転職時に不安を感じる原因と解消する方法!|求人・転職エージェント

転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

転職時に不安を感じる原因と解消する方法!

転職ノウハウ
最終更新日:2020/11/05

key_column_anxiety.jpg

転職活動では、何かしらの不安を抱くことがあるでしょう。「転職に失敗したらどうしよう」「なかなか次が決まらなかったら?」「今の仕事を辞めないほうがいいかもしれない」など、人によって様々な不安があるものです。
ここでは、転職時のありがちな不安の種類や原因の他、不安の解消法をご紹介します。不安を解消して、転職成功に向けて前向きな一歩を踏み出してください。

多くの転職者が抱いている不安の種類

転職に対する主な不安として、転職活動と転職先に関する不安が挙げられます。
それぞれについて、求職者がどのような不安を抱きやすいのか見ていきましょう。

転職活動についての不安

転職活動をうまく進められるかどうかという点で、不安を感じる方も多くいます。
転職活動に関して抱きがちな不安として、具体的には下記のようなものが挙げられます。

  • 今の会社に退職の意思を伝えるタイミングがわからない
  • 効率の良い転職活動の進め方がわからない
  • 今の仕事と転職活動の両立ができるだろうか
  • 希望どおりの転職先が見つかるだろうか
  • 高評価となる応募書類を作成できるだろうか
  • 面接で失敗しないだろうか

転職先についての不安

転職先に対する不安としてありがちなのが、人間関係や新しい業務に関するものです。
具体的には、下記のような不安が挙げられます。

  • 新しい職場になじめるだろうか
  • 実際の仕事内容が、希望と違っていたらどうしよう
  • キャリアアップにつながる仕事ができるだろうか
  • スムーズに新しい仕事に対応できるだろうか
  • 上司はきちんと評価をしてくれるだろうか
  • 今よりも良い待遇を得られるだろうか

転職活動の不安を解消する方法

不安を抱えたまま転職活動をすることは、あまりおすすめできません。転職に前向きになることができなければ、成功を勝ち取るのも難しくなってしまうからです。
続いては、転職の不安をできるだけ軽減し、前向きに転職活動を行うためのポイントをまとめました。

転職の条件を欲張りすぎない

転職活動では、たくさんの求人情報の中から、自分の条件にマッチする会社を選んで応募することになります。しかし、条件を欲張りすぎると、応募する企業が見つからないということになりかねません。
極論をいってしまえば、自分に合う会社であるかどうかは、入社して働いてみないとわからないでしょう。
求人情報だけを見て、「上場していないから希望に合わない」「通勤時間が30分以上だから無理だ」などと決め付けるのではなく、ある程度柔軟性を持って応募してみることが大切です。

応募書類を見直しておく・添削サービスを受ける

転職活動では、書類選考を通過しなければ面接に進むことができないケースが多いでしょう。そのため、応募書類の作成は、転職活動の最初の関門だといえます。
作成した履歴書や職務経歴書は、提出前に必ず見直しをしましょう。客観的にチェックするためにも、少し時間を空けてからチェックするのがおすすめです。
また、採用担当者の高評価を得るため、転職エージェントなどの履歴書添削サービスを活用するのも効果的といえるでしょう。

面接対策をしておく

書類選考に通過したら、次は応募企業の面接を受けることになります。面接に不安を感じる人は、特に積極的に面接対策をしておきましょう。
よくある質問に対する回答内容を考えておいたり、自宅で面接の練習を行ったりするのがおすすめです。

転職活動を長引かせない

転職活動は、あまりだらだらと長く行っていると、当初のビジョンがぶれてしまったり、意欲がなくなったりしてしまう可能性があります。また、「もう半年も決まらない」といった、ネガティブな気持ちになってしまうおそれもあるでしょう。
転職活動は誰かに強制されるものではないため、企業の情報収集や応募書類の作成を怠って、いつまで経っても転職先が決まらないというケースもあります。
自分で「転職しよう」と決めたのであれば、できる限り早く望む結果を出せるよう、意欲的に動いてください。

