【貴社と御社】メールではどちらを使う? 弊社・当社の使い分けも併せて紹介

【貴社と御社】メールではどちらを使う? 弊社・当社の使い分けも併せて紹介

社会人になりたての時期に悩みがちなのがビジネスメールの送り方。なかでも「貴社」と「御社」のどちらを使うべきかは、多くの方が悩んでしまうポイントです。

そこで今回は、企業宛てのメールにおいて「貴社」と「御社」をどのような場面で使い分ければ良いのかそれぞれの違いや使い分けの方法間違えたときの対処法などについて解説します。

【関連記事】「【初めての相手に送る挨拶メール】マナーや書き方について徹底解説」

1.「貴社」と「御社」の意味と違い

まず、「貴社」と「御社」にはどのような意味があり、違いはどこにあるのかを解説します。

1.1.共通する意味

「貴社」と「御社」はいずれも相手先の会社を敬語で表す言葉で、意味そのものに違いはありません。

主にビジネスシーンで取引先、クライアントなど相手先企業を呼ぶ際に使われます。

1.2.二つの用語の違い

「貴社」と「御社」は使用シーンで使い分ける必要があります。

「貴社」はメールを含めた文書で「御社」は面接や面談、会社説明会など対面時の会話で使用します。混乱してしまいそうな場合は、貴社は「書き言葉」御社は「話し言葉」と理解しておくと良いでしょう。

使用シーンを間違えても意味が通じないということはありませんが、ビジネスマナーとしてしっかり使い分けられるのが理想です。

【関連記事】「ビジネスメールでもう迷わない!シーン別基本の書き方&例文を紹介」

post705_img1.jpg

2.「貴社」と「御社」の使い方

上記を踏まえ、「貴社」と「御社」の使い方の実例を見てみましょう。

2.1.貴社の使い方と例文

「貴社」はメールや手紙など社外宛てに差し出す文書で使う言葉です。ビジネスシーンや転職活動の応募書類で使える例文を紹介します。

2.1.1.例文

●それでは、○月○日に貴社を訪問させていただきます。

貴社のものづくりに対する情熱に感銘を受け、自分もその一員になりたいと思いました。

2.2.御社の使い方と例文

「御社」は電話やオンライン会議などの会話の中で口に出して使う言葉です。ビジネスシーンや転職活動の応募書類で使える例文を紹介します。

2.2.1.例文

御社の○○様よりいただいた請求書について確認させていただけますでしょうか。

御社の○○という企業理念に共感し志望いたしました。

【関連記事】「ビジネスメールの書き出しマナー!パターン別に例文をご紹介」

post705_img2.jpg

3.「貴社」と「御社」の使い方を間違えたときの対処法

「メールなのに御社を使ってしまった」など、貴社と御社の使い方を間違えてしまう場面もあるかもしれません。

しかし、メールで「御社」と使ってしまったとしても、それだけで取引が打ち切られたり就職・転職活動で不採用になったりという事態は考えにくいものです。

「すぐに訂正したほうが良いのでは」と思う方もいるかもしれませんが、あらたまった訂正メールを送る必要はなく、次回のメールから修正すれば問題ありません。

口頭で「貴社」を使ってしまったときも同様です。話の流れを遮って訂正する必要はありませんので、次のタイミングから「御社」を使うようにすれば問題ないでしょう。

ただし、公的な書類などに誤って「御社」と記載した場合は「貴社」に修正のうえ先方に差し替えてもらった方が良い場合もあります。

【関連記事】「お詫びメールの基本から例文まで幅広く紹介【件名や文章構成のポイント】」

post705_img3.jpg

4.「自社」を対外的に表現する方法

自らが在籍する会社を指す代表的な言葉として挙げられるのが「自社」です。

しかし、「貴社」や「御社」と同様、自社を示す言葉も場面によって使い分ける必要があります。それぞれの違いと例文を確認していきましょう。

【関連記事】「【決定版】ビジネスで使えるお礼メールのマナーや書き方文例集」

4.1.「弊社」

「弊社」とは、社外の人に対して「自社」を謙遜して伝える言葉です。クライアントやお客様など、自社よりも高い位置付けにある相手に対して使用します。書き言葉、話し言葉での使い分けはありません。

