モテナビ|転職・人材紹介サービスのマイナビエージェント 豊富な求人情報で、あなたの転職をサポートします。

転職エージェントのマイナビエージェント >  モテナビ > 

モテナビ|夏を先取り!予約の取れない人気リゾート、ベストオブベスト 02

2013.6.24

知ったら10倍美味しくなる?
ビールウンチク10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
知ったら10倍美味しくなる?ビールウンチク10選

ールの美味しい季節になりましたね。
でもビールって、「とりあえず最初の1杯」くらいにしか思っていませんか?どうですか?

ビールと一言で言っても、国・原料・製法など様々な違いによって数えきれないほどの種類がある、とーっても奥深い飲み物なんですよ。歴史だって紀元前4000年までさかのぼっちゃうんですから。その奥深さ、まるで気になるあの娘の乙女心のよう。 今回は、ビールに関する豆知識をご紹介。そのディープな世界を、飲み会のネタにおぼえてってみてください。

ビールウンチクその1
その1

ビールは偶然に生まれた?!            

日本はもちろん、世界で最も人々に飲まれている消費量ナンバー1のお酒、ビール。そのビールの歴史は古く、紀元前4000年までさかのぼると言われています。

メソポタミアで人類がやっと農耕生活を始めた頃、放置してあった麦の粥の中に自然界の野生酵母が入り込み、自然に発酵したのが起源だとか。そう、ビールは偶然に偶然が重なって生まれた、奇跡の飲み物なのです。メソポタミア文明万歳! ちなみに、日本人とビールとの初めての出会いは18世紀後半。当時の江戸では蘭学が盛んで、鎖国時代に唯一、西洋文化との窓口であったオランダからもたらされた、と言われています。オランダのみなさん、ありがとう!

ビールウンチク
その2

日本人はビールオンチ?!

国・原料・製法などによってビールの種類というのは本当に様々、製法によって何重種類もの分類、銘柄でいえば1万以上もの多種多様なビールがこの世界には存在しています。

しかししかし、ところがしかし。私たち日本人が飲んでいるビール(日本の大手ビールメーカーが造るビール)の99%は、そのうちのたったの1種類、小麦色に透き通った『ピルスナー』と呼ばれる種類のものでしかないんです。衝撃的! たとえば他には、ギネスに代表される香ばしい苦味と黒味が特徴の『スタウト』。 柑橘系のさわやかな香りが立つ『ペールエール』。 修道院で保存の効く飲料水としてつくられた『修道院ビール』。 原料にハチミツが入った『ハニービール』。 …こんなに色々あるのに、色々試さないのはもったいない!?

ビールウンチク
その3

ゾウのウ●コを原料に使ったビールが存在する!

自由な自由なビールの世界。 中でもひときわ異彩を放つ変わり種は…神奈川県にある醸造所『サンクトガーレン』がなんとゾウのウンコから取り出した高級コーヒー豆を副原料に使用した『うん、この黒』なんていうビールを発売したというから驚きです。※2013年のエイプリルフール限定!

コーヒーを副原料にするビールは『コーヒースタウト』と呼ばれるれっきとしたビールの1ジャンルではありますが、ゾウのウンコって…。 これはちょっと極端な例かもしれませんが、近年は小規模メーカーから特徴的な個性派ビールが続々登場しています。大手メーカー製と対比して『クラフトビール』と呼ばれるこのムーブメント、この夏は乗っかってみませんか?

ビールウンチク
その4

ドイツには「ビール純粋令」という法令が存在する!

ビールと聞いて真っ先にドイツを思い浮かべた人、多いのではないでしょうか。 それもそのはず、『ビール王国』の愛称を持つドイツには、ビールへの愛とこだわりを感じずにはいられない、『ビール純粋令』という法令が存在するのです。

これは、ビールの原材料として麦芽・ホップ・水以外使ってはいけない!とするもの。厳しいー!しかもこの法令、1516年に制定されたものなので、500年近くもドイツ人は純粋なビール本来の味と風味を味わってきたということになるわけ。 ちなみに日本の大手メーカーのビールの中で、この規格に合致するビールは『ヱビスビール』と『モルツ』くらいだそうですよ。

ビールウンチク
その5

ビール消費量の世界一はチェコ共和国!

やっぱりすげえなドイツ!世界的に見てもやっぱりドイツ人が一番ビール飲んでるんだろうなー!と安易に思ったそこのあなた。ちっちっち。 一人あたりのビール消費量は19年連続でチェコ共和国が堂々の世界一位(キリン調べ、2011年現在)!その後にオーストリア、ドイツ、アイルランドと続き、我が日本はなんと41位。

ウチの上司とか隣の部署の先輩とかが毎日のように飲み歩いてる姿を見ると、我々日本人も日頃からビールはよく飲んでそうに思っちゃいますが、世界的に見るとまだまだなんですねえ。 チェコは水よりもコーラよりもビールが安いと言われています。みなさん、毎日水のようにビールを飲むんだとか。いい国だ。なんていい国なんだ。

専門のキャリアアドバイザーが
あなたの転職活動を無料サポート