履歴書の用紙サイズはA4とA5どちらにすべき?|求人・転職エージェント

履歴書の書き方

第一印象から好感を持たれる履歴書の書き方を伝授いたします

履歴書のサイズはどっちが良い?
A4とB5用紙の違いと
選び方について

履歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

履歴書選びは、応募書類作成における最初の関門です。

履歴書を買いに行ったものの、いろいろなサイズや種類があり、どれを選ぶか迷ってしまう方は多いものです。履歴書の用紙は、一体何を基準に選べば良いのでしょうか。選び方の基本をまとめて紹介します。

履歴書のサイズは2種類

多くの種類がある履歴書用紙ですが、まず「サイズ」という観点から大きく2つに分けることができます。

まずA4判(開くとA3サイズ)で、オフィスでよく使われる書類と同じ横210mm×縦297mm。もうひとつは、一般的な大学ノートと同じサイズのB5判(開くとB4サイズ)で、大きさは横182mm×縦257mmです。

この2つのサイズは、どちらも一般的な履歴書として発売されており、どちらを選んでも応募先企業から受ける評価に違いはありません。ですから、特に応募先企業から指定がなければ、どちらでも自分が好きなほうを選びましょう。

履歴書の記載スペースの大きさが異なる

A4判の履歴書は、B5判よりも用紙が大きいため、同じフォーマットの場合、一つひとつの欄が大きくなります。アピールしたいことがたくさんある方は、自己PR欄が大きいタイプの、A4判の履歴書を選ぶと良いでしょう。

反対に、B5判はA4判より用紙が小さいため、一つひとつの欄が比較的狭くなっています。自己PRや趣味や特技など、あまりたくさん書く自信がない方は、B5版の履歴書を選ぶという選択もあります。

なぜ履歴書にはサイズが2種類あるの?

ここまでの説明を読んで「そんなに違いがないのなら、なぜ2種類あるの?」と思った方もいるでしょう。履歴書のサイズが2種類あるのは、実は「B5」や「A4」といった、紙の規格の歴史と少し関係があります。

B5やB4などの「B判」は、江戸幕府の御用紙として用いられた美濃紙をルーツとする、日本国内独自の規格サイズです。一方、A4やA3などの「A判」は、19世紀末に提案されたとされる、現在の国際規格サイズです。

日本では、明治~大正~昭和と一貫して官公庁の書類はB判であり、多くのビジネスで使われる書類もB判でした。しかし、国際化とインターネットの登場に合わせて1990年代から徐々にA判化が進められました。そして、1997年には行政文書はほぼ全てA判化されたことに伴い、ビジネス文書もA判が主流になりました。

このような変化の中で、最初はB判しかなかった履歴書にもA判サイズが登場し、B判とA判が並行して使われるようになったのです。

履歴書選びは内容重視で

履歴書のサイズは2種類ですが、「内容」という点で見ると、数十種類にも及ぶバージョンがあります。

最も基本的でシンプルな物は、「学歴・職歴」「資格・免許」「志望の動機・特技・好きな学科など」の3つの欄を備えたJIS規格準拠版です。他にも「自己PR」欄や「特技・趣味」欄が独立して設けられている物、経歴欄など特定の欄が際立って大きい物など様々です。

これらの中から、自己アピールをするのに最適な履歴書をどう選ぶのかが重要になります。

基本的な履歴書の選び方

前述したように、履歴書の選びの基本は「自分がアピールしたい項目があるもの」「アピールしたい部分の記入スペースが大きいもの」を選びます。逆にいえば、「あまりふれられたくないもの」や「アピールできないもの」を書かなくて済む履歴書を選択します。

サイズの話を含めてまとめると、次のようになります。

・書きたいことが多い方はA判、書けることが少ない方はB判がおすすめ
・職務経歴書と同時に提出する場合はA判サイズでそろえるのが一般的
・職務経歴が長く、スキルや経験をアピールできる方は、経歴欄の行が多い履歴書を選ぶ。反対に職務経歴が短く、経験より意欲をアピールしたい場合は「自己PR」や独立した「志望動機」欄が設けられている履歴書を選ぶ
・趣味や特技もアピールの場として有効活用する。ただし、何もなければ「趣味・特技」欄のない履歴書を使うのも方法のひとつ

履歴書の買い方

履歴書は、コンビニや文房具店、書店などで購入できます。しかし、種類が多いので、店頭スペースの都合上、自分が欲しい履歴書が売っていない場合もあります。希望する履歴書がない場合は、インターネットから注文するのが便利ですが、到着までの時間と記入する時間を考えて、早めに注文するようにしましょう。

特に履歴書の記入は書き損じが許されないので、時間がかかります。慌てず焦らず書くためにも、十分な時間を用意しましょう。

履歴書は自分に合った物を選ぼう

履歴書には様々な種類があり、最適な物を選ぶことで、より自分の強みをアピールできたり、弱みをカバーできたりします。

今回の記事を参考に、ぜひ自分に合った履歴書を探してみてください。

 関連ページ

履歴書の用紙サイズはA4とA5どちらにすべき?ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。