広告営業とはどんな仕事?やりがいや求められるスキルを紹介|求人・転職エージェント

営業職のノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

仕事内容から考える!
広告営業に向いているのはどんな人?

営業職向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

インターネットの発達により、広告のニーズや在り方も様々な変化を見せています。現在、広告業界ではどのような人材が必要とされているのでしょうか?

ここでは、広告業界の特徴や魅力、広告営業という仕事のやりがい、どのような人が広告営業に向いているかについてご紹介します。

広告業界を構成する企業

テレビやインターネット、電車、新聞折り込みなど、私たちは毎日の生活の中で様々な「広告」を目にしています。このような広告を作っているのが、「広告業界」に属する企業です。

現在の広告業界を構成するのは、「広告代理店」と「メディア運営企業」の2つに大別することができます。それぞれどのような特徴があるか、詳しく見ていきましょう。

広告代理店

広告代理店の仕事は、クライアントとメディアとをつなぐ、架け橋として機能することです。

「自社の印象を変えたい」「顧客層を拡大したい」など、クライアントが持つ課題を、広告を通じて解決することが広告代理店の役割となります。テレビや雑誌、新聞、ラジオなど、様々なメディアが持つ広告枠の中から適したものを提案します。

メディア運営企業

メディア運営企業とは、クーポンサイトや飲食店予約サイト、各種情報サイトなど、自社でメディアを持っており、そのサイトに広告を出稿してもらう形で広告収入を得ている企業のことです。インターネットはもちろん、自社で発行しているフリーペーパーなどの広告枠を販売する企業もあります。

広告代理店の営業のおもしろさ

広告代理店営業のおもしろさとして、クライアントに合わせた様々な提案ができる点が挙げられます。商材に適した広告戦略を打ち、その広告が話題を集めることができれば、クライアントやその先の人々に大きなインパクトを与えることができるでしょう。

また、広告を出すメディアが複数にわたるため、様々なメディアと関わることができるというおもしろさもあります。メディアの性質に合わせて提案することができるのも、広告代理店営業の魅力のひとつといえるでしょう。

自社メディアの広告営業のおもしろさ

自由度の高い広告戦略をとることができる点が、自社でメディアを持つ広告営業のおもしろさといえます。自社メディアならではの自由度を活かし、クライアントの要望に応えて広告展開をしていくことで、顧客満足度を高めることもできるでしょう。

メディア運営チームと連携して企画を行うなど、メディア自体の価値を高める仕事にも関わることができるため、「自社の運営しているメディアが好き!」という人にとっては、非常にやりがいのある仕事といえます。

広告営業に必要なスキル

広告営業に向いているのは、どのような人なのでしょうか。ここからは、広告営業として活躍するために必要なスキルについてご紹介します。

コミュニケーションスキル

広告営業におけるコミュニケーションスキルとは、単純に「盛り上げるのがうまい」「人と話すのが好き」という意味ではありません。

広告営業は、クライアントの要望をヒアリングした上で、最も効果の高い広告を提案する仕事です。そのため、「顧客の要望を引き出す力」や「相手の意見を理解する力」などが、広告営業におけるコミュニケーションスキルといえます。

自分の話を聞かせるのではなく、相手の話を聞き、それに対して期待以上の提案ができるような広告営業を目指しましょう。

情報伝達スキル

クライアントから聞き取った要望や情報は、自社メディアの運営担当者や広告作成チーム、または他社のメディア担当者などに的確に伝える必要があります。また、クライアントに対して「できること・できないこと」を伝えたり「作成した広告の意図」などを説明したりする必要もあるでしょう。

広告営業は、クライアントと制作チームをつなぐ役割を担っているため、正確でわかりやすい情報伝達スキルが必須となります。

スケジュール管理能力

広告は、クライアントやメディア担当者、デザイナー、コピーライターなど、複数の人で協力して作り上げるものです。広告営業はその架け橋となる存在ですから、各担当者のスケジュールを管理し、円滑に業務を進めるための進行管理を行う能力が不可欠です。

判断力

クライアントの要望にマッチした広告手法が何か判断できなければ、適切な広告提案はできません。
自身で判断ができず、曖昧な返答をするようでは、クライアントからの信頼を得ることはできないでしょう。

広告営業の仕事内容は多彩

広告営業は、関係各所へのヒアリングや提案、スケジュール管理、コスト管理といった、様々な能力が必要な仕事です。広告代理店の営業か、メディア運営企業の営業かによっても、仕事内容は変わってきます。

広告営業に興味がある人は、自分の目指したい方向ややりたい仕事を意識して、企業を選ぶといいでしょう。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。