広告業界の仕事内容や魅力とは?必要なスキルや向いている人はどんな人?|求人・転職エージェント

営業職のノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

広告業界の仕事内容や魅力とは?
必要なスキルや向いている人はどんな人?

営業職向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

インターネットの発達により、広告のニーズや在り方もさまざまな変化を見せています。現在、広告業界ではどのような人材が必要とされているのでしょうか?
ここでは、広告業界の特徴や魅力、広告営業という仕事のやりがいや、どのような人が広告営業に向いているかについてご紹介します。

1.広告業界における仕事内容の特徴・魅力とは?

広告とは、企業の商品・サービスなどの魅力を広く情報発信し、消費者の購買欲を促進するためのコミュニケーション活動です。
広告業界の仕事には、営業、プランナー、クリエイティブと多様な職種がありますが、クライアントの要望に応えて抽象的なイメージを具体的な広告として形にしていくプロセスに携わることができるのが魅力だといえます。

また広告業界の仕事は、クライアントをはじめ、媒体関係者や制作会社など多くの業界や業種の方と連携するという特徴があります。他の業界や業種では、広告業界ほど幅広い業界・業種の方たちと仕事をするチャンスはないのではないでしょうか。

近年はインターネットやスマホなどの普及によって、消費者もSNSなどを通じて情報を発信できるようになり、広告は企業と消費者の双方向コミュニケーションツールの役割も担うようになりました。広告は流行やトレンドを発信することによって、社会や消費者の価値観に影響を与えることもあります。

自分が関わった広告が消費者の目に触れ、その効果によって商品の購入の増加や企業の知名度の上昇といった結果につながったり、流行やトレンドの発信に関わったりできるのは広告業界で働く方にとっての魅力であり、やりがいにもつながります。

2. 広告代理店営業のやりがい

広告代理店営業のおもしろさとして、クライアントに合わせたさまざまな提案ができる点が挙げられます。商材に適した広告戦略を打ち、その広告が話題を集めることができれば、クライアントやその先の人々に大きなインパクトを与えることができるでしょう。

大企業や行政などがクライアントの場合、大規模キャンペーンや大型イベントといったスケールの大きな仕事に携わることができる可能性もあります。そうした仕事に関わることも、世の中にインパクトを与えることができますから、やりがいを感じることができるのではないでしょうか。

また、広告を出すメディアが複数にわたるため、さまざまなメディアと関わることができるというおもしろさもあります。メディアの性質に合わせて提案することができるのも、広告代理店営業の魅力の一つといえるでしょう。

3. 自社メディアの広告営業のやりがい

自由度の高い広告戦略をとることができる点が、自社でメディアを持つ広告営業のおもしろさといえます。自社メディアではスピード感を持った対応ができることから、クライアントのニーズを即座に反映した広告展開を提案することができます。自社メディアならではの自由度を活かし、クライアントの要望に応えて広告展開をしていくことで、顧客満足度を高めることもできるでしょう。

メディア運営チームと連携して企画を行うなど、メディア自体の価値を高める仕事にも関わることができるため、「自社の運営しているメディアが好き!」という方にとっては、非常にやりがいのある仕事といえます。

4.広告業界が求めている人材や、広告営業に向いている人の特徴は?

めまぐるしい変化や新しい技術に対応していかなければならない広告業界には、どのような人材が求められ、どういった特徴を持った方が向いているのでしょうか?

4.1 コミュニケーション能力が高い

広告制作の仕事は、クライアントを初め、社内外のさまざまな職種の人たちと連携・協力して進めていかなければなりません。したがって、コミュニケーション能力の高さは、広告業界に欠かすことのできない資質の一つです。
特に広告営業職では、多くの関係者を取りまとめながら、業務を滞りなく進める力が求められます。

4.2 世の中の動向に敏感である

広告は、世の中の最新動向やトレンド、情報などを反映したものでなければなりません。ですから、新しいものへの好奇心が強く、流行に敏感である人は広告業界に向いているといえるでしょう。

4.3 好奇心やチャレンジ精神が旺盛である

広告業界は、常に新しい技術や試みを取り入れながら変化し、成長し続けている業界です。次々と登場する革新的な技術に対する好奇心が強く、それらを新たな時代の広告に取り込んでいこうというチャレンジ精神は、これからの広告業界ではより一層求められていくことは間違いないといえます。

4.4 フットワークが軽い

先ほども述べたように、広告制作には多くの関係者が携わるので、その調整や打ち合わせなどをこまめに行う必要があります。ですから、フットワークが軽い方も、広告業界向きだといえるでしょう。