4.1.1.例文

弊社の「○○」は○○分野で国内最大のシェアを誇るオンラインサービスです。

●御社のご要望に対して弊社が提案させていただきたいのは、こちらの製品です。

4.2.「当社」

「当社」は、言葉を発する側と受ける側に上下関係がない場合において「自社」を表現する言葉として用いられます。

具体的には2つのシーンがあります。

1つ目は自社の従業員間でのやり取りです。プレゼンテーションや会議などあらたまった場で「自社」を丁寧に表現する言い回しです。

2つ目は外部の組織や個人を相手に対等なコミュニケーションが必要な場合です。

採用活動における説明会やスピーチ、関連文書への記述などは、求職者との上下関係がないことから「当社」を使用します。

また、クレーム対応や交渉ごとなどで自社のあり方を対外に示す必要がある場合にも用いられます。

なお、「当社」に関しても書き言葉、話し言葉の使い分けはありません。

4.2.1.例文

●本日は、当社の説明会にお越しいただき誠にありがとうございます。

当社の方向性は、先程お伝えした通りです。

4.3.転職面接時

あなたが転職を希望する求職者の立場で採用面接を受ける場合、これまで勤めていた会社を上記の「弊社」や「当社」と呼ぶのは適切ではありません。

「弊社」を使用すると、自分が在籍する会社を応募先企業よりへりくだって表現することになり、違和感が残ります。対外的に使用する言葉ではないため「当社」も相応しくありません。

したがって、転職時の採用面接では、「現職」「今の在籍企業」「現在の勤め先」などといった表現をしましょう。

なお、面接時点ですでに退職している場合は「前職」「先日退職した企業」「以前の勤め先」といった表現が良いでしょう。

【関連記事】「「催促メール」の書き方と送るタイミング【例文付き】」

post705_img4.jpg

5.その他、ビジネスで使い方を悩みがちな表現方法

「貴社」や「御社」以外にも、ビジネスメールでは使い方に悩む表現が多数存在します。以下の3つは特に使い方を間違いやすい表現ですので、しっかり理解し正しいビジネスメールを送れるようにしましょう。

5.1.「御中」と「様」の使い方

「御中」と「様」は、いずれも先方の名前の後につける敬称です。「御中」は企業や団体に、「様」は特定の個人に対して使用します。

なお、先方の社名と名前を併記する場合、「御中」と「様」を併用する必要はありません。「○○株式会社 ○○ ○○様」といった書き方となります。

5.2.「了解しました」と「承知しました」の使い方

いずれも、「理解すること」「受け入れること」などといった意味を持つ言葉です。それらを丁寧語で表現したのが「了解しました」謙譲語で表現したのが「承知しました」となります。

したがって、対等な関係である同僚や部下に対しては「了解しました」を用います。

一方、上司や取引先、顧客など、目上の立場にあたる相手には「承知しました」を使用するようにしましょう。

5.3.役職には「様」をつけない

「○○社長様」や「○○部長様」など、役職名に「様」を付ける必要はありません。役職名そのものが敬称の役割を担うため、「様」をつけると敬語が二重になってしまいます。

取締役の田中さん宛てであれば、「田中取締役」という表記で問題ありません。

【関連記事】「上司へのメール例文・テクニックを知ってデキる部下になろう」

post705_img5.jpg

6.まとめ

ここまで、「貴社」と「御社」の使い分けの他、ビジネスにおいて使い分けるべき言葉について解説しました。

ビジネスメールを作成する際には気にかけるべきポイントが多く、自分自身の知識に自信が持てなかったり、使い方を間違えてしまったりすることもあるかもしれません。

しかし、1つずつ自分のスキルとして身につけていければ問題ありません。

この記事で「貴社」と「御社」の使い方を確実に理解し、実践していきましょう。

この記事をシェアしよう!