プログラマーに資格は必要?転職にも役立つ取得メリットをご紹介|求人・転職エージェント

更新日:2022/05/25

IT業界

プログラマーに資格は必要?転職にも役立つ取得メリットをご紹介

it_programmer_shikaku.jpeg

プログラマーを目指している、あるいは、プログラマーとしてさらなるキャリアアップを目指したい。
そんな方が気になるのは、プログラミングに関する資格についてではないでしょうか。

プログラミングの資格は数多くあります。何を学び、何を身に付けることができるのか。
ここでは、プログラマーとして働く際に、持っておいたほうがいい資格についてご紹介します。

プログラマーの仕事内容や求められるスキルについては、こちらもご覧ください。

目次

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

プログラマーに資格は本当に必要か?

そもそも、プログラマーに資格は必要なのでしょうか。
プログラマーの仕事は、プログラミング言語を用いてプログラムを組み、システムやソフトウェアを作ることです。

そのため、実務を確実にこなすことができれば、特に資格や免許がなくても働ける、経験重視の職業であるという声もあります。
とはいえ、やはり資格があれば、プログラマーとしての実力を客観的に提示することができます。
企業に就職する際やフリーランスであれば仕事を請け負うためのプレゼン時などに有利であるといえるでしょう。

また、資格を取るために勉強することで、プログラミングの技術を体系的に学ぶことができるので、断片的になってしまいがちな知識の理解を深めることができ、自身のスキルアップにもつながります。
プログラミングの資格のための勉強を続けることで、日々進歩を続けるプログラミングの技術や知識をアップデートするのにも役立ちます。

資格取得で得られる主な2つのメリット

メリット1.客観的にスキルを証明できる

プログラマーになるために必要な資格はありません。
しかし、資格を持っていると、どれだけの専門知識を有しているのかを証明することができます。
より専門的な求人の場合、特定の資格もしくは特定の資格相当の知識を持っている事で、採用されやすいという例もあります。

転職の際にアピールする事ができるので、プログラマーやITエンジニアなどのIT職種を考える場合には、資格取得をおすすめします。

メリット2.仕組みや関連内容を順序立てて習得できる

プログラミングの資格勉強では、プログラムについての知識はもちろんのこと、プログラミング言語によってはサーバーやブラウザ、データベースとの連携方法など、実務に必要となる仕組みについて学ぶことが出来ます。

情報処理系の資格勉強では、コンピューターの基礎やセキュリティ、マネジメントや法律など、試験範囲が多岐にわたるものが多いので、IT職種に従事する上で必要な知識を網羅できるでしょう。

プログラマーに取得をおすすめする資格

ここからは、プログラマーにおすすめの資格を、7つピックアップしてご紹介します。

ITパスポート試験

ITパスポート試験は、ITに関連する基礎的な知識があることを証明する国家試験です。
プログラミング言語に関する資格というわけではありませんが、IT業界に関わるプログラマーとして持っておきたい資格といえます。

セキュリティやネットワークといった、ITに関する基本的な知識をはじめ、AI、ビッグデータ、IoTなどの新しい技術や、アジャイル(柔軟で効率的に、迅速なソフトウェア開発を行う手法)などの新しい手法、経営戦略、マーケティングといった経営全般に関すること、プロジェクトマネジメントの知識など、ITに関わるあらゆる分野の総合的な知識を問われます。

ITパスポート試験の学習によって、ITについて正しく理解し、最低限知っておくべき知識を身に付けることができるでしょう。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、「情報処理の促進に関する法律」に基づいて経済産業省が認定している国家試験です。
情報処理技術者としての知識や技能が一定以上の水準であることを問われるもので、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が運営を行っています。

未経験からプログラマーを目指す方には、特に取得をおすすめする資格です。
特定のプログラミング言語やソフトウェアに関する内容の試験ではなく、情報処理の基礎の理解や、情報技術の原理・知識・技術について幅広く総合的に評価されます。

上級資格として、応用情報技術者試験があり、こちらでは技術のみならず、管理や経営など、幅広い知識と応用力が問われます。

PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験は、PHP技術者認定機構が行っているプログラミング言語PHPの認定試験です。
PHPは、Webアプリケーションの開発に多くの割合で採用されているプログラミング言語です。

日本ではWeb業界の開発で採用されていることが多いため案件数も群を抜いており、学びやすいプログラミング言語でもありますので、特にWebプログラマーを目指す方におすすめの資格です。

スキルレベルに応じて、PHP5技術者認定初級試験、PHP7技術者認定初級試験、PHP5技術者認定上級/準上級試験と分かれており、この資格の取得によりPHPエンジニアとしての技術力が評価されます。

Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験は、プログラミング言語であるRubyの普及・発展のために活動しているRubyアソシエーションが行っている認定試験です。
RubyはWebアプリケーションの開発に使われることが多く、初心者にも比較的理解しやすい言語ですので、これからプログラミングを学ぼうという方にもおすすめです。

Ruby技術者認定試験の対象は、Rubyベースのシステムを設計・開発・運用するエンジニアやプログラマー、Rubyを使用するシステムの提案を行うコンサルタント、Rubyを教える講師などです。

