【決定版】ビジネスで使えるお礼メールのマナーや書き方文例集

【決定版】ビジネスで使えるお礼メールのマナーや書き方文例集

友人や家族との普段のやりとりはLINEが中心だったり、社内での連絡はChatworkやSlackなどのチャットツールで行っていたりしているというケースが多いかと思います。

しかし、取引先など外部の方とやりとりをするようになると、メールを使って連絡をする機会も増えてきます。

そんな場合のために、ここではビジネスメールのマナーやお礼メールの書き方を解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

1. お礼メールの書き方のマナーやポイント

お礼メールを送る際には押さえておくと良いマナーがいくつかあります。
詳しくみていきましょう。

1-1. お礼メールは早いタイミングで送ろう

まずは、お礼メールのタイミングですが、これはなるべく早く送るのがポイントです。スピード感を重視する社風の会社である場合にはもちろん、そうでない場合でも、お礼をすべき出来事があったら、その日の先方の営業時間内にメールを送るようにしましょう。

1-2. 件名は長くならないように簡潔に

お礼メールでは件名を簡潔にしましょう。

受信ボックスを見た時に「どんな内容なのか」「誰からのメールなのか」がすぐわかると、先方もストレスを感じることはありません。

1-3.「取り急ぎ」の使用は原則NG

ビジネスメールではよく使われる「取り急ぎ」ですが、急いで感謝の気持ちを伝えたいからと文章内に使うのは原則NGです。

関係性ができている親しい間柄の場合は構いませんが、そうでない場合には失礼にあたる可能性があります。

特にお礼メールは感謝の気持ちを伝えるために丁寧に言葉を選びたいもの。
ぶっきらぼうな印象を与えてしまいがちな「取り急ぎ」は使わないようにしましょう。

1-4. 定型文をそのまま使わない

「ビジネスメール お礼」や「お礼メール 文例」などとインターネットで調べると、たくさんの文例がでてきます。

しかし、それをそのまま貼り付けてメールを送るのはやめましょう。

文例を参考にするのは、あくまで相手に失礼ではない最低限のマナーを知るためです。

文例を参考にしながら自分の言葉で書くようにしましょう。自分の言葉で書くからこそ、感謝の気持ちが相手に伝わるのです。

2.【社外編】ビジネスメールの「お礼」書き方文例

ここでは、社外の方に向けたお礼メールの文例を紹介します。シチュエーション別に5点まとめましたので、参考にしてみてください。

2.1. アポイントをいただいた時のお礼メール

株式会社○○
△△部 佐々木様

早速のご連絡ありがとうございます。
株式会社□□の青木です。

貴重なお時間を割いていただけるとのこと、感謝申し上げます。
佐々木様のご都合につきまして、承知いたしました。

それでは、下記のお時間で訪問をさせていただきたく存じます。
ご確認をよろしくお願いいたします。


日時:11月15日 13時~14時
場所:貴社新宿オフィス
目的:ご挨拶と新システムのご案内
訪問者:2名(上司の※※も同行します)

以上

お時間の変更などございましたら、お気軽にお申し付けください。
当日、佐々木様とお会いできるのを楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。

2-1-1. 書き方のマナーやポイント

アポイントをいただいた場合には、感謝の気持ちとともに、確認のためにアポイントの日程を書き添えましょう。また、訪問人数を知らせておくことも大切です。訪問の目的は簡潔に伝えればOKです。

2-2. 訪問後のお礼メール

株式会社○○○
△△部 佐々木様

お世話になっております。
株式会社□□の青木です。
本日は、貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

貴社の概要についてご説明いただき、勉強になりました。
また、弊社のサービスに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

本日疑問点として挙げていただいた
・~~~~
・△△
につきましては、社内で確認・調整後に改めてご連絡差し上げます。
確認には1~2営業日ほどかかる予定です。

調整や確認がとれしだいすぐにご連絡差し上げますので、よろしくお願いいたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

2-2-1. 書き方のマナーやポイント

訪問後には、お礼と今後の流れについて簡単に伝えると良いでしょう。先方から出た疑問などについても触れるのがおすすめです。

2-3. 打ち合わせ後のお礼メール

株式会社○○○
△△部 佐々木様

お世話になっております。
株式会社□□の青木です。
本日は、貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

打ち合わせの中では、具体的にお話を伺うことができたため、
導入までのイメージや課題を共有させていただくことができました。
今回課題として挙げられたことを下記にまとめましたので、
不足などがありましたらご指摘ください。

・△△
・○○

なお、改善案は○月△日までにメールにて送付いたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

2-3-1. 書き方のマナーやポイント

打ち合わせのあとのお礼メールでは、課題や成果などが共有できる文面だと良いでしょう。特に、課題がある場合にはいつまでに解決できるのか見通しを伝えるのが大切です。

2-4. 来社後のお礼メール

株式会社○○○
△△部 佐々木様

お世話になっております。
株式会社□□の青木です。

本日はご多用の中ご来社いただき、ありがとうございます。
貴社の現状などのお話を伺い、勉強になりました。

佐々木様からのご要望に沿った提案書を11月20日までに作成いたします。
それまでお待ちください。

今後ともよろしくお願いいたします。

2-4-1. 書き方のマナーやポイント

来社していただいた場合には「ご来社」を、会社近くのカフェなどに出向いていただいた場合には「ご来訪」という言葉を使います。こちらが対応すべきことがある場合には、いつまでにできるのかを具体的に示しましょう。

