第二新卒のコミュニケーションを応援するメディア

DAY 2018.02.22 スキル・ノウハウ

ビジネスで使う「ご査収」の意味と正しい使い方(例文付き)

「ご査収」という言葉はビジネス文書やメールでよく目にする言葉ですよね。でも、意味を理解せずに何気なく使っている方も多いのでは?ビジネスシーンで使われる「ご査収」の意味や正しい使い方について解説します。

「ご査収」の読み方と意味、類語

ビジネス文書やメールでよく使われる「ご査収」は、「ごさしゅう」と読みます。「ご」は尊敬語、「査」は「よくみて調べる、検査する」、「収」は「おさめる、取り入れる」といった言葉の意味があります。つまり「ご査収」とは、「内容をよく確認してお受け取り下さい」といった表現になります。

また、「ご査収」の類語として「ご検収」という言葉があります。「検」にも「よく確認する、調べる」といった意味があります。ただし、「ご検収」は「納品されたものが、注文した通り間違いなくあるかをよく確かめた上で受け取る」ことなので、相手が受け取るものが異なってきます。使い分けをする場合は下記を参考にしてください。

「ご査収」と「ご検収」の使い分け

使う表現相手が受け取るもの
ご査収 金銭や書類等
ご検収 発注に応じて納められた品やサービス

■「ご確認ください」との違い

「ご査収ください」と「ご確認ください」の大きな違いは「受け取るものがあるのかどうか」という点になります。「確認」は「確かにそうであると認めること」という意味であり「受け取る」という内容は含まれていません。相手が受け取るものがない場合は「ご査収ください」は使いません。

「ご査収」の正しい使い方

「ご査収」の言葉の意味について説明してきましたが、ビジネスシーンではどのように使うべきなのでしょうか。正しい使い方について解説します。

「ご査収」はどのような時に使うか

「ご査収」は、ビジネスシーンで下記のような場合に使用します。

・内容をよく確認して欲しい添付ファイルをつけたメールを送信する時
・内容をよく確認して欲しい書類や資料を郵送する時


前述している通り、あくまでも「内容をよく確認して受け取るもの」がある時にしか使えません。確認するものがないのに「ご査収」を使ってしまうと受け取った相手は何を確認すればいいのか分からず困惑してしまいますので注意しましょう。

■正しい使い方ができてるかチェックするには

「ご査収」の正しい使い方ができているかは、「査収」の部分を「指導」や「理解」といった動作を表す言葉に置き換えることでチェックすることができます。入れ替えた後の表現に違和感がある場合は、「ご査収」の使い方に問題があると判断しましょう。
例として、「どうぞご査収ください」が正しい使い方なのかをチェックしてみます。「査収」を「指導」に置き換えると、「どうぞご指導ください」と少し違和感がある表現になります。そのため、この場合は正しい使い方ができていないと判断することができます。

目上の人や取引先にも使えるのか

「ご査収ください」は「よく確認してお受け取りください」という意味なので、目上の人や取引先にも使用することができます。ただし、使い方が合っているかどうかは事前にしっかり確認することが必要です。「ご査収ください」だけでは目上の人や取引先に少しくだけた印象を与え、失礼にあたるのでは?と心配な場合は、「ご査収の程お願い致します」「ご査収くださいますようお願い申し上げます」などといった、より丁寧な言い回しをするとよいでしょう。

「ご査収」の例文

ここでは「ご査収」を使った例文を紹介していきます。実際に仕事をしている時に使いやすいものをいくつかピックアップしていますので、是非参考にしてください。

例文①ご査収ください

【メールの場合】
・お見積書を添付致しますのでご査収ください。
・明日の会議資料を添付致しましたのでご査収ください。

【郵送の場合】
・領収書を同封致しますのでご査収ください。

例文②ご査収願います

【メールの場合】
・ご依頼いただいた資料を添付致しましたのでご査収願います。
・先日の会議議事録を添付致しましたのでご査収願います。

【郵送の場合】
・提出書類一式を同封致しましたのでご査収願います。

例文③ご査収くださいますよう

【メールの場合】
・企画書を添付致しましたのでご査収くださいますようお願い申し上げます。
・下記の書類を送付しましたのでご査収くださいますようお願い致します。

【郵送の場合】
・請求書を同封致しましたのでご査収くださいますようお願い申し上げます。

例文④ご査収の程宜しくお願い致します

「ご査収」の後に「の程」をつけると、つけていない時より少し丁寧な印象を与えます。目上の人や取引先に失礼にあたらないか心配な場合は、この使い方をするとよいでしょう。

【メールの場合】
・ご依頼いただいたデータをまとめた資料を添付しております。ご査収の程宜しくお願い致します。
・訂正しました書類一式をお送りしますのでご査収の程宜しくお願い致します。

【郵送の場合】
・契約書を同封しておりますのでご査収の程宜しくお願い致します。

例文⑤ご査収くださいを英語で使う場合

・Please find the attached invoice. (添付の請求書をご査収ください。)
・I am sending you the reference that you requested. Please check the contents. (ご依頼いただきました資料を送付致しますのでご査収ください。)

「ご査収ください」の返事のしかた

「ご査収ください」と記載されたメールや文書を受け取った場合、相手が自分に対し「よく確認してから受け取って欲しい」と依頼してきているものなので、返事をする際にはしっかり確認した旨を伝えるようにしましょう。具体的な返事のしかたをいくつか紹介します。

・書類を確認いたしましたが、特に問題はございませんでした。お忙しいところご対応いただきありがとうございました。
・書類を確認いたしましたが、修正していただきたい箇所がございましたので、ご対応をお願い致します。修正箇所につきましては下記の通りとなります。


いかがでしたか。「ご査収ください」はあまり耳慣れない言葉かもしれません。しかしビジネスの場面では、このような日常生活ではあまり使わない言葉がたくさんあります。社会人として言葉の意味をしっかり理解し、正しい使い方をしていきましょう。

マイナビCanvas編集部

第二新卒のコミュニケーションを応援するメディア「Canvas(キャンバス)」。ビジネスで役立つ様々な情報や、これからの働き方、キャリアを考えるきっかけになる情報まで、20代のビジネスパーソンに役立つ様々なコンテンツを配信しています。人材紹介・転職エージェントのマイナビエージェントが運営しています。