システムエンジニアになるにはどんなスキルや資格が必要?|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

システムエンジニア
になるにはどんな
「資格」や「スキル」
が必要なの?

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

システムエンジニアのニーズは多くの企業に広がっています。その背景には、インターネットによる、あらゆる業務のシステム化があるのです。ITの活用が業務に欠かせない今、システムを構築するシステムエンジニアの手が足りなくなっているのも現実です。
ここでは、そんな売り手市場のシステムエンジニアへの転職において、条件の良い企業への転職を成功させるために、役立つ「スキル」と「資格」についてご紹介します。

システムエンジニアを求める企業とは

システムエンジニア(SE)を求めているのは、ITコンサルタントなどのシステム導入を事業としているIT企業はもちろん、IT業界以外からの求人も増えています。
現在では、製造、流通、金融、医療、広告など、ほとんどの業界で社内SEの求人を行っています。今後は、さらにシステムエンジニアを求める声は大きくなっていくでしょう。

未経験でもシステムエンジニアになれる「スキル」とは?

未経験からでもシステムエンジニアへの転職を成功させるために、有利な「スキル」があります。その代表的なスキルをご紹介します。

プログラミング知識

システムエンジニアの業務によっては、プログラミング言語を使わない場合もありますが、システムを扱うのですから、プログラミング言語には詳しいことが理想的です。
なぜなら、プログラミング言語に詳しければ、依頼された仕事の工数を容易にイメージできるため、見積もりの精度が高くなり、ソースコードを追えるようになるので、ソースコードレビューに深みが増します。

押さえておくべきプログラミング言語

  • ほとんどのシステムで使われるデータベース言語「SQL」
  • 多くのスキルを身に付ける上で基礎となる「Java」
  • アプリ開発に多く用いられる「Objective-C」「Swift」

これらを扱えるシステムエンジニアのニーズが今後さらに高まるといえるでしょう。

コミュニケーション能力・交渉力

未経験の方には意外かもしれませんが、システムエンジニアは、顧客とのやりとりや、プロジェクトメンバーとのコミュニケーションを円滑にできなければ務まらないため、プログラミング知識だけでなく、コミュニケーション能力や交渉力が非常に重要となります。
システムエンジニア未経験の場合は、生まれ持ったものや、前職で培ったコミュニケーション能力をアピールできれば、採用担当者はそこに注目してくれるかもしれません。特に、前職が営業職や接客業など、コミュニケーションが重視される仕事であったなら、それをアピールしない手はないでしょう。

システムエンジニアになるために、持っていると差がつく資格

システムエンジニアになるにあたっては、必ずしも資格や経験がいるわけではありません。しかし、資格の中には、システムエンジニアへの転職に有利に働くものもあります。また、その資格を取るために勉強した知識はシステムエンジニアになったあとも役立ちますので、取得することをおすすめします。
システムエンジニアの資格は、主に「国家資格」と「ベンダー資格」に分類されます。ここでは、それぞれのおもな資格についてご紹介します。

国家資格

IT系資格の中で、最も多くのエンジニアが取得しているといわれるのが、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施し、経済産業省が認定する国家資格の「情報処理技術者試験」です。これは、高度IT人材となるために必要な基本的知識と技能を備え、実践的な能力を持つことを認定する資格となります。資格は、ITエンジニアの登竜門といわれる「基本情報技術者試験」と、エンジニアとして、さらなるレベルアップを図りたい方のための「応用情報技術者試験」の2つがあります。

ベンダー資格

ベンダー資格とは、マイクロソフトやオラクルなどの製品ベンダー企業が、独自に認定している資格試験のことです。代表的なベンダー資格をいくつかご紹介します。

代表的なベンダー試験

  • マイクロソフト「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」
  • オラクル「オラクルマスター(ORACLE MASTER)」
  • IBM「DB2グローバルマスター」
  • Cisco「シスコ技術者認定」

資格を持っておくことは、転職に有利なだけではありません。毎月の給料に上乗せされる「資格手当」制度などを導入している企業もありますので、取得しておいて損はないでしょう。

システムエンジニアとしての上位資格

システムエンジニアの資格には、さらに上位資格がいくつかあります。これらの資格は分野がしぼられ、より専門的な知識が求められるため、難度は高くなります。それぞれの試験内容を紹介します。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する上位資格

試験名 試験内容 対象者 合格率/応募者数(2016年)
ITストラテジスト試験(ST) 事業企画、業務改革推進、情報化企画、製品・サービス企画などにおいて、情報技術を活用した基本戦略の策定・提案・推進を遂行するための知識や実践能力が問われる CIOやCTO、ITコンサルタントを目指す人 14.0%/6,676人
システムアーキテクト試験(SA) システムアーキテクトの業務と役割を円滑に遂行するための知識や実践能力が問われる 上級エンジニアを目指す人 13.9%/8,157人
プロジェクトマネージャ試験(PM) プロジェクトマネージャーの業務と役割を円滑に遂行するための知識や実践能力が問われる マネージャーを目指す人 14.5%/16,173人
ネットワークスペシャリスト試験 目的に適合したネットワークシステムを構築・維持するための知識や実践能力が問われる ネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指す人 15.4%/18,096人
データベーススペシャリスト試験 高品質なデータベースを企画、要件定義、開発、運用、保守するための知識や実践能力が問われる データベース管理者やインフラ系エンジニアを目指す人 17.5%/13,980人
エンベデッドシステムスペシャリスト試験 要求される機能、性能、品質、信頼性、セキュリティなどをハードウェアへの要求とソフトウェアへの要求に適切に分解し、最適な組込みシステムとして実現するための知識や実践能力が問われる 組込みエンジニアを目指す人 17.2%/4,205人
ITサービスマネージャ試験 ITサービスマネージャーの業務と役割を円滑に遂行するための知識や実践能力が問われる ITサービスマネージャーを目指す人 14.1%/5,279人
システム監査技術者試験 情報システムや組込みシステムが適切かつ健全に活用され、ITガバナンスの向上やコンプライアンスの確保に貢献できるように改善するための知識や実践能力が問われる 監査人や情報システム責任者などを目指す人 14.3%/3,635人

引用:独立行政法人情報処理推進機構

システムエンジニアになるには転職エージェントに相談するのがおすすめ

ここまで、転職に有利な資格や、システムエンジニアになってから取るべき上位資格についてご紹介しました。しかし、資格を取っただけでは、あなたの魅力が1つ増えたにすぎません。転職活動は、書類や面接であなたの持っているたくさんの魅力を伝えなければならないのです。もし、あなたがシステムエンジニアへの転職を目指しているのであれば、転職エージェントを使うことをおすすめします。
マイナビエージェントでは、「応募書類の添削」や「面接対策のアドバイス」のほか、業界に詳しい専門のキャリアアドバイザーが担当となり、「ITやシステムエンジニアについての情報提供を行う」など、転職に関するさまざまなサポートを行っています。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。