不動産金融からのキャリアパスを紹介!スキルを活用してキャリアアップしよう|求人・転職エージェント

更新日:2022/08/02

金融業界

不動産金融からのキャリアパスを紹介!スキルを活用してキャリアアップしよう

finance_1193.jpg

この記事のまとめ

  • 不動産金融からの転職を成功させるには、これまでに培ってきた経験やスキルを活かせる職種を選ぶことが大切。
  • 金融業界・不動産業界ともに職種は多岐にわたるため、転職後のミスマッチを防ぐには自身のキャリアパスを実現できる職種・企業を選ぶ意識が欠かせない。
  • 金融業界であれば証券アナリストや証券外務員など、不動産業界であれば宅地建物取引士や不動産鑑定士などの資格を取得すればキャリアパスの実現に役立つ。

さらなるキャリアアップを目的として、不動産金融業界からの転職を検討している方もいるのではないでしょうか。不動産金融からのキャリアパスは、大きく金融系と不動産系に分けられます。

そこでこの記事では、金融系・不動産系それぞれのキャリアパスについて詳しく紹介します。合わせてキャリアアップの実現に役立つ資格も解説するため、ぜひ参考にしてください。

目次

金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント

不動産金融からのキャリアパスは金融系と不動産系の2

finance_1193_1.jpg

不動産金融業界は不動産業と金融業を融合したビジネスモデルで、不動産の証券化や不動産投資などが主な業務内容です。不動産金融業界から転職する際のキャリアパスは、「不動産系」と「金融系」の2パターンに分けられます。どちらの道を選択するかで将来のキャリアが大きく変わるため、自分が目指したい方向を明らかにしてから転職活動に臨むことが重要です。

不動産金融業界において不動産の調達や管理などに携わっていた場合は不動産系、ファンドの組成や運用に関わっていた場合は金融系を目指すとよいでしょう。

不動産金融で習得できるキャリアアップにつながるスキル

finance_1193_2.jpg

転職でキャリアアップを実現するには不動産金融業界で身につけたスキルを活かせる企業を選択することが大切です。職種によって異なりますが、不動産金融業界で習得可能なスキルは主に「不動産運用に関するスキル」と「金融に関するスキル」です。

転職時にはこれまでに携わった業務内容や習得したスキル、保有している資格などを総合的に判断してどの道に進むのかを考えましょう。

不動産運用に関するスキル

不動産金融業界において不動産の選定や取得、管理などに携わっていた場合は、以下のような不動産運用に関するスキルを習得できます。

  • 収益力が高い不動産を見極めるスキル
  • 投資先として魅力的なエリアを選定するスキル
  • 不動産管理会社をマネジメントするスキル
  • 不動産コンサルティング関連のスキル

これらのスキルを持っていれば、不動産仲介業者やデベロッパーなど不動産業界への転職において大きな武器となるでしょう。

金融に関するスキル

携わっていた業務がアセットマネージャーやアレンジャーなどの金融系であれば、以下のような金融にまつわるスキルを習得できます。

  • 不動産の証券化を実行するためのスキル
  • 運用戦略・出口戦略の策定に関するスキル
  • ファンドの運用・決算に関するスキル

これらのスキルは、金融業界に転職する際に有利です。銀行や証券、保険をはじめとした金融業界の資産運用部門に転職してキャリアアップする道が開かれています。

【金融系】不動産金融からキャリアアップするための転職先

finance_1193_3.jpg

不動産金融業界で培った金融関連のスキルは金融業界への転職時に有利に働きますが、一口に金融業界といっても企業は多種多様です。転職を成功させるためにも、不動産金融経験で得たスキルがそれぞれの企業でどのように活かせるのかを把握しておきましょう。ここでは、不動産金融からのキャリアアップが可能な金融業界の転職先を6種類紹介します。

