Webマーケティングのキャリアパスや将来性は?身につけられるスキルも解説|求人・転職エージェント

更新日:2022/05/31

IT業界

Webマーケティングのキャリアパスや将来性は?身につけられるスキルも解説

it_1121.jpg

この記事のまとめ

  • Webマーケティングのキャリアパスには、リーダーやCMOへ昇進、コンサルタントがある。
  • インターネットが普及している現代において、Webマーケティングの将来性は高いといえる。
  • Webマーケティングのキャリアパスを実現させるには、企画力・構成力・分析力が大切。

「Webマーケティングのキャリアパスには何があるの?」「将来性は高い?」といった疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。これからWebマーケティングの仕事をしたい方は、どのようなキャリアパスがあるか知っておくとよいでしょう。

この記事では、Webマーケティングの将来性やキャリアパスについて解説します。キャリアパスを実現させるためにするべきことや転職先も紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

目次

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

キャリアパスを考える前に│Webマーケティングとはどんな仕事?

it_1121_1.jpg
Webマーケティングは、Webを通じて商品やサービスの購入を促進する仕事です。インターネットで特定のキーワードを検索した際に表示されるリスティング広告や、Eメール・SNS・ブログの広告もWebマーケティングの対象です。インターネットが必要不可欠な現代において、将来性の高い職業といえるでしょう。

Webマーケティングには、消費者の行動を予測・分析して戦略を立てるスキルや、SEOをはじめとするWebの知識が求められます。

Webマーケティングの4つのキャリアパス

it_1121_2.jpg
Webマーケターとしてスキルや実績を上げれば、リーダーやCMOへの昇進が可能です。マーケティング領域におけるコンサルティングの仕事に就くのもよいでしょう。将来的にフリーランスを目指しているのであれば、Webマーケティングの副業をするのもおすすめです。ここでは、Webマーケティングの4つのキャリアパスを紹介します。

コンサルタント・Webマーケター

Webマーケティングの知識や経験を活かし、マーケティングコンサルタントを目指すキャリアパスがあります。マーケティングコンサルタントは、マーケティングについて課題を抱えているクライアントに対し、アドバイスやサポートをする仕事です。

クライアントがどのような課題を抱えているのか引き出すだけでなく、課題に対して的確な改善策を提案し、ニーズに応えなければなりません。そのため、Webマーケティングで培った幅広い知識と専門性が役立ちます。

リーダー・ディレクター

経験や実績を積み、社内評価を得ることで、リーダーやディレクターに昇進するのもキャリアパスのひとつです。Webマーケティング業界は成果主義の会社が多いため、未経験で入社しても、実績を積み重ねれば昇進の可能性は十分にあるでしょう。

リーダーやディレクターになるには、チームを引っ張っていくリーダーシップやコミュニケーション能力、スムーズに案件を実行しチームをまとめるマネジメントスキルが必要です。

最高マーケティング責任者(CMO)

CMOとは「Chief Marketing Officer(チーフマーケティングオフィサー)」の略で、最高マーケティング責任者を意味します。CEOやCFOのように、経営層に属する管理職です。

CMOはマーケティングの現場をまとめ、戦略を立案・実行する役割を担います。最高責任者であるため、誰もが就ける役職ではありません。リーダーシップやコミュニケーション能力に加え、経営戦略の視点からマーケティングを実行するスキルが必要でしょう。

正社員+副業のダブルワーク

Webマーケターとして会社に所属しつつ、Webマーケティングを副業とする働き方です。WebマーケティングはPCさえあれば仕事ができるため、副業で稼いでいる人も多くいます

副業としてある程度稼げるようになれば、将来的にフリーランスも目指せるでしょう。フリーランスは、働く場所や時間に縛られず自分のペースで働けます。スキル次第では高収入を得られるでしょう。

キャリアアップできる?Webマーケティング出身者の転職先

it_1121_3.jpg
Webマーケターの転職先には、事業会社や広告代理店があります。スキルに自信がある方は、起業したりフリーランスとして働いたりするのもひとつの方法です。ここでは、Webマーケティング出身者の転職先について詳しく解説します。

代理店から事業会社に転職する

マーケティング担当者として、広告代理店から事業会社へ転職するケースです。Webマーケティングで得た知識や経験はさまざまな業界で活かせるため、事業会社でもすぐに活躍できるでしょう。

広告代理店では見えなかった企業側の課題に取り組むこともあるため、自身のスキル向上にもつながります。転職する際は、広告代理店で働いて得た実績をアピールするとよいでしょう。

事業会社から代理店に転職する

事業会社から広告代理店へ転職するのもひとつの方法です。一般的には逆の流れをたどる方が多いものの、代理店の仕事の進め方が合っている方もいます

スピーディに幅広く案件をこなす自信がある方や実力で昇進したい方は、広告代理店のほうが向いているかもしれません。経験の幅を広げるために、事業会社と代理店のどちらも経験してみるのもよいでしょう。

自分で起業をする

スキルを身につけて自分で起業したり、フリーランスになったりする方もいます。Webマーケターの仕事だけでなく、マーケティングの知識を活かして他業種で起業してもよいでしょう。

