第二新卒のコミュニケーションを応援するメディア

DAY 2018.02.27 スキル・ノウハウ

ビジネスメール「各位」の意味と正しい使い方

ビジネスメールでもよく目にする「各位」、どんな時に使うのか、目上の人に使ってもいいのか、「各位」の後に「様」や「殿」はつけた方がいいのか等、実際使うとなると悩んでしまう人も多いのでは?意外と知られていない「各位」の意味と正しい使い方について解説します。

「各位」の意味とは

「各位(かくい)」とは「皆様」「皆様方」といった意味ですが、大勢の人を対象にしながらも、その一人一人を敬っている表現になります。そもそも「各」という漢字には「おのおの、めいめい、ひとつひとつの」という意味があり、「位」には「人に対する敬語」といった意味があります。
本来であれば、「○○様 □□様 △△様・・・」と書くべきところなのですが、全ての方の名前を記載するのが困難な場合には「各位」を使用します。「各位」は「皆様」といった表現より、より丁寧になるためビジネスシーンにおいても多く使われる言葉です。
多くの人に宛ててメールを送信する時や案内状、お知らせを文書で送る時などにも使えます。ただし、あくまでも大勢に対して使う言葉であって、個人に対しては使用しませんので注意してください。

「○○各位様」「○○様各位」「○○各位殿」はNG

「各位」=「皆様」といった意味なので、「各位」にもすでに「様」といった敬称が含まれています。「○○各位様」「○○様各位」「○○各位殿」といった使い方は、一見丁寧な表現に感じるかもしれませんが、敬称を重ねて使ってしまっているので二重敬語となります。このような使い方はしないようにしましょう。

NGOK
関係者各位様 関係者各位
担当者様各位 担当者各位
取引先各位殿 取引先各位

■「お客様各位」は社会的に許された表現

ここで気になってくるのが、私たちの生活の中でもよく目にする「お客様各位」という表現です。本来であれば二重敬語を避けるため「お客各位」となるのですが、この言い方では違和感を覚えることから「お客様各位」が一般的になっています。

ビジネスメールでの「各位」の使い方

では、「各位」は具体的にどのように使用するのが正しいのでしょうか。ビジネスメールで「各位」を使った使用例や使う際に注意する点、意識する点について解説します。

「各位」の例文

たくさんの人にメールでお知らせしたいことがある時、宛名は「各位」になります。個人へのメールには「各位」を使わず「○○様」「○○課長」、ひとつの企業に送る場合は「○○株式会社御中」としましょう。

【例文1】
株主各位
拝啓 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

【例文2】
担当者各位
いつも大変お世話になっております。

【例文3】
○○会参加者各位
会場変更のお知らせ

【例文4】
お客様各位のご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

【例文5】
つきましては、各位のご参加・ご支援を伏して懇願申し上げます。

目上の人や社内に「各位」を使ってもいいのか

「各位」は、社内や目上の人に使っても失礼にあたりません。「各位」はその言葉自体が敬称となっているので気にすることなく使用することができます。会議時間変更のお知らせや社内行事について等、多くの人にお知らせしたい時は「各位」を使うと便利です。

しかし、実際にメールを作成している時、「各位」だけだと素っ気ない感じがする場合もあります。例えば部長や課長を含めた部署のメンバー全員にメールを送りたい時、「各位」を使うことは問題ないです。
でも、もしかすると「上司が不快に思うかもしれない...」という心配がある場合は下記のように記載するのがおすすめです。

【例文】
○○部長
○○課長
各位
「各位」を使用することは間違いではないのですが、目上の人に使うのはどうしても気になるという場合は、このような相手を配慮した書き方をしてみましょう。

取引先にも使っていいのか

「各位」は、取引先に宛てたメールに使用しても問題ありません。例えば、複数の取引先に年末年始のお休み期間について伝えたい時、取引を行う上で変更事項があったことなどをお知らせしたい時は、宛先を「各位」もしくは「取引先各位」として連絡します。
ただし、ご贔屓したい特別な取引先に対しては、その取引先だけに「○○株式会社御中」もしくは「○○株式会社 □□様」といった形で別途連絡を入れるのもよいでしょう。

いかがでしたか?「各位」は大勢に向けてお知らせしたいことがある場合は便利な宛名になります。しかし、「相手を不快にさせない」といったマナー面を考えると、場合によっては使い方を変えた方がいい時もあります。「各位」を使用する際には相手を配慮することを忘れないようにしましょう。

マイナビCanvas編集部

第二新卒のコミュニケーションを応援するメディア「Canvas(キャンバス)」。ビジネスで役立つ様々な情報や、これからの働き方、キャリアを考えるきっかけになる情報まで、20代のビジネスパーソンに役立つ様々なコンテンツを配信しています。人材紹介・転職エージェントのマイナビエージェントが運営しています。