Webマーケティングの年収はどれくらい?収入を上げるポイントは?|求人・転職エージェント

更新日:2022/05/31

IT業界

Webマーケティングの年収はどれくらい?収入を上げるポイントは?

it_1119.jpg

この記事のまとめ

  • Webマーケティングの仕事はスキルや実績次第で年収1,000万円を目指せる。
  • Webマーケティングのキャリアパスには、Webディレクターやフリーランスなどがある。
  • Webマーケティングで高収入を得るには、最新の知識やスキル、マネジメントスキルを身につける必要がある。

「Webマーケティングの年収は高い?」「収入を上げるにはどうしたらよい?」といった疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。Webマーケティング業界は、成果主義の側面があり、スキルや実績次第では年収1,000万円も可能です。

そこでこの記事では、Webマーケティングの年収や収入を上げる方法について紹介します。またWebマーケティングの効果的な勉強法についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

Webマーケティングの年収目安

it_1119_1.jpg

Webマーケティングの年収は、年齢や会社の規模、雇用形態によって大きく異なるのが特徴です。ここではWebマーケティングの平均年収の目安を解説します。

Webマーケティングの平均年収は?

マイナビエージェントの調査では、Webマーケティング(プロデューサー/ディレクター/プランナー)の平均年収は442万円でした。年齢別では、20代の平均年収が358万円、30代は442万円です。

20代から30代への昇給が約100万円プラスとなっており、クリエイティブ職の中でも高収入です。経験や実績が収入に反映されやすい仕事であるためといえます。

Webマーケティングの年収は低いのか

Webマーケティングは、スキルや実績次第で年収1,000万円も狙える仕事です。着実に実績やスキルを磨くほど、大幅な収入アップを狙えるでしょう。

しかし、Webマーケティングといっても、SEOコンサルタント・Webコンサルタント・SNSマーケターなど、職種によっても年収は異なります。年収を上げるためには自身の得意分野を伸ばし、時代に即したWebマーケティングを学び続けることが大切です。

業界による年収の違い

Webマーケティングの年収は会社だけでなく、業界によってもさまざまです。たとえば大手の広告代理店やコンサルティング業界では年収が比較的高く、事業会社では年収が低めなど、業界によって年収は異なります。

同じWebコンサル業界でも、各社の営業力によって年収が異なることもあります。事業会社では、サービスの利益率によって給与に還元される金額も変わるでしょう。

このように業界や規模、収益性、本人の役職によってWebマーケティングの年収は変動するため、業界や会社選びも重要なポイントとなります。

Webマーケティングのキャリアパスは?

it_1119_2.jpg

Webマーケティングはスキルや実績次第で、他職種への転職が有利になります。未経験でも3年ほど働けば、ある程度のスキルは身につけられるでしょう。

管理職に昇進したり、Webマーケターとして独立したり、ほかのWeb系の仕事に転職したりするのもおすすめです。ここではWebマーケティングのキャリアパスについて、詳しく解説します。

勤め先での昇進

勤め先でキャリアや実績を積み、役職や管理職に昇進する方法があります。Webマーケティング業界は成果主義のベンチャー企業も多いため、若手であっても成果次第では速いスピードで昇進できるでしょう。

未経験スタートでも、実績を上げられれば数年で管理職や経営層まで昇進できる可能性も。管理職になるとリーダーシップやマネジメントスキルが求められ、責任も重くなる点は考慮しておきましょう。

Webマーケターとして独立

Webマーケティングのキャリアパスのひとつとして、フリーランスWebマーケターとして独立したり、自分で会社を立ち上げたりする道があります。

フリーランスは実力次第で会社員よりも多く稼げる点が魅力ですが、自己管理が必須です。初めのうちは獲得案件の数に波が出やすく、安定して稼げるようになるまでに時間がかかることもあります。

企業しようと考えているのであれば、会社員で働いているうちから時代のニーズを読む力をつけ、得意分野を伸ばしておくとよいでしょう。

ほかのWeb系職種へ転職

Webマーケティングの知識や経験を活かして、Webディレクターやプロデューサーなど、ほかのWeb系職種へ転職する方法もあります。Webマーケティングの経験はほかのWeb系の職種に活かせることが多く、即戦力として活躍できるでしょう。

Web制作の根幹に関わりたい方は、プロデューサーへのキャリアアップを目指すのがおすすめです。ほかにもマーケティングコンサルタントとして、クライアントがマーケティングで抱えている課題にアドバイスをする仕事もあります。

Webマーケティングで高年収を得るには

it_1119_3.jpg

Webマーケティングで高収入を得るには、マーケティングの知識や経験を着実に積みあげることが大切です。成果主義のWeb業界で年収アップを狙うには、いくつかのポイントがあります。ここではWebマーケティングで高収入を得る方法を詳しく解説します。

さまざまなマーケティングの経験を積む

Webマーケティングではスキルや実績が給与に反映されやすいため、まずはさまざまなマーケティングの経験を積むことが大切です。

ノウハウに関する理解を深めたり、解析技術を習得したりといったスキルアップを図ることで高収入を目指せます。未経験であれば、まずはマーケティングの基礎知識から理解を深めましょう。