投資銀行

投資銀行は証券業に属する金融機関です。企業が株式や債券をはじめとした有価証券を発行するときのサポートや、M&Aの仲介を手掛けることで収益を上げています。

投資銀行への転職では、不動産金融で培った分析スキルや交渉スキル、ドキュメンテーションスキルを活かせるでしょう。有価証券の発行サポートやM&Aの仲介では、サポートする企業の価値を可能な限り高め、適切な条件で成約させるための分析や交渉を実行しなければなりません。アレンジャーやアセットマネージャーとしての経験があれば、転職市場で有利です。

信託銀行

信託銀行とは、信託契約に基づいて委託を受けた財産を管理・運用する「信託業務」を手掛けている銀行です。委託者は金銭・有価証券・不動産などの資産価値があるものを信託し、受託者となる信託銀行は信託目的に従って資産の運用や処分を実行します。そのほか、商業銀行として一般的な業務も手掛けている点が特徴です。

信託銀行への転職では、不動産金融で培った運用スキルを活かせます。ファンド運用企業の運用部門で活躍していた方の場合は、信託銀行への転職を検討するのもよいでしょう。

証券会社

証券会社は、企業が有価証券(株式・債券)を発行するときのサポートや、顧客が有価証券を売買する際の仲介を通じて利益を上げます。証券会社の自己資金で有価証券をトレードするディーリング業務に携わっている点も特徴です。

不動産金融で不動産の証券化に携わっていた方におすすめの転職先といえるでしょう。不動産金融に比較的近い分野の企業です。

保険会社

保険会社では安定した利回りを確保するため、保険契約に基づいて徴収した保険料を原資として債券や株式などに投資しています。投資先には不動産も含まれているため、不動産金融で培った運用スキルを活用できるでしょう。

不動産金融のスキルを活かして保険会社に転職する場合は、資産運用部門がおすすめです。資産運用部門は金融市場の最前線で活躍する職種であり、自身の投資判断が損益につながることからやりがいも感じられるでしょう。

投資法人

投資信託における投資法人とは、債券・株式・不動産などの特定資産への投資を目的とした企業のことです。投資口(株式会社における株式)を発行して投資家に販売することで資金を集め、特定資産に投資して運用します。

REIT(不動産投資信託)も投資法人のひとつであり、不動産金融の経験を活かせるでしょう。債券や株式など別の資産を対象とする投資法人に転職する場合でも、不動産投資を通じて培った運用スキルを活用できます。

ファンド運用会社

ファンド運用会社とは、顧客から預かった金銭を運用する企業です。具体的には、ファンドの組成やトレードの指示、市場環境に応じたアセットアロケーションなどを実施します。

不動産金融で運用に携わっていたのであれば、運用知識を活かしてファンド運用会社の運用部門に転職するのがおすすめです。運用部門の判断がファンドの利益を左右するため、重要性が高い職種といえるでしょう。

【不動産系】不動産金融からキャリアアップするための転職先

finance_1193_4.jpg

不動産金融から不動産業界へと転職してキャリアアップを図る場合は、不動産仲介業者や不動産管理業者、デベロッパーを目指すのがおすすめです。ここでは、上記の業種がそれぞれどのような業務に携わっているのか、不動産金融で習得したスキルや知識をどのように活かせるのかを紹介します。

不動産仲介業者

不動産仲介業者は、不動産の売主と買主、借主と貸主を仲介して契約を成立させるビジネスです。仲介だけではなく、売主から不動産を直接買い取って自社で販売することもあります。

不動産金融で物件の調達や開発に携わった経験があれば、転職先でそのスキルを活かせるでしょう。法人営業ではなく、一般顧客を相手にした営業活動に従事したい方におすすめです。

不動産管理業者

不動産管理業者とは、賃貸住宅やオフィスビル、商業施設などさまざまな建物を管理する企業を指します。テナントの募集をはじめ、契約管理や入居者への対応、建物の清掃・補修、建物のメンテナンス計画の提案などが主な業務内容です。不動産金融でプロパティマネジメント(PM)などの管理業務に携わっていた方であれば、その経験を転職先でも活かせるでしょう。