基本的な知識や技術レベルにあることを認定する「Silver」と、Silverで認定される範囲をさらに掘り下げ、Rubyでのプログラム設計技術を持つことを認定する「Gold」の2種類の資格があります。
認定者は、高い水準のシステム開発力を持つRubyのエンジニアとして評価されます。

C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験は、ビジネスの能力認定会社・サーティファイが行っている認定試験です。
C言語は、誕生から50年近くになる、プログラミング言語としては歴史の長い言語です。

Webアプリやスマートフォンアプリの他、近年、需要が急速に伸びているIoTのために組み込むアプリなど、多様なアプリを作成することができる汎用性があります。
コードを動作させるための手間などがあるため、初心者向けのプログラミング言語とはいえないかもしれませんが、プログラミングのスキルアップを目指したい方に向いた資格です。

試験は3級、2級、1級に分かれ、3級と2級は筆記試験が行われます。
1級はパソコンを使用し、実際にコーディング、デバッグなどをしてシステム変更を行い、プログラムを完成させる実技試験となり、かなりの高難度となっています。

C言語を使いこなせるプログラマーは高く評価される傾向にありますので、この資格を取得することで、プログラマーとして確かな技術が身に付いていることをアピールできるでしょう。

Oracle Certified Java Programmer

Oracle Certified Java Programmerは、Javaを開発したOracle社が行う、プログラミング言語Javaの資格試験です。
Javaは、OSに関係なく動作するなど、万能性や堅牢性から大企業や公的な機関などで使われることの多いプログラミング言語です。
近頃では、Androidアプリに使用されることも多いようです。

活用範囲が広いプログラミング言語であることから、学んでおくと大きなプロジェクトに関われるなど、幅広く活躍できるプログラマーになれるでしょう。
試験のレベルは、「Bronze」「Silver」「Gold」の3段階に分かれています。

BronzeとSilverには特に受験資格はありませんが、GoldはSliverの資格を取得していることが条件となります。
段階を踏んで受験していくことにより、スキルアップを図ることができます。

Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験も、プログラミング言語 Javaの認定試験です。
ビジネスの能力認定会社であるサーティファイによる認定試験で、2000年から行われています。

3級から1級までの区分があり、3級はこれからJavaを学び始める入門者向け、2級はJavaに関する一般的な知識を有する方、1級はJavaの基本的な知識に加え、コーディング・入力・コンパイル・デバッグといった作業を行い、プログラム作成ができる方が対象となります。
2級、3級は筆記試験、1級は実際にパソコンを使用したプログラムの仕様変更などを行う実技試験が課されます。

プログラマーの将来性は?

IT業界の将来の話をすると、当然のようにこれからも発展を続けていく事でしょう。
ITが日常に溶け込んでいる現在においては、IT業界の発展に比例するようにプログラマーの需要も高まっていく事は想像に難くないと思います。

プログラマーの上位職に、システムエンジニアという職種があります。
プログラマーの需要が高まるのであれば、プログラマーに指示を出すシステエンジニアの需要はさらに高いものとなるでしょう。

一般的なエンジニアのキャリアパスは、「プログラマー」→「システムエンジニア」→「プロジェクト・リーダー」→「プロジェクト・マネージャー」と上がっていきます。
上位職になるほど、ディレクションやマネジメントなどの人と関わる業務が増えていくため、コミュニケーション能力も求められるようになります。
しっかりとしたキャリアパスが確立されているので、プログラマーは将来性の高い職種といえるでしょう。

プログラマーについて、詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。
>>IT・エンジニアの職種図鑑

プログラミングの実力を示すために資格取得は効果的

どんなレベルの資格を持っているかによって、プログラマーとしての実力を具体的に示すことができます。
日々進化を続けるプログラミングの技術を学び続けるモチベーションを保つためにも、資格取得を心掛けるのは効果的です。

数多いプログラミング関連の資格の中で、どの資格を取れば転職を有利に運ぶことができるか判断に困ったら、マイナビエージェントにご相談ください。
もし試験が難しかった場合でも、学んだ知識を業務に活かすことができますし、勉強した事を面接でアピールする方法もあるので、決して無駄にはなりません。

マイナビエージェントには、IT業界への転職サポート実績が数多くあります。
応募前の「審査書類の添削」や「面接対策」など、転職に関する様々なお悩みについてキャリアアドバイザーが手厚くフォローさせていただきます。

プログラマーへの転職だけではなく、みなさまの将来の選択肢を広げるお手伝いをさせて頂けたらと思いますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

未経験からプログラマーの転職を望む方は少なくないでしょう。しかし、実際に未経験でプログラマーとして働くにはどうしたらいいのか不安を感じることもあるかと思います。プログラマーに必要なスキルや仕事内容などについてご紹介します。

プログラマーとは、プログラミング言語を用いてシステムやソフトウェアを作る仕事です。一口にプログラマーといっても、職種によって使用する言語の種類も様々です。プログラマーの種類や各プログラマーが使用するプログラミング言語についてご紹介します。

注目コンテンツ