退職の準備をしておく

転職が決まった後は、退職する会社に迷惑をかけることがないよう、また、新しい職場での業務に影響が出てしまわないように、退職に向けて準備することが大切です。
転職することを決めたらいつまでに退職の意向を伝える必要があるのかということや、必要な手続きについて現職の就業規則を確認してください。引き継ぎのための資料をまとめたり、少しずつデスクを片付けたりと、準備を進めておきましょう。

転職先の人間関係に対する不安の対処法

特に、初対面の人とコミュニケーションをとる際に緊張してしまうという方は、転職後の人間関係に不安を抱くこともあるでしょう。
転職先での人間関係を円滑にするためには、心掛けたいポイントがあります。続いては、転職先で働き始める前の準備、また入社後の態度について意識したいポイントをご紹介します。

事前に転職先の社風などを下調べしておく

転職後に会社になじめるかどうかが不安な場合は、あらかじめ社風について調べておくのがおすすめです。
転職サイトなどで転職先の企業の口コミをチェックしたり、ウェブサイトで事業内容や経営方針などを調べておいたりすると、おおよその雰囲気を事前に掴むことができます。
また、転職エージェントを利用している方は、希望の社風などを担当のコンサルタントに伝えて合致する企業を紹介してもらえば、企業とのミスマッチを防ぐことにつながるでしょう。

挨拶・第一印象がその後を決める

入社初日は、できるだけ明るく、前向きな気持ちで出社することを心掛けてください。
笑顔で「本日からお世話になります、◯◯です。よろしくお願いします」などと挨拶をする人と、「今日からなんですけど...」と不安そうに話しかけてくる人では、前者のほうが好感を抱かれる可能性が高いでしょう。
また、寝ぐせがついていたり、服がしわだらけだったりすると、「ルーズな人」「清潔感がない」と思われてしまう可能性があります。
第一印象が悪くならないよう、鏡の前で服装や髪形をチェックしてから家を出ましょう。

意欲的に仕事に取り組む

転職先で遠慮をしすぎたり消極的すぎたりするのは、マイナスになる場合が多いでしょう。ある程度社会人経験を積んでいるわけですから、これまでの知見を活かして意欲的に仕事に取り組んでいくことをおすすめします。
ただし、何でも自分の考えを押し通せばいいというものではありません。まずは、それぞれの企業やチームのやり方に、従うようにしてください。

アドバイスを素直に受け止める

同じチームの仲間や仕事を教えてくれる先輩からのアドバイスは、素直に受け止めましょう。
何を言っても「でも」「いや、それは...」と、否定的な言葉を返すようでは、アドバイスをしてくれた方に失礼ですし、マイナスイメージを持たれる可能性が高いでしょう。
特に、入社したばかりの頃は、企業のルールなどわからないことが多いものです。せっかくのアドバイスを頭ごなしに否定したり、「わかってますので」などと好意を跳ね付けたりするのは避けましょう。

前職の方針を引きずらない

企業は、それぞれ異なる方針のもとで動いています。転職先のルールや経営方針が前職とは異なっていたとしても、柔軟に受け入れましょう。
「前職ではこうだった」と、前の仕事のことばかり持ち出すと、周りの社員に「うちのやり方になじまない」「そんなに前の仕事のほうが良いのか」と思われてしまいかねませんから、注意してください。

転職の不安はマイナビエージェントにご相談を

転職に不安を感じている方は、マイナビエージェントにご相談ください。マイナビエージェントでは、経験豊富なキャリアアドバイザーが求職者の皆様のお悩みや不安を解消するため、アドバイスいたします。
応募書類の添削や面接対策の他、キャリアプランに合った転職先の紹介など、求職者の皆様の転職活動全般をサポートさせていただきます。

この記事の監修者


この記事の監修者

石崎 翔太

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴5年。IT領域専任アドバイザー。前職でのIT業界での幅広い経験を踏まえ、ITエンジニアのキャリアアップを支援いたします。

株式会社マイナビ所属。キャリアアドバイザー歴5年。IT領域専任アドバイザー。前職でのIT業界での幅広い経験を踏まえ、ITエンジニアのキャリアアップを支援いたします。

 サービス紹介

転職時に不安を感じる原因と解消する方法!に関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。