デベロッパー

不動産デベロッパーとは、ビルやマンションなどの不動産開発に携わる企業です。一戸建てやマンション、商業施設などの開発だけではなく、大規模な市街地再開発事業を実行するケースもあります。基本的な不動産の開発は以下のように進むため、合わせて覚えておきましょう。

  1. デベロッパーが開発を企画する
  2. ゼネコンがデベロッパーから工事を受注して建設する
  3. 不動産会社が完成した物件を販売する

デベロッパーは土地の取得や開発計画のプランニングに携わるため、不動産金融で培った物件の選定や取得に関する知識・経験を活かせます

理想のキャリアパスを実現するのに役立つ資格

finance_1193_5.jpg

金融系・不動産系のどちらに転職する場合でも、不動産金融業界での経験に加えてそれぞれの業種で役立つ資格を取得していると有利です。

ただし、どちらの分野を目指すかによって取得しておくべき資格は異なるため、自身のキャリアパスをよく考えたうえで資格の取得を検討しましょう。ここからは、転職時に取得していると有利になる資格を金融系・不動産系の職種別に紹介します。

金融系の資格

金融系の職種への転職を希望する場合は、以下の資格を取得しておくとよいでしょう。

  • 証券アナリスト
  • 証券外務員
  • ファイナンシャル・プランニング技能検定
  • 貸金業務取扱主任者
  • 日商簿記検定(2級以上)

これらの資格を取得すれば証券をはじめとした金融商品に関する知識を身につけていることを証明できるため、転職市場で有利です。

中でもファイナンシャル・プランニング技能検定と日商簿記検定は1級・2級・3級と等級分けされており、2級以上を取得していれば転職時に高く評価されます。

不動産系の資格

不動産系の職種への転職を希望する場合は、以下の資格の取得をおすすめします。

  • 宅地建物取引士
  • 不動産鑑定士
  • 不動産コンサルティングマスター
  • ビル経営管理士
  • マンション管理士
  • 管理業務主任者

不動産の価値を算出する不動産鑑定士や宅建業者にとって欠かせない宅地建物取引士など、不動産業界で役立つ資格は多種多様です。管理系の職種を目指すのであれば、ビル経営管理士やマンション管理士などを取得しておくとよいでしょう。

不動産業は開発・流通・販売・管理の4つに分けられ、分野によって役立つ資格が異なります。自分がどの分野に転職したいかを明確にし、その分野で役立つ資格を取得しましょう。

まとめ

finance_1193_6.jpg

不動産金融からのキャリアパスは、大きく金融系と不動産系の2パターンに分けられます。それぞれ分野が異なるため、自身がどちらのキャリアを目指したいのかを明確にしたうえで転職活動に取り組むことが大切です。不動産金融で携わっていた業種に応じて、習得した知識を活かせる分野を選ぶと転職を有利に進められるでしょう。

また、転職する際は自身が思い描くキャリアパスを実現できそうな企業を選ぶことが大切です。自分にマッチした企業を探したいと考えている方は、豊富な求人を取りそろえているマイナビ金融エージェントをぜひご利用ください。

金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント金融業界専任のアドバイザーが揃うマイナビ金融エージェント

不動産証券化や不動産投資のように不動産と金融を組み合わせたビジネスが不動産金融です。不動産証券化市場の拡大や海外の不動産投資に注目が集まっていることから、不動産金融業界では人材ニーズが高まっています。この記事では、不動産金融業界について解説します。必要なスキルや資格が分かれば、転職する際にも役立つでしょう。

不動産金融業界への転職を成功させるためには、志望動機を作り込む必要があります。業界・企業研究を徹底し、説得力のある志望動機を作成しましょう。この記事では、志望動機作成のポイントや例文を紹介します。

タグ一覧
SNSシェア

注目コンテンツ