不動産営業を志す場合、自分が希望する仕事と転職先の仕事内容が合致しているかどうか、十分検討する必要があります。

希望に合った仕事を見つけるためには、転職エージェントの利用が便利です。
これまでの実績を活かせる仕事に転職したい方はもちろん、不動産営業として未経験から育ててもらえる職場を探している方も、転職エージェントを活用することで適した職場を紹介してもらえます。

不動産営業を目指すなら、まずは具体的な希望職種を考えよう

不動産営業を目指すのであれば、まず、不動産賃貸仲介、不動産販売、不動産販売仲介のどれを希望するのかを考えましょう。それぞれ異なる特徴とメリットがありますから、自分に合った職種を選ぶことが転職の成功につながります。
不動産業界に就職したいけれど、自分のスキルを活かせる職場がどのようなところかわからないという方は、マイナビエージェントにご相談ください。業界に詳しいキャリアアドバイザーが、ヒアリングをもとにご希望に合わせた仕事をご紹介しています。

 関連ページ

不動産営業の仕事とは?仕事内容と種類・向いている人の特徴に関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。