2-5. 商談後のお礼メール

株式会社○○○
△△部 佐々木様

お世話になっております。
本日、弊社の「~~~」について紹介させていただきました、
株式会社□□の青木です。

本日は貴重な時間をいただき、ありがとうございました。

面談の中で、弊社の「~~~」を導入するにあたり、
手数料が気になるとのご指摘をいただきました。
そちらにつきましては、社内で検討・調整の上再度ご連絡差し上げます。

12月10日までにご連絡差し上げますので、お待ちください。
手数料のほかにも、気になることがございましたらいつでもご連絡ください。
メールのほかに電話(000-0000-0000)でも対応可能です。

今後ともよろしくお願いいたします。

2-5-1. 書き方のマナーやポイント

商談の中で出た検討事項などを共有しておくとよいでしょう。その際には期日を決め、先方が見通しをたてられるよう配慮をするのが大切です。

3.【社内編】ビジネスメールの「お礼」書き方文例

続いては、社内でのお礼メールです。社外ほどかしこまる必要はありませんが、マナーに気を配りつつ感謝の気持ちを伝えましょう。

3-1. 上司へのお礼メール

○○課長
お疲れさまです。青木です。

先日は~~についてご指導いただきありがとうございました。
課題点や今後の展望についてがわかり、大変勉強になりました。
まずは......の改善から取り組みます。
○○課長のお心遣いに感謝申し上げます。

今後ともご指導をよろしくお願いいたします。

3-1-1. 書き方のマナーやポイント

上司へのお礼は、感謝の具体的な内容と、今後自分が取り組むことを中心に書くと良いでしょう。また、次の面談などがある場合にはそのことについても触れるのがおすすめです。

3-2. 会食のお礼メール

△△社長
お疲れさまです。法人営業部の青木です。

本日はお忙しい中、交流の機会を設けていただきありがとうございました。
普段なかなか口にすることがない料理ばかりで、貴重な経験をさせていただきました。

会の中で△△社長のおっしゃっていた
「社員が夢を叶えられる会社にしたい」というメッセージが心に響きました。
この会社に入ってよかったと改めて実感しました。

明日からまた身を引き締めて会社に貢献できるよう努めていきます。
今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。

3-2-1. 書き方のマナーやポイント

会食のお礼メールは当日または翌日の朝にするのが良いでしょう。具体的なエピソードや今後取り組みたいことなどについて書くのがおすすめです。

3-3. 協力してくれた人へのお礼メール

法人営業部のみなさま

お疲れさまです。青木です。
先日は「~~~」にご協力いただき、ありがとうございました。
みなさまのお力添えがあったからこそ、
無事プロジェクトを完了させることができました。

今後ともよろしくお願いいたします。

3-3-1. 書き方のマナーやポイント

感謝の気持ちを簡潔に伝えると良いでしょう。個人宛の場合にはエピソードを盛り込むと感謝の気持ちが伝わりやすいです。なお、部署全体に送る場合には、宛先が序列順になるようにするのがマナーです。

4. 感謝を伝える基本フレーズ

最後に、ビジネスメールで感謝を伝える際に使える基本フレーズと例文を紹介します。言葉が出てこないという時は参考にしてください。

4-1. 上司や取引先に感謝を伝える際のフレーズ

  • 深謝いたします
    (例)この度のお取り計らい、深謝いたします。
  • 大変嬉しく思います
    (例)プロジェクトに携われること、大変嬉しく思います。

4-2. いつものお礼を伝えるフレーズ

  • 日頃のご支援ありがとうございます
    (例)常日頃のご支援ありがとうございます。
  • 拝謝申し上げます
    (例)いつも温かいご支援をいただき、拝謝申し上げます。
  • 平素より
    (例)平素よりご支援いただきありがとうございます。

4-3. 謝罪を入れたお礼フレーズ

  • 寛容な~
    (例)私共の不手際でご迷惑をおかけしたにもかかわらず、寛容な言葉をいただき感謝申し上げます。
  • ご配慮いただき~
    (例)今回は、発注のミスがあり大変申し訳ございませんでした。また、納期が変更になってしまったにもかかわらず、ご配慮いただき誠にありがとうございます。

5. まとめ

今回は、ビジネスメールのマナーやお礼メールの文例を紹介しました。文例を知ったら、あとはあなた自身の言葉で書くことが大切。形式的なお礼にならないよう具体的なエピソードを交えて書くと、より気持ちが伝わりやすくなります。「心に届くお礼文を書きたい」、ぜひそんな時の参考にしてください。