転職を成功に導く職務経歴書の作り方。書き方の種類やポイントを紹介|求人・転職エージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

転職を成功に導く
職務経歴書の作り方。
書き方の種類や
ポイントを紹介

職務経歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

転職にまつわる書類づくりでも、悩みの種となるのが「職務経歴書」です。どんな形式を選び、どのように書けば採用担当者の心に響くのか…。転職志願者にとっては頭の痛いところでしょう。

ここでは、職務経歴書の選び方や、書くときのポイントについてご紹介します。

職務経歴の書き方は「編年体」「逆編年体」「キャリア式」

職務経歴書には、主に「編年体」「逆編年体」「キャリア式」という3つのフォーマットがあります。どれが良いという決まりはありませんから、「自分に合うフォーマットはどれか」と悩んでしまう方もいるでしょう。

ここでは、職務経歴書の3つのフォーマットそれぞれについてご紹介いたします。

職務経歴の書き方1「編年体」

編年体とは、社会人としてのキャリアをスタートさせてから、これまでどんな仕事を経験してきたのかを、時系列に沿って書いて行く方法です。履歴書と照らし合わせながら読むことができますので、見やすい形式となっています。多くの方にとって編年体がキャリアを整理して記載しやすく、おすすめのフォーマットとなります。

職務経歴の書き方2「逆編年体」

逆編年体は、編年体の逆ですから、現在から過去へ向けて時系列で仕事の経験を書いていきます。このフォーマットが向いているのは「現在の仕事内容と、応募する仕事内容が似通っている場合」や「社会人経験が長く、書き込む事項が多いが、直近の経験をアピールしたい場合」となります。

職務経歴の書き方3「キャリア式」

たとえば、営業2年、庶務3年、また営業2年…といった経歴の場合、編年体や逆編年体で書くと、効果的にキャリアを伝えるのが難しくなります。そこで、職務経験を分野別にまとめて記入するのが、このキャリア式です。業務内容ごとに経歴をまとめるので、「やってきたこと」や「得意分野」が伝わりやすくなります。

このフォーマットが向いているのは、「転職回数が多い場合」や「技術職などスキルをアピールしたい場合」などになります。

職務経歴書を記入する際のポイント

職務経歴書のフォーマットが決まったら、あとは自身のこれまでを振り返りながら、各項目を埋めていきます。
職務経歴書の書き方は自由といっても、「タイトル(職務経歴書)」「氏名」「日付」「職務要約」「職務経歴」など、必ず入れるべき項目はあります。

ここでは各項目をどのように埋めれば良いのか、そのポイントをご紹介します。

「職務要約」のポイント

職務経歴書にタイトル、氏名、日付を書いたら、次は職務要約です。これは、職務経歴の詳しい内容を簡潔にまとめたもので、小説でいうと「あらすじ」にあたります。実はこの職務要約が職務経歴書のキモとなります。というのも、どんなに詳細に職務経歴が書いてあっても、最初はここしか見ない採用担当者が多いといわれているのです。

内容としては、現在の職場に至るまでの会社名、勤続年数、業務内容を簡潔にまとめます。文量でいえば、せいぜい3、4行です。ダラダラと書いていては、要約の意味がありません。さらに、新しい職場への意欲をさりげなく付け加えてまとめれば完璧といえるでしょう。

「職務経歴」のポイント

職務経歴を記入する前に、まずはひとつの会社ごとに、入社から退社までの部署、仕事内容などを書き出していきましょう。ここで大切なのは、あまり伝えたくないキャリアでも正直にリストアップすることです。

思い出せない場合は、過去の手帳、スケジュール帳などをチェックします。また、携帯やパソコンの過去メール、写真なども良い手掛かりになります。

記入した会社が異業種だったり、ネットにあまり情報がなかったりという場合は、どんな企業なのか、採用担当者にわかってもらえない場合も想定されます。簡単で構いませんから、「業種」「事業内容」「従業員数」「売上高」などを書き添えるようにしましょう。

「知識・スキル」のポイント

エンジニアやクリエイティブ、あるいは事務職などでは特に、知識・スキルのパートが重要です。職種によっては、ここが採用のポイントとなる場合があります。記入の際には、具体的に使えるツール、ソフトウェア、開発言語、環境、語学力などを書き込みましょう。

「パワーポイントは顧客先への提案で日常的に利用しました」「英語はTOEIC670点で、海外とのやりとりは難なくこなせます」といったように、どの程度の知識やスキルなのかが伝わるような形が理想的です。

「自己PR」のポイント

キャリア豊富な社会人の場合は、「職務経歴」そのものがウリになりますが、社会人経験が浅い場合、重要になってくるのが「自己PR」です。「自分で自分のことを言うのはどうも…」という気持ちもわかりますが、ここは新しい仕事を得るのが目的です。積極的に意欲や姿勢をアピールしましょう。

とにかく「見やすさ」が第一!

長すぎる職務経歴書は読んでもらえません。どんなに豊富なキャリアの持ち主でも、内容はA4サイズ2~3枚にまとめましょう。また、とにかく見やすい書類を作るのが第一です。作り終えたら、家族や友人に見せて「ダメ出し」をしてもらうことも大切です。

マイナビエージェントでは、応募する職種に詳しいキャリアアドバイザーが担当となり、その職種に適した職務経歴書になるよう、適切なアドバイスをする「添削サービス」を行っております。書類審査に応募する前に、ぜひ一度ご相談ください。

 関連ページ

押さえておきたい職務経歴書の基本

職務経歴書の書き方マニュアルページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。