キャリア・転職についての不安や悩み、
営業職選任のアドバイザーにお話しください

5. 広告営業に必要なスキル

広告業界が求めている人材や向いている方の特徴をお伝えしましたが、ここからは、広告営業として活躍するために必要なスキルについてご紹介します。

5.1. コミュニケーションスキル

広告営業におけるコミュニケーションスキルとは、単純に「盛り上げるのがうまい」「人と話すのが好き」という意味ではありません。
広告営業は、クライアントの要望をヒアリングした上で、最も効果の高い広告を提案する仕事です。そのため、「顧客の要望を引き出す力」や「相手の意見を理解する力」などが、広告営業におけるコミュニケーションスキルといえます。
自分の話を聞かせるのではなく、相手の話を聞き、それに対して期待以上の提案ができるような広告営業を目指しましょう。

5.2. 情報伝達スキル

クライアントから聞き取った要望や情報は、自社メディアの運営担当者や広告作成チーム、または他社のメディア担当者などに的確に伝える必要があります。
さらに、クライアントに対して「できること・できないこと」を伝えたり「作成した広告の意図」などを説明したりする必要もあるでしょう。
広告営業は、クライアントと制作チームをつなぐ役割を担っているため、正確でわかりやすい情報伝達スキルが必須となります。

5.3. スケジュール管理能力

広告は、クライアントやメディア担当者、デザイナー、コピーライターなど、複数の人で協力して作り上げるものです。広告営業はその架け橋となる存在ですから、各担当者のスケジュールを管理し、円滑に業務を進めるための進行管理を行う能力が不可欠です。

5.4. 判断力

クライアントの要望にマッチした広告手法が何か判断できなければ、適切な広告提案はできません。
自身で判断ができず曖昧な返答をするようでは、クライアントからの信頼を得ることはできないでしょう。

6. 広告業界を構成する企業

テレビやインターネット、電車、新聞折り込みなど、私たちは毎日の生活の中でさまざまな「広告」を目にしています。このような広告を作っているのが、「広告業界」に属する企業です。
現在の広告業界を構成するのは、「広告代理店」と「メディア運営企業」の2つに大別することができます。それぞれどのような特徴があるか、詳しく見ていきましょう。

6.1. 広告代理店

広告代理店の仕事は、クライアントとメディアとをつなぐ架け橋として機能することです。
「自社の印象を変えたい」「顧客層を拡大したい」など、クライアントが持つ課題を、広告を通じて解決することが広告代理店の役割。テレビや雑誌、新聞、ラジオなど、さまざまなメディアが持つ広告枠の中から適したものを提案します。

マイナビと日本経済新聞社が共同で実施している「2020年卒 大学生就職企業人気ランキング」の業種別ランキングを見てみると、マスコミ(放送・新聞・出版・広告・芸能)部門で、博報堂/博報堂DYメディアパートナーズが第2位、電通が第4位となっています。

クリエイティブで華やかなイメージが強い広告業界は就活生に人気が高いですが、中でも博報堂、電通という大手広告代理店のトップ2は高い人気を誇っています。

6.2. メディア運営企業

メディア運営企業とは、クーポンサイトや飲食店予約サイト、各種情報サイトなど、自社でメディアを持っており、そのサイトに広告を出稿してもらう形で広告収入を得ている企業のことです。インターネットはもちろん、自社で発行しているフリーペーパーなどの広告枠を販売する企業もあります。

立地条件や顧客ターゲットを踏まえた販促、集客支援のための提案を行い、自社メディアへの広告掲載の優位性や反響の大きさなどをアピールすることによってクライアントの獲得を目指します。

7. 進化し続ける広告業界

広告業界は、さまざまなテクノロジーの登場によって、日々進化し続けています。
ここでは、広告業界を取り巻く状況について、「インターネット広告」、「動画広告」、「アドテクノロジー」の3つの観点から見ていきましょう。

7.1. インターネット広告の増加

インターネット広告とは、インターネット上のウェブサイトや電子メールに表示される広告のことです。具体的には、画面に表示される「バナー広告」、検索結果に連動して表示される「リスティング広告」、YouTubeなどの動画メディアで映像に差し込まれる形で表示される「動画広告」などをいいます。皆さんも、インターネットを利用する際に、毎日のように目にしているのではないでしょうか。

近年、私たちがパソコンやタブレット、スマホなどを利用する時間は増えてきています。
広告は、より多くの方の目に触れる媒体に出すのが効果的ですから、広告も新聞やテレビといった既存の媒体からインターネットにシフトし、インターネット広告市場が急激に拡大しているのです。
総務省の「平成30年版情報通信白書」によれば、インターネット広告費は2006年の0.5兆円が2017年には1.5兆円と、10年余りで3倍にも増加しています。