さまざまな案件に関わりながら、自身の経験と実績を積み上げていくことが重要です。マーケティングの経験に加え、クライアントとのやりとりを通しても大きく成長できるでしょう。

最新の知識・スキルを習得し続ける

Web業界はトレンドや技術の移り変わりが激しく、常に最新知識・スキルを習得し続ける必要があります。ただ指示された仕事をこなすだけでは、最新の知識やスキルは身につきません。

書籍を購入したり、インターネットでトレンドを調べたりすることも有効です。Webマーケティング業界で次にどのようなスキルが求められるかにアンテナを張り、日々勉強を重ねる姿勢が大切です。

マネジメントスキルを磨く

マネジメントスキルを磨くこともおすすめです。Webマーケティングの仕事はチームで行う場合が多く、チームメンバーを統括し案件を前進させる力が求められます。具体的には進捗管理や各種業務の振り分け、メンバーの士気を高める環境づくりなどです。

Webマーケティングのマネジメントでは、コミュニケーション力やリーダーシップ力、状況把握力などが必要です。マネジメントスキルを磨くためにも、経営者に近い視点を持って業務に取り組むとよいでしょう

Webマーケティングの効果的な勉強法

it_1119_4.jpg

Webマーケティングで高年収を得るには、経験を積みながら継続的に新しいトレンドや手法を勉強することが不可欠です。そこでこの章では、Webマーケティングの効果的な勉強方法について紹介します。自身が始めやすい方法から取り組んでみるとよいでしょう。

書籍やネットから現場の最新情報を得る

独学でWebマーケティングを学ぶ方法として、書籍やインターネットから最新情報を得る方法があります。書籍やインターネットであれば、通勤時間や寝る前などの隙間時間を活かして勉強も可能です。

電子書籍であればスマホから気軽に閲覧ができるため、忙しい人も勉強がしやすいでしょう。またSNSで実績のあるWebマーケターをフォローし、情報を得るのもおすすめです。

資格取得のために勉強をする

Web関連の資格取得を目指して勉強するのもおすすめの方法です。資格取得に向けた勉強をすることで、Webマーケティングを効果的に体系立てて学べるからです。

Webマーケティングで求められる「分析力」を身につけるのであれば、「ウェブ解析士」「統計検定」「Webアナリスト検定」などを検討するとよいでしょう。

「運用力」を身につけたければ、「Google広告認定資格」「Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)」「マーケティング・ビジネス実務検定」などがおすすめです。資格を取得すれば転職活動にも役立つため、気になる資格があればぜひ勉強してみてください。

スクールで学ぶ

「どのように学んだらよいか分からない」「きちんと指導してもらいたい」という方には、スクールで学ぶ方法がおすすめです。公式サイトやパンフレットなどで気になるスクールを探し、無料体験や話を聞いてみるとよいでしょう。

Webマーケティングスクールに通うと、プロから学べることに加え、共通の仲間が増えるというメリットもあります。各社でカリキュラムや費用、受講期間が異なるため、目的や学びたい内容に合うスクールを選ぶことをおすすめします

自分のサイトを運営する

勉強して得た知識やスキルをアウトプットする場のひとつとして、自分のWebサイトを作成して運営するのもおすすめです。学んだ知識は、実践することでより定着が早くなります。

サイトを構築し半年ほど運用すると、大枠のWebマーケティングの知識を得られます。収益発生の瞬間に立ち会い、マネタイズをしながら知識を貯め続けることで、リアルなWebマーケティングが身につくでしょう。

サイトの運営で出た実績は転職にも役立ちます。サイト運営には根気が必要ですが、楽しみながらチャレンジしてみてください。

まとめ

it_1119_5.jpg

Webマーケティングの年収は、クリエイティブ職の中でも高いほうです。Webマーケティング業界は成果主義の会社も多く、スキルや実績次第では年収1,000万円以上も狙えます。

「Webマーケティングの仕事に就きたい」「スキルに合った職場を探している」という方は、ぜひマイナビITエージェントにご相談ください。業界に精通したキャリアアドバイザーが、一人ひとり に合った求人の紹介や応募書類の添削など、転職活動をサポートします。

IT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェントIT専任のアドバイザーが揃うマイナビITエージェント

ネットワークエンジニアに転職したいが実際に志望動機をどう書いたらよいか迷う方も多いでしょう。まずはネットワークエンジンの仕事内容を理解することが重要です。ネットワークラエンジニアの志望動機を書く上で知くべき基礎知識と、具体的な書き方のポイントを例文とともにご紹介します。

ITエンジニアとして転職をしたい方や、未経験からITエンジニアを目指している方の中には、Webマーケティングに関係する資格の取得を考えている方もいると思います。本記事ではそのような方々に向けて、資格の必要性をはじめ、資格取得のメリットや資格の種類について紹介します。

Webマーケティングは、Webを利用してマーケティングを行う仕事です。業績に直結する分野でやりがいもあり、未経験からも目指せます。この記事では、未経験からのWebマーケティング転職に必要な情報をお伝えします。

Webマーケティングのキャリアパスには、リーダーやCMOへ昇進、マーケティングコンサルタントがあります。この記事では、Webマーケティングのキャリアパスや将来性について詳しく解説します。

注目コンテンツ