コミュニケーション能力をアピールする際のポイントと例文|求人・転職エージェント

自己PR完全ガイド

自己PRの書き方のポイントや、例文、面接での対応方法などをご紹介

コミュニケーション能力を
アピールする際の
ポイントと例文

自己PR完全ガイド 転職成功ノウハウ

就職活動では、書類選考と面接を通過しなければ採用されません。そのため自己PRはとても重要になってきます。また、その際、自身の強みを伝えるだけでなく、企業がどんな人材を求めているかについても考慮しなければなりません。ここではコミュニケーション能力を自己PRとして押し出していく方へ、その重要性や効果的なアピール方法について解説していきます。

企業の求める人材を知るためには、
転職エージェントの利用をおすすめします。

コミュニケーション能力があることは、どの職種でも評価されるポイント

コミュニケーション能力の高い人材は多くの企業・職種で、評価されます。なぜなら、仕事の多くは1人で行うわけではなく、複数人〜大勢の人が絡むからです。プロジェクトチームやクライアントとさまざまな方法でコミュニケーションを円滑に取らないと、仕事を進めていくことはできません。コミュニケーションが取れないと、まとまらなかったり、クレームになったり、質の高いサービスや商品を生み出すことが困難になります。これは、事務職やクリエイター職、営業職など、全職種に当てはまることです。そのため、多くの企業ではクライアントやチームメンバー、同僚や上司など、円滑にコミュニケーションを取りながら仕事を進めることができる人材を求めています。

「コミュニケーション能力のある人はどんな人か?」を具体的に考える

コミュニケーション能力をアピールするためには、「コミュニケーション能力とはどういった能力か?」を把握しておく必要があります。コミュニケーション能力の意味についてはいくつかの解釈がありますが、特にビジネス面で必要とされるコミュニケーション能力は下記の2つです。

相手の話すことを理解し、相手が理解しやすいように分かりやすく伝えられる

コミュニケーション能力のある人は、「相手の話すことを明確に理解し、相手にしっかりと伝えること」ができます。「相手の話すことを明確に理解」というのは、相手の話す言葉だけでなく、言葉の裏にある意図を理解することです。人は思っていることの全てを言葉にしているわけではありません。そのため、「なぜその言葉を発したのか?」という言葉の裏にある意図をしっかりと理解することで、相手の伝えたいことを明確に把握することができます。相手の意図することが理解できてこそ、的を射た回答や会話ができるようになります。
また、「相手に理解できるよう分かりやすく伝える」ことも大事です。相手にも自分の意図が伝わるように、相手に合わせて分かりやすく話す必要があります。仕事において、対面しての会話だけでなく、電話、メール、プレゼンなど、さまざまなコミュニケーションの取り方があります。いかなるシーンでも「相手の意図を汲み取り、自分の意図を伝えられる人」がコミュニケーション能力のある人だと判断されます。

場の空気が読めて行動できる

「場の空気を読む」というのはコミュニケーション能力のひとつです。場の空気が読めないと、営業先でお客さんの嫌がる言動をしてしまう、クライアントに失礼なことを言ってしまう、同僚やチームメンバーのやる気を削ぐようなことを言ってしまう、といった問題を起こしてしまうかもしれません。空気が読めない人は悪気なくこれらのことをやってしまい、自らチャンスを逃してしまったりします。空気が読めることにより、円滑に仕事が進み、信頼や理解を得られやすくなります。空気を読むことは、相手の気持ちや立場を考えることです。仕事においてとても大事な能力です。

職務経歴書の自己PRでコミュニケーション能力をアピールする際のポイント

職務経歴書の自己PRでコミュニケーション能力をアピールする場合は、下記2つのポイントに気を付けなければなりません。効果的な自己PRを実現するためにも、それぞれのポイントの内容を確認してみましょう。

具体的な実体験を入れてコミュニケーション能力があることを伝えることが大切

自己PRでコミュニケーション能力があることをアピールしたい場合は、実体験を交え「間接的」にコミュニケーション能力をアピールするようにしましょう。「私はコミュニケーション能力があります。」などといった直接的な訴求の仕方は、信憑性に欠きます。前職での実績や成功体験の要因にコミュニケーションの場があったことを上手に伝えましょう。20代前半の転職や第二新卒の方であれば、アルバイトや部活を例にコミュニケーション能力をアピールするのもよいでしょう。では、実際にコミュニケーション能力が実体験のどこに隠れているのかを見てみましょう。

クライアントの潜在ニーズを引き出した例

仕事はクライアントの要望が大前提ですが、それ以上の価値を提供していける人材は非常に貴重です。一番初めのクライアントからの要件定義が完璧なものとは限りません。クライアントの心の中にも定まっていないことがあるかもしれませんし、具体性の欠く要望があるかもしれません。それらを形にするためには打ち合わせや提案、または社内ミーティングなど、必ずコミュニケーションの場があるはずです。前職でクライアントに感謝された案件や実績として残せた案件を思い返してみて、そこで生まれたコミュニケーションをまとめてみるとよいでしょう。

会社以外の組織でもアピールポイントはある

部活やサークルも立派な組織です。集団生活においてどのような空気の読み方を実践してきたのかということや、困難を仲間とコミュニケーションを取りながら乗り越えたことを伝えるようにしましょう。またアルバイトでは幅広い年齢層のスタッフやお客さんと接する機会があります。年齢を問わずコミュニケーションを取り仕事が上手くいったことや、課題を解決するために仲間やスタッフと積極的にコミュニケーションを取ったことをまとめてみましょう。さまざまな属性の方とコミュニケーションを図れることは会社に属しても大きな強みになるでしょう。

コミュニケーション能力が企業にどのように役立つかを意識し作成する

職務経歴書の自己PRで、コミュニケーション能力をアピールする際は、企業がどのような人材を求めているのでしょうか?コミュニケーション能力があることで、どのようなメリットがあるのか?を考えて作成する必要があります。コミュニケーション能力の内容も多岐に渡ります。企業の求める人材や風土、または希望する職種を加味したうえで、伝え方を変えるようにしましょう。

職務経歴書は転職エージェントの添削で
通過率アップに大きく影響します!

コミュニケーション能力を伝えるための例文

私は前職で個人向けの保険営業を行っていました。訪問営業がメインであったため、門前払いに合うことがほとんどで、成果の上がらない日々が続きました。それでも契約をしてくださる方もいたので、その方々にはもっと満足していただけるように、契約後も定期的に訪問をしていました。そこで話す内容は保険の話は少なく、世間話や日々の悩みなどで、話題は多岐に渡りました。私はお客様をさまざまな面でサポートしたいと思っていたので、幅広い話に対応できるようにアンテナを張り、悩みなどは解決できるような情報を調べ、提供するように心がけました。すると、契約していただいている方が知人や友人の方を紹介してくださるようになり、目標契約件数の2倍の契約を獲得できるようになりました。この経験を通じて、信頼を得るための会話の重要性を学ぶことができ、それを実践できる人間に成長することができました。

あなたの長所を活かした自己PRを、キャリアアドバイザーが一緒に作成します!

「マイナビエージェント」では面接通過率を上げるための自己PRの作成などあなたの価値を最大限に高めるキャリアカウンセリングを行っております。

あなたの転職が成功するまで徹底サポートしますので、まずはマイナビエージェントのキャリアアドバイザーにどんなことでもご相談ください。

関連リンク

転職成功ノウハウページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。