起業することで、スキル次第では高収入を狙える場合があります。未経験でいきなり開業するのではなく、副業として経験を積んでから独立するのがおすすめです。

Webマーケティングでキャリアアップを目指すポイント

it_1121_4.jpg
Webマーケティングでキャリアアップを目指すには、将来のビジョンを明確にすることが大切です。ビジョンが明確になったら、計画を立てて行動を起こします。キャリアに関する悩みがあれば、家族や友人に相談するとよいでしょう。ここでは、Webマーケティングでキャリアアップを目指すポイントを紹介します。

将来のビジョンを明確にする

キャリアアップについて考える前に、まずは自分が将来的にどうなりたいのか、ビジョンを明確にすることが大切です。お金・働き方・地位など、何を優先するのか考えてみましょう

ビジョンを明確にしたら、「達成するために何をすべきか」「自分に何が足りないのか」を考える必要があります。考えを整理するために、紙に書き出してみるのもよいでしょう。

改善を繰り返していく

日々の仕事を淡々とこなすのではなく、「どのようにしたらよくなるか」「何か改善点はないか」と考えることが大切です。「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」を回して、継続的に課題の解決を目指すPDCAサイクルを意識することをおすすめします。

洗い出した点はなるべく早めに改善し、次の業務に活かしましょう。改善を繰り返して仕事の質や効率がアップすれば、日々成長を感じられます。

悩みを1人で抱え込まない

キャリアに関して悩みがあれば、1人で抱え込まないことが大切です。家族や頼れる友人に相談し、アドバイスをもらうとよいでしょう。自分の問題を人に話すことで考えが整理でき、「これから何をすべきか」が分かる場合もあります。客観的な視点でアドバイスがもらえれば、自分の立ち位置を再確認できるでしょう。

Webマーケターのキャリアパスを実現させるために

it_1121_5.jpg
Webマーケターがキャリアパスを実現させるには、企画力・構成力・分析力が必要です。リーダーを目指すのであれば、マネジメントスキルや高いコミュニケーションスキルも欠かせません。ここでは、Webマーケターのキャリアパスを実現させるためにやるべきことを紹介します。

企画・構成力を磨く

Webマーケターはサイトへのアクセス数を増やすため、SEO(Search Engine Optimization)を意識して、どのような企画やコンテンツ、構成がよいのかを常に考えています

SEOは「検索エンジン最適化」の意味で、広告を使わずキーワード検索でサイトを上位表示させる施策です。企画・構成力・文章力はSEOに直結するため、普段から意識して鍛えておくとよいでしょう。

分析・読解スキルを磨く

「なぜ自分のサイトが上位表示されないのか」「なぜユーザーからの問い合わせが少ないのか」を分析・読解するスキルを磨くことも大切です。競合サイトと自社サイトを比較して、足りない要素や目指すコンテンツについて考えるとよいでしょう。

大切なのは、訪問客の傾向を分析することです。検索結果や広告を経由してWebサイトに誘導しても、情報を見ないまま離脱する方もいます。離脱率を下げたり、コンバージョン率を上げたりするために、日々試行錯誤することが重要です。

マネジメント・コミュニケーション能力を磨く

Webマーケティングの仕事はチームで行うことが多いため、コミュニケーション能力が欠かせません。チームリーダーになれば、より高いコミュニケーション能力とマネジメントスキルも必要です。

円滑にプロジェクトを進めるために指示を出したり、メンバーの仕事を評価したりと、適正な業務管理能力が求められます。管理者経験は転職市場で高く評価される傾向があるため、昇進を目指して努力するとよいでしょう。

最新情報を収集する

Webの世界では、新しいサービスが生まれてトレンドが頻繁に変わるため、日々最新の情報を収集することが大切です。インターネットが普及し、情報があふれているからこそ、質の高い情報を収集しなければなりません。

インターネット上には間違った情報も多く存在します。情報発信源が信憑性の高い企業や人物であるかなど、慎重に情報収集することが重要です。

まとめ

it_1121_6.jpg
Webマーケティングのキャリアパスには、リーダーやCMOへの昇進、マーケティングコンサルタントへの転身があります。キャリアパスを実現するには、分析力や構成力、マネジメントスキルを磨くことが大切です。

「Webマーケティングの仕事に興味がある」「自分に合った転職先を探している」という方は、ぜひマイナビITエージェントにご相談ください。業界に精通したキャリアアドバイザーが、一人ひとり のスキルに合った求人の紹介や面接対策で転職活動をサポートします。

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

ネットワークエンジニアに転職したいが実際に志望動機をどう書いたらよいか迷う方も多いでしょう。まずはネットワークエンジンの仕事内容を理解することが重要です。ネットワークラエンジニアの志望動機を書く上で知くべき基礎知識と、具体的な書き方のポイントを例文とともにご紹介します。

ITエンジニアとして転職をしたい方や、未経験からITエンジニアを目指している方の中には、Webマーケティングに関係する資格の取得を考えている方もいると思います。本記事ではそのような方々に向けて、資格の必要性をはじめ、資格取得のメリットや資格の種類について紹介します。

Webマーケティングは、Webを利用してマーケティングを行う仕事です。業績に直結する分野でやりがいもあり、未経験からも目指せます。この記事では、未経験からのWebマーケティング転職に必要な情報をお伝えします。

Webマーケティングの年収は、スキルや実績が反映されやすく、人によっては多く稼げる職種です。この記事では、Webマーケティングの年収や収入を上げるポイント、効果的な勉強方法について解説します。

注目コンテンツ