このようにインターネット広告が拡大していることから、広告業界で働く方にとっては、デジタルマーケティングに関する知識が欠かせないものとなってきています。

デジタルマーケティングとは、ウェブサイトやスマホ、アプリといったさまざまなデジタルチャネルを使って集めたデータを活用したマーケティング手法です。複数のチャネルを連動させ、消費者の反応のデータを迅速に入手・分析できることから従来とは異なるマーケティング手法として注目されています。

7.2. 広告における動画の重要性

動画広告とは文字通り動画を利用した広告で、YouTubeなどの動画メディアで、再生したい映像に差し込まれる形で表示されるもの。
スマホ利用者の増加や動画サービスの拡大などを背景に、動画広告市場も拡大してきています。
動画広告には以下に挙げるメリットがあることから、広告における重要性は非常に大きなものになってきています。

  • 文字情報や静止画像よりも印象に残りやすい
  • 商品やサービスの使用イメージが具体的に伝わり、購買意欲を高めることができる
  • 視覚と聴覚に訴えかけることで、より興味・関心をひくことができる

7.3. 急速に進化するアドテクノロジー

インターネット広告の増加に伴い、急速に進化を遂げているのが「アドテクノロジー」です。
アドテクノロジーとは、アドバタイジングテクノロジーの略で、インターネット広告に関するシステムをいいます。

簡単に言うと、インターネット広告の配信効果をより高めて最適な人に配信したり、媒体への広告掲載効果をより高めてクライアントに広告枠を購入してもらったりするためのシステムということです。

アドテクノロジーは、クライアント・媒体・ユーザーそれぞれに大きなメリットをもたらしてくれます。
クライアントにとっては、広告の効果測定ができることから投資対効果が把握しやすく、最適化がしやすくなります。媒体側では、コンテンツ特性を生かした広告が多く掲載されることになるため、収益を上げやすくなるのです。また、ユーザーにとっては、自分に有益な広告が表示される機会が増えることになります。

8. 広告代理店の種類や違い

広告代理店は、取り扱う媒体の範囲や手がける業務の内容の違いから、大きく3種類に分類されます。
以下、それぞれの特徴や違いについて、詳しく見ていきましょう。

8.1.総合広告代理店

総合広告代理店は、テレビや新聞、雑誌などを中心にあらゆる広告媒体を取り扱う広告代理店です。

企画から制作までトータルに対応できるため、クライアントの希望に合わせた広告を制作することが可能です。複数の広告媒体を連動させ、大々的なメディアミックス型の広告展開を実施する場合は、総合広告代理店に依頼するといいでしょう。
また、総合広告代理店は広告戦略のノウハウも豊富であることから、クライアントは広告戦略のアドバイスを受けることもできます。

8.2. 専門広告代理店

専門広告代理店とは、雑誌広告、屋外広告、また最近ではインターネット広告など、特定の広告媒体に特化した広告代理店のことをいいます。

総合広告代理店のように、複数の媒体を用いた広告展開への対応は難しいですが、特定の広告媒体に広告を出したい場合は、それぞれの専門的なノウハウを生かして、費用対効果の高い提案を行えることが強みといえるでしょう。

8.3. インターネット広告代理店

インターネット広告代理店は専門広告代理店の一種で、クライアントと媒体企業との仲介を行うインターネット広告に特化した広告代理店です。クライアントがインターネット広告を活用して売上げや認知度を高めたり、店舗への集客を高めたりするために、どういった媒体にどういった広告を運用するかを提案します。

最近では、マスメディアよりもインターネットに触れる時間が多い消費者が増えてきていることから、広告もマスメディアからインターネットへ出稿がシフトしています。これに伴って、インターネット広告代理店の企業も増えてきているのです。

9. 広告営業の仕事内容は多彩

広告営業は、関係各所へのヒアリングや提案、スケジュール管理、コスト管理といった、さまざまな能力が必要な仕事です。広告代理店の営業か、メディア運営企業の営業かによっても、仕事内容は変わってきます。
広告営業に興味がある方は、自分の目指したい方向ややりたい仕事を意識して、企業を選ぶといいでしょう。

この記事の監修者


この記事の監修者

宇佐美 毅

株式会社マイナビ所属。エージェント歴15年。キャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザー双方を経験し、現在もプレイングマネジャーとして、15年間絶えずアドバイザー業務を続けており、IT/メーカー/商社/サービス/医療業界と多岐にわたる転職支援実績があります。常に先入観をもたずに面談し、その方にとって最適なキャリアプランをご提案しています。

株式会社マイナビ所属。エージェント歴15年。キャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザー双方を経験し、現在もプレイングマネジャーとして、15年間絶えずアドバイザー業務を続けており、IT/メーカー/商社/サービス/医療業界と多岐にわたる転職支援実績があります。常に先入観をもたずに面談し、その方にとって最適なキャリアプランをご提案しています。

仕事内容から考える!広告営業に向いているのはどんな人?に関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。